毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6223号 道具を揃えるとやる気が出るよ、という話


■先日、

 <ライフスパン 老いなき世界>

 という本を読みました。


 健康本にありがちな、

 根拠のない(あるいは希薄な)言説を
 ばらまくような本ではなく、


 老化の原因と若返りの方法についての
 当代一流の研究者が、

 数多くの論文や根拠をあげて、
 私たちの思い込みを打破してくれる、

 インパクトのある書籍でした。



■詳しい内容に触れることはいたしませんが、

 (ご興味ある方はAmazonサイト等で
  同書の紹介文やレビューをご覧ください)

 もともと健康に対する意識が
 高まってきたところに、

 この本を読み、さらなる
 やる気の高揚がもたらされました。



■自分の人生目標には

 「125歳まで生きる」

 と記してはいましたが、


 今ひとつ臨場感が湧いてこず、
 とりあえず記載しているだけ、

 感が満載だったのですが、

 同書を読んで俄然、
 「その気」になってまいりました。



■今は猛烈なPDCAサイクルを回しつつ、

 毎日1時間から1時間半、
 欠かすことなく運動しており、

 食生活も大きく改善を図っている
 真っ最中なのですが、


 今日のテーマは、

 こうした実際のプロセスを通して
 何かを習慣化する際の


 -----------------------

 1、理由(動機)を明確にする
 2、やり方を知る(先生につく)
 3、環境に投資する

 -----------------------


 ことの重要性について
 語りたいと思います。



■私(鮒谷)であれば、

 今、健康管理に本腰を入れることが
 できたのは、

 「健康に意識を向ける理由が
  明確化された」

 のが大きいです。



■要は、

 起業やお金儲けでも、
 人間関係構築でも、
 タイムマネジメントでも、

 なんでもいいのですが、


 取り組むのに一定のパワーと持続力を
 要求される対象については、

 取り組むための理由が明確でなければ
 続けられない、

 ということです。



■私(鮒谷)が、

 現在、かなりの時間を天引きして、
 健康シフトを敷いているのは、

 (誌面の関係で詳細は記しませんが)

 「健康に時間やカネや精神力を
  投資する必要性を十分に理解したから」

 です。



■何ごとによらず、

 取り組むべき理由は
 不透明、不鮮明であるのに、

 (特に最初は)

 一定の痛みや犠牲や負担を要求する
 行動を持続させることは困難です。



■だからこそ、

 「大物系の生活システムの改善」

 においては、


 対象が「大物」であればあるほど、

 「それを取り組むための理由を確立し、

  欲求がかきたてられるための
  情熱を燃え上がらせる」

 必要があります。



■それが生まれない対象は、

 どうせ続けられないので
 やらないほうがまし(時期尚早)、

 というのが、私(鮒谷)の結論です。



■最初から続けられないことが
 分かっているのに、

 「~しなければならない」
 「~するべきである」
 「誰かに勧められたので嫌々」

 といった精神で取り組んだところで
 中途で折れるのは目に見えています。

 (やってる本人も、その帰結を
  うっすら自覚していたりもします)



■そんなものに
 資源投入をしたところで、

 どうせ途中で断念、
 からの自尊心毀損、

 につながるだけだから、

 「最初からやらないほうがマシ」

 という結論に至るのです。



■つまり、なにかを習慣化するためには
 この

 「動機づけ」

 こそが重要な要因になるわけですが、

 今日は本題ではないので、
 これ以上は記しません。



■ただ、ここまでに記しておいた話を
 知っておくだけで、

 あなたは無駄足を踏むことがなくなり、
 回り道を避けることができるようにもなる、

 でしょう。



■次に、

 「その気」

 になってきたときに必要なのが
 知識や情報です。

 より具体的に言えば、
 指導してくれる人、です。



■もちろん、

 然るべき人から直接、指導を
 受けるのが良いのでしょうけれども、

 それが難しければ書籍やYouTubeなどでも
 良いでしょう。

 (あくまで次善の策ではありますが)



