毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6210号 アイテムには(重)課金するのに、学びには(重)課金をせぬという摩訶不思議


■昔から不思議に思っていることが
 あるのです。

 それは、ソーシャルゲームや
 スマホゲームをしている人が、

 あれほどまでに多いこと。



■さらに、あくまで
 ゲーム内でしか通用しない、


 浦島太郎ではないけれども
 電脳世界から戻ってきたら、

 すべて夢と消えてしまって
 現実世界と完全に切り離される、


 そんな各種アイテム
 (=単なるデジタルデータ)

 に多くの人が執着し、


 少なくない人が一生懸命、
 アイテムに課金しているのか、


 その理由がまるで分からないこと。



■もちろん理屈としては
 全く分からないではありません。


 最初は無料プレイで楽しんでいても
 アイテムに課金すると

 「ゲームを有利に進められる」

 とだんだん理解できるように
 なってくる

 (というか、そのように
  上手に誘導される)

 から、


 最初は恐る恐る課金、
 やがて一定割合で重課金、

 を行う人が出てくることと
 なるのでしょう。



■しかし本来、
 ゲームはどこまでいっても

 「娯楽」
 「リフレッシュ」

 のためのものであり、

 身代を持ち崩すほど入れ込むほどの
 価値はないと私(鮒谷)は思っていますし、


 たしかにゲーム内では
 課金すればするほど、

 「無双する
  (圧倒的な力を発揮する)」

 ことができるようになるかも
 しれませんが、


 それと反比例する形で
 リアルな人生が、

 身体的にも、
 精神的にも、
 経済的にも、

 逆無双!?(毀損)
 されることとなるのですから、


 依存状態に陥るところまで
 入れ込むべきではありません。



■もちろん、一部例外として、


 ゲームに人生を捧げている
 クリエイターやプロゲーマー、

 ゲーム系のユーチューバーの
 皆さん等、


 業界と密に関わっている人は

 「ゲーム内で重課金課金&時間投資
  =ゲーム内で無双=人生でも無双」

 という等式が
 成り立つのかもしれませんが、


 一般の人が同じようにすれば
 いずれ

 「社会生活の営みが不可能になる
  ところまで人生が破壊される」

 に違いありません。



■一時期、研究?のために
 そうした本を幾冊も読んだので、

 そのような事例に
 たくさん触れてきました。



■そうと分かっていてすら

 「そうしたゲームには
  麻薬的な楽しさが、
  意図的に埋め込まれている」

 ことが伺い知れるので、


 私(鮒谷)などは
 決して足元をすくわれないように

 1、インストールせず
 2、プレイせず
 3、課金せず

 の

 【(非核三原則ならぬ)
  非ゲーム三原則】

 を定めて

 「君子危うきに近寄らず」

 を実践しているところです。



■そんな私(鮒谷)が、

 ゲームに近寄らない
 もう一つの理由があるのですが、

 それは

 【人生は、
  ゲーム以上にゲーム的】

 だと考えているところにあります。



■これについては、今から4年ほど前、
 メルマガでも書いたことがあります。


 (以下、引用)
 -----------------------


 ゲームをある程度やると

 「あ、これ、他者の手によって
  ルールが作られていて、

  どこまでいってもそのルール
  (レールと言っても良い)から
  抜け出すことができないわ」

 ということが分かります。


 -----------------------


 ゲームのルールを、最低限、
 一通り理解できる程度までやり込めば、

 その延長線上にあるルール(構造)も
 おおよそは理解できるし、

 目先の現象は変わっても、

 「仕組み自体は、
  入れ子構造になっており、
  延々これが続くだけ」

 と分かるので、

 これ以上やっても(基本的には)
 同じ作業の繰り返し、

 と解釈しています。


 -----------------------


 つまり、進めていくうちに

 「リターンが急激に逓減していく

  (費用対効果が圧倒的に悪くなる
  =楽しみが低減して、苦行になるのに
   悪習慣化して、やめられない)」


 こととなり、

 やがてはプレイ自体が徐々に
 作業化していくこととなります。


 -----------------------


 日々、

 「ソシャゲより、
  はるかに楽しいゲーム
 (=現実世界で生きること)」

 を行っているから、

 あえてことさら、ゲームをする動機は
 まったくありません。


 -----------------------


 現実の世界であれば、
 思い通りの渦を巻けるし、

 生きている世界は、入れ子構造的ではない
 不確実な複雑系の世界だし、

 (それゆえ変化を楽しめる)

