毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6221号 自転車操業の人生から抜け出し、逓増人生を歩むためには


■コロナ真っ只中の4月末くらいから、
 室内運動を始めています。


 運動嫌いの私(鮒谷)でしたが、

 とはいえ、健康のために
 運動は続ける必要があるので、


 ここ5、6年は、

 「パーソナルトレーナーさんを
  自宅にお招きしてのトレーニング」

 を行っていましたが、

 春頃からコロナが本格化して、
 そういうわけにもいかなくなりました。



■そこで、

 これまでメルマガでも
 何度かご紹介してきた、

 オンラインでのトレーニングを

 (最初はゆるゆるの負荷から始めて)
 徐々に本格化させていきました。



■これまで約5ヶ月の間、

 一日も休まず、
 運動を継続していますが、


 今では、メニュー化している、

 1時間強のトレーニングを終えなければ、
 一日が終わらない、

 というところまで
 習慣化されました。



■腕立て、腹筋、はもとより、

 脚、背中、二の腕、体幹、
 ふくらはぎ、ジャンピング、

 それぞれを約10分づつ、
 合計1時間から1時間半をかけて、

 かなりの程度の
 負荷をかけています。


 (それにしても筋肉は裏切らない、
  というのは本当ですね。

  やればやるほど、筋肉が
  ついてくるのを実感しています)



■合わせて毎日、
 水を2リットル飲み、


 さらなる運動強化を図るべく、
 有酸素運動も取り入れようと、

 室内用のフィットネスバイクも購入、

 これまで使っていた体組成計は
 アプリ対応のものに変更して、

 数字をつねに意識するように
 仕組みを整え中。



■食事も少食&玄米食&野菜中心、
 出来る限り、脂質を控える、

 という形で、

 PDCAを回しつつ、
 徐々に負荷を高め、食生活も改善、

 を重ねているところですが、


 決して無理はしていない、
 どころか、

 むしろ人生において最大級、

 くらいに、運動と食生活改善を
 楽しめています。



■昔は、

 SNSで筋トレやって上半身の写真を
 アップしている人を見ては、

 「この人は何を目指しているのだろう。
  恥ずかしくないのかな」

 と思っていたのですが
 (ごめんなさい)、


 今では、

 「むしろ、写真をアップできるくらい
  身体を作り込もう」

 とすら思えるようになりました。


 ※といいつつ、写真のアップは
  しないとは思いますが、、、

  気持ちはわかります。



■そんな近況ではありますが、

 これまでの人生において
 私(鮒谷)が強く意識してきたのは、

 人生において有益だと思える仕組みを
 一つづつ着実に確立すること、

 でした。



■過去、作り上げてきた、
、
 主たるシステムのうちの、
 たとえば、


 読書習慣、
 日記をつける習慣、
 メルマガを配信する習慣、

 個別コンサルの集客から
 実施に至る仕組み、

 月に二度のセミナー開催の仕組み、

 その音源化→販売に至る仕組み、


 などは、

 私の人生、生活、ビジネスの安定に
 大いに寄与してくれています。



■時間を味方につけつつ、
 こうした習慣や仕組み、

 (これを便宜的に「システム」と
  名付けましょう)

