毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6295号 当事者意識のある人=新たな意味を付与できる力を持つ人


■今を楽しめるかどうか、

 そして、

 人生をより良いものにしていけるか
 どうか、

 は

 「意味づけする力」

 によるのではないかと考える
 今日この頃。



■なにが起きても、

 今(ならびに未来)の
 自分に最適化された形で、

 意味を与えられれば
 最高です。



■その昔、勤務していた会社が
 突然、倒産したとき、一瞬

 「まじかよ(汗)」

 と思いました。



■が、次の瞬間には

 「あ、これを契機として
  東京に行けるな」

 「あ、これをきっかけに
  起業できるな」

 と意味付けを転換させた瞬間、

 暗い心が明るくなり、希望と可能性に
 満たされたことが思い出されます。



■当事者意識とは

 「今を楽しみ、未来をより良いものに
  するにはどうしたらよいか」

 と問い続け、

 これまでとは異なる、
 新たな意味を付与するための意識、

 と言い換えても良いかと思いますが、


 究極のところ、この問い(自問自答)は
 本人にしか行えないもの。



■この問いをひたすら自らに
 投げかけ続けている人は

 「当事者意識のある(強い)人」

 であり、


 そんな自問自答をしたことがない、
 あるいは時折しかしないという人は

 「当事者意識のない(弱い)人」

 ということになるのでしょう。



■この意味づけをする力

 (便宜上、「意味づけ力」とでも
  名付けましょうか)

 の強い人は、

 自分をやる気にさせられるし、
 他者をその気に導けます。



■意味づけ力の弱い人は、
 自分をやる気にさせるのが困難で、

 他者をやる気にさせるのは
 なお難しい。


 つまり

 「渦を巻く力が弱っている」

 ということになりそうです。



■これでは今を充足させることも
 未来を切り開くこともおぼつかない。


 意味づけ力は、

 「行動力を促進する豊かな感情を
  生み出す力」

 すなわち

 「行動の理由を作り出す力」

 でもありますから、


 当事者意識が欠如し、

 出来事と自分の人生の関係性を
 意味づける能力が劣化すると、

 巻ける渦の範囲が狭まり、人生が
 徐々に逓減していく傾向となるのです。



■ただし、

 筋肉は筋トレによって
 いつからでも強化できるのと同じで、

 意味づけ力(当事者意識)もまた、
 トレーニングによって強化できるもの。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■当事者意識の強い人は、あらゆることに    対して「新たな意味を付与できる」人。   ■意味を与えられない人    =成り行き任せの人    であり、自らの人生に対して当事者意識が    希薄(あるいはない)から、    運命に身を委ねるしかなくなる。   ■それでは今の充足も、未来に向けた逓増も    生まれない。   ■筋肉は筋トレによって強化できるように、    当事者意識もトレーニングで強化可能。   ■当事者意識(=意味づける力)を鍛えて、    自他を鼓舞する力を強化し、    大きな渦を巻けるようになれば、自ずから    人生は変わり始めるものである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。