毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6388号 腑抜けた生活に数字と締切りは存在しない


■長くもありませんが、短くもない
 これまでの人生において、

 大きな影響を受けた本は
 何冊かありますが、中でも

 『トム・ピーターズの
  サラリーマン大逆襲作戦<1~3>』

 は、サラリーマン時代、
 ボロボロになるまで読み込みました。



■記憶では、

 メルマガ初期(創刊号から100号ないし
 200号くらいまで)の頃には、

 トム・ピーターズの話ばかり
 書いていたような気もします。



■その中に

 「締切り」

 についての話がかなりたくさん、
 出ていたんですね。


 こうした反復によって期日に対する
 意識が徐々に醸成されてきた、

 ように思います。



■たとえば同シリーズの第二部

 『セクシープロジェクトで
  差をつけろ!』

 においては

 -----------------------

 「偉大なる集団は、
  きちんと夢を出荷する」。

 予算や中間目標や締め切りに
 口うるさい人がいなければ、

 どんなすばらしい夢も
 実現しない。


 誰か、みんなから尊敬されている人を
 「日程の鬼」にするべきだ。

 仕事中、日程表がいやでも
 目に入ってくるようにしよう。

 -----------------------


 という箇所があります。



■他にも


 -----------------------

 勢いほど強いものはないが、
 勢いほど萎れやすいものもない。

 最大の敵はぐずぐずすることで、
 最良の友は締め切りである

 (選挙には投票日があることを
  思い出してほしい)。


 第一にやるべきことは、
 実行だ(第二はない)。

 ぼやぼやするな、
 仕事にかかれぇっ!

 -----------------------


 あるいは


 -----------------------

 「いますぐ」「試す」「締め切り」という
 言葉を連発しよう。

 さっそく締め切りを設定しよう

 (最初の締め切りは、
  どんなに遅くとも五日後だ)。

 -----------------------

 5日あれば、ずいぶんいろいろなことが
 できる(いや3日でも、できることは多い)。

 すごいプロジェクトとは
 「締め切りがある夢」のことである。

 -----------------------


 などの言葉も。



■それ以外にも、
 すぐに見つけられなかったのですが

 【プロジェクトーデッドライン=0】

 といったような式も
 記載されていたと記憶しています。



■ここまでの言葉に触れれば

 【締切りを意識しないビジネスや
  プロジェクトなどあり得ない】

 と思われないでしょうか。


 実際に私(鮒谷)は
 「締切り音源」でも伝えている通り、

 毎日、
 毎週、
 毎月、
 毎年、

 の締切りを、朝から晩までずーっと、
 ずーっと、意識し続けています。



■もちろん、
 掲げている目標がかなり高いので、

 それだけやっていてすら、
 簡単に到達できないのですが、


 数字と締切りを意識していなければ

 【完全に成り行き任せ
  (=腑抜けた毎日)】

 になってしまうであろうことは
 想像に難くありません。



■いや

 「想像に難くありません」

 なんて格好よく言ってしまいましたが、


 想像に難くない、どころか、
 ある時期まで、来る日も来る日も

 【完全に成り行き任せ
  (=腑抜けた毎日)】

 を過ごしていたことがあるので、

 「頭から数字と締切りを消してしまうと
  いかに自堕落になるか」

 は深く理解しているつもりです。



■たとえば、

 トップセールスに
 最も似合わない言葉の一つが

 「不完全燃焼」

 という言葉ですが、


 この言葉はまさに

 【完全に成り行き任せ
 (=腑抜けた毎日)】

 の言い換えです。



■どんな業界であれ、

 売って、売って、
 売りまくっている人は例外なく、

 数字と期限を意識しているからこそ
 毎日が全力疾走、

 となっているはずですから、


 そうした人は

 (しつこく繰り返しますが)

 【完全に成り行き任せ
  (=腑抜けた毎日)】

 とは完全に無縁の生活を
 過ごしているはずです。



■どちらが毎日の張りがあり、
 誇りも持てて、

 充足感や満足感に満たされ、
 多くのアウトプットを出せるのか、

 といえば
 言うまでもありませんよね。



■トム・ピーターズが

 -----------------------

 勢いほど強いものはないが、
 勢いほど萎れやすいものもない。

 最大の敵はぐずぐずすることで、
 最良の友は締め切りである

 -----------------------

 と戒めている理由も
 ここにあるのです。



■なにもこの話は、

 経営者や営業担当者のみに適用される
 話ではなく、

 おおよそどんな職種、職業の人にも
 役立つ考え方でありましょう。



■極めて広い応用範囲があるので、
 どんな人でも

 「数値化&締切り」

 の有効活用によって人生や生活、
 仕事を激変させられるはず。



■そんな人生における

 「二大重要テーマ」

 を二本組み一セットの音源コンテンツに
 ぎゅっと凝縮してお届けしている、


 それが今回リリースした

 -----------------------

 数字&締切de自己管理音源(2本組み)

 ~あなたの身に何ごとも起こらない理由は
  「数字&締切」を設けていないから

 -----------------------

 となります。



■トム・ピーターズも

 -----------------------

 「いますぐ」「試す」「締め切り」という
 言葉を連発しよう。

 -----------------------

 と言っているように、


 先送りすることなく

 「今すぐ音源を試す」

 という言葉を連発することで
 人生が加速し始めることでしょう。



■そのうち買おう、そのうち聴こう、
 ではなく、

 今すぐ買おう、今すぐ聴こう、
 の締切り思考が、

 「一事が万事効果」

 を発揮しながら、

 雪だるま式に、人生を良い方向に
 転がし始めることとなるのです。



■おかげさまで、私(鮒谷)など、
 良い方向に転がりまくってます。

 それもこれも

 「即断即決即実行」

 の姿勢が習慣化されているからです。



■これも締切り思考の一形態。

 ぜひ当音源を聴いて、
 あなたもこの思考をインストールし、

 行動習慣まで書き換えて頂ければ
 これに過ぎたる喜びはありません。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■優秀なビジネスパーソンは    とにもかくにもひたすらに    【数字&締切り】    を意識し続けて、誇りと充実に満たされた    毎日を送っている。   ■この精神が希薄、あるいは皆無だと    必然的に    【完全に成り行き任せ    (=腑抜けた毎日)】    になってしまうのは、誰にでも    想像できることではないだろうか。   ■なのになぜ、多くの人はいつまで経っても    【完全に成り行き任せ    (=腑抜けた毎日)】    から抜け出せないのだろう。   ■それはひとえに【数字&締切り】について    真剣に学んだこともなければ、    それゆえ、その考えを取り入れようと    思った経験も一切ないからだ。   ■これで誇りの持てる充実した毎日を、と    どれほど願ったところで百年河清である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。