 さらに、自分でルール(世界)も
 作れる喜びを味わえるのが現実世界。


 -----------------------
 (ここまで)



 内容自体は読んでの通りの話なので
 解説は加えませんが、

 要は

 (ごくごく一部の人を除いて)

 ある一定以上、ゲームに入れ込んでも
 報われることはほとんどないし、


 どうせなら

 「人生ゲームをもっと楽しんでみては。

  人生は、ゲーム以上にゲーム的、
  なのだから」

 とお伝えしたいのです。



■もちろん、

 気分転換やクリエイティビティを
 楽しむため、等の、

 軽めのゲームプレイまで
 否定しているわけではありません。



■ですから

 ミイラ取りがミイラにならない
 自信があるならば、

 時間やカネの投下に上限を設けつつ
 愉しめば良いと思います。

 (私は魔の手にはめ込まれるのが
  怖いのでやりませんが)



■ただ、あるところから先、

 どうせ本腰入れて、
 時間やカネを突っ込むのなら


 「ゲームよりもはるかに自由度が高くて
  知的遊戯として楽しめる現実世界」

 に各種リソースを投下するほうが、


 【ゲーム感覚を楽しみながら、
  知識や経験が蓄積されるし、

  時間の経過とともに
  人生のクオリティも高まる】


 ことになると
 私(鮒谷)などは思うのです。



■ソシャゲとかだと、

 どれだけ課金して
 希少なアイテムを入手したところで、


 運営が新アイテムを
 バカスカ投下してきて、

 あっという間に
 その価値は陳腐化させられて、

 さらなる課金を要求されるという
 地獄絵図が繰り広げられるんですよね?


 (そんな記事を読んだことがあります。

  実態はどうかは知りませんが、
  おおむねそんなところでしょう)



■現実世界の学びや経験において、

 そんな数ヶ月とかの単位で
 なにかが陳腐化する、

 なんてことは
 めったに起こらないし、


 OS系アイテムの獲得、もとい、
 OS系の学びを行っていさえすれば、

 十数年から数十年以上も
 価値が持続し、

 どころか複利の力で
 逓増しさえするのですから、


 【ゲームよりも人生を楽しみ、
  アイテム獲得よりも思考OSの学習】

 以外の選択肢はないと思うのですが、

 なかなかこうした考えは
 受け入れてもらえないようです。


 (だからゲーム業界は
  興隆、繁栄し続ける一方で、

  私(鮒谷)は毎日、ちまちま
  休むこと無くメルマガを書きながら、

  糊口を凌ぐ、といった
  羽目に陥っているわけですが)



■それはさておき、


 人生ゲームそのものも、
 基本的なルールさえ理解できれば、

 自由度の高さも相まって
 リアル人生のほうがはるかに楽しいし、


 現実の肉体や精神と
 しっかり紐付いているし、

 陳腐化することもないし、
 垢バン(アカウントBAN)もされないし、


 どう考えたって

 【真面目に考えれば考えるほど
  人生ゲームに重課金一択だろう】

 と思うのです。



■いや、思うだけでなく実際に
 課金しまくってきたからこそ、


 とはいえ、時間の経過とともに、
 人生を楽しみながら

 (ゲームを終えたときのような
  後悔や悔悟の念を持つことも一切なく)

 贅沢はできないなりに、
 それなりに好き勝手させてもらえている、


 のだと考えています。



■、、、ということで、

 このメルマガをお読み下さっている方には
 きっといらっしゃらないと思いますが、

 万一、ゲームに重課金しすぎて、
 音源には課金はできない、

 という方がいらっしゃれば、


 ゲーム内アイテムとリアル人生(学び)に
 投下する資本の比率を逆転させれば、

 QOLが著しく高まることを
 ここにお約束して、

 筆を擱かせていただきます。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■リアル人生を(ほぼ)充実させることの    ない、    どころか、やり過ぎると破滅に追いやる    可能性を高めるオンラインゲームでは、    ゲーム内のアイテム獲得に重課金を    厭わぬ人が跡を絶たないのに、    陳腐化することもなく、複利で回って    逓増人生を約束してくれる    「思考OS系の学び」    に重課金する人が極めて少ないのは    果たしてなぜなのか。   ■自分の人生を俯瞰して捉えれば、    可処分所得と時間に上限のある人ならば    どう考えても、    「オンラインゲームに重課金」ではなく、    リアル人生に役立つ学びに重課金一択、    ではないか。   ■その逆を行っている人のほうが    遥かに多いという現実、    どれほど考えてみたところで    摩訶不思議としかいいようがない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。