毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

コンサル実況中継(その4)-鮒谷の圧巻セールス/マーケティングシステムを一子相伝でお伝えいたします


■こんばんは、鮒谷です。


 一昨日より、

 株式会社CODORの代表取締役、
 大橋亮太さんからお送り頂いた

 「(既に終了済みの)
  全6回の圧巻セールスコンサル」

 について記述された、


 詳細なコンサル進行状況についての
 各種資料

 (※より具体的には以下の資料)
 -----------------------

 【1、事前提出資料】

 【2、鮒谷のコンサル要旨を
    まとめたメモ】

 【3、大橋さんがコンサル後に
    お送り下さったご感想】

 -----------------------

 をご紹介しております。



■本日は、全6回のコンサル中の4回目の
 資料を以下にご紹介いたします。

 (大橋さんのご厚意に感謝です!)

 個別コンサルのお申し込みに際しての
 参考情報として頂けましたら幸いです。


 (以下、第4回目のコンサルにあたって
  事前に頂戴していたご質問となります)
 -----------------------


 +++
 第四回コンサルティング 8/13(木)
 +++


 ★事前提出内容


 放談会を企画・実行するという
 宿題を頂いておりました。

 企画名は

 「20代からのキャリア構築放談会」

 としましたが、

 結論としては参加者が集まらず、
 開催できておりません。


 結果が出ていない以上、
 全て言い訳になってしまいますが、

 ●●●●●●上で有料セミナーの告知を
 直接してはいけないというルールがあり、

 当方のブログの紹介
  →ブログ内のLPで放談会の告知

 という流れにした結果、

 参加者がいなかったという状況です。
 (告知をしたのは約500名程です。)


 斯様な状況を踏まえ、

 まずは●●●●●●のユーザーから
 メールアドレスを取得する

 という方針に切り替えました。


 具体的な流れは以下の通りです。


 1 ●●●●●●上で書評の告知

 2 ●●●●●●上でのリンクを通じて
   書評を読んで貰う

 3 書評の下に、アドレス取得の
   LPを設置

 4 アドレスを登録して貰う


 現時点での進捗は
 以下の通りです。

 1週目:
 告知人数:約1100人、
 ブログ(書評)へのクリック数:約80、
 メールアドレスの登録数:4名

 2週目:
 告知人数:約1100人(同じ対象)
 ブログ(書評)へのクリック数:約20
 メールアドレスの登録数:0名

 上記を踏まえ
 (登録率&クリック率が悪いので)、

 今週からは、書評に加え、

 当方のコンテクストを入れた告知を
 しようと考えております。

 (今週の活動ダイジェストのような
  イメージです。)


 13日のコンサルティングにおきましては、
 上記の状況を踏まえ、

 抽象的な観点から今の動きに
 バグがないのか、

 そして、具体的な観点から、
 更に行う施策、改善点などがないか
 ご相談させて頂ければと考えております。


 -----------------------
 (ここまで)



■次に、大橋さんがコンサル中に
 取られたメモの記録となります。


 (ここから)
 -----------------------


 ★★コンサルティング


 ・PPPO(パクる→オリジナル)

 ・人はパクることを避ける本能がある?

 ・パクると栄光を結びつける

 ・あらゆるところからパクると、
  オリジナルになる

 ・札束パンチ。お金を使って解決する

 ・情報を出さない人が
  出したくなるように仕向ける

 ・リスペクトと感情を切り離す

 ・巧言令色鮮し仁、巧言令色亦是礼

 ・totalで回収できれば良い

 ・申し込みをしただけで記憶に残る

 ・一冊の本の中で、一行だけ
  気づきが得られれば良い

 ・ビジネスは戦争である

 ・急速なキャッチアップ、
  二段階で抜いていく

 ・相手の価値体系を崩す

 ・自分にとっての辺境

 ・炭鉱のカナリア

 ・守破離
  →守は一人の人からパクること
  →破は複数の人からパクること
  (外から見たら違うように見える)
  →離は独自路線を出すこと

 ・ビジネスで重要なことは、
  相手の内部に入り込むこと

 ・良いものを作るのではなく、
  国際規格を作る

 ・大欲は無欲に似たりの考え方


 -----------------------
 (ここまで)



■そして以下が、

 大橋さんが個別コンサル終了後に
 お送り下さったご感想となります。


 (ここから)
 -----------------------


 ★★★感想


 一昨日のコンサルティング、
 ありがとうございました!


