毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6397号 あなたにお金が貯まらない理由(挑発)


■もしあなたが

 「お金を欲しい!」

 と思っているのに
 なかなかお金が増えないとするならば、


 根本的な原因の一つに

 「お金に対する執着」

 が足りないことが
 挙げられるでしょう。



■執着が生まれない原因は
 多くの場合、

 「なぜ私がお金を必要とするのか」

 というWhy(理由)が
 明確でないから。



■それではお金に対する執着が
 生まれないのは当然ですが、同時に、

 たとえ理由が明確であっても、

 必要とする金額
 (それがフローであれ、ストックであれ)

 を具体的な金額に落とさなければ、

 果たして何をどうしたらよいのか、
 皆目、見当がつきません。



■そのような状態では、

 いくら頑張ろうと思ったところで
 頑張りようがないので、

 お金に恵まれることはありません。



■もしあなたが

 「お金を手に入れたい」

 と思うのであれば、

 【必要とする理由を明確にするとともに
  具体的な数字を設定する必要がある】

 のです。



■ここまで行って初めてスタート地点に
 立ったといえるわけで、

 ここから先、ようやく、

 理想と現実のギャップを埋めるための
 行動に移ることとなります。



■たとえばあなたが
 1億円を貯めたいと思っており、

 現状1千万円しかないとするならば、

 残りの9千万円という数字を
 どのようにして埋めるか、

 というゲームが
 ここにおいて開始されるのです。


 ※ここまでの話、当たり前のことだと
  思われませんか?

  でも、この当たり前のことを意識して
  実践している人がほとんどいないのです。


  だからお金のことで困っている人が
  少なくない、、、(以下略)



■今日は詳しくは述べませんが、

 さらにここに
 「期限」を入ることによって、

 ゲームはより、
 スリリングなものとなります。



■ゲームが開始されると同時に、

 刻一刻、
 持ち時間が少なくなっていく中で、

 手持ちの使えるリソースを
 組み合わせたり、


 あるいは、

 足りないリソースを外から調達し、
 創意工夫を凝らすことによって、

 目指すべき目標に近づいていく、

 そんなイメージで捉えていただくと
 分かりやすいかもしれませんね。



■その際

 「畳の目を詰めていくように
  少しづつ」

 という微差積み重ね型の
 アプローチもあれば、


 3歩進んで2歩下がる、
 を繰り返しつつ前進を図る、

 PDCA型アプローチもあるでしょう。



■あるいは、

 先に、10歩ほど下がって助走をつけて、
 それ以上の跳躍距離を稼ぐ、

 そんなイノベーション型アプローチも
 あるかもしれません。



■ルール(法律や倫理等)を逸脱しない限り、
 あらゆるアプローチが許され、

 その分だけ数多くのアプローチ
 (トライアル&エラー)

 を繰り返すなかで、

 ゴールに近づくためのルートが
 徐々に見えてくるのです。



■さらに、

 一つのルートが確立されたとしても
 その道だけが正しいというわけではなく、

 他の様々な有効アプローチが
 同時に存在することも許されます。



■「この世」という名の
 オープンワールドゲームは、

 こんな風に様々なルート選択が認められ
 ゴールに至る道筋は一つでない、

 という大きな特徴があります。



■自由度が高いから
 難易度が高いけれども、

 ひとたびルールを掴み始めると
 これ以上ない面白いゲームになる、

 わけです。

 (だからスマホゲームとか
  やらなくても十分楽しめる)



■ただし、

 ルールを知らないで
 プレイさせられる人にとっては

 「地獄に近い場所」

 と言えるかもしれません。


 それはその人が悪いのでも
 その人に問題があるのでもなく、

 ただただ

 「ゲームの構造とルールを知らない」

 だけの話。



■そんな(本来は楽しい)人生ゲームを
 楽しくプレイするための

 「各種ルール(導入編)」

 を各種音源において
 お伝えしており、


 そのゲーム中において
 より一層、カスタマイズして

 「各種ルール(アドバンス編)」

 を提供しているのが
 年間プログラムや個別コンサル、

 といって良いかと思います。



■話を戻しますが、

 人生ゲームのルールを理解し、
 結果を出し、愉しめるようになるためには、

 「数字と締切」

 を適切に操れるようにならねば
 始まりません。



■お金を増やす、貯める、という営みは
 まさにこれですね。

 受験とかもまったく一緒。
 数字と締切りのゲームです。



■営業もそうですよね。
 これまた数字と締切りのゲームです。

 より一層、複雑で高度だけれども、
 それゆえ楽しい経営も、

 同じく、数字と締切りのゲームです。



■以上は一例であって、

 その他、あらゆる人生の局面において
 両者を操るスキルの差が、

 楽しい人生と苦痛に塗れた人生との
 違いをもたらすこととなるでしょう。



■人生においてはゲームの構造、
 ならびに各種ルールを認識して、

 初めて楽しめるようになるのです。


 たとえば、あなたが、

 スーパーマリオブラザーズを
 プレイするにあたって、

 「基本動作、たとえばBダッシュ」

 を操れずにスーパーマリオは
 できんでしょう。

 いや、できたとしても
 普通に楽しくない(というか苦痛)。



■それと同じで

 「数字と締切りを上手に操る能力」

 は、まさに

 【人生におけるBダッシュ操作】

 と言えるのです。



■Bダッシュ操作を知らずに、

 スーパーマリオとか
 やってられないのと同じく、


 「数字と締切りを上手に操る能力」

 を身につけることなくして
 人生なんかやっていられない、

 と私(鮒谷)などは思います。



■でも現実には、

 十字ボタンだけを操作して
 人生ゲームをプレイしている人が、

 結構いたりするので
 驚かされたりもするのです。



■話を戻しますが、今日は最初は

 「お金を稼ぐ、貯める」

 ことについての話から始めましたが、


 お金の話のみならず、
 人生におけるあらゆる局面において

 ゲームの基本構造やルールを知らずして
 目的は果たせない、

 そんなお話をいたしました。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■各種ゲームに攻略法があるように、    人生においても攻略法がある、    と考えてみたらどうだろう。   ■もし、そんなものがあるとするならば、    その重要基本動作の一つに    「数字と締切りを適切に操る技術」    が入ってくるのは間違いないだろう。   ■受験も、営業も、経営も(あるいは、    その他あらゆる人生の局面において)    「数字と締切りを適切に操る技術」    と無関係な場面など、およそ想像すること    が難しいからである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。