毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6286号 影を消すには光が必要、卑屈さは消そうと思って消せるものではない


■『自尊心音源』のご感想に
 目を通していると


 【自尊感情と謙虚さは共存できる】

 【自尊感情が低いと謙虚ではなく、
  卑屈になってしまう】


 という話が印象に残った、

 とお書き下さった方が結構な割合で
 いらっしゃることに気づきました。



■卑屈が常態(いつもの姿)になると、

 不感症になりがち
 (当たり前になって問題視しなくなりがち)

 なのですが、


 実は「卑屈」という状態は、

 著しくQOL(人生や生活の質)に
 悪影響を及ぼします。



■とにかく、

 いつも誰かに(必要以上に)
 気を遣うことなるから、


 気づかぬ所で精神が疲弊し、
 それは肉体にも波及して、

 幸福感が継続的に
 阻害されることとなるのです。



■だから、

 卑屈状態、卑屈感情が
 少しでもあるならば、

 それはできるだけ早く、
 消し去るべきでしょう。


 では、どうしたら、消せるのか。



■一度、塗られてしまった
 (自分の内に居着いてしまった)

 卑屈状態は、

 キャンバスに描かれた
 絵のようなものですから

 「消そうと思っても消えない」

 もの。



■消すためには

 「ある状態(あるいは感情)で
  上書きするしかない」

 のです。


 ある状態、ある感情とは

 「自尊状態、自尊感情」

 です。



■高い自尊心があれば、
 卑屈さのいる場所はなくなります。

 光が当たると、
 影がなくなるとの同じようなもの。


 影を消すには光が必要なように、

 卑屈感情から脱却するには
 自尊感情が必要になるのです。



■自尊感情で上書きすると、

 卑屈さの内に含まれる
 ネガティブな要素だけが失われ、


 あとには卑屈さの中に含まれる
 ポジティブ要素たる

 「謙虚さ」

 だけが残ります。



■謙虚さとは、

 (自尊心や自信を持ち合わせた上で)

 上から目線で振る舞わない、
 偉そうな態度で接しない、

 という精神的姿勢。



■卑屈さは、


 (自尊心や自信が欠如して)

 つねに周囲に気を遣っている、
 いつも何かに萎縮している、


 という精神状態ですから
 似て非なるもの。



■自尊感情が、

 卑屈さを上書きして、
 あるいは変容させてくれたとき、

 卑屈は謙虚へと、
 その姿を変えるのです。


 こうして得られた
 重心が低く、安定した感情は、

 高いQOLと幸福感を
 私たちにもたらしてくれるでしょう。



■この状態を整えるためにも
 万人が

 【自尊心を引き上げる術(すべ)】

 を身に着けておくべきではないか、
 と考えております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■卑屈という名の状態・感情は    著しくQOLや幸福感を阻害するものだ。   ■この感情は単に「なくそう」と思って    なくせるものではない。   ■影を消すには光が必要なように、この状態    から脱却するには自尊感情が必要だ。   ■自尊感情を手に入れることで、    感情の上書きが起こり、    卑屈さのネガティブ部分が取り払われ、    「謙虚さ」として生まれ変わる。   ■謙虚という状態・感情は、低い重心と、    精神的安定をもたらしてくれるから、    QOLが劇的に改善され、生きやすくなる    のは当然のことなのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。