毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6474号 スケベ心に負けないように


■ときおりメルマガでも
 書いてきましたが


 【すぐに手に入れられるものは
  すぐに失われる】

 【なかなか手に入れられないものは
  簡単には失われない】


 ことを理解し、実践するのは、

 人生を長期にわたって
 繁栄&安定させるための大切な心がけ、

 ではないかと考えています。



■たとえば、

 仮想通貨で儲けた人が
 次の瞬間にはすってんてんになっている、

 ということがしばしばあります。


 たまたまタイミングが良かったとか、

 人から勧められて
 よく分からないまま購入したら爆騰した、

 なんてことは、

 仮想通貨の世界のみならず
 株でも為替でもよくある話です。



■ただ、この問題は

 【勝ち続けることは極めて難しい】

 こと。


 素人が一瞬、あるいは一定期間、
 勝ち越すことはあるでしょう。

 しかし退場させられることなく
 長期間、戦い続けることは、

 極めて困難といっていいでしょう。



■ビジネスにおいても同じです。

 「今、旬のビジネス」というのは
 確かにあるのです。


 一時期ならば民泊(エアビー)とかも
 そうだったかもしれませんし、

 さらに一昔前ならば、
 情報商材など、

 適当なネタをその辺の本から拾ってきて
 PDF化して売ったら丸儲け、

 みたいなこともありました。



■しかし、そんな牧歌的な時代?が続くのは
 せいぜい数年くらいの話。


 今は情報流通の流れが
 さらに加速しているので

 「この市場は儲かる!」

 という話が出回ってから
 その情報が陳腐化するまで、

 数ヶ月、なんなら数週間程度、
 ということも珍しくありません。



■たしかに、

 こうした最先端情報(?)を追いかけて
 ひたすら先行者利益を求め続ける、

 というのも一つのビジネスの
 方法かもしれません。


 しかし、体力や精神力勝負のところが
 ありますから、

 一般に、20代ないし30代半ばくらい
 までの人の戦い方、

 と言えるでしょう。



■ただ、このくらいの年齢層の人が、

 そこから先もさらに勝ち続けられるかと
 いうと、必ずしもそうではなく

 【急激に狭き門になって、
  くぐり抜けられずに脱落する】

 人が次々に現れるようになります。



■結局、

 一発屋か、あるいは長持ちしても
 せいぜい数発屋?くらいのもので、


 数年から5年くらいまでは
 ブイブイ言わせることはできても、

 10年、20年と安定して
 結果を出し続けられる人はとても少ない、

 長年、商売を続けてきて、いろんな人を
 見てきて、そんな感じがするのです。



■そう考えると、
 ド派手に打ち上げ花火を上げるより、


 地味でもいいのですが、
 手に入れるのが難しいことを、

 着実に手に入れて
 積みましていく、つまり


 【なかなか手に入れられないものは
  簡単には失われない】

 の世界を目指したほうが
 結果的に幸せになれるのでは、

 と思われます。



■別にお金が全てではありませんが、

 分かりやすいので、
 あえてお金の話で例を挙げると、


 なにかの拍子に一山当てて

 「月に300万、
  儲かるようになりました!」

 ということがあっても
 その状態を持続させられずに、


 数年後、

 「月に30万に戻りました、、、」

 となったら、むしろそうした経験を
 しないほうが良かった、

 ということにもなりかねません。



■人は一度、経験した世界を基準に
 物事を捉えるようになっているので、

 一度、贅沢を味わったら
 元の生活水準に戻るだけで、

 ひどく落ちぶれたような気が
 するものです。



■そうならぬためにも

 【すぐに手に入れられるものを
  追いかける】

 のではなく、


 むしろ逆張りで、
 多くの人がやりたがらない

 【なかなか手に入れられないものを
  あえて狙いに行く】

 戦略を採用するほうが
 むしろ「堅い」のではないか、

 と思われます。



■私(鮒谷)は
 誰もが面倒に思うであろう、

 【毎日、数千文字のメルマガ&日記】

 を数十年に渡り、一日も欠かさず
 記し続けてきましたが、

 普通に考えたら誰もそんなこと、
 やりたくないですよね。



■大変そう、疲れそう、めんどくさい、
 ネタがない、報われるかどうかわからない、

 などの理由によって
 誰も近づいてこないのです。


 しかし、まさに

 「それがねらいよアクダマンw」

 であって、


 やりきったら、

 そこで手に入れたものの
 簡単には失われないわけで、

 容易に自分のビジネスは
 覆されないであろう、

 そんな確信があるから安心して
 生きていけるようになりました。



■楽して、手っ取り早い結果を求めるのも
 一つの人生戦略でしょう。

 反対に、あえて

 「人の行く裏に道あり花の山」

 戦略の採用もあるでしょう。


 どちらを選ぶのも各人の選択ですが、

 その選択の結果を引き受けるのも
 各人それぞれです。



■ある種の人は、

 私(鮒谷)が提供するコンテンツは

 「辛気臭い、面倒そう、大変そう、
  時間がかかりそう」

 と思われるのでしょうけれども、


 個人的にはむしろ、

 「だからこそ美味しい」

 と思うんですけどね。



■多くの人がやりたがらないことを
 やりきったら、まさに

 【独断場】

 でしょう。総取りですよ。


 それぞれの分野で【独断場】となれば
 それこそ人生楽しいものですよ。

 ただし、時間はかかるんですけどね。



■学びも同じです。

 「すぐに、あっという間に、
  手間いらず、時間をかけずに」

 こうした枕詞がついているコンテンツを
 意識的に慎重に回避するだけで、

 独壇場率?や勝ち続けられる率は
 飛躍的に上がります。


 スケベ心を出すから、
 ロクなことにならんのです。



■、、、というわけで、
 私(鮒谷)はこれからも

 【スケベ心を一切、
  表に出さないコンテンツ】

 を粛々と発信し続けるつもりです。


 短期的にどうにかなりたい方は

 「すぐに、あっという間に、
  手間いらず、時間をかけずに」

 系のコンテンツを
 渉猟されると良いでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■すぐに手に入れられるものは    すぐに失われることがほとんどだ。   ■手に入れるのに時間がかかるものは    そう簡単に失われるものではない。   ■人生やビジネスにおいて    好調を持続させられないのは、    往々にして「スケベ心」の誘惑に    引っ張られるからである。   ■スケベ心に打ち克ち、地味で、地道で、    面倒で、辛気臭そうなことをやっていると    気がついたら盤石の基盤を構築できていた    ということがあるものである。   ■以上を信ずるものは、    いつか必ず報われる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。