毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6373号 母とともにパンジー、マーガレット、ナス、きゅうり等を育てていた幼少の頃の話


■ここしばらく、
 シリーズ化して書いてきましたが

 【妄想は適切に育まれさえすれば
 (たいていは)現実になる】

 ものだと思っています。



■昨日のメルマガで

 【妄想の閾値超え】

 という概念についてお伝えしました。


 健全に肥大させられた妄想が
 一定ラインを超えると、

 (良い意味で)感情の暴走が起こり
 そのエネルギーにより、必ず

 「はじめの一歩」

 が踏み出されることとなります。



■この「はじめの一歩」が、

 側坐核や淡蒼球に刺激を与え
 さらなる感情暴走&行動加速を誘発し、

 やがて

 「やめられない、とまらない」

 の世界に導いてくれる、

 ということも昨日、
 記したとおりです。



■こうして

 「はじめの一歩」

 を踏み出し、

 そこからさらに、よちよち歩きでも
 いいのでなんとか

 「二歩目、三歩目」

 まで歩を進められれば、

 あとは身体が慣れてきて、ひたすら
 歩き続けられるようになるものです。



■これが私(鮒谷)の考えるところの

 【小さな三連勝】

 であり、

 【千里の道も一歩から】

 の裏解釈。



■ただし、

 妄想を適切にはぐくむことに
 幾たびも失敗し

 「最初の一歩をなかなか踏み出せない」

 人が多いのも、
 また一つの現実です。



■あるいは、

 たまに(ないし、ごくまれに)
 最初の一歩までは育てられても、

 二歩目、三歩目まで進めず
 立ち枯れさせてしまっては

 【失敗体験を積み重ねるばかりの人】

 も少なくありません。



■それゆえ

 【妄想のタネを育て、
  繁茂させる方法論】

 が求められることとなるのでしょう。

 (個別コンサルにおける頻出質問)



■妄想のタネを丁寧にはぐくみ、
 大きな木へと育て上げられれば、

 【妄想加速 ⇒ 感情爆裂 ⇒ 大量行動】

 が生まれて、たいていの妄想は
 実現させられるもの。



■ここまでうまく軌道に乗せるため
 身体技法が確立できないうちは、

 いつまで経っても

 【妄想のタネはあっても腐らせてしまう】

 あるいは

 【妄想のタネから
  発芽まではさせられても、

  そこから次のステップに進めず
  立ち枯れさせてしまう】

 こととなるのです。



■こんな風に、

 妄想の展開を植物の生育に見立てて
 考えてみたとき、

 思い出したことがあります。



■それは私(鮒谷)の原初体験に近い、
 幼稚園年長組くらいの頃のお話。


 たまたま自宅にあった園芸雑誌の
 表4(裏表紙)に

 「タキイ種苗のタネの通販」

 の案内が載っていたのです。



■それを見た私(鮒谷)は
 母親に頼んで、

 いくつかの植物のタネを
 取り寄せてもらいました。


 振り返ってみれば、

 これが後に莫大なお金を
 投下し続けることとなる、

 通販体験の事始めであったわけですが、
 それはまた別の話。



■さて。

 こうして母と仲良く一緒に
 小さな庭の一角で、

 パンジーとかマーガレットとかの
 タネを撒き、一緒に育てていたのですが、

 そのとき草花はきちんと手をかけて
 育てなければ育たない、

 ことを学んだんですね。



■肥料をやったり、
 水を撒いたりしながら、

 母とともに毎日の生育を
 楽しみにしていたのですが、


 やがて小学生低学年以降、

 ガーデニングから家庭菜園へと
 拡張(?)されていき、

 ナス、きゅうり、トマト、ネギ、パセリ、
 ひょうたん、、、

 を植えるようになりました。



■これらは草花より、

 さらに適切な栽培管理が
 必要になるわけですが、

 これを疎かにすると
 きちんと生育しなかったり、

 育っても美味しくない野菜の
 できあがり。



■このときのことを
 ふと、思い出し

 【妄想を育てるのは、
  ガーデニングや家庭菜園のごとくに】

 という言葉が浮かんできました。



■水や肥料をやらずに
 植物は育たないように、

 妄想も適切なタイミングで、
 きちんと水や肥料でやらなければ育たない、

 ということです。


 栽培方法を学ぶからこそ発芽し、
 大きく育つようになるのは、

 植物も妄想も同じ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■妄想育成から感情の暴走が始まり、    行動へとつながるわけだが、    肝心の妄想のタネが発芽せず、    あるいは発芽しても立ち枯れする、    といったことが往々にしてある。   ■それは草木の生育と同じで、きちんと    育てず、成り行きに任せているからだ。   ■きちんと栽培方法を学ぶからこそ発芽し、    大きく育つようになるのは、    植物も妄想も同じと言えるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。