毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6305号 習慣に支配されることで人生を低コスト化する


■習慣に支配されると、
 生きるのが楽になります。

 支配される、と聞くと
 身構える方もありそうですね。



■でも、考えてみて下さい。

 支配されるとは
 身を委ねることであり、

 身を委ねることは
 意思決定からの開放と同義なので、


 何かに取り組もうとするたびに、

 毎度、毎度、無駄な認知コストを
 支払わずに済む、

 という点で圧倒的に
 人生を低コスト化できるのです。



■私(鮒谷)は、日々の
 メルマガ執筆&配信とともに、

 ときに同程度、ときにそれを
 はるかに上回るボリュームの、

 (非公開)日記を四半世紀以上に渡り、
 記述し続けてきました。



■これをいちいち

 「よし、書くぞ!」

 みたいに気合いや根性を
 ひねり出して頑張ろうとしても、


 数日や数週間(あるいはせいぜい数ヶ月)
 くらいは続けられたかもしれませんが、

 数年、十数年、数十年といった単位では
 絶対に継続できなかった、

 そんな確信があります。



■気合いや根性に依存せず、

 粛々と、淡々と、
 気合いとか根性とか関係なく、

 毎日、大きく感情を用いることなく
 積み上げていくからこそ

 【微差を積み重ねていける】

 のです。



■これまで何度も書いてきたことですが、


 人生における勝利(?)

