毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6372号 妄想の閾値超え、からの第一歩


■今般、リリースした音源


 【あなたの妄想を暴走させ、
  生気あふれる行動をもたらす
  ブースター(推進装置)音源】

 のタイトルの中には、


 あえて、ことさら、
 意図を持って選び取り

 「生気あふれる」

 という言葉を入れました。



■これによって

 「あなたは『生気あふれる』と
  胸を張れる毎日を生きていますか?」

 という挑戦的なメッセージを
 投げかけたつもりです。



■もちろん、

 この言葉はそのまま向きを変えて
 私自身にも突き刺さる言葉であり、


 それゆえ、ますます

 「生気あふれる毎日」

 を送ろうという強い決意が
 固められることとなります。



■さて、ここで

 「生気あふれる」

 という言葉について
 改めて触れてみたいのですが、


 『Weblio類語辞書』から
 類語の引用(一部)を、

 以下のように拾ってきました。


 -----------------------

 エネルギッシュな
 精力的な
 活発な

 バイタリティのある
 活力のある
 ますます盛んな

 活力が満ちている
 活力が溢れている
 積極的な

 盛んな
 活動的な
 アクティブな

 力のみなぎる
 パワフルな
 力強い

 行動力がある
 気力が充実した
 意欲が盛んな

 -----------------------



■毎日を、こうした気持ちで
 生きられたら楽しそうですね。

 充実感も感じられそうです。


 私(鮒谷)はある時期から、

 ここに挙げられているような感情を
 味わいながら、

 生きていけるようになりました。



■それは

 「妄想を大切にする」

 ようになってからのこと。


 そのことを想像するだけで
 心が踊り出す、

 そんなことばかりを考えていたら
 リアリティが感じられるようになり、

 情動の閾値を超えると
 自動的に行動が生まれます。



■一たび、身体が動き始めると、

 やる気中枢(側坐核、淡蒼球)が
 刺激され、

 行動が新たな行動を
 呼び起こすこととなるのです。



■このスイッチが入りさえすれば、
 たとえばよくある例でいえば

 「年末の大掃除を
  先送りしていたけれども、

  一たび、取り組み始めると、
  やめられなく、とまらなくなった」

 といった行動の反復を
 行えるようになるわけです。



■掃除し始めることによって
 部屋がきれいになってくると

 (あれほど先送りしていた)掃除が
 どんどん楽しくなってくる、

 そして止められなくなるのだから
 不思議なものですね。



■ただし、

 このメカニズム発動のためには
 問題が一つあります。


 最初に瞬間風速でもいいので

 「掃除を始めよう」

 という気持ちが生まれなければ
 永遠に掃除に取りかかれないのです。



■掃除を始めようと思えるためには


 掃除をしたら、

 気持ちよく過ごせそうとか、
 生産性が上がりそうとか、

 認知コストを削減できそうとか、
 意思決定が早くなりそうとか、

 友達にきれいな部屋といってもらえそうとか
 彼女を部屋に呼べるかなとかw


 そうしたイメージを膨らませて、
 たとえ一瞬であっても

 「掃除に取り組もう!」

 という強い情動反応が生じる必要が
 あるのです。



■だからこそ、


 最初に妄想をたくましくして
 一気に情動の閾値超えを図り、

 一瞬でも手を付けるところから
 側坐核&淡蒼球が刺激され、

 まずは着手、さらには行動の継続が
 実現される、


 という流れを人工的に
 作り出してやる必要がありますね。



■ここまでの話を
 一言でまとめるなら

 「すべては想像(妄想)から始まる」

 ということです。


 にもかかわらず、どういうわけか

 (すべての人とは言わないまでも)
 少なからぬ人が、歳を重ねるにつれ、

 【妄想スイッチの入れ方を
  忘れてしまう】

 ことが多いように思われます。



■あるいは、ひょっとしたら

 【妄想スイッチを入れると、
  現状の生活を破壊しかねないから、

  スイッチを完全に封印してしまおう】

 という保守的な精神が働き、


 自分の将来に
 思いを馳せないようにしよう、

 妄想を膨らませように
 注意しよう、

 と無意識に制御してしまっているのかも
 しれませんね。

 (メンタルブロック、
  といっても良いでしょう)



■そんな無自覚のメンタルブロックを
 乗り越えて

 【冒険してもいいじゃないか、
  いや、むしろ冒険したくなってきた!】

 と許しを与えるのが、

 【妄想暴走が閾値超えをした状態】

 です。



■そこまで持っていければ

 【人生はかなりの程度までは
  思い通りになる】

 と思っています。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■行動すればさらなる行動が促進される、    そんな経験は誰しも持っているはずだ。   ■行動するからやる気中枢が刺激され、    行動が次なる行動を呼び起こし、    やめられないとまらない、の連鎖的、    圧倒的行動量へとつながっていく。   ■ただし、最初に    「やる気スイッチ」を押せない人は    いつまで経っても変わらぬまま。   ■「やる気スイッチ」を押し込むためには    【妄想の閾値超え、からの第一歩】    を踏み出す必要が絶対にあるのである。   ■妄想を膨らませ、閾値超えをさせる方法を    知り、さらに自らに許しを与えられた人は    好きなときに好きなタイミングで、    自在に妄想の閾値超えを起こしては    行動を加速させられるようになる。   ■ここまでできるようになった人は、    人生をかなりの程度まで、コントロール、    あるいはマネジメントできるだろう。   ■だからこそ、人生を充実させたい人は    すべからく    【妄想暴走させる方法論と、     自らに対する許しの与え方】    を学ぶべきだと言えるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。