毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6393号 (人生)ゲームデザイナーにとっての最大の腕の見せ所


■昨年半ばくらいだったと思いますが

 【人生ゲーム化音源】

 という音源をリリースいたしました。



■(ある種の)ゲームが楽しいのは

 「そこに制約があるから」

 と言えるのではないでしょうか。


 制約がなくて何をやってもいい、
 となるとかえってゲーム要素が薄れる、

 ということがあるのです。



■ハイスコアを目指すとか、
 カウントダウンを意識して、

 という緊張感があるからこそ

 「ドキドキ、ハラハラ、ヒリヒリ」

 の感情が生まれるし、


 いろんな種類の脳汁が
 ドバドバ分泌される、

 のではないでしょうか。



■人生も同じで、
 同じ状況にあっても各種の制約を

 「負担、プレッシャー」と捉えるのか、
 「楽しみの源」と認識するのか、

 によって
 精神状態は真逆になります。



■人生をゲーム化しよう
 (楽しみながら日々を過ごしたい)

 と思うなら
 いろんな方策がありますが、

 一番手っ取り早いのは

 【数字を掲げ、締切りを定める】

 ことでしょう。



■すべてのゲームが、とはいいませんが

 (しつこいようですが
  ある種のゲームは)

 【数字と締切りがあるからこそ
  楽しめる】

 もの。



■もちろん両者は適切に
 設定されていなければなりません。


 難度が低すぎると
 退屈すぎるゲームになるし、

 難度が高すぎると無理ゲー、
 クソゲーになるわけですから、

 そのあたりはうまく
 調整を図る必要があるでしょう。



■しかし上手にゲームバランスを
 整えてやれば、

 十分に一人プレイが楽しめる

 (しかもカネがかからないどころか、
  場合によってはカネが増えていく)

 そんなゲームを、

 完全自分カスタマイズ仕様のゲームを
 自分自身でデザイン可能になるのです。



■どんな状況にあっても、

 環境に応じて臨機応変に
 最も夢中になれるゲームを作れる、

 これは一つの特殊スキルであり、
 価値ある能力だと、

 あなたは思われないでしょうか。



■私(鮒谷)は長らく

 【自分専属のゲームデザイナー】

 として数多くのゲームを
 作ってきましたが、

 ゲームデザイナーとしてのセンスは
 悪くない、

 と思っています。



■なぜなら長期にわたって、

 毎日、機嫌よく、遊びながら
 自身が期待する成果を出し続けてきた、

 からです。


 さらに、
 たくさんのゲームを作るほど

 「よりいっそう自分を喜ばせ、楽しませ、
  仕事においても結果を出せる」

 ようになりました。



■つまり、先日来、ご案内してきた

 -----------------------

 数字&締切de自己管理音源(2本組み)

 ~あなたの身に何ごとも起こらない理由は
  「数字&締切」を設けていないから

 -----------------------

 は、


 【人生ゲーム化音源】

 の内容を踏まえつつ、

 より楽しいゲームを作るための
 アドバンスキット、実践教材、


 といえる位置づけとなるでしょう。



■とはいえ、

 それぞれ独立しているコンテンツですので
 聴く順序が入れ替わっても、

 まったく問題ないような構成で
 お伝えしているので安心下さい。



■既に人生ゲーム化音源を聴かれ、

 より楽しく、精度高く、求める結果を
 手に入れることもできる具体的方法を、

 ということになれば、


 次に

 【数字&締切de自己管理音源(2本組み)】

 へと進んで下さい。



■今度は反対に

 【数字&締切de自己管理音源(2本組み)】

 で伝えている内容を
 実践するだけでも、

 仕事上の結果は
 必ず出るようになるので、


 成果に加えて、
 楽しみや面白さも追求したい、

 ということであれば

 【人生ゲーム化音源】

 に戻って頂く、
 という順序でも大丈夫です。


 お気に召すまま。



■ただ、願うらくは、

 いずれにしても最終的には両音源を
 セットで聴いてもらいたいところ。


 それによって、

 楽しみながら、精度高く、
 現実社会において

 (ここがテレビゲームやスマホゲームと
  決定的に異なるところ)、

 欲しい結果を射止めるための
 ゲームデザインを行える

 【凄腕ゲームデザイナー】

 へと、あなたは
 進化を遂げられることでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生そのものをゲームと捉え、    自分が楽しめるゲームをデザインする    専属ゲームデザイナーになったつもりで、    適度な(最良の)難易度のゲームを    作ってみてはどうか。   ■そのために重要な二大要素が    「数字と締切り」    なのである。   ■他の要素をどれだけ整えたところで、    この二要素を入れ忘れたり    適切なバランスで設計しなければ、    あっという間に「クソゲー」となる。   ■反対に他のあらゆる面において    「クソゲー要素満載」のゲームでも、    「数字と締切り」を上手に設定してやる    だけで、あら不思議、    それなりに遊べるようになるのだから    面白いものである。   ■優れたゲームになるかどうかの活殺を    決定づける二要素をいかに設計するかは、    (人生)ゲームデザイナーにとっての    最大の腕の見せ所といえるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。