毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6344号 改めて「コミュニケーション&プラットフォーム作り」について考える


■このところ

 【コミュニケーション能力
  &プラットフォーム】

 についての話を続けてきましたが、

 いい加減、しつこくなってきたので
 今日で終わりにします。



■今日は

 【人的なプラットフォームを基盤に
  知の深化、共創、進化が行われる】

 という話を。



■ここしばらく、

 磨き上げたコミュニケーション能力で
 数多くの、多様な人とのつながりを作り、

 それらの人たちを紹介し、
 結びつけつつ、

 ネットワーク全体をより広く、より深く
 することを勧めてきました。



■こうして、

 一定規模以上のプラットフォームが
 生まれると、

 その中で対話が起きたり、
 意見や質問が生まれたり、

 といったことが起こります。



■結構な頻度で、

 自分ひとりでは思いつかなかったような
 意見や問いが発せられることで、


 新しい切り口を提示され
 そこから思索が深まったり、

 新しい発想のヒントを得られたり、
 ということが起きるようになるのです。



■こうした現象は、

 プラットフォームがあるからこそ
 起きることであり、

 プラットフォームが大きくなるほど
 その頻度が増えていくでしょう。



■実はこのメルマガも、

 一つのプラットフォームといって
 良いかと思います。


 このプラットフォームを通して
 私(鮒谷)は、

 (一例としては)

 音源をご案内し、
 お求め下さった方から感想を頂戴する、

 ということを日々、
 繰り返してきました。



■そこから思いがけない、次なる
 コンテンツのヒントを頂いたり、

 頂戴したメッセージを通して、それまで
 気づかなかったニーズや価値を発見する、

 といったことが
 日常茶飯事で起こります。



■たとえば、

 先日来、ご案内してきた
 「わらしべ音源」について、

 以下の感想を蔵本さんより
 お送りいただきました。


 (蔵本さん、
  いつもありがとうございます!)


 (ここから)
 -----------------------


 今回の音源では、

 運動の話、高井先生の話、
 かんき出版の話など、

 鮒谷さん自身の具体的な事例が多く、

 自分の脳の中で、
 イメージが膨らむ音源だったと思います。


 また、直接コミュニケーションの話に
 入るのではなく、

 「WHY」の話から入られたことも
 興味深ったです。

 コミュニケーションはもちろん、その他の
 部分での気づきも多かった音源でした。


 以下に2点、音源を通して、
 特に私の中で考えたことを記します。


 1,自分の感情に敏感になること

 今回の音源では、

 What(何をするか)、How(どうやるか)よりも
 Why(なぜやるか)ということが重要だと、

 強調されていました。


 Must、Shouldでは
 途中で折れてしまうから、

 自分の感情が盛り上がる
 Why(理由)があるものをやろうと。


 しかし、現代人にとっては、
 情報が氾濫しすぎていて、

 その思いがMust、Shouldなのか、
 自分の本来の感情なのかさえ、

 区別ができない場合が
 多いのではないかと思いました。


 つまり、世間が良いとしているものを、

 自分の感情の高まりであると、
 勘違いするケースです。


 他の音源で、

 「自分の感じる力を磨く」

 のようなことを
 話されていたと思いますが、

 自分が何に対して本当に感情が動くのか、

 感じる力を養うことが
 大事だなと考えました。


 やはり、他人や環境に
 影響を受けないように、

 自分を見つめる時間が
 必要なのだろうと思いました。


 2,多様性の重要さ


 今の世の中、多様性が必要とは
 よく言われたことですが、

 個人的にはしっくりきていませんでした。

 画一的な組織よりも、多様性がある
 組織の方が良いような気がしますが、

 その理由は明確ではありません。


 しかしながら、

 今回の音源にそれがしっかりと
 言語化されており、

 素晴らしい言葉を頂きました。


 圧倒的に多くの具体や抽象を、多様な人との
 やりとりを通じてやりとりしていく、

 という鮒谷さんのお話が
 心に刺さったのです。


 つまり多様な集団では、

 各々の情報の重みが違うので、
 大きな価値を生み出しやすい、

 ということになります。


 また、このやりとりでは、

 具体と抽象をどんどん
 行き来しないといけないため、

 鮒谷さんが自身を

 「自分は抽象の人間だが、
  具体にもこだわる」

 という話をされていたことにも
 つながりました。


 さらに、

 ピラミッドの上下を行き来する

 という話ともつながり、
 視界がさらに開けたと感じました。


 いつもながら、良質なコンテンツのご提供
 ありがとうございました。

 今後も期待しております。


 (半導体エンジニア 蔵本貴文さま)


 -----------------------
 (ここまで)



■私(鮒谷)は毎日、
 こうしたご感想を、

 少ない日でも数通、多い日では十数通、
 ないし数十通、

 お送りいただいています。



■これらを熟読することにより、

 普通に生きていては
 とても気づかなかったような、

 さまざまな切り口からの視点や
 認識を頂けるので


 【学びが加速し、
  コミュニケーションが加速し、
  人生が加速する】

 こととなります。



■これなども数ある

 「わらしべメリット」

 のうちの一つと言えるでしょう。


 こうしたリアル&バーチャルな
 つながりを持つ人と、

 ほぼ、そうしたつながりのない人では
 時間の経過とともに、

 学びやコミュニケーションや
 人生そのものにおいて、

 何らかの違いが生まれても
 不思議なことではないかもしれません。



■私(鮒谷)自身、

 あるとき、こうしたメカニズムに
 気づいてから積極的に

 【コミュニケーション能力の向上と
  プラットフォームの拡充】

 に努めてきたわけです。



■その具体的な
 思考法や方法論について、

 (机の上で考えた話ではなく)

 私自身が幾多の試行錯誤を繰り返し、
 再現性のある話を、

 当音源ではしているわけですが、


 それは蔵本さんの記して下さった
 言葉でいうならば、

 下記の話にもつながることでしょう。


 -----------------------

 また、このやりとりでは、

 具体と抽象をどんどん
 行き来しないといけないため、


 鮒谷さんが自身を

 「自分は抽象の人間だが、
  具体にもこだわる」

 という話をされていたことにも
 つながりました。

 -----------------------



■ここまでの話を読み、

 【コミュニケーション&
  プラットフォーム作り】

 に意識を払うことによって、


 より人生が豊かに、
 充実したものとなるのでは、

 とお考えのあなたに
 当音源をお勧めいたします。


 (もちろん、

  私は一人で独立独歩の道をゆく、
  と考えられている方に、

  無理にお勧めはいたしません)




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■コミュニケーション能力を磨き、    ネットワークの拡充を図れば、    自ずから多様な人からの数多くの    質問を含めたフィードバックを頂戴する、    こととなるだろう。   ■これによって新しい視点や気づきや学びが    もたらされ、    学習が加速し、    コミュニケーションが加速し、    人生が加速する、    こととなるのである。   ■コミュニケーションと    プラットフォームについて考えることは、    人生について考えること。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。