毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6322号 正月早々、下品な話でごめんなさい(ぜんぶ後輩が悪いんです)


■新年といえば、目標設定、
 目標設定といえば、新年です、

 、、、などと言っているのは、
 私(鮒谷)だけ?

 かもしれませんが、


 「年の変わり目こそ、
  心機一転、新しい取り組みを!」

 というきっかけとして、

 お正月を活用するのはアリ、
 だと思います。



■ただ、最近思うのが、

 「目標設定」

 という言葉が、

 どうにも堅苦しいイメージで
 受け止められる人もあるようだ、

 ということ。



■本当はこれ以上なく、
 楽しく、ワクワクするのが

 「目標」ならびに
 「目標設定」なのに、


 これらが手垢が付きすぎた言葉と
 なってしまったからなのか、

 あるいは、誤った説明?が
 なされることが増えたからなのか、


 「目標設定?

  なんだか面倒くさそう、
  辛気臭そう、頑張りが必要そう。

  、、結構です」


 みたいな雰囲気が醸し出される
 言葉認定されているような気がして、

 残念でなりません。



■言われてみれば、

 確かにそういう感覚もあるよね、
 と思われた、


 そんなあなたには、

 【目標(設定)という言葉を
 「妄想&構想」に置き換えてみては】

 と提案したいと思います。



■話は大きく変わりますが、
 実は今日の昼すぎ、

 学生時代以来、超・親しくしている
 後輩から電話がありました。


 正月早々、
 商売の話だったのですが、


 「フナさん!(と呼ばれてます)、

  こんな商売あるんですけど、
  めちゃ凄いと思いませんか?

  ちんこビンビンになるでしょ!!」


 と興奮しながら
 語ってくれました、



■もちろん、

 本当に、ちんこが物理的に
 ビンビンになるような話では、

 まったくありません(当然です笑)



■単なる表現の仕方の問題ですが、

 同じ関西の出身、言わんとしている
 意味(ニュアンス)は、

 よく分かりました。


 彼がそれだけ、

 そのビジネスに興奮している、
 ということ。



■まあ、正月早々、
 そんな下品な話はどうでもいいのですが、


 何が言いたかったかというと

 「目標(設定)」

 という、

 ともすれば無味乾燥となりがちな
 言葉を


 【考えるだけで(比喩的な意味で)
  ちんこがビンビンになるような妄想】

 と言い換えてみたら、

 目標設定も楽しくなるんじゃないかな、
 という話。


 ※しつこいようですが、
  あくまで喩えですよ!



■私(鮒谷)自身、
 昨年末くらいから

 「2021年をどのような年にしようか」

 と妄想を逞しくしてきましたが、


 まさに

 【考えるだけで

 (しつこいですが、
  比喩的な意味で!!)

