毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6478号 『直進行軍音源』のタイトルはこうして生まれた!


■年間プログラムに参加下さっている
 中安さんより、

 【「ここから始めるセミナー開催」
  セミナー】

 のご感想を頂戴いたしました。



■以下にご紹介して、

 その話に関連して
 今日の本文に入りますので、

 まずは以下をお読み下さい。


 (ここから)
 ------------------------


 勉強会や読書会を主催することが
 テーマで、


 まずはじめに語られていた
 主催者と参加者の違いについて、

 主催者は逃げられないとか
 緊張感があるとかといったお話は
 その通りだよな、

 と思いながら聞いていました。


 このあと、目から鱗だったのは、
 何を発信するか、というところで

 「自分が学びたいこと、手に入れたいことを
  テーマにする」

 というお話でした。


 学びたいこと、
 手に入れたいことというのは、

 つまりまだ身についているとは
 いえないことです。


 普通なら、自分が何か
 勉強会を主催しようと思ったら、

 テーマに選ぶのは
 自分が語ることができること、

 つまりすでにそれなりに
 身についていると言えることを
 選ぶだろうと思います。


 ところが、そうではなく、

 学びたいことをテーマにするという
 お話しだったので、

 どういうこと?!と驚きましたが
 その後の説明を聞いて

 いや~なるほど、
 そういうことか!!!

 と、深くうなずきました。


 人に話をしようとすると、
 思ったよりも説明することができず

 「知っていたつもりだった」

 ことにも気付く。


 より深く理解するために、
 言語化を進めることになる。

 本当にその通りだよなと
 思いながらお話を伺いました。


 そしてまた、今回は話をすることが
 テーマでありましたが、

 書くことと話すことの両方が
 必要だということも、

 いま、書くことだけを続けている
 自分にとっては、痛く刺さりました。


 書くことは言語化を進めるベースとして
 必要だけれども、

 書いている時には、
 直接誰かと対峙しているわけではなく、

 自分ができているかどうか、というところで
 ごまかすことができる。


 しかし、誰かに面と向かって
 話をしようとすると、

 自分がやっているか、できているか
 というところがごまかせない。


 自分が毎日書いていて、

 明確に「ごまかしている」意識は
 なかったものの、

 鮒谷さんのお話を聞いて、
 あぁごまかしていたな、

 と気付かされました。


 この後も、

 自分が主催する会の始め方から、
 レベルの上げ方、

 課金にいたるまでの
 具体的なお話もあり、


 今回も抽象から具体まで
 学びと気付きがたくさんありましたが、

 自分にとって今回最も痛かったのは、
 書くだけでは足りていない、

 ごまかすこともできるし、
 横着をしている、


 「できている」を目指して、
 主催として話をする場が必要だ

 ということでした。


 幸い、数は少ないのですが、

 セミナー仲間との振返り会を主催で
 行っていることがありますので、

 まずはその機会を活かし、

 さらに新たな機会を作ることに
 つなげたいと思います。


 今後ともどうぞよろしく
 お願いいたします。


 (中安 さつき さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 中安さん、ご感想をお寄せくださり、
 ありがとうございました!



