毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6399号 「言語体系提供業」が私(鮒谷)の仕事


■昨日

 【売っているものは「言語体系」】

 というタイトルで
 メルマガを配信いたしました。



■これまで

 【希望提供業】

 と自称したり、さらに

 【希望提供業&可能性開放業】

 といっていたこともあります。


 ただ直近では、自分の中では

 【言語体系提供業】

 が一番、しっくり来ています。



■ただ、

 自分ではよく分かっていても
 初見の方にとっては

 「???」

 だと思いますので、

 【言語体系提供業】

 の意味を懇切丁寧に伝えていく、

 という説明責任を果たすことは
 大事なことだとも理解しています。



■昨日もお伝えしました通り

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 です。


 行動規範(意思決定基準とも)が
 行動の方向性を決め、

 その行動が自身の運命を
 紡いでいくわけですから

 【言語体系の質が
  人生の質を決定づける】

 といっても過言ではありません。



■にもかかわらず、自身がどんな

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 を持って生きているのか、

 知りもしないし、
 気にも留めないし、

 それゆえテキトーに生きている。


 それでは

 「運を天に任せる」

 ような生き方になるのも
 当然ではありませんか。



■言葉を換えれば、

 自分の人生であるにもかかわらず、
 自分の意思で人生を生きていない、

 ということ。



■ここまでお読みになり

 「なるほど、言われてみれば
  確かにそうだなあ」

 と思われた方であれば、


 自分の持つ

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 を理解し、さらには日々、
 更新をかけていきたい、

 と考えられるに違いありません。



■多くの人は、ここで

 「で???」

 となるのです。


 日記を書く、等によって
 言葉を操る習慣がなければ、

 自身がどんな行動規範で生きているか、
 自分でも分からないことがほとんどです。

 また更新の仕方も皆目、
 見当がつきません。



■ここにおいて、

 今まで、いかに流されながら
 生きてきたのか、

 を気付かされるということ。


 そうした人が
 イチから自分独自の

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 を編み上げようとしたら、

 できないことはないにせよ、
 膨大な時間がかかります。



■私(鮒谷)が行っているのは
 この時間をショートカットさせるための

 「カスタマイズせずに
  そのまま使っても、

  それなりの結果が
  見込めるであろう体系(システム)、

 を暫定的にお渡しする仕事、

 といって良いかと思います。



■まるごとインストールして
 実践活用いただければ

 「良くも悪くも、おおむね、
  私(鮒谷)と同じ傾向の運命が見込める」

 と思われる言語体系を、


 (全て自前で編んできた
  システムであるからこそ)

 ワンストップで提供できることが
 私(鮒谷)の圧倒的な強みである、

 と自己認識しています。



■この体系の、全てではなく、
 仮に一部であったとしてでさえ、

 インストールを図っていただければ
 ゆっくりと、しかし確実に

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 が切り替わってきます。



■その具体的な例として
 ちょうど先ほど

 -----------------------

 【妄想ブースター音源】

 -----------------------

 をお聴きくださった菅沼文秀さんから
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 ------------------------


 今回も素晴らしい音源を
 ありがとうございました。


 聞いたことで、希望と、
 そして強い危機感を感じました。


 というのも、

 寝る前にわくわくする妄想が
 浮かんでこなければ黄信号、

 に完全一致していたからです。


 日々を重ねるうちに、

 有用性に毒され(?)て、無用の用を
 無意識に切り離していました。


 今回、妄想×論理の
 4WD理論を教えて頂いたので、

 震える妄想を、その判断基準を
 異常コーフンに据えて

 (個人的にあえてカタカナ表記で)、

 言語をもって自分を躾けていきたいと
 改めて、振り返れました。


 そのために、無用のために、
 有用は手段として突き詰める、

 ここも意識をもって取り組みます。


 妄想→構想→実践・・・のサイクルを
 確立すべく、

 無用の用を集積し、
 それを泥縄式に編んでいく、

 そこに物語音源の教えを加えていく、

 そんな形がとれればはからずとも
 コーフンしてくると確信できました。


 また、妄想が枯渇しないよう
 計画された偶発性に時間を投入していきます。


 論理的に小さくまとまらず、
 無用の用、妄想を延焼させ、

 妄想が妄想を呼び、コーフンできる日々を、
 機嫌よくすごしていきたいと
 あらためて考えられました。


 今回もありがとうございました。


 (菅沼文秀 さま)


 ------------------------
 (ここまで)



■菅沼さん、ご感想をお寄せくださり、
 ありがとうございます!


 感想を拝見すると
 菅沼さんの頭の中で

 【妄想(音源)、からの物語(音源)】

 というコンボが発動していることが
 分かりますが、

 まさに、そういうこと。



■菅沼さんは他にも数多くの音源を
 お求めくださっていますが、

 それらの音源同士のリンクが張られて
 概念が組み合わさっていくほどに、


 まさに先ほど記したように
 ゆっくりと、しかし確実に

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 が切り替わっているのを、

 菅沼さんご自身が実感下さっているに
 違いないと思っております。


 (でなければ、これだけの数の音源を
  お求めくださっていないはず笑)



■、、、そんなわけで、
 私(鮒谷)が販売しているものは


 【言語体系、世界認識、行動規範、

  ならびに志向している世界を
  実現させるためのシステムの設計図、

  さらにはシステムの具体的な作り方】


 までを完全にインストールするための
 各パーツを

 (デアゴスティーニ方式でw)

 販売している、

 とご理解していただくと、

 私がやっていることのイメージを
 付けてもらいやすいかもしれません。



■ポイントは、

 実践なき(=証拠なき)
 言語体系を販売しているのではなく、


 反対に、

 言語体系のなき
 実践方法(=具体事例)

 をお伝えしているわけでもない、

 というところ。



■ 両方をセットにして、

 思考(頭の中)と
 現実(リアルな成果)の双方を、

 お伝えしているところに
 希少性があると考えていますし、

 希少性をさらに磨き上げていきたいと
 志しているところでもあります。



■もちろん、こうしてお届けする
 言語体系はあくまで

 「叩き台、雛形、見本、テンプレ、
  フォーマット、ドラフト、パターン」

 に過ぎず、


 最終的にあなたは、
 あなた自身のオリジナリティあふれる

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 を編み上げていって頂きたいのです。



■とはいえ、イチから創り出すのは
 なかなか大変で時間もかかるから、


 バスで富士山の五合目まで行くように、
 音源活用によって、

 あなたオリジナルの言語体系を
 作る上での「五合目」までは、

 可能な限り、省力化して到達して
 いただくのが合理的ではないか、

 そんな風に考えて、
 各種音源をお届けしてまいりました。



■これからも引き続き

 (デアゴスティーニ方式でw)

 【言語体系=認識の枠組み=行動規範】

 の各パーツを
 順次お届けしてまいります。

 ご期待下さいませ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ある種の訓練を積んできた人においては    【言語体系=認識の枠組み=行動規範】    を商品化することができる。   ■こうしたコンテンツはあくまで叩き台、    雛形であり、最終的にはお客さまご自身が    「自分仕様の言語体系(=以下略)」    を紡ぐ必要があるが、そこまでのプロセス    をショートカットするための支援として、    一つの基本フォーマットとして    「出来合いの言語体系(=以下略)」    をお届けすることは、一つの価値提供と    言えるのだ。   ■富士山を一から登る人もあれば、    五合目までバスで行く人もあるように    「自分仕様の言語体系(=以下略)」    を一から編み上げたい人もあれば、    ショートカットしたい人もある。   ■その支援をできる人が、その種のサービス    提供するのは、大いに価値あること。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。