毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6319号 激動の世の中にあって変化耐性のある人と、ない人と


■これまで幾たびも

 【習慣化を習慣化する】

 という言葉を紹介してきました。


 それまで持っていなかった(良い)習慣が
 インストールされることを

 「習慣化」

 と名付けるならば、


 習慣化のプロセスが長期にわたって
 幾たびも反復継続されている状態を

 【習慣化が習慣化されている】

 と名付けたいのです。



■世の中には、

 習慣化が習慣化されている人もあれば
 そうでない人もあるわけですが、


 前者の人を

 【変わり続けることが
  習慣化されている人】

 と呼び、

 【変わらない(変われない)ことが
  習慣化されている人】

 とも呼びたいところ。



■前者も後者も、ともに

 「習慣の力」

 が発動しています。


 どちらも習慣であるならば、

 どちらの習慣を手に入れた方が
 良いことが起こりそうか、

 想像されてみても
 良いかもしれませんね。



■一方は

 「変化が常態(常の姿)」

 となっており、もう一方は

 「変化しない(現状維持)が常態」

 となっています。



■取り巻く環境の変化に応じて、

 自身もまた、変化させることが
 苦にならない人と、

 どれほど環境が変化しても
 頑なに自らの姿勢を貫き続ける人、


 一見、後者のほうが信念を貫き、格好いい
 ように思われる(?)かもしれませんが、

 単に環境に適応できずに
 徐々に衰滅に向かうだけ、

 ということになりはしないか、
 とも危惧されます。



■少なくとも私(鮒谷)は、

 激動の時代にも関わらず、
 変化を拒絶するのは、

 長い目で見たときに危ない

 (車は急に止まれない、ならぬ、
  車は急に曲がれないように)


 人もまた、外部変化によって突然、
 変わることを要求されたからといって、

 変化耐性のない人は、急激な変化に
 追随できずに呆然とするしかない、

 と認識しており、


 そのようにならぬためには
 常日頃から、

 【自分の身の上に
  小さな変化を継続的に起こし続ける】

 しかないように思われます。



■さらに、

 こうしたことを「努力して」行うのは
 かなりきついので、

 【(ほとんど無自覚のうちに)
  変化しているのが常態】

 という姿勢や態度を自身の内に
 打ち立てる(習慣化する)より他にない、

 と思うのです。



■それが実現できた世界が

 【習慣化が習慣化されている】

 ということ。


 こうした状態に入り、

 小さな習慣を一つ、また一つ、
 埋め込んでいけるようになると、

 当然、世の中の変化にしなやかに
 対応できるようになるでしょう。



■たとえば私(鮒谷)でいうならば、

 今年春から、コロナによって
 リアルセミナーが一切できなくなり、

 さらに情報収集や、やる気喚起のための
 生命線だとすら思っていた、

 (ほぼ毎日行っていた)会食習慣までも
 断ち切られました。



■最初は

 「すわ、一大事!」

 と死活問題となることも
 覚悟しましたが、


 以前から少しづつ、新しい習慣を
 取り入れることは行っていたので、

 今回の変化においても、

 「変化対応するための
  新たな習慣」

 つまり、たとえば
 オンラインで仕事を進める習慣

 (しかもどうせなら、これまで以上に
  高い生産性を叩き出したい)

 を即座に取り入れることができました。



■あるいは、

 会食できないのなら、浮いた時間で
 以前から取り組もうと思っていた健康管理に、

 といった風に、
 意識と行動をシフトし、


 運動習慣と栄養管理習慣を身につけ、

 身体の内側と外側をまるで別物に
 作り変えることにも成功しました。

 (これはまだ継続中ですので年明け以降、
  さらに作り変わっていくはずです)



■こんな風に外部の変化に応じて、

 ライフスタイルも柔軟に
 変化させられたのは、もともと

 【習慣化を習慣化する】

 ことを日常的に行っており
 違和感がなかったからだと考えています。



■今後、コロナがどうなるか分かりませんが、
 なにがどうなったとしても、

 【そもそも外の世界もまた、
  変化が常態】

 であるわけですから、

 「そういうもの」

 だと思って、粛々と

 【外的な変化に応じた
  自身の習慣の書き換え】

 を行っていくだけです。



■これからますます変化が加速して
 いきそうな世の中において、

 こうしたメカニズムやプロセスを知悉し、

 再現性高く変化対応できる人と、
 そうでない人の間には、まさに

 【死命を制する】

 ほどの差が生まれるのではないか、
 とも思っております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■変わり続けることも習慣なら、    変わり続けないことも習慣。   ■同じ習慣なら、    どちらの習慣を身につけるのが、    これからの人生にとって    役に立つように思われるだろう。   ■泣いても笑っても、ますます加速度を    増して世の中は変化していくはずであり、    だとするならば、    日々、小さな(良い)習慣を積み増して    いく習慣を身につけた人が、    変化対応に強く、危機管理に優れた人、    となれるのではなかろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。