 メールマガジンとコンサルティングの
 違いを一言で言うなれば、

 「伏線」

 と言えるかもしれません。


 伏線という言葉を
 勝手に意訳すると、

 発信者が持つ世界観と
 受信者が持つ世界観が異なる場合において、

 世界観が異なることを
 共有しない中で行われる具体的な会話(事象)。

 となるでしょうか。
 (たった今、私の辞書に加わりました笑)


 分かりやすいイメージとしては、
 推理小説のような感じでは
 ないかと思います。

 犯人が逮捕された時に

 「そりゃそいつが犯人だよな。」

 と思う小説は、
 驚きも感動もありませんが、


 「お前が犯人だったのか!」

 という結論になる小説は、
 今までの認識が一気に崩れ去り、

 それまでのストーリーが一気に
 違う景色に変わります。


 すなわち、伏線が回収される。
 ということになると思いますが、

 推理小説のように、
 「そういうことだったのか!」

 という認知の変化を
 起こさせてくれるのが、

 メルマガとコンサルティングの
 最大の違いではないかと思うのです。


 では、伏線を張ることによって
 何が変わるのか、ということに
 なるかと思いますが、

 それは、

 「変化・変容の度合い」

 です。


 伏線を張らない会話

 (すなわち、相手が自分の
  世界観を予め示している会話)

 においては、

 相手がどれだけ論理的で、
 こちらにメリットがある
 話をしたとしても、

 本能的に拒絶反応が起こってしまい、

 世界観の変容が起こらない可能性が
 高いのではないかと思います。

 (いきなり売り込んでくるセールスが
  良い例ではないかと思います。)


 その一方で、
 伏線が張られた会話というのは、
 発信者の世界観が隠されたままであり、

 会話がこちらの文脈から始まることから、
 その内容が受け入れやすく、

 結果として気が付いたら
 世界観が書き換わってしまうのです。


 この時、

 メルマガにおいても伏線を張ることは
 可能だと思いますが、

 個人の文脈・世界観に紐づいた伏線には
 できないという意味において、

 どうしても限界があるのでは
 ないかと思います。


 また、伏線を張った会話というのは、
 極めて難易度が高く、

 鮒谷さんがメルマガで紹介されていた

 「二つの頂点
  ─『英文解釈教室』と
   『ビジュアル英文解釈』─」

 の文章を一部借りるのならば、


 網羅的で、全ての形を拾い尽くして
 体系的に並べることが第一歩。

 その上で、「体系」を隠し、

 「現場性(コンサルを受ける人の文脈)」

 を取り込みながら、流れるように
 導いていくことが第二歩。


 であり、

 言葉についての
 卓越した知見をお持ちで、

 且つ、コンサルティングという現場性を
 取り入れた量稽古を重ねられている、

 鮒谷さんだからこそできる
 芸当なのではないかと思うのです。


 今回のコンサルティングにおきましても、

 (具体的な言葉だと生々し過ぎますので、
  あえて少し抽象的な表現をさせて頂くと)

 「自分で考えないこと」
 「国際規格を作ること」
 「感情を持たないこと」
 「内部に刺さりこむこと」

 といった世界観を学ばせて
 頂きました。


 これは、自分で考え続けていたら、

 到底辿りつけない世界観では
 ないかと思います。

 そして、世界観を学んだら、
 あとは実行するだけですので、

 次回のコンサルティングまで、
 我武者羅に動いて参ります。


 改めまして、今回のコンサルティングも
 ありがとう御座いました!

 引き続き、宜しくお願い致します!


 -----------------------
 (ここまで)



■大橋さん、改めて
 ありがとうございました!


