毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6353号 変数の少ないビジネスは「正しいことを正しい順序で行う」だけで結果を出せるもの


■わけあって、
 ここしばらくの間、

 個別コンサルの積極的な新規募集は
 ストップしておりました。

 (今も積極的には
  募集しておりません)



■そんな中でも、

 以前より継続してコンサルを
 受けて下さっている皆さまから、

 コンサルのご感想を
 頂戴してきましたので、

 今日はそんな嬉しいご感想の
 一つをご紹介いたします。



■以下は、

 数年前に開業なされた
 村田佑樹税務会計事務所代表の、

 村田佑樹さんより、前回のコンサル後に
 頂戴したご感想となります。


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷さん、本日も個別コンサルを
 ありがとうございました。


 大変ありがたいことに、

 紹介のみで顧問のお客様が
 広がっている状況なのですが、

 そんな状況だからこそ
 起こっている悩みがあり、

 今日はその悩みを大きく
 解決していただいたように思います。


 私自身、人と人とのつながりを
 何より意識していることもあり、

 スタッフの採用についても
 内輪的なところから進めていましたが、

 今の状況は【家業】であり、
 これからの経営を考えると、

 家業から【事業】に
 進んでいかないといけないな、

 ということを気付かされました。


 そして、結局のところの第一の命題は

 「時間を生み出すこと、
  時間を守ること」

 だということ。

 「お客様のために
  多くの時間を捧げることが
  最大の価値の提供である」

 ということが、

 無自覚のパラダイムとして、
 私自身に備わってしまっており、


 そうではなく、

 「時間を減らしながら
  価値を大きくする」

 ことこそが、

 真の顧客への価値の提供につながる
 ことを学ばせていただきました。


 結局のところ、

 時間があるからこそ、
 学びの時間が取れ、

 その学びを
 お客様に還元できるというもの。

 これが真の価値提供である、
 ということなんですよね。


 そう考えると、

 「時間を生み出すために
  今、何ができるのか」

 という問いを常に回し続けることが
 経営者として何より大切であり、

 これが数年後に大きなリターンとして
 返ってくるものです。


 また、私が初めて個別コンサルを
 申し込ませていただいたのが約6年前。

 その6年前には今ほど発展している状況など
 想定もしなかったわけで、


 逆にまたこれから6年後の未来において
 今日の日を振り返った際に、

 「あー、そんな日もあったな」

 となれるよう、

 未来に視点を置き、しっかりと
 日々考え続けないといけないことを

 改めて過去の自分を俯瞰させていただき、
 気付いた次第です。


 本当にいろいろな、

 私自身が意識していないことであっても、
 それが大きなボトルネックがあり、

 そのことが経営の発展を
 阻んでいたわけであり、


 そうした

 【自分には見えていない】

 ボトルネックを外していただくのが
 個別コンサルであるように思えます。


 約6年前、鮒谷さんから教わったことを
 忠実に行動していた結果、現在があるわけで、

 これからしっかりと今日の個別コンサルで
 学ばせていただいたことを、

 また同じく着実に実行していき、
 未来の自分にこれを還元すべく、

 そしてお客様に対しての
 さらなる価値を提供すべく、

 これからさらに邁進していきたい所存です。


 その他にもいろいろと
 書き切れないことが満載ですが、

 この度も本当に大きな学びの時間を
 ありがとうございました。


 引き続きお世話になりますが、
 よろしくお願いいたします。


 (村田佑樹税務会計事務所
  村田佑樹さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 村田さん、長文のご感想、
 ありがとうございました!

 毎月のように成長を遂げられている
 村田さんの事業報告を伺えるのを、

 いつも楽しみにしております。



■早いもので、村田さんとは、

 6年前の個別コンサル(当時は独立前)
 以来のお付き合いとなりますが、


 当時と比較して、まったく別の人生、
 生活、ビジネスを作り上げられました。

 (他ならぬ村田さんが一番、
  実感されているはずです)



■もとより、
 私(鮒谷)は何もやっておらず、

 とはいいつつも、

 唯一、お役に立てたかも、
 と思われるところは、


 村田さんもお書きくださったように

 【お客様には見えていない
  ボトルネックを見つけ出し、

  その潰し方をお伝えする】

 ところではなかったかと
 思っております。



■まあ、それなりの期間

 (起業して以来、20年近く、
  副業時代まで含めると四半世紀)

 ビジネスに携わってきて

 「亀の甲より年の功」

 ではありませんが


 中小・零細・個人企業規模の
 ビジネスについては

 「こうすればこうなる(だろう)」

 というのは、およそ見た瞬間に
 分かるくらいにはなりました。



■いちおう、

 従業員数でいうと微粒子レベルの
 自社ビジネスではありますが、

 起業以来

 「自分起点の累計売上げ」

 で、のべ数十億円を上げてきて、
 (改めて考えると自分でもびっくり)、


 自身のビジネスだけではなく、

 のべ(たぶん)7,000件くらい?の
 個別コンサルを重ねてきましたので、

 これだけやれば、さすがにバカでも
 分かるようになってくるものです。



■変数の少ない中小・零細・個人事業
 レベルのビジネスは

 「正しいことを正しい順序で行えば
  再現性高く結果を出せる」

 のです。



■逆にいうと

 「誤ったことを誤った順番で行うから
  どれだけ頑張っても成果は出ない」

 「いくら頑張っても徒労に終わる」

 ということにもなるわけですが。



■村田さんは起業以来、最速ペースで

 【紹介が紹介を生む展開】

 になっていらっしゃるわけですが、


 まさに

 「正しいことを正しい順序で行って
  再現性高く結果を出されている」

 ということなのでしょう。



■そして

 (私(鮒谷)自身や、
  これまでのお客様の経験から)

 「この延長線上に何が起こるのか」

 ということも
 手に取るように分かるので、


 今回のコンサルにおいては
 その要素を先んじて潰していきましょう、

 そんなお話をいたしました。



■個別コンサルを検討下さっている
 お客さまから、よく

 「個別コンサルでは
  何をやっているんですか」

 と問われることがあります。



■もちろん、お客さまのご状況により、

 多種多様な展開となるので
 一概には言えませんが、


 たとえば以上のような流れ、
 すなわち

 「正しいことを正しい順序で行えば
  再現性高く結果を出せる」

 状況にお連れすることが

 「起業直前、直後、あるいは
  起業後の急成長期」

 のクライアント様に向けた
 典型的なコンサルの型、

 となります。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■変数の少ないビジネスほど    「正しいことを正しい順序で行えば     再現性高く結果を出せる」    もの。   ■にもかかわらず、この反対の    「誤ったことを誤った順番で行い、     頑張っているのに成果が出ない」    道のりを歩んでいる人が少なくない。    そうすれば、それはそうなるだろう、と    しかいいようのないこともあるものだ。   ■ビジネスの立ち上げ、成長にあたっては    「既にその道を通り、さらには同種の     知見をたくさん蓄えている人」    にボトルネック診断をしてもらい、    正しい道のりを明らかにした上で、    全力を傾注するのが無駄足を踏まず、    再現性高く、事業を形にする方法だろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。