  ちんこがビンビンになるような妄想】

 を膨らませ、
 暴走させてきたからこそ、


 朝起きたときから
 夜、寝るときまで、

 2021年という年をどんな年にしたいかを
 考え続けてこられたのだと思います。



■ちなみに私(鮒谷)にとっての

 「目標=妄想」

 は長らく、

 数値的なものではなく、
 「状態」を中心に据えています。



■どんな「状態」になれば、

 居心地が良くなるのか、
 幸せを感じられるのか、


 もちろんそのために数値的な裏付けも
 必要になりますから、

 それも追いかけますが、あくまで
 手段であり、目的とはなり得ません。



■年収をいくら、貯蓄をどれだけ、
 というのもいいけれど、

 本当の目標設定=妄想、
 というのは、

 理想の状態をイメージする
 ところから始まります。


 その妄想に下手なブレーキをかけずに
 可能な限り、加速させること。



■寝る直前でもいいし、
 酒飲みながらでも、
 散歩しながらでもいいので、

 日々、妄想することが
 時間の経過とともに

 「効いてくる」

 のです。



■上述の通り、

 私(鮒谷)が中心に据えている
 目標=妄想、は、


 数字的なものではなく、

 あるいは、

 人さまの耳目を集める
 派手さも一切ない、

 極めて地味なもの。



■具体的には、

 どんな精神状態でありたいか、
 どんな可能性を確保しておきたいか、

 どんな能力を伸長させたいか、
 どんな評価を誰から得たいのか、

 などなど。



■特に精神状態とか、可能性の話など、
 外から見ても、何も見えぬもの。


 しかし、そういうものこそ重要で、

 外からひと目見て、
 分かるようなものに、

 大した意味はないと
 (個人的には)考えています。



■もう、随分、以前から、

 こうした考えに基づいて
 生きているので、

 人と比較することもなくなり、


 人生そのものが、自身の理想を
 ひたすら追求するだけの

 【(試行錯誤を伴う)
  最高に楽しいゲーム】

 となりました。



■義務感や強制力で
 いやいややっているのではなく、

 ゲーム感覚でやっているのですから
 最速で目指す世界に近づいている、


 そんな実感を持ちながら
 生きているので、

 毎日が充実、充足しているのも
 宜なるかな。



■ここまでの話で
 何が言いたかったかというと、


 目標設定という話には
 だいたい、

 「年収いくらとか、貯蓄いくらとか、
  本を出すとか、上場するとか」

 そういう話になりがちなわけですが、


 そうしたものを決して
 否定するわけではないけれども、

 【あくまで下位の目標(手段)】

 としたほうが、

 かえって到達しやすく、
 かえって幸福感を感じやすい、

 と、長年、目標について考え続けてきて
 確信を持つようになった、


 ということです。



■実際、こうした考えで生きたほうが
 むしろ結果として

 「年収いくらとか、貯蓄いくらとか、
  本を出すとか、上場するとか」

 といった目標も叶えやすいように
 思います。



■私(鮒谷)自身はもちろん、
 株式公開したことないですが、

 (そもそも目指してない)

 上場を果たした友人、知人たちを
 見ているとそんな感じ。


 それそのものをゴールとして
 みているわけではない、

 というところがポイント。



■実際に

 「年収いくらを目指します!」

 といったこと「のみ」を
 声高に語っている人が、

 その目標を達成したという話は
 寡聞にして知りませんし、


 よしんば、そんな人があったとしても
 長続きすることがないのは、

 そうしたものを手段として捉えていたか、
 目的として捉えていたか、

 の違いにあるわけです。



■繰り返しになりますが、

 もちろん年収とか、資産とか、
 目に見えて達成したか否か分かる、

 そんな目標を否定しているわけでは
 決してありません。



■私(鮒谷)も、
 もちろん掲げています。


 ただし目標(妄想)についての

 「序列」「順序」「構造」「構想」

 について、

 今一度、丁寧に振り返って
 考えてみてもよいのでは、

 と問題提起したいだけなのです。



■こうしたことが
 きちんと腹落ちできれば、

 よくある年収目標がどうとか、
 住むところがどうとか、


 そんな目標設定は究極のところ、
 どうでもいい、

 とまでは言わないにせよ、
 それに近いものになるのは、


 人生をかけられるほどの、

 より上位の目標(妄想)が
 明確になっているからこそ。



■得たいものが幸せなのか、

 あるいは、一時的な享楽や
 見栄を満たすものであるのか、


 そうしたことを考える
 契機としての

 【目標設定3部作音源】

 を以前にリリースいたしました。



■おかげさまで大勢の方から
 評価して頂ける音源となりました。

 膨大な数のご感想を頂戴しています。


 <目標設定&目標達成放談会音源>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170412_testimonials_mokuhyou.pdf

 <目標設定フォローアップ放談会>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_fup.pdf

 <目標設定Q&A放談会>
 http://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/170714_testimonials_mokuhyou_fup.pdf




 【今日の一言】

 ちんこビンビンですよ神




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■目標設定と聞くと、    地味、辛気臭い、面倒だ、    そんなイメージを持つ人も    少なくなさそうだ。   ■であれば目標設定を「妄想&構想」と    言い換えてみてはどうか。    さらに妄想を   【考えるだけで(比喩的な意味で)    ち●こがビンビンになるような妄想】    と捉えてみたら、    目標設定しよう、したい、という気持ちに    なるのではないか。   ■そのくらいのテンションで妄想を    怒張、拡張、暴走させるからこそ、    行動意欲が湧いてきて、即断即決即実行の    精神を伴う駆動力を獲得できるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。