毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6307号 「ケンシロウプレイ」に打ち興じられるようになりました


■習慣化とは

 【予感 → 実感 → 確信 → 達成 → 自動化】

 のプロセスを、

 それぞれの分野において一つ、
 また一つと積み上げていくこと。



■たとえば、私(鮒谷)であれば
 今年の5月から筋トレを始めましたが、

 現在、体型が逆三角形化してきて、

 かつ、腹筋も徐々に
 浮かび上がりつつあります。

 (まだまだ鍛える余地は
  大アリですが)



■当座の目標としては、
 来年3月末までに

 まず基本となる体型や体組成を

 【空前領域】

 まで持っていくということを
 課していましたが、

 こちらは確実に達成できそうです。


 というか、これまで全く
 運動してこなかったことが幸いし(?)

 既に空前領域に到達(笑)



■もう何年も前の話ですが、

 スーツは年に数えるほどしか着ないのに
 何を血迷ったのか、

 三越でオーダーメイドシャツを7枚、
 まとめて一気に作ったことがあります。



■もちろんオーダーメイドですから、

 当時の体型に最適化させた形で
 作ってもらったシャツ。


 数日前、久しぶりに着てみたら、
 案の定というか、

 【ケンシロウプレイ
 (キツキツのまま着て、胸を張ることで
  一気にボタンを弾け飛ばす)】

 ができそうなくらいには、

 胸回り、腕周りが
 大きくなっていました。



■取り組み始めたときは、

 もちろん全くそんな体型になろうと
 いうつもりもなければ、

 なれるとも思っておらず、


 ただ、コロナで緩んだ身体が良い方向に
 変化してくれればいいなあ、

 くらいの感じだったのですが、
 少しずつ身体の変化が訪れ、


 その変化に触発され、数値を毎日計測し、
 スマホで管理するようになり、

 そこからさらにきちんと
 栄養管理も行うようになり、

 変化が加速度を増してきました。



■こうした変化の体感(=予感)により
 テンションが否応なく引き上げられ、

 やがて体の変化は予感レベルから
 実感レベルへ、さらには確信レベルへ、

 と変わっていくこととなりました。



■今のところの予定では、

 【来年(2021年)3月末には
  肉体改造(第一弾)は完全に完了】

 しているはず。



■もちろん、3月末になったら
 運動をやめるということではなく、


 次なる新しい目標を掲げ、
 そこからは「空前」の次の領域である

 【絶後水準】

 の身体づくりを行うために、
 さらに負荷をかけていく予定。



■こうした過程において

 「いま、私(鮒谷)は習慣化を進めるに
  あたって何を行うべきであるか」

 について、

 過去にいくつもの良習慣を意図的に
 生活の中に導入してきたので、

 その勘所は分かっているつもりです。



■つまり、

 負荷はかけ過ぎてもだめだし
 (萎えて、折れてしまう)、

 反対に、かけなさ過ぎてもダメだし
 (成果が出ないから、止めてしまう)、


 その時々で、適切な負荷をかける必要が
 あるわけですが、

 何を習慣化するにしても

 「習慣化の構造」

 さえ把握していれば、おおよそ、

 どの段階でどんなことが起こり、
 そこで何を留意する必要があるかについて、

 分かるので、


 そんなに苦しむことなく、
 運動習慣を導入し、

 毎日最低でも1時間~1時間半、
 トレーニングをし続ける習慣を、

 あっという間に
 定着させることができた、

 ということになりそうです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「習慣化を習慣化する」とは、    予感が実感となり、さらに確信に変わり、    そこから「達成」に至るまでの道のりを、    様々な分野において、一つ、また一つと    積み上げていくことに他ならない。   ■それぞれの段階で何をすべきか、    どんなことに留意すべきか、    を知らなければ、落とし穴にはまり込み、    習慣化を実現させられない。   ■まずはそのための汎用的な方法論を知り、    その上で、各人が優先度高く入れるべきと    考える習慣を一つづつ、そして確実に、    インストールしていくと良いだろう。   ■インストールした習慣が増えていくたび、    人生の質が(努力なく)底上げされ、    時間の経過とともに勝手に多くの成果が    産出されることとなるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。