毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6349号 未来の自分にプレゼントを贈りませんか?


■よく

 「なかなか本気になれないんです」

 という言葉を聞くことがあります。


 別に本気になろうがなるまいが、

 私(鮒谷)の人生とは何の関係も
 ないので好きにすればいい(ひどい)、

 といいたいところですが、


 そういう方が

 「個別コンサル」

 という形でお申し込みくださり
 代価を頂戴することになれば、

 そういうわけにはまいりません。



■その昔、柔道選手であった
 谷亮子さん(旧姓:田村さん)が

 「最高でも金、最低でも金」

 という有名な言葉を残し、

 有言実行で金メダルを
 獲得されたことがありました。



■私(鮒谷)の場合は

 「最高では100倍、1000倍超返し、
  最低でも10倍返し」

 をモットーとして
 仕事をしておりますので、


 見ず知らずの赤の他人のことなら
 いざしらず、

 お客さまから

 「なかなか本気になれないんです」

 と言われたら本気を出して、
 本気を出してもらおう、

 と全力を傾けます。



■それはお客さまのためであり、

 それはそのまま、
 (未来の)私のため、

 にもなるからです。



■全力を尽くしてお客様の役に立ち、
 価値をお渡しできれば、

 そこで育まれた人間関係は、

 そのまま長きに渡り、
 継続することとなります。



■あるいは諸事情により、

 しばらく、あるいはかなりの間、
 時を置くこともありますが、


 いずれにしても、
 その折に培われた関係性が

 「未来の私」

 になんらかの良い影響を及ぼす
 可能性が高まることは、

 想像に難くありません。



■もちろん、

 すべての関係が例外なく、
 未来の私に良い影響を及ぼす、

 などということはありません。


 人間関係においては

 「ほんの一時期、
  関わり合っただけの関係で終わる

 (そのご縁が最初で最後であった)」

 ということのほうが
 むしろ多いのですから。



■ただし、

 そんな中でも一定の割合で、

 数ヶ月、数年、あるいは
 十数年から数十年の歳月を経て、

 再び、ご縁が復活し、


 お互いにとって、

 より大きな相乗効果をもたらす
 つながりが再構築される、

 なんていうこともまた
 珍しい話ではありません。



■とはいえ、それは

 「初回のご縁」

 が双方にとって相応に
 実りあるものであったときのみ、

 のこと。



■初回で

 「ないわ~」

 と思われたら、次以降はないし、


 あるいは、たとえ何かの拍子に
 再びご縁が復活したとしても、

 以前のお付き合いを超えた
 深い関係になることは

 (ゼロとは言いませんが)

 可能性は非常に低いでしょう。



■だからこそ、

 コンサルに限らず、誰かと
 コミュニケーションする際には、

 いつも(さらにいうと、
 特に初対面のときには)

 「全身全霊、気を入れて」

 お相手の方に価値提供をしようと
 努めるべきなのです。



■前述の通り、

 それはお相手のためであるとともに、
 自分のためでもあるからです。

 そして誰も損しません。



■つまり、正しいコミュニケーションの
 あり方は

 【(ゼロサムゲームではなく)
  プラスサムゲーム】

 であると認識し、


 それとともに

 【今を生きるゲームではなく、
  未来を生きるゲーム】

 であると理解して、
 交流すべきであるということですね。



■私(鮒谷)自身は、

 日々、多くの方
 (含:少なからぬ初めての方)

 とお付き合いをしておりますが、

 認知容量(キャパシティ)には
 限りがあるので、


 全力でお役に立とうと思って
 自分のできる精一杯をやった後は、

 すべてを忘れることにしています。

 (細かく記憶しきれないし、
  そこを覚えておいても仕方ない)



■ただし、こうした

 「やるべきことを全力で尽くした後は
  あとは記憶から完全デリート」

 というスタイルを貫いていると、


 忘れた頃に

 「あのときはお世話になりました。

  実は今回、再び、こんな課題が
  出てきまして......」

 といった形でご連絡いただくことが
 しばしばあるのです。



■そんなつながりを増やし、
 深めていくと確率的に、

 【回り回って、未来の自分が
  経済的にも非経済的にも富む】

 ことは既に実体験として
 経験しています。



■このことは

 -----------------------

 【わらしべ音源】

 -----------------------

 でもお伝えした通りでありますが、


 このメカニズムを本当に理解したのは、

 私(鮒谷)の公私に渡る
 お師匠様でいらっしゃる、

 弁護士の高井伸夫先生と
 間近に接しさせていただく中でのこと。



■高井先生の、

 他者に対する昔の貢献が、巡り巡って
 現在の高井先生に還ってくる姿を、

 幾たびも目の当たりにして

 「自分の将来は
  今の一挙手一投足にかかっている」

 と理解できるようになりました。



■そこから私(鮒谷)なりに
 導き出した教訓は


 【今、やっている行為を
  未来の自分に向けた贈り物だと思えば
  人生は必ず開けていく】

 ということです。



■よくメルマガや音源で

 「他の人とコミュニケーションを
  図るときには気を入れて!」

 と書いてきましたが、


 -----------------------

 気を入れて接する(価値を出す)

 =相手に対する贈り物
 =未来の自分に対する贈り物

 -----------------------

 につながるからこそ

 【気を入れたコミュニケーション】

 が大事になるのです。



■これとは逆に、
 たとえ無自覚であっても

 【気の抜けたコミュニケーション】

 を行っていては、

 どんどん未来が閉じていくことと
 なるでしょう。


 【自分の未来を自分で奪っている
 (あるいは消し去っている)】

 ということです。



■私(鮒谷)はいつもこんな風に考えて
 生きてきました。


 この考え方をさらに押し広げ、
 一般化して考えると、

 コミュニケーション全般に限らず
 私たちのあらゆる営みは全部

 【未来の自分に対する贈り物】

 と言えるとは
 思われないでしょうか。



■このように捉えると、
 一つ一つの対象に向けて

 「気を入れる」

 というよりも、むしろ

 「気が入る」あるいは
 「気を入れずにはいられない」

 ようになるはずです。



■そうなると、

 一挙手一投足、当事者意識を
 持って(自分ごととして)、

 行動することになるでしょう。


 ここから、あなたの人生が
 大きく変わり始ます。

 この内面&外面の変化が
 人生変革の起点となるのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!



【今日のピークパフォーマンス方程式】

 ■気を入れた行動は相手のみならず、
  自分自身のためでもある。

 ■相手に渡した贈り物(プレゼント)は
  いつかどこかで自分に還ってくる。

 ■つまり相手へのプレゼント(貢献)は
  未来の自分へのプレゼントでもあるのだ。

 ■このことが理解できれば「気を入れる」、
  どころではなく

  「気が入る」
  「気を入れずにはいられない」

  こととなるだろう。


カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。