毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

鮒谷は「音源タイトル」を付けるにあたって何を考えているのか


■こんにちは、鮒谷です。


 昨日から新音源

 -----------------------

  鮒谷周史の、圧巻!

  「『人生はシステム作り』と考えると
   うまくいく」

  放談会音源

  ~システム(秩序)とカオス(混沌)の
   狭間を適切にコントロールし、
   人生システムを継続アップデートする

 -----------------------

 のご案内をしております。



■実は音源をリリースするたびに
 頭を悩ませるのが、

 「音源タイトルをどうつけるか」

 です。



■検討プロセスにおいて
 必ず複数候補を作成するのですが、

 それら候補を前に置きつつ、

 納得いく形で
 選択したものもあれば、

 悩みに悩んでエイヤッ、
 で決めたものもあります。



■音源の内容を短い言葉で、
 かつ、的確に表しつつ、

 同時に、タイトルを見た人が

 「その発想はなかった」

 とか

 「詳しい意味は分からないけれども
  自分にとって必要なものように思われる」

 と言ったような、


 タイトルそのものに

 「気づき提供成分?」

 あるいは

 「購入意欲高揚成分?」

 のようなものが高いレベルで
 満たされるようなものを作り、

 提示する必要があるからです。



■、、、というわけで、

 けっしてテキトーに付けているのでは
 ないのですよ!


 今後は、タイトルも含めて、
 そういった視点を持って眺めて頂ければ、

 呻吟苦悶しながらタイトルを作っている
 私(鮒谷)の努力も報われます(笑)



■そういう意味では、
 今回の音源タイトル


 -----------------------

  鮒谷周史の、圧巻!

  「『人生はシステム作り』と考えると
   うまくいく」

  放談会音源

  ~システム(秩序)とカオス(混沌)の
   狭間を適切にコントロールし、
   人生システムを継続アップデートする

 -----------------------


 は、タイトル制作者として、

 それなりに納得のいく
 満足度の高いタイトルであった、

 と考えています。



■名は体を表す、
 を地でいきつつ、

 その向こう側に奥行きを感じさせる
 音源タイトルだと思うからです。

 (私だけかもしれませんが)



■そんな当音源の収録時に、

 実際にZOOMを通して
 リアルタイムでお聴き下さっていた、

 あの(!?)船津忠文さんより、
 以下のご感想を頂戴いたしましたので、

 以下、ご覧ください。


 (おおよその音源の内容を掴んで
  頂けるのではないかと思います)


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷さん、
 セカンドステージの皆様


 このたびは
 音源ありがとうございました。


 今回の音源につきましては、

 既に年間プログラムで直接タイムリーに
 お聞きしていたことでありましたが、

 直後なかなか言語化に至らず、

 音源リリースに伴い、ようやく
 感想を書くことができました。


 ようやく言語化できました
 今に至っては、

 この音源で語られていることは
 他の方が直接セミナーで言われていた通り、

 鮒谷さんがいつもおっしゃっていたことに
 関する目次的な役割であると。。


 今更ながら「あーそうだったのか」と、
 より明確に深く腹落ちできた次第です。


 これまで

 「システム化しましょう」

 「意思決定基準を持ちましょう」

 「認識に亀裂を入れて
  自らを陳腐化させましょう」

 といった話を
 何度も聞かせていただいておりました。


 今回、
 それらの意味について、

 「システム」と「カオス」と言う言葉に
 ぐっと凝縮されていたことに気づき、

 驚きが立ちました。


 これまでの私の認識としては、

 「結果を出すためには
  仕組み化が必要」

 と言う話は、

 「自分がどこまでできているかどうか?」

 と言う話は一旦、
 脇に置いておきながらも、

 当たり前のように捉えておりました。


 しかし、よくよく今回のセミナー音源を
 聞かせて頂くと、

 「見えている仕組み」

 については
 捉えていたつもりでしたが、


 果たして

 「見えていない仕組み」

 に対して、

 どれだけ能動的に仕組み化、及び
 システム化を意識して構築しているか?

 と自問自答したところ、

 驚くほど意識していないのでは??
 と感じずにおりませんでした。


 「見えていない仕組み」と言うのは
 自分の思考、意思決定基準である。

 それを見えるものとして言語化し、

 それを仕組みとして意識だけではなく
 体に刻みつけ、呼吸をするように、

 そして、汚い言葉ですが
 鼻をほじりながらも難なくできるような
 状態にできているのか...?


 要するに

 「意識的無能」から
 「意識的有能」を経て

 「無意識的有能」に
 たどり着くまでの

 「極めて地味で辛気臭い」

 と下手すれば
 飽きてしまうような苦しい道を、


 それでも王道であると諦観して
 這い上がって進めているか?

