毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6461号 楽に、怠惰に生きている人が幸せを感じられない理由


■数日前のメルマガで、

 Amazonプライムビデオで
 こんな動画を見ました、

 という話を書きました。



■Amazonプライムを契約されている方で
 あれば、以下の漫画【第2話】はマジ必見。


 -----------------------

 <魁!!男塾 第2話
  爆走男塾! 俺達の前を行く奴は許さねェ>



 教官から男塾名物の直進行軍を命じられた
 桃太郎たち一号生。

 途中にあるさまざまな障害を
 乗り越えたのもつかの間、

 直進行軍により事務所を壊滅させられた
 極悪組が男塾に乱入。

 突然の報復に桃太郎たちは
 どう立ち向かうのか!?

 -----------------------



■先にも記しましたが。
 お時間のない方は、

 <魁!!男塾 【第2話】
  爆走男塾! 俺達の前を行く奴は許さねェ>

 の全部じゃなくていいので
 8分25秒以降に登場する

 「男塾名物!直進行軍」

 だけでも、ぜひご覧いただきたいのです。



■Amazonプライム契約されていない方は

 「男塾名物!直進行軍」

 で検索かけると、
 いろいろ出てくると思うので、

 そちらをご参照下さい。


 できれば臨場感(?)を感じるためにも
 動画で見てもらいたいですけどね。

 以下はウィキペディアより。

 -----------------------

 直進行軍(ちょくしんこうぐん)


 棒を倒し、倒れた方角に向かって
 ひたすら直進するもの。

 例え障害物があっても
 迂回することは許されず、

 時には家屋の壁を破壊したり、電柱を登る、
 下水路を進む、告別式の会場を破壊するなど、

 徹底して直進する。

 (後略)

 -----------------------



■、、、といった話を
 数日前にしたわけです。

 さて、ここからが今日の話です。


 もしあなたが結果を出したいなら
 「行動」しなければなりませんが

 (本を読んだり、考えているだけで
  成果が出るはずがありません)

 行動についての「イメージ」を
 先の動画を見ることで持ってもらいたい、

 と思っているのです。



■私たちは残念ながら

 「行動しましょう」
 「行動が大事ですよ」

 と幾千回、聞かされたところで
 なかなかその気になれません。


 なぜかというと

 「行動しましょう」

 と言われても漠然としすぎて
 まったく映像が浮かんでこないですよね。

 だから動けないのです。



■幸いなことに私(鮒谷)は
 公私に渡る先生であるところの、

 弁護士の高井伸夫先生

 (フルに仕事をされていらっしゃった頃は
  人事労務分野で知らぬ人はいない、
  敏腕、著名な弁護士でいらっしゃいました)

 の仕事姿を長い間、
 間近に拝見していたので

 「圧倒的な行動量とは、どのレベル】」

 について、その映像とともに
 瞬時に想起できます。



■失礼ながら、
 高井先生のお仕事ぶりを目の当たりにして

 『プラダを着た悪魔』

 に出てくるカリスマ編集長、
 ミランダをイメージしたものでした、、、

 (そのとてつもない行動量、
  という点において)



■そのイメージが
 脳に刻まれているからこそ、

 たとえ怠けたり、
 先送りしそうになっても

 「いやいや、高井先生は一日の仕事を
  やり切るまでは休まれなかったな」

 「ひたすら気を入れて、
  行動しつづけていらっしゃったな」

 という内的言語が自然と回り、
 高井先生の姿を思い出しては、

 出来る限りのことを叩き込んでから
 床に就くことが完全に習慣化されました。



■ただし、こんな話を
 私(鮒谷)がいくらしたとしても、

 「リアル高井伸夫先生」

 をご存じない方には
 なかなかご理解頂けません(当然です)。



■そんな悩み(?)を持っていたとき、
 たまたま

 「男塾名物!直進行軍」

 を見て

 「まさに、これだ!!」

 と膝を叩いたのです。



■動画を見なければ
 まるで分からない話だと思いますが、

 ご覧になった方であれば

 「大量行動とは、このイメージか!」

 と一瞬で理解いただけたことでしょう。



■そうなのです。

 まさに「あの」イメージで
 直進行軍する、

 すなわち、

 毎日、とんでもない量の行動を
 顔色も変えずに粛々と行い続ける、

 そんな人がいるのです。


 そして、そんな風に毎日を過ごせば
 人生、変わるに決まっている、

 と思われないでしょうか。



■こんな話を大変だ、
 と思われる方もあるかもしれませんが、

 スポーツと一緒で
 全力を尽くすからこそ、

 充足感も、満足感も、達成感も
 毎日、より良くなっている感覚も、

 味わうことができるのです。



■漫然と、惰性で、ダラダラと、

 一日一日が無為に過ぎ去っていくのが
 ラクでいい、

 なんてことを本心から思っている人など
 いるはずがありません。



■こうした全力投球の行動姿勢、

 先の動画を見てない人には
 どこまでいっても分からぬ話だと思うので、

 私(鮒谷)は男塾の回し者ではないですが
 ぜひ課金してでも見て下さい。

 その価値はありますよ。


 Amazonプライムでも見られますが、
 こちらでも見られるようです。

 ※110円かかるみたいですが。

 (しつこいですが「第2話」です)
 https://gyao.yahoo.co.jp/store/title/048016




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■毎日、気を入れて、未来に向かって    大量行動する、    などと聞くと、多くの人は、    そんなの大変そうだ、と思うだろう。   ■しかし未来に向けて、意味を感じられる    行動をたくさん行える毎日は、    充足感や達成感や満足感を感じられこそ    すれ、大変だという思いは生まれない。   ■むしろ、毎日を無為に過ごして、    こんなことでいいのだろうか、という    悶々とした悩みを抱えている人のほうが、    はるかに多いのではないだろうか。   ■一見、大変そうに見える人ほど幸せで、    楽をしているように見える人ほど不幸せ、    その理由の一端がここにあるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。