毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6236号 祝いの言葉、呪いの言葉


■先日来、ご案内してきた

 【自尊心音源】

 ですが、本日の

 「23時59分(あと16時間)」

 で音源モニター特別価格
 (定価の約11,000円引き)

 での販売が終了となります。



■いろんな角度からご説明してきた
 当音源の内容ですが、

 とはいえ、タイトルからして
 中身が分かりにくいですよね、、、



■なんとなくでも音源のイメージを
 付けていただきたく、


 当社が音源を
 リリースするにあたって

 「インデックス(目次)」

 作成に用いている、


 音源内容の要約、把握、管理するための
 社内テキストから抜粋引用して

 (なので正確な文字起こしでは
  ありませんので、念の為)


 以下に内容チラ見せ?の、

 「コンテンツ一部紹介」

 を行いますので
 ぜひ読んでみて下さい。



■以下、音源の一部チラ見せ、ご紹介。

 これだけでも、いろんな気付きや
 学びを得て頂けるはず。


 (ここから)
 -----------------------


 すべての面において
 渦を巻き続ける必要はない。


 ある部分において
 巻かれることがあっても、

 「自分はこの部分において
  何かしらの渦を巻いている」

 という自覚があればこそ、
 自信や誇りが持てる。


 -----------------------


 問題は、その状態に
 入ることができるかどうか。

 そしてそれが実現させられるか否かは
 自尊感情、自己肯定感と密接な関係がある。


 -----------------------


 端的に言って、

 自分が価値がある存在と
 素直に認められるか、

 それが自己肯定感。


 能力、知識、経験と無関係に
 自分自身を愛せるか。

 では、私たちの自尊感情が強いか否かは
 どこで規定されてきたか。

 (以下、略)


 -----------------------


 「祝いの言葉」を
 投げかけられることもあれば、

 「呪いの言葉」を
 投げかけられることもある。


 根拠のない、
 ふとしたきっかけによって、

 自分はそういうものだという
 思い込みが形成される。


 -----------------------


 私たちは毎日、他者と関わり、

 その中で、いろんな言葉を
 浴びせかけられている中で、

 ほとんどの否定的言語はヒットしない、
 入りこまない、拒絶できる。


 しかし、ある局面においては無意識下に
 グサッと刺さって抜けなくなり、

 それが自己の存在、
 ならびに行動を規定することがある。


 -----------------------


 自分は「●●な存在」と
 自ら認めてしまった瞬間に、

 そこから逸脱する行動は
 できなくなる。

 (良い方向であれ、悪い方向であれ)


 -----------------------


 もしあなたに
 根拠ない自信があるとしたら、

 それは得難い財産である。


 根拠は実は、きっとある。

 無意識レベルでホールインワンして

 「俺スゲー、私はすごい、
  ポテンシャルがある。
  いつか何者かになる存在」

 と思い込んでいるだけ。


 でもこうした思い込みは
 積極的に受け入れ、大切に育むべき。


 -----------------------


 ここまでのメカニズムが分かれば
 自分の無意識領域に

 「自己規定の言葉(祝いの言葉)」

 を自覚的に
 インストールできるようになる。


 こうして身につけた

 「自己規定のインストールスキル」

 は生涯に渡っての財産となるだろう。


 -----------------------


 マイナスの自己規定が
 ホールインワンされ、

 自覚がなく、埋め込まれていると
 長い間、気づけなかったが、

 なにかの弾みで、ふとした拍子に、

 「自らを規定し、
  狭いところに閉じ込める言葉」

 が出てくることがある。

 そのときがデバックのチャンス。


 -----------------------


 こうしたことでもないと、

 普段はどこに
 メンタルブロックがあるか、

 自分では気づけない。


 -----------------------


 さらに恐ろしいことには、

 私たちはあらゆる分野において
 自己規定してしまっている。


 自己肯定感とは自らに対する信念。

 その下部に位置する、
 人生の質を規定する諸要素である、

 仕事観、お金、人間関係、
 健康、家族観、についてなど、

 あらゆるものに対して
 信念が形成されている。


 -----------------------


 たとえば、お金に対する信念には
 さまざまなものがある。

 たくさんの人が、
 たくさんの(それぞれ異なる)信念を、

 過去から現在に至るまでに
 ホールインワンされまくっている。


 しかも、

 自ら自覚的にお金の定義を
 定めたことがないのに、

 「あなたにとってのお金とは?」

 と尋ねると、
 人によっていろいろなものが出てくる。

 (誰かからインストールされた
  信念である証左)


 -----------------------


 お金に恵まれない信念が、

 生まれ育った環境によって
 ホールインワン的に埋め込まれると、


 その信念に規定された形で
 行動するのだから、

 当然のことながら、その人は
 お金に恵まれないこととなる。


 (当人は努力しているつもりなのに、
  金銭的には永久に報われない。

  ブレーキのベタ踏みをしながら
  アクセル踏んでも前には進めない)


 -----------------------


 お金に対する信念について
 ごく一例を挙げると

 ▼額に汗した時間の代価

 ▼誰かを出し抜くことによって
  手に入れられるもの

 ▼肉体的、非肉体的要素があり、
  非肉体的要素でも手に入れられるもの

 などといったものがある。


 この信念の通りに行動すれば、その方向に
 運命が展開していくのは理の当然。


 -----------------------


 仕事観や人間観についても
 また同じ。

 その認識通りに行動すれば、その方向に
 運命が展開していくのは理の当然。


 -----------------------


 その究極が、

 「自分そのものをどのように
  定義しているか」

 という

 「自尊心、自己肯定感」

 である。

 自尊心に応じた人生になるのは
 必然の帰結ではないか。


 -----------------------


 現状を言語化しても
 しょうがないので、

 自己肯定感を高めるために
 あなたが今すぐ、やるべきなのは

 「●●の●●●●を●●すること」

 である。


 具体的な実践方法としては、

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・


 (ここで誌面が尽きました、
  以上は放談会冒頭に述べたメッセージ、

  ここから具体的な自尊心引き上げの
  詳細な方法論へと展開されていきます)


 ※以上、音源内容の、
  ごくごく一部をチラ見せ。

  この続きは音源でお楽しみ下さい。


 -----------------------
 (ここまで)



■ここまでの文章をお読みいただければ
 お分かりの通り、

 以下に自己に対する認識が
 人生に大きな影響を及ぼすか、

 ご理解頂けるのではないかと思います。



■お金、仕事、人間関係、その他、

 生きていく上での
 あらゆる分野について、

 人それぞれの信念があり、
 行動に反映され、

 人生や生活にに展開されていく、、、



■ここまでの話をご理解いただければ、


 こうした各分野に対する認識よりも
 さらに上位にある

 「自己規定(自分に対する認識)」

 であるところの自尊心の高低は、

 行動力や充足感や幸福感に
 直結する大問題である、


 とお分かり頂けることでしょう。



■つまり自尊心について、

 無知であったり、
 無関心であったり、

 自らが介入する方法を持たず、
 運を天に任せるしかない、

 ということで
 あってはならないということ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人は往々にして、根拠なく投げ込まれた    「祝いの言葉」や「呪いの言葉」により、    人生における信念や認識や規範を    埋め込まれてしまう。   ■このメカニズムが良い方向に転がると    ラッキーであるが、    悪い方向に転がると、理由も分からぬまま    苦しみ続ける人生が続くことがある。   ■無自覚に埋め込まれたバグを、    いつでも自在に除去したり、    上書きできるようになれば、    人生や生活を求める方向に展開させて    いくことが容易になるだろう。   ■自覚なくインストールされた信念や    思い込みに運命を委ねるな、ということ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。