毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6253号 シンプルとカオスの絶妙なハーモニー


■ビジネスや仕事は、

 シンプルであればあるほど
 うまくいくものです。


■複雑であればあるほど、
 その分だけ無駄な摩擦が生じ、

 エネルギーが損なわれます。



■シンプルあれば、

 何も考えることなく、同じことを
 反復するだけで安定的に成果があがるし、

 単純なるが故に改善ポイントも明確で
 精度も向上していくものです。



■ただし、

 あまりにシンプルであり過ぎると、
 外部環境の変化に脆弱であったり、

 突然のトラブルがあった際に
 回避困難となったりするので、

 あまりに単純化されたビジネスも
 それはそれで危険です。



■したがって、基本的には、

 シンプルなシステムに基づいた
 ビジネスをメインに据えつつ、


 そのシステムの成長変化を
 遂げさせるため、

 さらには不測の事態に備えたり、
 時代の変化に対応するために、


 一定割合の複雑性を、

 コントロールできる範囲で、あえて
 ビジネスという名のシステムに埋め込む、

 そんな発想でこれまで仕事に
 取り組んできましたが、

 振り返ってみておおむね、
 その方向で間違いなかったと考えています。



■別の角度から話をすると、

 シンプル過ぎると
 運営者としても単調で飽きが来るので、


 飽きに対抗するために、定期的に、
 一定の複雑さをビジネスに組み込もうとすると、

 さらに改善されたシステムを
 創造する喜びが生まれてくる、

 ということもありますね。



■ゲームデザイナーとして、こうした

 「安定と混沌の狭間」

 を行き来しながら、

 絶妙のバランスで
 ゲームの難度を調整する、

 そんなイメージを持ち、日々、
 仕事に取り組んでいます。



■今日の話は敢えて
 具体事例を入れておりません。


 分かる人には極めて良く分かる話だと
 思いますし、

 そうでない人には脳内に

 「???」

 の文字が浮かびつつ、

 しかし、思考のきっかけが与えられる
 話であったかもしれません。



■あるいは、

 最初から最後まで意味が分からないし、
 何も感じ取れなかった、

 という方は、
 ありがとうございました。


 少なくとも、今回の内容については
 我々の間で交わるところがなかった、

 ということで、、、


 たまにはシンプルな内容で。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスや仕事は、    シンプルであればあるほど簡単に、    安定的に成果を上げられる。   ■さはさりながら、    あまりにシンプルに過ぎると、    外界変化や不測の事態の回避が難しい、    さらには単調すぎて飽きがくる、    といったことも起こりうる。   ■こういった内外の環境変化に対処する    ためにも、    意図的に、一定の割合で複雑さを    ビジネスに組み込むべきであろう。   ■定期的にこうしたことをあえて行うことで    ビジネスはより強靭なものとなり、    新たな価値(システム)を創造する喜びも    味わえる生じるようになるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。