毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6400号 収益は「異常」からしか生まれない


■今日は特に、

 起業家、あるいは今後、
 起業を考えられている方に向けて、

 過激な話を少々。



■常識がぶっ壊れていないと
 儲けることはできません。


 良くも悪くも

 「真っ当な感覚の持ち主は
  常識の枠内の人生、生活」

 にとどまらざるを得ないわけですが、


 あなたは世間の中で

 「97%~99%くらい」

 の割合を占める常識人でいたいのか、

 残り

 「1~3%くらい?」

 の少数派である、
 異端の者でありたいのか、

 どちらでしょう。



■それこそ
 「常識」で考えてもらいたいんですが、

 常識的な人は
 常識的にしか儲からない

 (つまり、ほとんど儲からない)

 のです。


 当たり前ですよね。
 何の差別化も図れないのだから。



■収益は

 「異常」

 からしか生まれません。

 では、起業家、経営者としての
 異常性はどこから生まれるのか。



■これはもう、
 言葉を選ばずに言っちゃうと

 「カネの使い方」
 「時間の使い方」

 のたった二つしか
 存在しないんですよね。



■年次の若いときは

 (カネはないけれども)

 非常識な対象に、
 非常識なレベルで時間を投下する、

 ことで、その他大勢から抜け出す
 ことができるでしょう(第一段階)。



■その他大勢から抜け出せれば、

 絶対に、とはいいませんが、ある程度
 カネに恵まれる可能性は高まり、


 そのタイミングで、非常識な対象に
 非常識なレベルでカネを投下することで、

 さらに加速度をつけて
 大気圏突破が可能になる、

 のです。



■その他大勢から、抜け出したいなら、

 もっともオーソドックスなプロセスは
 以上の通りです、

 こういってしまうと
 身も蓋もない話になりますが、


 この2つ(カネと時間)を
 非常識レベルで投下することによって、

 経験や知識や人のつながり等を
 非常識レベルまで引き上げましょう、

 という話。



■ありきたりの話しかできない人は、

 新しい商品やサービスを
 生み出すことはできないし、

 注目を集めることもできないから
 買ってもらうことも難しい。



■要は

 「ぶっ壊れないと始まらない」

 のです。


 でも幸か不幸か、

 ほとんどの人(97%~99%くらいの人)は
 ぶっ壊れることを恐れるんですよね。


 そして、頭のネジが何本か
 外れている人だけが、

 なんの恐怖感を抱くこともなく
 自ら好んでぶっ壊れていくのです。



■こうしてぶっ壊れた人が

 「常人とは異なる何か」

 を手に入れ、そこに

 「マネタイズ能力」

 を掛け合わせると、
 ビジネスを加速させられます。



■いくらマネタイズ能力を高めても、
 基礎となる

 「常人とは異なる何か」

 を持たなければ、


 そもそも発想が貧困な上に
 思い切った踏み込みもできず、

 「たしかにお勉強はできるけれども
  カネの匂いの全くしない人」

 に成り果てるわけです。



■反対に

 「常人とは異なる何か」

 を持っていても

 「マネタイズ能力」

 がなければ、
 これまたお金に恵まれません。


 ※ただし、こちらの人は
  基礎的な資源を持っているので、

  学ぶべきことさえ学べば
  立ち上がりは早いもの。



■かくいう私(鮒谷)は
 人生のある時期において、

 ぶっ壊れたレベルで本を読み、
 ぶっ壊れたレベルで人と会い、

 ぶっ壊れたレベルで
 学びに対して重課金、


 そんな生活を贈っているうちに
 やがて、

 ぶっ壊れた価格帯で平然と請求書を
 送れるようになりました。



■現在地にたどり着くまでに
 いろんなものがぶっ壊れ、

 いつしかぶっ壊れた感覚が
 自分にとっての当たり前になり、

 ぶっ壊れたマーケティング、
 ぶっ壊れたセールス、

 さらにはぶっ壊れた請求も
 できるようになったのです。



■自らが常識人の枠から逃れられず
 何一つぶっ壊れていないのに

 「大儲けしたいんです」

 とかいっていても、
 土台、無理な相談です。



■それは、

 他人と同じ生活をしていて
 他人と異なる結果を求めているのと一緒、

 であり、

 「木に縁りて魚を求む」

 のと一緒(=愚か者)。



■結論。

