毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6259号 ポケットにお金を安定的に入れ続けてくれるシステム」は、あなたに圧倒的な安心感をもたらす

■メルマガ読者さんの背景は
 まちまちであると承知しています。


 ただ、どのような背景を
 お持ちの方であれ、

 間違いなく、
 共通して言えるのは

 【ポケットにお金を安定的に
  入れ続けてくれるシステム】

 を持っている人は、
 圧倒的な安心感を持っている、

 ということ。



■一つの例として、
 たとえば私(鮒谷)であれば、


 (誤解を恐れずにいうならば)

 メルマガ&コンテンツ制作能力
 &執筆能力のコンボは

 【ポケットにお金を安定的に
  入れ続けてくれるシステム】

 の一つといえるでしょう。



■もちろん、

 このシステムを
 今のレベルに引き上げるために、

 大変な量のエネルギーと時間を注ぎ込み、
 試行錯誤を重ねてきたわけですが、


 ひとたび、安定稼働し始めると

 「これ以上ないほどの安心感」

 を私(鮒谷)に約束してくれることと
 なりました。



■人は、

 商品そのものを欲しいのではなく
 商品を通して得られる感情を求めている、

 と言われますが、


 その伝でいくと、

 こうしたシステムが安定稼働している、
 そのこと自体も有り難いことではありますが、

 それよりも

 「システムがもたらしてくれている感情
 (この例でいうと絶対的な安心感)」

 のほうが、私(鮒谷)にとっては
 はるかに大きな価値があります。



■変化の速度が加速しているのは当然、
 と世の中が受け入れたことによって、

 その現実を指し示す言葉自体が
 必要なくなり、いつしか

 「ドッグイヤー」「マウスイヤー」

 などという言葉は
 死語になりました。



■しかし現実は

 「ドッグイヤー」「マウスイヤー」

 などと言われた時代の、

 さらに3倍速、5倍速、10倍速で
 時代は流れるようになり、

 「今、あなたや私が置かれている状況は
  あっという間に陳腐化するのが常態」

 そんな世界を私たちは生きています。



■ですから、

 あなたがたとえ、
 どんな有名企業に勤めていようとも

 「こんな大きな、立派な会社で
  働いているから大丈夫」

 などと一切言えなくなった、
 ということになりそうです。



■だからこそ経済的な側面においても

 「セーフティネット」
 「安全装置」
 「バックアップ回線」
 「保険」
 「リスク回避策」
 「冗長化されたシステム」

 をメイン系統(給与収入)とは
 別系統として確立しておく必要がある、

 のではないでしょうか。



■こんな話を聞くと、

 「確かにそうだな。
  副業を始めよう!
  できればいずれ起業を!」

 などと思う人もあるのですが、
 そしてそれはそれで構わないのですが、


 大事なのは

 「目の前に落ちている穂」

 (システムの狭間に挟まっていて、
  手を伸ばしさえすれば獲得できるお金)

 すら拾うこともできない人が、


 それよりも難易度の高い副業、
 さらには起業、

 なんてやろうと思っても土台、
 無理な話です。



■急いては事を仕損じる、
 なんていう言葉もありますが、


 基礎トレーニングも
 できていない人が、

 焦って、急いで、慌てて、

 いきなり重たいバーベルを
 持ち上げようとするから、

 腰をやられてしまうのです。



■脚力や腕力をトレーニングによって
 一定のレベルまで引き上げた上で、

 能力に応じた形で負荷をかけるから
 バーベルを持ち上げられるのであって、


 トレーニングの素人が
 いいところを見せようと、

 イキってドヤろうとしたら、腰が砕けて
 再起不能になるかもしれません。



■だからこそ昔から、

 慌てる●●はもらいが少ない、
 などと言われて、

 焦りは禁物、
 と戒められてきたわけです。



■これをビジネスの世界に当てはめると、

 甘言をもって素人を食い物にしようと
 している魑魅魍魎たちが跋扈する、

 それがこの世でありますが、


 まさに耳元で甘い言葉で

 「あなたもこれをするだけで
  月収30万、50万、100万稼げます」

 みたいに囁かれると

 「自分にもできるのかな」

 と勘違いする人が後を絶ちません。

 (実際にはトレーニングもしていない人が
  できるようになるはずがありません)



■もちろん、

 「きちんとトレーニングを
  重ねてきた人にとっては」

 この程度の金額は、

 軽々と達成できる程度の、負荷とも
 言えぬ負荷に過ぎないわけですが、


 そうではない、

 生まれてこの方、
 筋トレなんかしたことのない人が

 「バーベルスクワット100キロ」

 をやろうとしたら、

 ひっくり返って重症を負うことは
 必定です。



■とはいえ先述の通り、今の時代、

 「何があっても食っていける」

 すなわち

 「商売の筋力をつけておく」

 つまり


 【ポケットにお金を安定的に
  入れ続けてくれるシステム(=安心)】

 を自由に作り出せる能力を
 持っておくことは、

 かつてと比べて格段にその必要性は
 高まっているのも間違いないこと。



■起業を志向されていらっしゃる方向けの
 音源としては既に

 -----------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!極小リスク、
  ミドルリターン起業」放談会音源】

  -----------------------

 をリリースしておりますが、


 【落穂ひろい音源】

 は、先のたとえでいうならば、

 無茶はせず、
 しかし多少の無理(負荷)がかかる

 「バーベルスクワット50キロ」

 に相当する初級者向け音源、


 と思っていただくと
 イメージが湧くかもしれません。

 (もちろん中級者にとっても
  基礎を強化する上で有効です)



■「起業筋」が足のつかないプールで
 泳げるようになるために必要な筋肉、

 であるとするならば、


 「落穂ひろい筋」は足のつくプールで
 まずは泳ぎの練習を、

 という風に言っても
 良いかもしれませんね。



■ということで、

 いろいろ書いてきましたが
 お伝えしたかったことは唯一つ、


 「今の時代、危機に備えていないと
  いざというとき危ないですよ。

  いつ何が起こっても
  経済的に対応(即応)できる、

  そんなシステムを作る能力は
  今から鍛えておいたほうが良いのでは。


  その脚力を強化するために
  あなたが筋トレ初級者であるならば、

  まずは『落穂ひろい』からトレーニングを
  始めてみられてはどうですか」


 ということです。



■落ちている穂を拾えるようになったら
 次のステージに進めることでしょう。


 落ちている穂すら拾えないのなら、
 まずは拾えるようになってから、

 起業云々の話は、それからだ、

 ということですね。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ポケットにお金を安定的に入れ続けて    くれるシステム」は、あなたに圧倒的な    安心感をもたらしてくれるはずだ。   ■いつ何が起こるか分からぬ時代ゆえ、    こうしたシステムを作る能力(筋力)は、    継続的に強化し続けるべきだろう。   ■落穂すら拾えない人がゼロイチのビジネス    を作れるはずがない。   ■起業志望の人はまずは「落穂ひろい」で    基礎トレーニングを始めるべきだろう。    話はそれからだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。