毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6290号 いつもムカついたり、イライラしたり、鬱陶しいと感じている、そんなあなたに対するメッセージ


■口を開けば

 「イライラする」
 「鬱陶しい」
 「ムカつく」

 そんな言葉を日常的に回している人、
 ありますよね。



■こうした人は
 当人の自覚の有無に関わらず、

 言葉の力を用いて
 心の焦点を合わせにかかり

 「そこばかり見ようとしている」

 のです。



■自分の方から、わざわざ見なくても
 良いところを見てピントを合わせ、

 勝手に腹を立てたり、
 ネガティブな気持ちになったり、

 しているわけですから
 世話がないですね。



■どうせ、せっかくを回すのなら


 「今の状況から学びを得るには、
  成長するには、どうすればよいか」


 「こうした感情が繰り返されるのは
  一つのパターンではないか。

  それはどんなパターンなのだろう。

  そもそもなぜ、このパターンが
  繰り返し発動されるのだろう。

 (最も深いところにある原因は
  どこにあるのだろう)」


 といった言葉を回したほうが
 はるかに人生に役立ちます。



■言葉には

 「心の焦点を合わせる」

 力がありますから、

 この力をうまく活用すれば
 どんどん成長するし、

 どんどん人生は楽しく、楽になる。



■反対に、

 この力の活用法を知らなければ
 冒頭に挙げた人のように、

 ろくでもない方向に
 焦点を合わせて、


 勝手に腹を立てて、
 勝手に苦しんで、

 勝手に暴走して、
 勝手に破滅していく、

 人すらあるわけです。



■だからこそ

 【視点を自在に切り替える力を持つ、
  言葉を操る能力を強化する】

 ことが、人生における
 重大事項となってくるのです。



■ここまでに記したことは、

 人生においてめちゃくちゃ重要な話では
 ありますが、実は、


 それ(=他社との関係性)よりも
 さらに深いところ(=自己認識)、

 に対して用いている言葉を
 書き換えることを最優先すべきでしょう。



■対人、あるいは対外的な事象について
 言葉を用いて、意味を与えていくことは、

 上述の通り、とても重要なことでは
 ありますが、


 それよりも、自分自身について
 言葉を用いて、存在の意味を与えることは、

 その十倍、百倍、重要度が高く、
 さらには優先度合いも高いのです。



■なぜなら

 「他者と関わる主体が自分」

 であり、

 その自分についての認識に
 バグがあるならば、


 バグが内包された自分が、
 バグが内包された視点で他者を見る、

 なんていう

 【バグの二乗、三乗、、、】

 という、
 とんでもないこととなるからです。



■他者に向ける視点(解釈)も
 重要ですが、

 それ以上に、自身に向ける視点(解釈)に
 更新をかけることのほうが、

 より重要度も緊急度も高い、
 所以です。



■他者と向き合う言葉は
 もちろんのこと、

 自身と向き合うに際して
 用いている言葉が雑であれば、


 その言葉によって認識が形成され、
 さらには行動まで規定されるわけですから、

 よほど注意する必要がある。



■つまり、

 「人生がうまくいっていない」

 と思われるのであれば、

 なにをさておいても
 言葉の使い方に意識を向けるべきであり、

 中でも、対自分に用いている言葉に
 細心の注意を払うべき。


 ここを根本から変えない限り、
 人生が変わることもない、

 と理解する必要があるでしょう。



■人生そのものを変えるには、

 上記の通り、自己に対する認識を
 更新しなければなりませんが、


 そのために

 【自己を規定している
  無意識レベルの言語に対する、

 「強制&論理上書きという
  二つのアプローチ」

  で切り替える】

 必要があるのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■私たちは言葉遣いにより、焦点を合わせ、    他人や外部で起こる事象、さらには自身に    至るまでを意味づけし(規定し)、    自らの行動までをも、往々にして    無自覚に決めてしまっている。   ■この一連の流れが自分にとって心地よい    ものであり、    さらに人生が切り開かれるものである    ならば、そのままでもいいと思われるが、    どうにも調子が上がらない、いつも不快な    感情に苛まされている、とするならば、    自分の言葉遣いについて、今一度、確認、    精査、修正、更新してみてはどうか。   ■中でも特に、自分自身の存在について、    無意識レベルで埋め込まれてしまっている    ネガティブな認識があるとするならば、    それを最高の状態を常時、キープし続ける    ための状態を上書き更新する必要がある。   ■そのための方法論を学んでおくことは、    人生において極めて重要度が高く、    最優先で行うべきことでもあるだろう。                        

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。