 ※他者に勝つという意味合いではなく、
  自身が納得のいく人生を過ごすという
  意味で用いています


 の要諦は

 【微差を積み上げる】

 ことに尽きます。



■瞬間風速で数日、数週間、
 頑張れる人があったとしても、

 その後、ポキっと折れてしまう
 くらいであれば、


 その半分の速度でいいので、
 何年も、何十年も、

 変わらずに歩み続けられる人のほうが
 遠くに進んでいけるからです。



■だからこそ

 【微差を積み上げる=習慣化】

 を習慣化できた人は、

 自身が納得のいく人生を過ごせる
 確率が飛躍的に高まることでしょう。



■そんな(良い)習慣が

 「適当に生きていて、
  気づいたら習慣化されていた」

 ということも(まれには)
 あるかもしれませんが、


 できることならば

 「習慣化しようと思って、
  習慣化させる」

 ことを高い再現性をもって
 実現させられるようになりたいもの。



■これができるようになると、

 明確な意図をもって、
 自分の人生をデザインし、実行に移して、

 一つ、また一つと良い習慣を
 手に入れていけるようになる。



■たとえば、


 受験や資格試験、語学習得、
 筋トレ、食習慣改善、

 その他、(良質の)インプット習慣や
 アウトプット習慣、


 といったものを、一つづつ、
 自覚的に実装させることができる、

 ということです。



■私(鮒谷)は長時間の学習と
 試行錯誤の末に編み出した

 【習慣化を習慣化する方法】

 が本物であるかどうか、


 口先だけでは伝わらないので、
 6300日間、

 一日も休まず、毎日、数千字から
 多いときにには1万字に及ぶ、

 長大なメルマガを配信し続けて
 きました。


 その後姿が何よりの証拠になるに
 違いありません。



■のみならず、その他にも、


 毎日平均2件、
 個別コンサルを行い続けているとか、

 月に二回、数時間&丸一日の
 セミナーを開催し続けているとか、


 月に平均2件のペースで数時間に及ぶ
 新音源をリリースし続けているとか、

 毎日、1時間半、
 筋トレし続けているとか、

 いずれも呼吸するように、ほとんど
 努力している実感なく実施しているので、


 それらが「微差」として
 毎日、積み上がっていますが、

 その後ろ姿(背中)をお見せして、

 【習慣の偉大さ】

 をお伝えしてきたつもりです。



■私(鮒谷)が、どれほど

 【微差を積み上げる=習慣化】

 にこだわってきたかは、


 過去に配信してきたバックナンバーの
 タイトルをご覧いただいただけでも、

 お察し頂けるかと思います。


 (以下、ほんの一例です)
 -----------------------


 【超高速で「凡事」「平凡」「微差」を
  積み上げる!】

 【小さな積み重ねの繰り返しが、
  圧倒的な差を生み出すこととなる】

 【1万日修行のメンバー入りを目指す】

 【「亀の甲より年の功」マーケティング】

 【複利の力は偉大なり。
  成長をやめなければ10倍強い相手に勝てる】

 【人生を長期的に考え、
  目先の起伏に一喜一憂しない】

 【集中と継続の偉大な力を信じて
  ノミを振るい続ける】

 【ウサギとカメに学ぶ
  チャレンジし続ける精神の重要性】

 【継続という名の参入障壁は偉大なり
  ~渡辺美里が伝説と化した理由を知る】

 【渡辺美里に学ぶ
 「拙速は巧遅に勝る」×「継続は力なり」】

 【想いを実現する最短距離は、
 「石段を登る旅行者」になること】

 【微差の重畳 × 超速スピード × 時間を味方に」
  が逓増人生をもたらす】

 【「逓増する人生」を実現させた人たちの、
  最大公約数的パターン】

 【 「ステルス学習」で差をつけよ】

 【 「年に1000件の改善」は
  「毎日の小さな3改善」の積み重ね】

 【研究論文に見る「一流の人たちが
  行っている当たり前のこと」】

 【「始めること」と「続けること」】

 【「バサロ泳法」で生きていく】

 【歓声が聞こえずとも
  バサロ泳法で潜行し続ける】

 【鈴木大地のバサロ泳法に学べば、
  必ず脚光を浴びる日がやってくる】


 、、、(まだまだ、あります)


 -----------------------
 (ここまで)


 ちょっと調べただけでこれくらいは
 すぐに挙がってきました。

 調べればもっともっとたくさんの
 バックナンバーをサルベージできるはず。



■これくらいには

 【微差を積み上げる=習慣化】

 について長年、言語化し、実践し、
 身につけてきたつもりで、


 (あえて言ってしまいますが)

 そんな私(鮒谷)が
 お伝えしている

 【微差を積み上げる=習慣化】

 のコンテンツが多くの方にとって
 役立たないはずがない、

 と考えています。



■私(鮒谷)が言っているだけではなく、

 当音源をお聴き下さったTさんが早速、
 以下のようなご感想を送付下さいました。


 (ここから)
 ------------------------


 今回も貴重な音源を
 ありがとうございました!


 特に印象に残った点は以下の3つです。


 ●習慣の階層について

 「今の自分が階層の
  どの部分に取り組んでいるのか」

 ここを理解しないままやっても、
 習慣化なんてできない、

 という内容が、そのまま自分の胸に
 突き刺さりました。


 あらためて現状を振り返ってみると、
 数年前に比べると鮒谷さんの言うところの

 「うっすら習慣」が増えてはいましたが、
 それを確固たるシステムとして
 構築しきれてはいませんでした。


 「習慣とシステムは別物である」

 という認識がなかったので、
 せっかく習慣になったものを、

 継続、ブラッシュアップできずにいた
 ことに気づかされた思いです。


 ●鮒谷さん自身の習慣化の事例について

 「能力ではなく
  習慣の力でコンテンツを量産する」

 というお話を聞いて、
 鳥肌が立ちました。


 鮒谷さんが
 中身の濃い音源コンテンツを、

 どのようにして
 次々にリリースされているのか、

 その裏側を垣間見えた気がします。


 自らをクリエイティブな状態に
 強制的に持っていくためのシステム作り、

 ぜひ参考にさせていただきたいと
 思います。


 ●習慣化を習慣化するやり方について

 習慣化に取り組みたい「理由」を
 明確にする必要性、

 改めて認識することができました。


 同時に、動機が強くても習慣化の手順を
 間違えると挫折してしまう、

 という側面を知れたのも
 良い気づきでした。


 「悪い習慣は即効性、良い習慣は遅効性」

 の言葉を念頭に、

 焦らず腰を据えた継続を
 心がけたいと思います。


 感想は以上となります。

 今回も、多くのことを気づかせていただき
 ありがとうございました。


 (WEB広告業 N・T さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Tさん、いつもありがとうございます!



■Tさんがお書きくださったように、
 本当にこれ(↓)

 「能力ではなく
  習慣の力でコンテンツを量産する」

 に尽きるんですよね。



■能力よりも習慣の力のほうが
 はるかに偉大です。

 能力に乏しいという自覚がある人は
 なおのこと、習慣の力を借りるべきです。

 能力にあぐらをかいている人を
 数年もあれば余裕でブチ抜けますから。



■能力に恵まれている自覚ある人は
 習慣の力を借りれば鬼に金棒、

 誰も追いつけない水準まで
 自らを高めていけるでしょう。



■要は

 【万人が習慣化について学ぶべき】

 ということですね。


 私(鮒谷)が今、多少なりとも
 成果を出せているとするならば

 【微差を積み上げる=習慣化】

 の方法論を体得したからです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■微差の積み重ね=習慣化力。   ■微差、積み重ねの人は、瞬間風速の人に    いずれ100パーセント、勝てるのだ。   ■微差×複利、こそ最強の能力開発。   ■その世界に出るためには    【習慣化を習慣化する方法論】    を体得する以外にない。   ■自分で編み出してもいいが、既に雛形が    あるのであればそれを拝借する、    という要領の良さがあってもよいのでは。   ■否、そうした要領の良さこそが、    人生を前倒しで充実に導くセンターピン、    とすら言えるかもしれない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。