 と自問自答せざるをえませんでした。

 (同時に、まだ中毒化までに至れていない、
  ということにも気付きました)


 特に、セミナー最後の感想のところで、
 中田さんが

 「これは会社員であろうと
  そうでなくても関係がない話」

 と仰っていたのは、
 とても印象的でした。


 会社員である私は、
 会社の仕事がうまくいっている時は

 その会社に予め敷かれた仕組みに
 安心して乗っかり仕事をすることが
 できていました。


 しかし、その仕組みにミスマッチが生じた
 途端、苦痛を感じ将来が不安になり、

 仕組みに乗れない自分に
 自信を持てなくなり、

 「無意識的無能」から
 「無意識的有能」にワープしたくなる
 ような行為を繰り返し、

 大きな失敗を犯してしまった
 過去がありました。


 しかし今思えば、

 そのミスマッチから生じた混乱、
 すなわちカオスこそが、

 そもそも鮒谷さんの年間プログラムに
 参加するきっかけであったと思い返しました。


 そして副業のチャンスを掴み、

 新たなキャリアと収入源を得るに至った
 結果に繋がったんだなぁ、

 としみじみ感じております。


 つまり、いろいろやらかした
 過去があったものの、

 結局のところ、それは
 システムに対するカオスであり、

 自分から進んでそういった状況に
 なりたくないにしても、

 いかに「有難い」と受け止め、

 ORの発想ではなく
 ANDの発想で矛盾したことも
 アウフヘーベンして、

 新たな意思決定基準や結果を
 自ら取りに行く!

 という意思決定と行動。


 これは、日々意識して「やろう」と決めて
 行動していれば、自分でも可能なんだ、と、

 まだ大きな結果を出していませんが、
 実感しているところです。


 自分も含めて、多くの人は、

 自分が自ら進んで組み上げた
 システムではなく、

 他者や社会によって
 予め敷かれたシステムに組み込まれ、

 そこに対するミスマッチが生じても、

 「そういうもんだ」

 と自問自答せずに
 窮々としている面があると思います。


 特に、思索の面で気付かない所で
 渦を巻かれていないか?

 に細心の注意を払わなければと
 感じました。

 (敢えて巻かれていても、
  「意図しているかどうか」が重要)


 やはり、
 今回の音源を通じて感じた事は、

 「1.価値観」と「2.原理原則」

 という、地味で辛気くさいところを
 優先順位として上げながらも、


 その上で

 「3.文脈に応じた
   個別のアプリケーション」

 を導入していく、
 という順序こそが鉄板であり、

 再現性が高いシンプルな
 人生の攻略法だなぁ、

 と改めて感じ入りました。

 これは私の過去の失敗談からも
 明らかなことです。


 また、特に抽象度が高かった
 先の「語どもたち音源」についても、

 今回の「システム化」の一要素として
 細分化された部分を語られており、


 人生をより豊かにするための
 システムを構築するため、

 より良い言葉を競わせて選択していく。
 能動的に言葉を取りに行く。
 能動的に自分の人生を生きていく。

 との方針を掲げて
 ピラミッドを構築していくと、


 意識しないでもできなかったことが
 できてくるという境地に至る、

 螺旋階段を登りながら、
 人生を生きていけるのでは?

 と、またbeing目標も書き換えなければなぁ
 と思うに至りました。


 長くなりましたが、
 いつもありがとうございます。

 変わらず邁進させて頂きます。

         (船津 忠文さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 船津さん、長文のご感想、
 ありがとうございました!


 ぜひ、日々、発生するカオスを
 システムに変えながら、

 ますます逓増していく人生、仕事を
 作り上げて頂ければと思います。



■ここまでお読み下さったあなたも
 ぜひ

 「すべての学びは前倒し」

 の意思決定基準を発動しつつ、
 これを機に


 「あなた独自の、
  人生&生活豊穣化システム」

 を構築するきっかけとして
 ご活用頂ければと願っておりますし、

 そのために、大いに力になる
 音源であることをお約束いたします。



■より詳しい、音源内容の説明については
 以下の通りとなります、


 (ここから)
 ------------------------


  鮒谷周史の、圧巻!

  「『人生はシステム作り』と考えると
   うまくいく」

  放談会音源

  ~システム(秩序)とカオス(混沌)の
   狭間を適切にコントロールし、
   人生システムを継続アップデートする


 ▼収録時間:約187分(3時間7分)


 ▼価格:35,000円(税抜)


 ------------------------


 (音源内容の詳細は以下の通り)


 ▼あなたの人生・生活を
  日々楽しく、充実したものに変える
  あるものとは?

 ▼どうしよう、どうしよう、、、

  いつもひたすら悩んでばかりな
  決断恐怖症のあなたへの処方箋

 ▼ここは悩みどころ?
  それとも一刀両断すべき?
  鮒谷の考える、2種類の悩みとは

 ▼これであなたもデキる人に!

  仕事が遅いという悩みを解消し、
  一気に超高速化(!)するための
  2つのポイント

 ▼ぶっちゃけ、日本人を紹介すると
  先方に迷惑なんですよね。。。

  中国シンセン、シリコンバレーで痛感した、
  日本人があまり歓迎されない理由

 ▼あなたの人生が
  ロケットエンジンを実装したかの如く
  一気に爆速化する、ある取り組みとは

 ▼学ぶとは知識を得ることではなく、
  こちらが本質だった!?