 を一つづつ増やしている人と
 そうでない人、

 長い目で見て、同じ人生になると
 思われるでしょうか。



■システムを一つづつ積み増し、
 さらにそれらを組み合わせると、

 想像できないくらいの

 【人生、生活、ビジネスにおける
  分厚い安定基盤】

 が確立されることと
 なるでしょう。



■そうした思いを形に変えていく人と、

 一向に基盤が確立されずに
 不安定であり続ける人、


 両者を隔てるのは

 「システム化」

 という概念や言語を持っているか否か、
 ではないかと考えています。



■システム化、

 別の言葉で表すならば
 仕組み化、あるいは習慣化、

 という概念を理解し、
 その価値を体感している人は、


 「積み上げ効果の生まれない行動」

 を出来る限り、回避しつつ、

 「いったん仕組みや習慣を確立すれば、
  永続的に価値を生み出す行動」

 に力を注ぐようになります。



■この繰り返しによって

 「どんどん人生や生活、ビジネスは
  楽になっていく」

 はずですし、
 そうなってくれなければ困ります。


 歳をどれだけ重ねても
 自転車操業、

 とか、嫌ですから。



■自分の例で恐縮ですが、
 私(鮒谷)は、


 人生の先行きを見据えて、
 最初になにはともあれ

 「経済的な安定基盤を
  確立することに注力」

 してきました。



■次に

 「自由時間を確保するための
  安定基盤を確立することに注力」

 しました。


 さらに現在は

 「健康を確保するための
  安定基盤を確立することに移行中」

 といえるのかもしれません。



■前二者については、

 他のことを省みることなく
 それこそ必死で、

 そのために必要だと思われることに
 全力を傾注することによって、


 ある程度までは

 「安定的な基盤を確立」

 することができたように
 思えます。



■そして遅ればせながらではありますが、
 健康面においては

 「パーソナルトレーナーさんが
  来てくれてようやく運動できる」

 ところから


 「完全に能動的、自発的に、
  日々、喜びを覚えながら、
  身体作りに取り組んでいる」

 状態まで、
 自らを作り変えました。



■まだまだ予断を許しませんが、

 あと半年から一年程度も、
 この習慣を持続できれば、

 「一生ものの財産(システム)」

 となるであろうことは、

 過去の経験から間違いないことだと
 思っているので、


 慎重の上にも慎重を期し、
 引きつづき、

 「過剰ではなく、過小でもない、
  適正な漸増的負荷」

 をかけ続けて

 「ゾーン(フロー)状態をキープしつつ、
  運動習慣を確実なものとする」

 のが当座の目標です。



■このあたりの
 機微やノウハウについては

 -----------------------

 「人生ゲーム化音源」

 -----------------------

 にて詳しく語っているので、

 もしまだ聴かれていない方があれば
 聴いてみてください。


 システム化音源とセットで学ばれると
 最強のパフォーマンスを発揮できるように
 なるでしょう。


 <人生ゲーム化音源をお聴き下さった方からの
  ご感想はこちらから>
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/testimonials_gamify.pdf



■話を戻しますと、
 私(鮒谷)はこのようにして、

 【人生全般のシステム化
  (仕組み化、習慣化)】

 を長きに渡って、

 着々と、そして粛々と、
 続けてまいりました。



■決して派手さはないし
 (むしろ地味なこと、極まりなし)、

 したがって、

 毎日が目まぐるしく変化する、
 といったこともありませんが、


 しかし長い目で見ると、
 着実に、そして確実に、

 変化が生まれる予感が生まれるので、

 このプロセス自体から、
 じわじわとした喜びを得られます。



■さらにシステムが一つづつ、
 立ち上がり、さらには改善されていき、

 現実にそこからの果実(成果物)を
 享受できるようにまでなると、

 ここからの楽しみも
 味わえるようになります。



■私(鮒谷)自身、

 今、毎日、そうした喜びを味わいながら
 生きさせてもらっていますが、


 改めて考えてみても
 今の私の人生すべては

 【これまでに築き上げてきた
 「システム」からもたらされた】

 といっても過言ではないように
 思われます。



■上述の

 「身体の作り込み、作り変え」

 もまた、

 うまく軌道に乗せられれば、
 間違いなく、近い将来、

 「一個の追加システムとして稼働し、
  さらなるQOL向上に寄与してくれる」

 に違いありません。



■もしあなたが、
 私(鮒谷)と同じように、

 「システム化」

 についての概念を確立し、


 いつでもどこでも好きなだけ、
 システムづくりを行えるようになりたい、

 と思われるのであれば、


 ぜひ、ここまでの話を意識し、
 取り組んで頂ければ、

 と願っております。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生、生活、ビジネスにおける    価値ある仕組みや習慣はすべて    「システム」    という言葉で説明できるだろう。   ■安定的に成果をもたらし続けるシステムの    作り方を知っている、    すなわち、いつでも自在に仕組みや習慣を    自分のものとできる、    そんな状態に入ることさえできれば、    人生は激変すると思わないか。   ■いち早く「システム化発想」を取り入れ、    時間を味方につけて粛々とシステムを    生み出し、改善していく人の人生は、    いつまでたっても楽にならない、    自転車操業人生の真逆である、    「逓増人生」となるに違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。