毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6225号 最近はオペをすることなく、お薬で治るようになったらしい


■新しいことに取り組むには
 エネルギーが必要です。

 自分を作り変えるためには
 パワーが必要です。

 他者を渦に巻き込むには
 バイタリティが必要です。


 そんな

 【エネルギーやパワーやバイタリティは
  自尊心から生まれる】

 もの。



■誰よりも自分のことを大切に、
 そして認める心があれば、

 他人の言葉や態度によって
 感情が揺れることはなくなります。



■どころか自信を持って
 リーダーシップを発揮して、

 自分の思いを発信したり、
 行動に移せるようにもなるでしょう。



■他者の言動によって
 一々、ふらついているようでは

 「前に進む」
 「新しいことを始める」
 「事を起こす」

 といったことを
 できようはずもありません。



■なにか始めようと思ったとき、
 都度、

 「でも、自分なんかが」

 というささやき声が
 心の中から生まれたら、

 前進が阻まれるのは当然のこと。



■この

 「でも、自分なんかが」

 という内なる言語が、

 無意識に、しかし幾度も幾度も、
 繰り返し発動していて、

 にもかかわらず、

 今の状況をなんとかしたい、と
 願い続ける人がありますが、


 それはあたかも、

 サイドブレーキを引き、
 ブレーキを思い切り、踏んでいる状態で、

 アクセルを踏み

 「おかしいなあ、
  なんで前に進まないんだろう」

 と悩んでいる人のようなもの。



■そんな人を見ると、
 普通の人であれば、


 「いやいや、アクセル踏む前に、

  まずサイドブレーキを下ろし、
  次にブレーキペダルから足を離し、

  その上でアクセルを踏まないと
  車は前に進みないのは当然じゃん」


 と思うでしょう。



■でも、岡目八目とは
 よく言ったもので、

 傍から見ていて原因は分かっても、
 当人は必死で

 「なにがどうなっているのか
  全く分かっていない」

 ということがよくあるもの。



■一生懸命に勉強し、そして
 行動しようとしてはいるのだけれども、


 何だかパッとしない毎日で、
 いまいち仕事もうまくいっていないし、

 やりたい事はありすぎるのに、
 もたもたしてチャンスに乗り遅れている(!)


 もし、そんな人があるならば、

 (全員が全員、とまでいえるかどうかは
  わかりませんが)

 少なくない割合で

 【自尊心の欠如が根本原因】

 であることが多いもの。



■コンサルしていると
 よく分かる(よく見える)んですよね。


 きっと自覚はないのでしょうけれども
 口癖のように

 「自分なんかが」

 と言われる人の、
 多いこと、多いこと。



■それなりに成果を出している人ですら、

 この種の言葉が、口を衝いて出る
 現場に遭遇するのですが、


 まさにその瞬間こそが

 【前に進めない根本原因の、
  首根っこを捕まえた瞬間】

 です。



■この瞬間を捉えることさえできれば
 しめたもので、あとは


 【根拠なく、無責任な他者によって
  剥奪された自尊感情】

 あるいは


 【他者からの評価に対する、

  拡大解釈やら、歪曲やら、
  過度の一般化による自尊感情の喪失】


 を上書きするオペ(!?)=コンサル、
 を実行するだけです。



■今まで幾人もの方に、
 そうしたオペを実施してきましたが、


 いかんせん、同じ症状に対して
 個別コンサルで行うのは、

 コンサルを受けられる方にとっても
 相応のコストがかかる話ですし、


 私(鮒谷)としても、

 オペ(コンサル)には
 時間がかかるので、

 そればかりをしているわけにも
 まいりません。



■次善の策として、

 (完全なカスタマイズはできないので)

 コンサルと同等の精度まで
 持っていくことは難しいにしても、


 【新薬(音源)の開発!】

 によって、

 ある程度まで汎用性のある形での
 投薬治療は行えるのでは、

 そんな考えから今般、
 新しいお薬(音源)を開発した次第。



■こうしてお届けできるようになった
 お薬(音源)が、

 本日よりリリースを開始した


 -----------------------

 【あなたが何をやっても上手くいかない
  理由は自尊心が低いから」放談会音源】

 ~行動力の源泉たる自尊感情の
  強制上書き&じわじわ引き上げ、
  を実現させる二方面作戦とは

 -----------------------


 となります。



■ここまでの話をお読み頂き、


 「ひょっとして私も、

  サイドブレーキを引き、
  ブレーキペダルをベタ踏みしたまま、

  アクセルを踏んでいたから、

  (=行動促進活動と抑制活動を
    同時に行っていたから)

  期待する成果を出せなかった
  のかもしれない」


 と思われた方があれば、

 そんなあなたのために
 リリースしたお薬(音源)→しつこい、

 ということになるでしょう。



■世の中には、


 明確、明白な自尊感情の欠如に
 苦しまれている人もあれば(顕在症状)、

 ご自身では気づかれているけれども
 蝕まれている(潜在症状)、


 という方もあるのですが、

 ※特に後者の方は、社会的にそれなりの
  成果を出している方も少なくない


 いずれにしても、
 ここがボトルネックになって、

 ポテンシャル(潜在能力)はあるのに
 前に進めない、

 ということになったら
 本当にもったいないこと。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■前に進みたいのに、進めない、    その根本原因の一つに    【自尊感情の欠如】    が挙げられる。   ■自らを大切にしたり、評価する感情が    失われた状態のまま、    いくら勉強し、行動しようとしても、    己のポテンシャルを解き放てない。   ■あたかも、ブレーキを踏みながら、    アクセルを踏んでいるようなものだから。   ■この人がまず行うべきは    アクセルを踏むことではなく、    ブレーキを解除する    (自尊感情を取り戻す)ことだ。   ■この順序を誤ると、    せっかくの努力も永久に報われない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。