毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6409号 「無名有力」のブラックジャック的存在を目指す


■少し前になりますが、

 個別コンサルをさせていただいた
 殿山勇次さんより、

 以下のご感想を頂戴しました。



■ご感想の内容を受けて、

 今日の本文に私(鮒谷)の考えを
 続けて記しますので。

 まずはご熟読ください。


 (ここから)
 ------------------------


 個別コンサルティングを
 受けさせていただくにあたり、

 ほどよい期間で調整いただいている
 ことに感謝しています。


 コンサルティングを受けるにあたり、
 2つの重要な要素を満たしているため、

 継続したいと思い至る理由が
 判明しました。


 その1つは、助言が的を射て、
 的確であることです。

 これは、実際にコンサルティングを
 受けられた人の多くが実感じていることだと
 思います。


 そして、2つ目は、

 魂のレベルの高い方とお話することで、
 自分の人格の浄化および向上に
 役立っていることです。


 コンサルティングの助言の善し悪しや
 成果については、

 ある程度、
 金額的に換算できるものでありますが、

 自分より人格が優れた方と共有する時間を
 持てることは、お金では測り知れない恩恵が
 あります。


 1回のコンサルティングが終わった後の
 メルマガを拝読すると、

 そのセッションに関連したメッセージを
 下さっているように思われます。

 この感触は、単発ではなく、
 続いているため、偶然とは思えません。


 また、このメッセージは、
 私個人だけではなく、多くの人が思い悩む
 ボトルネックとして、

 広く世に問いかけているのではないかと
 感じます。


 以前、少しメルマガで語られたいた通り、

 個別コンサルティングは、
 利益にこだわっているものではなく、

 人が感じている問題点やニーズを探る
 手段として施行されているのではないか、

 と思い至りました。


 すなわち、一個人にとって
 高額なコンサルティングを行うことは、

 それだけの価値を提供しなければならない
 というプレッシャーがかかります。

 一方、音源販売においては、
 ストレスが少なく、かつ金銭の実入りが
 多く、楽に稼ぐことができます。


 そういう観点からすると、
 個別コンサルティングは、

 あえて苦労をして、ご自身の利益よりも
 自分の洞察を深める手段として
 行っているのではないかと推測するのです。


 音源販売だけであれば、

 世に星の数ほど存在する
 情報商材と化していることでしょう。

 コンサルティングを行うことにより、
 血の通った啓蒙を発信する、
 「進化論」を具現していると考えるのです。


 心理的に人は安きに流れやすいものです。

 それをご自身の規範に従って
 目指す北極星(理想の自分のあり方)に
 近づくように、

 工夫、努力しているのではないかと
 気づいた次第です。


 こうした感想はを書くと、

 「お前はさくらか」

 と思われる方がおられるかもしれません。


 しかし、私は、シビアなところがあり、
 いろんなセミナーやコンサルティングを
 受講していますが、

 怪しいサイトや実のないコンテンツは
 早めに見きってバッサリ切っています。


 広げてから、
 選別する方策をとっているのです。


 先日のコンサルティングでは、
 居心地のよい領域から抜け出すべく、
 ケツを叩かれたため、

 ある程度のプレッシャーを感じながらも、
 その方向に向かう気持ちでいます。


 そういう意味では、コンサルティングは、
 必ずしも癒やしだけではないのです。

 行動しなければ何も変わらないので、
 いよいよ本格的に始動する段階に入ってきました。


 ここまでしてもらって
 自身の変容がなければ、

 自己怠慢としか言えない状況と
 なっています。


 やれば何かが変わる、

 逆にやらなければ、
 進化しない以前と変わらぬ自分でいる、

 という、二者択一の世界です。


 今後の人生を変革するかどうかは、
 自分しだいです。

 個別コンサルティングは、
 その有意義な触媒だと考えています。


 私自身は、触媒を受けながら、
 変革の確率を上げていくつもりですが、

 つまるところ、最後は自己責任と
 腹をくくっています。


 (殿山 勇次 さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 殿山さん、長文のご感想、
 ありがとうございます!



