毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6342号 投資の元本×利回り=ネットワークの大きさ×被紹介率


■これまでに時間をかけて培ってきた
 人間関係は

 【(投資における)元本】

 と考えてみてはどうでしょう。



■投資の世界においては

 「同じ利回りでも
  元本が大きい方がよく増える」

 わけですが、


 ネットワークの世界においては

 「同じ被紹介率でも、ネットワークが
  大きい方がよく増える」

 こととなります。



■ここでいう

 「被紹介率(一定の時間軸において
  人を紹介してもらえる率)」

 は投資の世界における

 「利回り」

 に相当するものです。



■手元に多額の元本があり、
 それを高い利回りで回せば、

 資産がどんどん増えていくのが
 投資の世界であるとするならば、


 既に大きな人のつながりに恵まれ、
 高い被紹介率でさらに増加すれば、

 ネットワークはどんどん拡充していくのが
 コミュニケーションの世界。



■投資においては


 -----------------------

 0、今、いくら持っているのかを
   正確に把握し

 1、いつまでに
 2、いくら手元に残したいか

   を明確にしましょう

 -----------------------

 と言われます。



■これによって初めて、

 「目標資産の実現に向けた
  最適なアプローチ」

 を模索し、その到達に向けての
 実践が始まります。



■コミュニケーションにおいても
 同じです。


 -----------------------

 0、今、自分にどれほどのネットワークが
   あるのかを正確に把握し

 1、いつまでに
 2、どのくらいの広がりを求めるのか

   を明確にする

 -----------------------


 ことによって

 「目標とする人間関係像の実現に向けた
  最適なアプローチ」

 を図ることができるでしょう。



■これが鮮明に
 イメージできるようになると

 【現状のネットワーク(元本)と
  被紹介率(利回り)】

 に意識が向くようになり、


 人とのご縁をより豊かにするために、

 「紹介される人間になろう」

 と努めるようにもなるのです。



■ここでもう一つ、
 留意すべきポイントを挙げると、

 (投資の世界と同じく)
 人間関係の世界においても、

 【時間の要素】

 が強く効いてきます。



■いずれも長期の時間を
 味方につけることによって、

 想像もつかないくらい、
 大きな土台を築けるようになるものです。

 これが複利の持つ力。



■だからこそ、

 【投資は出来る限り、
  若いうちに始めるべきである
 (=今すぐ、始めよ)】

 と言われるわけですし、


 それは

 【ご縁を広げ、深める取り組みは
  出来る限り若いうちに始めるべきである
 (=今すぐ、始めよ)】

 ということにも通じます。



■こうしたことが分かっている人は、

 早い段階から、
 人とのつながりを大切にして、

 時間を味方につけつつ、
 多方面に多様な友人知人がいる、

 という世界を実現させています。



■こうしたことは、

 きちんと見ようとしなければ
 なかなか見えないものですから、

 気づかなければ、
 そこに対して意識を払わず、


 「気づいたら閉じられた世界の
  限られた人のみしか知り合いがいない」

 ということになってしまっている人も
 少なからずあるようです。



■この状態は、

 自分の想像の範疇を超えるところから
 突然やってくる多様なチャンスを、

 気づかぬうちに
 失ってしまっており、


 さらには、同質性の社会に
 身をおいていると、

 突発的な緊急事態が起きたときに
 そのコミュニティに属している

 「全員が全員、共倒れ」

 になるので、

 人生におけるリスク管理上、
 極めて危ういこと。



■たとえ当人にその自覚がなくとも
 自ら

 「攻めもできなければ
  守りも脆弱」

 な状況を生み出していることに
 危機感を持ったほうがよいかもしれません。



■こうした話を聞くと

 「今さらはじめても、、、」

 と言われる方が
 あったりするのですが、


 今さらも何も、

 今あなたが100歳とかでなければ、
 (いや、仮にそうであったとしてさえ)

 人生、これからです。



■40歳、50歳、60歳、、、
 であったとしても、

 100まで生きるとすれば
 60年、50年、40年、、、

 あるのですから、


 もう一回り、

 下手したら(あるいはうまく行けば?)
 もう二回り、

 生きていくことになりますね。



■とするならば

 「今さら始めても、、、」

 どころか

 「今、始めなきゃ、
  いつ始めるの?」

 ということです。



■私(鮒谷)が、

 今から20年近くも前からお世話になり、
 お付き合いしてきた方に、

 かつて、年商100億企業の経営者として
 活躍なされ、

 今は社会貢献&悠々自適の生活を
 過ごされている井上武さんという方が
 いらっしゃいます。



■井上さんは現在77歳ですが

 「一生感動・一生勉強・一生青春」

 をモットーに、

 80歳で「男の料理教室本」を、
 90歳で「100歳でPPK本」を上梓する、

 という計画を立てられ、
 準備を進められています。



■さらに

 (今はコロナで難しいですが)
 90歳まで毎年海外旅行、

 95歳まで毎年国内旅行、
 という目標も。


 こうした目標を掲げられ、
 日々、アクティブに動かれているので、

 とても77歳には見えない若々しさ。

 毎日、フェイスブックも更新中。



■井上さんのことを考えたら

 「今さら始めても、、、」

 なんて言葉は
 口が裂けても言えないはず。

 あなたも私もこれから、ですよ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人のつながりを投資の世界における    「元本&利回り」    に例えて考えてみると、新たに見えてくる    ものがあるかもしれない。   ■現在のネットワークの大小と、    被紹介率の高低によって    「未来の人間関係状況」    は、ある程度まで予測できるだろう。   ■将来、より小さく、あるいは閉じた世界に    なっていくことが想定されるなら、    1、獲得できる機会が少なくなっていく    2、リスク耐性が著しく悪化する    という二つの面から、極めて危険である。   ■特にそうした自覚のある人は、今すぐ、    コミュニケーションについて学び、    未来のネットワーク作りに力を入れる、    べきではないだろうか。   ■未来は、今の取り組みからしか    生まれないのだから。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。