毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6246号 現在や過去を生きると「気」が抜けていく


■世の中には、今を生きながら

 「未来を生きている人」

 と

 「今のことだけを考えて
  生きている人」

 と

 「過去を生きている人」

 の3種類の人があります。



■三者とも、まちがいなく
 「今」を生きているわけですが、


 今を生きつつも、

 心の中では理想の未来を思い描き、
 その思いが現在に波及している人があり、


 一方で、

 未来を想起することはなく、ただ
 その日のことだけを考えて、

 毎日を過ごしている人もあります。



■さらに、

 今を生きつつも、
 心の中では過去を生きていて、

 あの頃は良かったと回顧しつつ、
 一日が過ぎ去っていく人もある。



■接してみると、三者のうちで

 「未来に生きている人」

 だけが違う雰囲気を醸し出している
 ことに気づかれることでしょう。



■「違う雰囲気」をあえて
 言葉を用いて解説するならば、

 「気が入っている」

 ことが伝わってくる人。


 接しなければと分からないけれども、
 接すると必ず

 「木の力で、それと分かる」

 それが

 「未来を生きている人」

 です。



■求める未来とつながろうとすれば、
 自ずから

 「気迫」「気力」「気合い」
 「覇気」「元気」「活気」「根気」

 といったものが湧き上がります。


 文字では伝わらなくとも、

 こうした「気」を持つ人と出会えば、
 すぐにそれと分かるのは、

 あなたにも経験が
 あるのではないでしょうか。



■反対に、

 未来に目を向けず、今や過去にのみ
 生きている人は

 「気乗りしない」
 「気に入らない」

 毎日を生きることとなるでしょう。



■現在や過去のみを生きていると、

 気づかぬうちに、どんどん
 「気」が抜けていくから、

 気が入らなくなるのです。



■どちらも人生であり、
 選び取るのは各人次第。

 どちらが良いとか悪いと言うつもりも
 ありません。


 ただ、充実感とか充足感とか幸福感を
 感じられるのは

 「未来に生きて、
  プラスの気を放ち続けている状態」

 ではないかとは(個人的に)
 思っています。



■ただし、こうした「気」は、

 トレーニングによって
 コントロールできるようになるのです。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■未来に生きるからこそ「気」が放たれる。   ■現在や過去を生きていると気づかぬうちに    「気」が抜けていく。   ■「気迫」「気力」「気合い」「覇気」    「元気」「活気」「根気」、、、を、    全身に漲らせると充実感も充足感も    幸福感も高まっていくだろう。   ■未来に意識を飛ばし、    「気」を練り上げるためには、    一にも二にも適切なトレーニングあるのみ    である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。