■殿山さんは


 -----------------------

 個別コンサルティングは、
 利益にこだわっているものではなく、

 人が感じている問題点やニーズを探る
 手段として施行されているのではないか。

 -----------------------

 個別コンサルティングは、

 あえて苦労をして、ご自身の利益よりも
 自分の洞察を深める手段として
 行っているのではないかと推測する。

 -----------------------

 音源販売だけであれば、

 世に星の数ほど存在する
 情報商材と化していることでしょう。

 コンサルティングを行うことにより、
 血の通った啓蒙を発信する、
 「進化論」を具現していると考えるのです。

 -----------------------

 心理的に人は安きに流れやすいものです。

 それをご自身の規範に従って
 目指す北極星(理想の自分のあり方)に
 近づくように、

 工夫、努力しているのではないかと
 気づいた次第です。

 -----------------------


 と記して下さっていますが、


 綺麗事ではなく、まさに私(鮒谷)は
 個別コンサルの場を

 「理想とする姿を
  実現するための修行」

 と捉えています。



■コンサルの技量は

 「本をたくさん読んだから
  高まっていく」

 ものではありません。


 どこまでいっても

 「現場での実践」

 が先にあり、
 その上で学びを深めるから、

 より大きな価値を出せるように
 なるのだと思っているのです。



■また私(鮒谷)のコンサルは、
 私自身は安すぎると思っていますが、

 そして一部のお客さまもまた、
 安すぎるとおっしゃって下さいますが、


 少なからぬお客さまにとっては

 「一定の痛みを伴う出費」

 であろうことは重々承知しています。



■その上でなお、

 (値引きすることなく)
 この価格帯で行い続けているのは

 「私自身が
  プレッシャーを感じ続けたい」

 からです。



■正直に告白すると
 この価格帯でコンサルすることは、

 私にとっては既に日常の営みとして
 組み込まれていますが、


 一部のお客さまのような、

 何の負荷もなく、この価格をお支払い
 下さる方のきをお相手していると、

 お互いの油断によって、

 しらずしらずのうちに
 私の気が緩むことを恐れるのです。



■それゆえ、

 20代の会社づとめの方であれ、
 フリーターの方であれ、
 ニートの方であれ、

 躊躇なく、値引きせずの
 同額のご請求をしています。



■そうした方は、それゆえにまさに

 「真剣勝負」

 でコンサルに臨まれますし、

 もとよりその気迫は
 私(鮒谷)にも伝わってきますから、

 最初から最後まで気を張りながら
 集中してコンサルを行うことになります。



■こうしたプレッシャーに
 身を晒し続けることが、

 自分を高めてくれると
 信じているからこそ、


 一般には高額であると
 受け止められるのであろう、

 個別コンサルを日々、
 ギリギリのスケジュールの中でも、

 行い続けているのです。



■この繰り返しによって、
 数多くの事例に触れ、

 結果としてパターン認識能力が
 高まっていくにつれ、

 お客さまの期待を超える価値をお渡し
 できる可能性もその分だけ引き上がる、

 と確信を持っています。



■こうした修行をやりきった先にしか

 「代替不可能な世界」

 にはたどり着けないとも
 理解しています。



■それなりに高額なサービスを、
 それなりの継続率で受注し続けつつ、

 それなりの数の新規顧客を獲得し、
 それなりのコンサル件数を日々、実施する。


 以上を全てを満たして継続し続けるのは
 正直、なかなかに大変です。

 それを、この10年ほどの間、
 やり続けてきたわけですが、

 まさに、こうした地道な
 千日回峰行的修行が私を支えている、

 と思っています。



■私(鮒谷)自身は、

 何の肩書も資格もなければ
 知名度も影響力も何も持ちませんが、


 以上のような取り組みを通して、

 確度高く、目の前のお客さまの
 変化変容のお手伝いを行える

 (知る人ぞ知る)

 「『無名有力』の
  ブラックジャック的存在」

 としてお客さまのお役に立つべく、

 これからもさらに厳しく、
 実践し、学び続けてまいります。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■真剣な顧客と向き合い続けることで    自分も磨かれる。   ■自らが緊張感のある場所に    身を置くことなく、    成長することだけを求めることは    都合の良すぎる話である。   ■成長には気を張り詰めて取り組む    「長期に渡る修行」が必須なのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。