毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6354号 変数の少ないビジネスほど「視座を高め、基準を引き上げる」だけで容易に結果を出せるもの


■わけあって、
 ここしばらくの間、

 個別コンサルの新規募集は
 ストップしておりました。

 (今も積極的には
  募集しておりません)



■そんな中でも、

 コンサルを受けて下さった方からの
 ご感想を頂戴してきましたので、

 今日はそんな嬉しいご感想の
 一つをご紹介いたします。



■以下は、

 以前、開催していた
 「3日間セミナー」に、

 7年前、参加くださったIさんが
 過日行った個別コンサルについて、

 以下のようなご感想を
 お送りくださいました。


 (ここから)
 ------------------------


 「気付かれたことや深く学ばれたこと」


 ▼自らの視座の低さに気づきました、
  しかもとても深く。

 ▼金属バットで後頭部を
  殴られたような感覚です、
  大げさではありません。

 ▼でも、とてもすがすがしい痛みです。

 ▼まさに7年前に3日間セミナーに
  参加したとき以来の感覚です。

 ▼コンサルティング後、
  世界の見え方が変わりました!


 「特に印象に残ったこと」

 ▼「3日間セミナーから
   7年もたったのに
   まだこのステージですか?」

  という言葉、
  これがインパクトありました。

 ▼「売上目標の差が顕微鏡で
   見ないとわからない」

  と言われたことも・・・(汗)


 「今後活用できると思われたこと」

 ▼「顧客の視座を高めるというのは
   こういうことか!」

  とあらためて体験しました。


 「決意されたこと」

 ▼3ヶ月以内に最初にご相談したときの
  しょぼい売上目標(汗)を超えること。

 ▼1年後に鮒谷さんと設定した
  目標を達成すること。

 ▼そのために24時間目標を
  頭の中でまわすことを習慣化すること。


 「これから行動しようと思われたこと」

 個別コンサルティングで
 お約束したことを早速実行しました。

 ▼12/28の夜にあらためて
  目標設定を実行

 ▼1/4にセミナーを実行して
  音源を収録(販売はこれから)

  2時間30分の予定が3時間超えに
  なりました(汗)


 「これまでに利用された
  コンサルティングやセミナーとの違い」

 ▼過去にもコンサルティングや
  コーチングを受けた経験がありましたが、
  初めて感じたインパクトでした。

 ▼鮒谷さんだからこそ言える
  「誤差の範囲」という言葉が
  強烈でした。


 「鮒谷の個別コンサルティングの
  利用を迷われている方へのメッセージ」

 ▼今回のコンサルティングを受けて

  「もっと早く受けておけばよかった・・・」

  と後悔しました。

 ▼次のステージにいく時間を
  だいぶロスしてしまった気分です。。。

 ▼この破壊力は体感しないと
  伝わらないと思いますので、

  ぜひ受けて見られることを
  おすすめいたします!


  (H・I さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Iさん、長文のご感想、
 ありがとうございました!

 ますますのご活躍が楽しみです。
 (またのご報告をお待ちしています)



■早いもので、Iさんとは、

 「3日間セミナー」以来、
 7年に及ぶお付き合いとなります。

 (当時、Iさんは
  ガチのサラリーマン(!?)で
  いらっしゃいました)



■Iさんは、3日間セミナーの後、
 大きく基準を書き換えられ、

 大量&継続行動を実践されて
 書籍を出版されたり、

 コンサル、セミナーを開催されたり
 といった形でご活躍なされて、

 それ以前とはまったく別の人生、生活、
 ビジネスに移行していらっしゃいます。



■もとより、
 私(鮒谷)は何もやっておらず、

 とはいいつつも、

 唯一、お役に立てたかも、
 と思われるところは、


 Iさんもお書きくださったように

 【顧客の視座を高める】

 ところではなかったかと
 思っております。



■まあ、それなりの期間

 (起業して以来、20年近く、
  副業時代まで含めると四半世紀)

 ビジネスに携わってきて

 「亀の甲より年の功」

 ではありませんが


 中小・零細・個人企業規模の
 ビジネスについては

 「こうすればこうなる(だろう)」

 というのは、およそ見た瞬間に
 分かるくらいにはなりました。



■いちおう、

 従業員数でいうと微粒子レベルの
 自社ビジネスではありますが、

 起業以来

 「自分起点の累計売上げ」

 で、のべ数十億円を上げてきて、
 (改めて考えると自分でもびっくり)、


 自身のビジネスだけではなく、

 のべ(たぶん)7,000件くらい?の
 個別コンサルを重ねてきましたので、

 これだけやれば、さすがにバカでも
 分かるようになってくるものです。



■変数の少ない中小・零細・個人事業
 レベルのビジネスは

 「視座を高め、
  基準を引き上げるだけで、

  頭の回転数が上がり、
  行動量も格段に増える」

 のです。



■逆にいうと

 「視座が低い、目線が下に、
  という状態になっていると、

  基準の低さがアンテナの低さ、
  行動量の低下につながる」

 ということにもなるわけですが。



■いったん、引き上げられたIさんの
 基準も、ここに来ていつとはなしに

 「これくらいでいいかという
  緩み」

 が生じているように感じられたので、

 前回の個別コンサルでは
 そこに活を入れただけなのです。



■私(鮒谷)がやったことといえば
 ただそれくらいのことであり、

 しかし、ただそれだけで人間、
 劇的に変わるもので、


 コンサル以降、
 行動量が圧倒的に増えて、

 わずか一ヶ月で
 収入を激増させられた、

 (こんなことならもっと早く、
  取り組んでおくべきであった)

 と、後ほど個別でメッセージも
 頂戴いたしました。



■そういうことなのです。

 【基準が変われば、すべてが変わる】

 ということですね。


 ただし、こうしたことを
 頭では理解していても、

 自分一人の力で
 自分の意識を引き上げるのは、

 なかなか大変です。



■こうした

 「当たり前の基準を引き上げる大切さと、
  それを自分で行うことの難しさ」

 を理解されている方は、


 (毎月の方が多数派ですが)

 たとえ毎月ではなくとも、
 数ヶ月に一度、半年に一度、

 といった頻度で、


 定期的に、基準引き上げの
 アウトソーシング先(?)として、

 個別コンサルを活用下さる方も
 少なくありません。



■個別コンサルを検討下さっている
 お客さまから、よく

 「個別コンサルでは
  何をやっているんですか」

 と問われることがあります。



■もちろん、お客さまのご状況により、

 多種多様な展開となるので
 一概には言えませんが、


 たとえば以上に記したような

 「視座を高め、
  基準を引き上げる」

 機会を提供することが

 コンサルクライアント様に向けた
 典型的なコンサルの一類型、

 といって良いでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■変数の少ないビジネスほど    「視座を高め、     基準を引き上げるだけで、     頭の回転数が上がり、行動量も格段に     増えて結果も出せる」    もの。   ■現状に頭打ち感を覚えている人は    「基準を引き上げ、     その気にさせてくれる人」    に基準引き上げの外部委託を行うこと、    本気スイッチを入れてもらってみては。   ■それをきっかけに再び大きな山に挑戦する    「本気」を手に入れられるに違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。