■我流でやることほど
 危ないことはありません。


 以前にメルマガでも書いた、
 あの有名な、徒然草第52段、

 「仁和寺にある法師」

 の話などは、

 まさにその危険性についての
 警鐘を鳴らしてくれている、

 といえるでしょう。



■運動も、適切な指導を受けてこそ、

 持続的、かつ効果的に
 継続することができます。



■私(鮒谷)でいえば、

 パーソナルトレーナーの中野茂徳先生の
 指導を受けているので、

 半年近くの間、一日も休まず、
 運動を続けられ、


 さらには徐々に負荷を高めて
 いつの間にか、

 「運動しなければ、
  気持ち悪くて一日が終わらない」

 状態にまでなりました。



■正直、

 あれほど運動嫌いだった自分が
 ここまで変化を遂げたことに、

 驚きと感動があるのですが、
 まさに

 「先達はあらまほしき事なり」

 ですね。



■動機づけと先生(と、先生から教わる
 知識やフィードバック)があれば、

 継続習慣はある程度、
 容易に身につけられます。


 逆に言うと、
 この両者が揃わず、

 つまり動機もなく、
 一人で何かに取り組んだところで、


 それが形になることは99%
 (いや、99.9%以上)ない、

 と断言してもよいでしょう。



■なので、

 この二つは必ず
 確立、確保しておくべきでしょう。


 そして最後、
 もう一つ、心がけたいのが

 「環境を整える」

 こと。



■私(鮒谷)でいえば、

 中野さんの主催されている
 運動習慣のコミュニティに所属する、

 ことで環境を整えています。

 「場に所属」というのは
 環境投資における最優先項目。



■他にも、

 運動環境を、より快適かつ
 効果的なものにするために、

 以下の備品を大量発注しました。


 運動は

 「iPhoneで動画を見ながらの
  オンライントレーニング」

 が主となるので


 ▼iPhoneスタンド

 や

 ▼エレコム エクリアスポーツ スリムダンベル


 あるいは、


 体組成の数値を可視化して
 アプリ連動で変化をグラフ化してくれる、

 ▼オムロン 体重体組成計
  KRD-703T カラダスキャン


 さらに雨の日も風の日も、
 一日も休まず有酸素運動を行うために

 ▼ALINCO(アルインコ)
  エアロマグネティックバイク


 合わせて、

 身体のバランスを整えるための

 ▼リーボック(Reebok) スタビリティ ジムボール


 さらに、

 ▼ゴールドジム(GOLD'S GYM)
  アミノ12パウダー 500g


 等を購入。



■返す刀で、

 運動とは直接関係ありませんが
 健康仲間?として、

 たまたまネットで勧められているのを見た、
 電動超音波歯ブラシ


 ▼パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ
  シルバー EW-DP53-S
  

 を購入。


 ※今まで電動歯ブラシは三回、
  買い替えてきたのですが、
  これはものが違いました。超絶オススメ。


 あまりにもこれが良かったので、
 追加して姉妹製品?であるところの


 ▼パナソニック 口腔洗浄器
  ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ71-W

 も即座に購入。


 ※この種のものも一度、
  使ったことがあるのですが、
  これまたものが違いました。超絶オススメ。



■もちろん


 ▼REACH(リーチ) リーチデンタルフロス ワックス
  http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0778FHF69/2ndstagejp-22/ref=nosim

 を用いるのは当然のこととして、


 (私は自宅、事務所、セミナールーム、
  日常使いのカバン、スーツケース等、
  あらゆる場所に置いています)

 上記を併用すれば口腔環境は
 劇的に良化するに違いありません。



■こうして紹介していくと、

 キリが無くなるので
 これくらいにしておきますが

 (特に食品系は黒にんにくとか、
  海藻サラダとかも大量購入)


 とにもかくにも

 「環境を整えるための投資を行う」

 ことが重要ですね。

 何かを続けるためには。



■私(鮒谷)も、

 上にあるようなものに囲まれながら
 生活し、仕事をしていたら、

 否応なく、健康や運動に
 意識が向くようになったし、


 行動していくうちに

 「身体が作り変わっていく実感」

 を味わえるようになっていくので
 ますます楽しくなる、

 そんな善循環サイクルが
 回り始めました。



■ここまでいったらしめたもので、

 最初は、とはいえ、
 半ば義務感でやっていたのが、

 あるところから先、
 急激に楽しくなってくるのです。



■そこまでの急坂を乗り越えるために、


 -----------------------

 1、理由(動機)を明確にする
 2、やり方を知る(先生につく)
 3、環境に投資する

 -----------------------


 ことが必要だということですね。


 こうした勘所(コツ、キモ)を
 意識するだけで、格段に

 「習慣の定着可能性」

 は向上するに違いありません。



■習慣は各種システムの中でも

 「最強」

 の存在ですから、

 これを自覚的に一つ、また一つ、
 増やしていけるようになれば、

 あなたの人生の質は劇的に向上すると
 思われないでしょうか。



■実践している人は、

 こうしてシステム(習慣)を
 数ヶ月、あるいは半年に一度、

 くらいの頻度で、

 こうした仕組みを活用しながら
 着実に生活やビジネスを作り変えていきます。



■このメカニズムを俯瞰的に捉えて、
 自分の人生に応用していける人こそが

 「自らの意思で
  人生を作り変えていける人」

 と言えるでしょう。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■継続習慣を身につけるにはコツがある。    具体的には    1、理由(動機)を明確にする    2、やり方を知る(先生につく)    3、環境に投資する    を意識して実行することだ。   ■我流で、新しい、そして重たい(それゆえ    価値ある)習慣を身につけようとしても、    99%、うまくいくことはなく、かえって    自尊感情が毀損されるだけに終わるのは、    上記のうちのいずれか、あるいは全てが    欠如しているからなのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。