  鮒谷の考える、
  「学び」の本当の意義

 ▼ここを理解しないと
  学びの効果が半減どころか
  人生逓減モードに転落すらある(!?)

  意思決定基準の3階層とは

 ▼頑張っても頑張っても幸せと程遠い、、、
  そのヒントがここに。

  なぜ、人は意思決定基準を定めるのか、
  その大元にある理由について考えてみた

 ▼音源聴講者必聴!

  目標設定音源、
  ピラミッド音源の観点から
  意思決定基準について語ってみた。

 ▼短パン!ビーサン!
  リュックサック!

  なぜ、鮒谷は
  Zoomセミナー開催時に
  いつも同じ服装なのか?

 ▼サルでもわかる、
  意思決定基準を持つ意義とは

 ▼その学び、時間とおカネを
  ドブに捨ててませんか?

  あなたが折角学んだ知識を
  全く生かせない、
  バカのままである理由

 ▼鮒谷の考える、
  成果を出すための原理原則について
  ここに示そう

 ▼常に上機嫌にあり続けるために
  鮒谷がこっそり行っている
  感情マネジメント術を教えます

 ▼結構しっかり語ってます。

  「時間でお金を買う」

  というお馴染みの(!?)
  意思決定基準について
  あらためて語ってみた

 ▼人生を劇的に変えたいならば、
  何はなくとも、まず真っ先に
  インストールすべきものとは

 ▼日記を書くだけで
  どんどん人生が好転する
  3つの理由

 ▼日記とコンボで効果大!

  あなたの学びの歩留まりが
  イヤでも大幅に高まってしまう、
  ある取り組み

 ▼大きく飛躍したいなら
  必ず押さえておきたい、

  勝つべくして勝つための
  土台ができたら
  次にすべきこと

 ▼そこまでするのか!
  鮒谷が実践している

  具体的な行動レベルの
  意思決定基準の事例ご紹介

 ▼この順序で学べばOK!

  成果がイヤでも出てしまう、
  意思決定基準3階層の学び方とは?

 ▼最短最速で
  大志を実現したいあなたへ。

  大きな果実を得たいならば、、
  まずは小さな勝ちパターンシステムを
  作り出すことが重要なワケ

 ▼その勝ちパターン、
  小さいままで終わらせたいですか?

  作りだした勝ちパターンを
  具体個別事例用として終わらせずに、

  汎用性高く、大きく育てるために
  必要な3つのポイント

 ▼実際、鮒谷はこうやって
  勝ちパターンを構築した。

  ~個別コンサルティング、
   年間プログラムを例に

 ▼小さな勝ちパターンを
  雪だるま式に
  大きく育てる方法について

  思考の補助線という観点から
  話してみた

 ▼手持ちの勝ちパターンを
  アップデートする際に
  最も手っ取り早い方法、教えます

 ▼10倍、20倍、それ以上?

  体得した意思決定基準を
  より効果的に活用するための
  考え方とは

 ▼破綻、空中分解することなしに
  確実に急成長したい場合の
  新規と既存分野の黄金比とは

 ▼勝ちパターンを作り出す際に
  常に回しておきたい、
  一見、相矛盾するキーワードとは

 ▼「黄金の左」だけを使い続ける、

  あるいは、ひたすら、

  「高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に」

  というスタンス、どっちもダメな理由

 ▼模倣不可能!
  誰もがあなたに頼むしかない!

  あなた独自の勝ちパターンを構築する上で、
  必ず意識しておきたい考え方とは

 ▼変化追従波乗り型ビジネスモデルの人が
  40代までに死に絶える理由と
  そんな人が生き残るための施策

 ▼お金が儲かり、余剰時間が生じ、
  人生の質が自ずと高まってしまう、
  ウソのような取り組みがあるんです

 ▼あらためて、思考のピラミッドの観点から
  ここまでの話について
  まとめてお伝えしよう


 ■質疑応答

 ▼メルマガは読まれなくてもOK(!?)

  鮒谷の意思決定基準における第三階層は
  どのような分野なのか?

 ▼鮒谷が自伝は「完全栄養体」と
  考えている理由

 ▼新規分野で勝ちパターンを構築する際に
  意識すべきポイントとは

 ▼学んでも学んでも成果が出ない、、、
  賽の河原状態の人に伝えたい、
  「8の字ダンス」のたとえ話

 ▼抽象度の高い話を聞くことの
  メリットについて


 ------------------------
 (ここまで)



■これを機に

 「私もシステム構築を意識し、
  長期逓増人生を目指して
  毎日を生きていこう」

 と決意されたあなたは、

 以下より、音源購入を今すぐどうぞ!



■引き続き、今後、配信していく
 メルマガにおいて、

 継続的に音源購入者への
 重点フォローアップをしていきます。


 早めのお求めによって、その分だけ
 より学びを深めて頂けることでしょう。



 今だけ

 「音源モニター価格」

 でお得にお求め頂けます。

 この機会に今すぐ、
 お求め下さいませ。


         鮒谷周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。