毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6352号 『シムシティ』『シヴィライゼーション』で遊んだことのある方へ


■現代科学の粋を集めて作られた、

 超高層ビルとか巨大ダムとか
 飛行機とか高速鉄道とかを見るたび、

 驚嘆するばかりなのです。



■見慣れてしまえば、

 そこに存在しているのが
 当たり前のように思えるものも、

 それが一個のシステムとして
 秩序だって機能しているのは、

 考えてみれば驚くべきこと。



■そこには、

 先人が探求してきた、あらゆる分野の
 とてつもない量の学術的知見と、

 それを導き出すための試行錯誤、


 また、知見を形にするために
 莫大な労働力が投じられているのも想像でき、

 そんな背景に思いを馳せると
 感嘆、驚嘆せずにはいられなくなります。



■先端科学技術が生み出した
 成果物を目の当たりにするたびに、

 ついつい興奮してしまうのは
 そういうところから。



■その「驚き、興奮」を契機として
 ウィキペディアとかで、

 その成立を支えた技術的背景やら、

 運用に際しての精緻に組み上げられた
 システムについて調べていると、

 小一時間くらいの時間は
 あっという間に過ぎてしまいます。

 (その間、震えっぱなし)



■話は変わりますが、十数年前、
 エジプトのアスワン・ハイ・ダム

 (総貯水容量ランキング世界3位、
  162,000,000千m3)

 を見に行ったことがあります。


 ちなみに総貯水量、日本一は
 岐阜県の徳山ダムなのだそうですが、

 調べてみると660,000千m3、
 とのこと。

 徳山ダムと比べても文字通り、
 ケタ違いの大きさです。(4ケタ違う)



■電力供給を増やし、
 農業用水を安定させた、

 という点とともに、

 生態系を崩したという観点もあり、
 毀誉褒貶あるダムですが、


 そうしたことを抜きにして、

 純粋に人間の作り上げた建造物として
 見たとき、

 やはり昂ぶりを覚えてしまいます。



■思うに、

 明確に定められた目的の元に、

 あらゆる技術が矛盾なく
 (摩擦なく)統合され、


 常識的に考えたら構築不能と
 思われるようなものが

 「巨大な一個のシステム」

 として機能しているところに
 惹きつけられるのでしょう。



■考えてみれば私(鮒谷)は、

 子どもの頃から日がな一日、
 眺めていられるくらいには、

 図鑑が好きでしたが、

 特に巨大な構築物が紹介されている
 図鑑やページの虜となっておりました。



■にもかかわらず、

 (学力的な問題で(泣))結局、
 理系の道に進むことはありませんでしたが、

 今なお、理系の人へのリスペクトが
 あるのはそんなところから。


 ※ちなみに誤解なきよう
  急いで付け足しておくと、

  巨大システムの構築、運営には、

  文系方面の知見も
  大いに活用されているのは、

  いうまでもありません。



■それはさておき
 理系方面に進むことによって

 「巨大な一個のシステム」

 を支える仕事はできませんでしたが、


 その代替として(?)
 追求してきたのが

 「機嫌良く生きていくための、
  精緻な人生・生活・仕事システム」

 の構築ならびにアップデート、

 であったようにも
 思われます。



■もちろん後付けではありますが、

 とはいえ、自覚のない、自身の深いところで
 求めていたことだったのかもしれない、

 という風にも考えており、

 それが今になって、こうして
 言語化されてきたのかもしれません。



■いろんな知見を学び、
 既存の知見と矛盾のないよう統合し、

 より良いものを作り上げていくのは、


 (そのプロセスが目に見えないだけで
  抽象化して捉えれば)

 「巨大な建造物を作り上げるのと
  同じことではないか」

 と考えているのです。



■現代社会を生きている
 私たちの日常生活は、たとえば


 <学問カタログ~学びたい学問を探す>


 に紹介されているように


 ※ここだけでも数十の学問分野が
  紹介されていますが、

  これ以外のものや学際的な分野まで
  含めるともっと多数に上ります。


 ※少し前の情報ですが日本の学会は、
  2014年11月9日現在、

  日本には1176学会が存在するそうです。
  https://bit.ly/3cq8OfE


 あらゆる学問が複合して組み合わさり、
 システムとして機能しているからこそ、

 成立しているといって
 良いでしょう。



■それと同じように、

 以下、あくまで私(鮒谷)個人の
 イメージですが

 「機嫌良く生きるための
  精緻な人生・生活・仕事システム」

 もまた、


 日々、各種音源で
 ご案内しているような各種分野が

 矛盾なく、摩擦なく、
 統合されることで稼働できる、


 そんな風に捉えて、日々、

 分野の追加や既存分野の更新を
 図ってきたつもりです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■現代社会はあらゆる学問の知見と、その    適切な統合によって成り立っている。   ■機嫌よく人生、生活、仕事を全うするため    のシステム、    というものが、もしあるとするならば    そのシステムもまた、    様々な分野から導き出された知見と    その統合によって、    作り出されるものであろう。   ■一人ひとりが    「各人に最適化された文明」    を作るようなつもりで、学び、試し、    実装し、を繰り返してみるとどうだろう。   ■目的が果たされるまでの、営み自体もまた    楽しいゲームとなるに違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。