 若いうちは時間レベルでぶっ壊れ、
 年次があがれば課金レベルでぶっ壊れ、

 これが異端への道ではないかと
 思っています。



■私(鮒谷)は、

 破壊神wとして
 時間もカネも異常値レベルで、

 人もたまげるレベルで投入し、
 自身をぶっ壊してきました。



■その分、

 普通の人が当たり前に
 やってきたことや買ってきたもので、

 私自身はやったことがないことや
 買ってこなかったもの、

 めちゃくちゃたくさんあります。



■長きにわたって

 「平均、という言葉を何よりも忌避して
  平均からの逸脱だけを志向してきた」

 ので凸凹が激しいわけですが、

 これが今に至る、当社のビジネスの
 基礎を作っていると思っています。



■満遍なく、均等に、資源を配分、
 ほど愚かなことはありません。

 一点集中、全面展開、ですよ。

 若いうちは、これと決めたものに
 寝ても覚めても投入する。



■年次がいって、さまざまな事情から
 相対的に時間がかけられない

 (家庭を持つとか、社会的役割とか、
  体力的問題とか、家の事情とか)

 ようになったら、


 そこから先は

 課金によって知識、経験、
 さらには時間を買いまくって、

 「常人とは異なる何か」

 を手に入れて、

 そこにマネタイズ能力という
 テコの原理を利用して、

 一気に飛翔を遂げるのです。



■いろんな人の、いろんな目標実現の
 道のりがあるようには見えますが、

 抽象化し、パターンで捉えたら
 結局、これに尽きるのです。


 繰り返しになりますが、
 身も蓋もない話なんですが。



■学生さんや若手社会人は
 とにかく人と出会い、新しい経験を。

 ある年次から上の人は
 とにもかくにも重課金。



■課金している人間と
 無課金、微課金の人間と、

 どっちが
 成果を出せると思いますか。


 綺麗事を抜きにしたら
 私(鮒谷)はどう考えたって

 「そりゃ、重課金っしょ」

 と思いますし、
 思うだけではなく、

 実際におそらく同年代の
 上位1%どころか、0.1%どころか、

 それをはるかに上回る水準で
 課金し続けてきた自覚もあります。



■4月からは大学院に進学しますが、
 これも

 (言葉を選ばずにいうならば)

 課金プレイ、ですよ。



■国立だから
 私立と比べると確かに安いですが、

 もしこれまでよりも仕事する時間が
 減るとするならば、

 そしてそのために
 売上げが減少するならば、

 学費よりもはるかに
 高くなるかもしれない売上げ減少分も、

 (間接的に)
 課金しているのと同じです。



■それでもなお、
 躊躇なく重課金し続けるのかというと、


 多くの人は

 「常識的に考えて」

 という枕詞を逃げ口上に用いて
 無課金、微課金を貫き、


 常識的な人生、生活から逸脱せず、
 それゆえ感覚をぶっ壊せず、

 異常値を取りにいかない、

 と理解しているからです。



■そこで逆張りするのが投資家っしょ、
 そこで逆張りできるのが投資家っしょ、

 ということです。


 そんなチャンスがあるのに、

 いちいち、やることなすこと、
 びびっていたら、

 投資(起業や経営も投資の一種です)
 なんかできないし、するな、

 やってもどうせ
 うまくいかないから、

 と愛を持ってお伝えしておきます。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■収益は「異常」からしか生まれない。   ■みんながやっていることを、    みんながやっている程度に行い、    自分は他の人よりも儲けよう、などと    思ってもそれは土台、無理な相談。   ■人と異なる部分から差別化要因が生まれる    のだから当然だ。   ■差別化要因、さらには    代替不可能要因を獲得し、    そこにマネタイズ能力を加えるから    儲かるようになる。   ■では、経営者、起業家の「異常」は    どこから生まれるのか。    身も蓋もない話ではあるが、時間とカネの    使い方からしか異常はもたらされない。   ■常識的な時間とカネの使い方で    非常識な水準の結果を求めたところで、    大きな成果は手に入れられるはずがないに    決まっているのである。
                       

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。