毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6417号 あなたが後世に遺すべき最大遺物はなにか


■各人、それぞれが築き上げてきた、

 日常的に意思決定に用いている
 言語の体系は、

 その人の

 「生きた足跡」

 とも言えるでしょう。



■私(鮒谷)自身は、

 どんな言語体系が
 正解であるかは分からないし、

 普遍性のある正解が
 存在するとも思っていない、

 という立場を貫いています。



■ただし、自身が

 「所を得ている」

 と感じられる世界に導いてくれる
 言語体系(行動規範とも)は

 「自分にとっての正解」

 という仮説のもとに生きてきました。



■およそ30年ほどの長きにわたって
 日記を書き続けてきて思うのが、

 自身の価値観や強みや性格に
 最適化された言語体系を編むために、

 極めて強力な編集ツールとして
 日記は活用できる、

 ということ。



■今、もしあなたが日記を
 書いていらっしゃるのであれば、

 そんな定義で補助線を引くと
 日記の書き方はまるで変わると思います。



■ちなみに私(鮒谷)は、

 こうした記述を重ねてきた日記
 (の一部)を外部に発信し、
 フィールドバッグを頂くことで、

 さらに言語体系の編集速度を
 加速させてきました。



■こんな風にして


 「高速で自らに最適化させた
  言語体系を編みつつ、

  その言語体系と、
  そこから導かれる生き様や生活様式」


 までも一つの雛形としてパッケージ化し、

 それを年間プログラムや
 各種音源を通してお伝えしてきた、

 ということになります。



■いうまでもなく、

 こうして私に最適化されたパッケージが
 そのままあなたに当てはまる、

 とは思っておりません。


 しかしながら、一個の人間のうちに、

 (ある程度)矛盾なく、
 体系化された形で格納されている、

 そんな言語の体系を
 参照することによって、

 一から自分独自のそれを編み出すよりも
 早い速度でオリジナルなそれを作り出せる、

 という側面はあろうかと思います。



■特に、これまでの履歴において、

 内的対話や省察を
 そこまで深く重ねることなく

 「あなたが編み上げてきた言語の体系
  (行動規範集)はありますか?」

 と問われても、全くイメージが
 湧かないという人であれば、


 僭越ながら、
 私(鮒谷)が提供しているパッケージ、

 つまり、一定程度まで矛盾なく、
 秩序立っている言語体系(行動規範集)、

 をお渡しすることによって
 それなりに価値を提供できるのでは、

 と(多分に自惚れ混じりではありますが)
 考えるようにもなりました。



■もちろん繰り返しになりますが、

 それが正解であるということでは決してなく、
 むしろそれを踏み台にして、

 あなた独自の、よりご自身の価値観や
 強み等にマッチする言語体系を編んで頂ければ、

 と思っていますし、

 そんな基盤づくりのショートカットを
 提示するのが

 私にできる最も大きな価値ではないか、
 と思うようになったということです。



■そういうわけで、

 もしも、これからあなたが
 ご自身の生き様を確立したいと考え、

 そのための意思決定基準を
 磨いていきたいと思われるなら、


 急がば回れの精神で、

 一旦、雛形(の一形態)たる、
 私の言語体系をインストールした上で、

 そこを起点として合わないところは
 どんどん否定や更新をし続けることによって。

 独自の言語体系を編み出してみる、
 そんなルートはかえって近道かもしれませんよ、

 とあえて言ってみたいと思います。



■こうして最終的に、
 あなたが自分の言葉で編んだ言葉集は

 『ビジネスマンの父より息子への
  30通の手紙』

 という本がありますが、
 この本のように、


 子どもや孫、さらには
 それ以降も含めた後世に遺すべき

 「最大遺物」

 となりうる価値を帯びてくるに
 違いありません。



■そんな、

 子々孫々に至るまでの宝物としての
 言語体系作りに取り組むことは、

 生涯かけての一大事業となりますから
 毎日が充実、充足するに決まっています。



■こういう話を聞いて
 ポカンとされる方もあれば、

 既に明確な意思を持ち、
 鋼のような信念で、

 ひたすらに言葉を紡ぎ続けている方も
 あるでしょう。



■いずれにしても、

 自分独自の言語体系を
 編み続けていくうちに、

 必ずいつかのタイミングでこの営みの
 大きな、そして尊い価値に気付き、

 体中に震えるような喜びが
 もたらされるに違いありません。



■もちろんお子さん、お孫さんが
 いらっしゃらない方にとっても

 「自らの宝物を編む」

 という意味では同じで、


 続けていけばやがて必ず、
 言語体系が拡張されていく実感を持ち、

 気づきと学びと感動で、震える毎日が
 続いていくことになるはずです。



■ちなみに、先日来ご案内している、


 ------------------------

 「人生は鉄火場(賭場)と考えると
  うまくいく」放談会音源

 ~鉄火場に学ぶ、リスクを極小化しつつ、
  安定・逓増人生を送るための7つの心構え

 ------------------------


 もまた、他の音源と同様、

 私(鮒谷)の言語体系の一部であり、
 かつ重要な位置を占めているものです。


 私の生き様や、それを決定づけた
 意思決定基準の源流(の一つ)、

 といえる音源です。



■全員が全員のお役に立つ話かは
 分かりませんが

 少なからぬ方にとっては
 行為に対する認識が変化し、

 思考が変化し、
 さらには行動が変化する

 価値ある意思決定基準として
 ご活用いただけるであろうと思っています。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■各人が築いてきた言語体系はその人の    歩んできた人生の足跡と言えるだろう。   ■言語体系に共通解はなく、各人それぞれが    「所を得た」    と感じる場所に導いてくれるものが、    その人にとっての正解であろう。   ■こうした言語体系の構築促進には    日記の記述が絶大な効果を発揮する。   ■ただし、言語体系をゼロから構築するには    膨大な時間が必要となるため、    可能ならば、自分に相性が合うと思われる    先人の言語体系をあらかじめ基盤として    インストールしてみるのも一法だ。   ■まずはひな形からでも構わないので    自分にそこそこ適合する体系を入れた後、    自分には合わないと思われるところを    一つづつ否定、更新していくことによって    いつしかオリジナルの言語体系が    自らの内に構築されていくのである。   ■完全オリジナルの体系を構築できれば、    それはあなた自身にとっての    宝物になるのみならず、    末代に至るまで伝えられるべき最大遺物と    なる可能性すらあるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。