■ここまでお読みくださった皆さまへ、

 さすがに大丈夫かと思いますが

 「知見まったくゼロの分野について
  人前で話しちゃダメですよ」

 と、誤解のないように
 補足しておきますね。


 というか、さすがに

 「知見まったくゼロの分野」

 については話そうと思っても
 話せないでしょうけれども。



■たとえば私(鮒谷)の例を挙げると

 「直進行軍」

 という言葉は、

 自身のタイムマネジメントについて
 セミナー開催で披露しようと思い、

 コンテンツの準備をしているときに
 思い出したんですよね。



■そういえば昔、

 『魁!男塾』の漫画を愛読していたとき
 「直進行軍」というのがあったな、

 と思い出し、

 さっそく検索かけたら
 「例の動画」が出てきたわけですよ。



■当時、テレビでは見ていませんでしたが、

 検索に引っかかって出てきた
 あの映像を見て

 「ああ!まさにこれこれ!
  この感覚で毎日を過ごしているわ!」

 と思いました。



■「直進行軍」という言葉が
 まさに自分の身体感覚に一致したので、

 コンテンツ全体のタグとして

 【直進行軍】

 という言葉を当てようと考え、


 その前提で、改めて話をしようと
 思っていた内容を見返してみたら、まさに

 「補助線が引かれた」

 ような感覚とともに、

 自分が行ってきたタイムマネジメントの
 再発見、再解釈、再定義、改善箇所の発見、

 といったものが、いちどきに
 脳内に立ち上がってきたのです。



■これが中安さんが


 「自分が学びたいこと、手に入れたいことを
  テーマにする」


 「人に話をしようとすると、
  思ったよりも説明することができず

  『知っていたつもりだった』

  ことにも気付く。

  より深く理解するために、
  言語化を進めることになる」


 と記してくださったことの
 具体的な一事例と言えるでしょう。



■おかしな話ですが、現実に

 【直進行軍音源】

 をリリースしてから、
 ますます私(鮒谷)の行動が

 【直進行軍化して、
  行動量が激増】

 しているんですよね。



■もちろん、セミナー開催前から
 同じことはやっていたんですよ。

 だから、何も根拠のない話を
 思いつきで適当に話したわけでは、

 もちろんありません。



■ただし、
 セミナー開催することによって

 「自分自身の理解がさらに進んだ」

 ことは、もう間違いありません。

 それによって
 行動まで変容したのです。



■実はこうしたことは、

 毎回、異なるテーマのセミナーを
 開催するたびに体感していることであり、


 ということはつまり、
 セミナー開催の回数が増えるほど、

 自分が一番、深く考え、深く学べ、
 行動変容が加速する、

 こととなっているのです。



■これはセミナー

 (あるいは、勉強会でも読書会でも
  いいのですが)

 を開催する、大きなメリットの一つと
 言えるでしょう。



■コロナによって、以前以上に

 【セミナー開催 → 音源化】

 のサイクルが早くなっているのですが、


 それに伴い、明らかに
 私(鮒谷)の成長速度も

 「尋常ならざるスピード」

 で速くなってきており、

 それがそのまま実生活に
 反映されていますが、

 そういうこと。



■いや、自分は人前で話をするのは、、、

 とか、

 人前で話をしているけれども
 あんまり頻繁に行うのは面倒くさい、、、

 とか、

 そんなにたくさんのネタがない、、、

 とか、

 何人くらい集めればいいのか分からないし、
 集め方も分からないし、

 そもそも何の話をしたらいいかも
 見当がつかない、

 とか、

 いろいろ言い訳めいた言葉が出てくるのは
 分からないでもないですが、

 ぶっちゃけ、そんなことで歩みを止めるのは
 めちゃくちゃ勿体ない話。



■私(鮒谷)に言わせれば

 「掘れば掘るほどお宝が出てくることが
  分かっているのに、なぜ掘ろうとしないか」

 と思ってしまうのです。


 案ずるより産むが易し。

 まずはやってみると、
 案外、こんなものだったのか、

 となるはずです。



■まずは小さく、三回開催してみると
 (小さな三連勝)、

 身体が慣れてくるし、徐々に
 ペースを早めることもできてきて、

 学びの質・量が雪だるま式に
 増えていくでしょう。



■この感覚を分かっている人は、

 とにもかくにもセミナー
 (あるいは勉強会、読書会)の開催を!

 と思って、

 前のめりになって
 バンバン開催するわけですが、


 成長の勘所をつかめていない人は、

 緊張する、大変だ、面倒くさい、、、

 などなどの理由をつけて、

 せっかくの学びの機会を
 自ら放擲してしまっているのです。

 それはあまりに勿体ない。



■そんなわけで、

 なぜ、あなたがセミナー開催しなければ
 ならないのかの「理由」の提示から、

 具体的な開催方法についてまで、


 セミナー稼業20年近くになろうとする
 私(鮒谷)が自らの実体験に基づき、

 導き出したノウハウを
 全開示しているコンテンツ

 【「ここから始めるセミナー開催」音源】

 を、ここまでお読みくださったあなたに
 ぜひ聴いてもらいたいと思っています。



■そして、それをきっかけとして
 まずは始めてみることですよ。

 そこから人生が
 変わり始めることでしょう。


 私(鮒谷)の人生はまさに

 「人前に立つ」

 ところから激変いたしました。



■以前、メルマガで

 【人は「問われる立場」に立つと
  急速に成長する】

 【前に立ち、問われる勇気を
  持てた人にのみ、未来は開かれる】

 と記したことがありますが、
 そういうことなのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■話をする機会があるからこそ、    当該テーマについて真剣に考えられる。   ■学びたければ、他人に話をせよ、    である。   ■完璧に理解したら話そう、ではなく、    話をしていく間にどんどん進化する、    が正解である。   ■人前に立つ機会を避けて通っていたら    いつまで経っても    「当該分野における、突き抜けた知見」    を獲得できることはない。   ■人は教えることによって学ぶのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。