 上記は全6回のコンサルの、

 「第4回目」

 にまつわる

 【1、事前提出資料】

 【2、鮒谷のコンサル要旨を
    まとめたメモ】

 【3、大橋さんがコンサル後に
    お送り下さったご感想】

 のやり取りの記録ですが、


 次のメルマガ以降、引き続き、

 【第5回、第6回目の
  1、2,3】

 を順番にご紹介してまいりますね。


 大橋さんがここからどのような
 変化・変容を遂げていかれるのか、

 ぜひ楽しみにご覧ください。



■コンサルのお申し込みを
 ご検討下さっている方にとって、

 一つの参考情報として
 ご活用頂けましたら幸いです。


 (おかげさまで昨日、本日と
  順調にお申し込みを頂いておりますので、

  今回の特別なご案内は、
  明日で終了とさせて頂きます)



■ちなみに、

 個別コンサルはこのところ、
 ほとんどご案内してこなかったので、

 「積極的に行っていないのでは」

 と思われている方も
 いらっしゃったようで、

 実際のところ、
 その通りであったのですが、


 ここ半年ほど、
 案内を行っていないうちに、

 来月(12月)上旬以降となりますが、
 少しの空き枠が出そうなので、

 この機にご案内させて頂いた次第。



■ここまでお読み下さり、

 「私も営業/マーケティングのレベルを
  他者を圧倒するレベルまで
  劇的に引き上げたい」

 と思われる方がいらっしゃいましたら、


 せっかくですので今回、
 思い切って以下の

 【特別なメニュー(人数限定、
  定員到達後、即座に打ち切り)】

 をご用意いたしましたので
 ぜひこの機会にお申し込み下さい。


 --------------------------------


 【鮒谷周史の、圧巻セールス/マーケティング
  実践コンサルティング(全6回)】


 現在、直接・間接に営業に
 携わられている方限定で、

 原則として月に一度程度のペースで、
 2時間のコンサルを行います。


 半年間かけて、あなたの営業レベルを
 今より数ランク、一気に引き上げるために、

 ありよう(心の持ち方、世界認識)から
 超・具体的、細部に至る方法論まで、


 あなたの状況に最適化させた
 完全カスタマイズのコンサルティングで、

 徹底的に伝授いたします。


 通常、

 「1時間12万円(税抜・コンサルフィー)
  ×2時間×全6回」

 の144万円(税抜)のところを
 今回のご案内に限り、

 【98万円(税抜)】

 にてご提供いたします。


 さらに今回は、

 お申し込み下さった方への
 スペシャル特典として、


 1年ほど前に「38万円(+税)」の
 参加費を頂戴して開催した、

 門外不出の

 【圧巻セールス3日間セミナー音源
  (非売品)】

 をプレゼントいたします。


 のべ数十時間に及ぶ音源ですが、正直、
 これ単体だけでも相当の価値があります。


 これをお聴き頂ければ、

 【私(鮒谷)が長年に渡って構築してきた
  セールス/マーケティングについての
  システムの全貌】

 を、はじめてご理解頂けるはず。


 その他、

 「大人の事情」

 で非売品としている、

 定価換算すると、のべ数十時間、
 数十万円分に及ぶ各種音源も、

 合わせて特典として
 プレゼントいたします。


 加えて、

 お申込み後、半年間に限り、
 既に販売している音源を含め、

 原則として、すべての音源を
 「半額」でお求めいただけます。


 --------------------------------


 まずは


 初回のコンサルを受けて頂きつつ、
 次のコンサルまでの一ヶ月で(できれば)

 「圧巻セールス3日間セミナー音源
  (非売品)」

 をお聴き頂き、


 それ以降、
 実地にあなたが行われている、

 営業/マーケティングの形態に
 カスタマイズする形で、

 【鮒谷の圧巻セールス/圧巻マーケティング
  のメソッド&システム】

 をインストールする
 お手伝いをさせていただきます。



■自分一人でちまちまやっていては
 絶対に手に入れられない

 「一生モノの営業/マーケティングの
  スキル&システム」

 をあなたにお伝えいたします。



■以上のサービスに、

 お申し込みを検討下さる方や、
 ご関心をお持ち下さった方、

 ご質問がある方は、
 ぜひ以下よりご連絡下さいませ。


 お申し込み下さる方は
 「お問い合わせ内容」欄に、

 【圧巻セールス/マーケティングコンサル
  申し込み希望】

 と明記の上、


 (お問い合わせの方は

 【圧巻セールス/マーケティングコンサル
  問い合わせ希望】

  と記載の上)


 http://www.2nd-stage.jp/contact/


 より、お申し込み(お問い合わせ)
 下さいませ。

 追ってスタッフよりご連絡を
 入れさせていただきます。



■おかげさまで昨日、本日と
 順調にお申し込みを頂いておりますので、

 今回の特別なご案内は、

 【明日で終了】

 とさせて頂きます。


 お申し込みは今すぐ、この機会に。


            鮒谷周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。