毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6193号 鮒谷が毎月1件ペースでIPO銘柄を頂戴し続けられる理由(わけ)

■今、私(鮒谷)は、定例の仕事として


 -----------------------


 ▼コンサル一日平均2件

 (2時間×2名、土日はないので月60件)


 ▼メルマガの日刊配信

 (数千文字のメルマガを毎日、
  最低1通から最大5通、月に合計、
  60ないし70本程度作成&発信)


 ▼セミナーコンテンツ準備と
  収録ならびに音源化

 (毎月2本、3時間程度の、
  販売可能レベルのセミナーコンテンツの
  作成準備、ならびに開催&音源化)


 -----------------------


 を淡々と毎日、行い続けています。



■こうして書くと

 「その程度のことを」

 と思われるかもしれませんが、

 実際にやってみると
 多分、やりきれる人はほとんどいない、

 と思います。



■私(鮒谷)が毎日、

 こうして配信しているメルマガと
 同じくらいのボリュームのメルマガを、

 一本書き終えたら

 「今日の仕事は、これで終了!
  達成感に満たされている」

 と思われる、


 (あるいは丸一日かけても
  この程度のメルマガを書ききれなかった)

 くらいの仕事密度の方が
 圧倒的多数では、

 とも(勝手ながら)思われるのです。



■別に私(鮒谷)が

 「俺、すげーだろ」

 といいたいわけではありません。


 私(鮒谷)が凄いのではなく、

 あえていいます、
 私の作った「システム」が凄いのです。



■とはいえ、
 結局、そんなシステムを作った

 「俺、すげーだろ」

 といいたいわけですが(笑)

 たまには自慢させてやって下さい。



■自分でいうのもなんですが、

 一ヶ月、二ヶ月くらいなら
 いざしらず、

 それなりに長期にわたって、
 安定的に、落ちることなく、

 これだけのことを継続できる人は
 そう多くない(というかほとんどいない)、

 と思っています。



■あくまで、

 上に挙げたような自身の専門分野に
 限っての話ではありますが、

 模倣困難、あるいは代替不可能な
 水準には到達できている、

 と考えているのです。



■毎日、自身に大した負荷を
 かけることなく、

 つまりほぼノーストレスで、
 これだけの仕事

 (量もそうですが、相応の質も
  伴っていると自負しています)

 を行い続けるためには、


 気合いや根性とか一時の頑張りによって
 もたらされるものではなく、

 頑張らなくても、毎日、
 粛々と生きているだけで

 勝手に生み出される成果物、


 くらいの状態を作り上げなければ、
 持続可能ではありません。



■もちろん、

 一朝一夕ににできるように
 なることはなく、

 何千日にも渡って

 【システムの構築&継続アップデート】

 を重ねてきたからこそ、
 実現可能になる世界ではありますが、


 システムをきちんと作り込むと、
 以上のことを行ってなお、

 毎日、平均して新書一冊くらいを
 読み通せるくらいの時間的余裕がある、

 ことになるわけです。



■これが、時間を味方につけつつ

 【システムの構築&継続アップデート】

 を重ねることの威力。


 ここでのポイントは

 「単に時間をかけて頑張れば、
  そういうことができるようになる」

 わけではなく、


 「仕組み化のキモ、ツボ、勘所」

 を抑えた上で取り組まなければ
 単に

 「一過性の、積み上がらない『作業』を
  一生懸命に行った」

 だけの話に終わるというところ。



■ここをきちんと理解できないまま、
 雰囲気だけを捉えて

 「システム化、大事っすよね」

 といって、

 ちょろちょろとやってみたところで
 魔法のようにシステムが作り上げられた、

 みたいな、うまい話にはなりません。



■人生や生活、仕事において
 システム化を推進するにあたって

 「絶対に外してはならないポイント」

 を抑えた上で、
 時間を味方につけて、


 「着実にシステムを拡張していく」

 ことを心がけるからこそ、

 「確実に成果をもたらす仕組み」

 が生まれるのです。



■逆に言えば、

 「正しい仕方で」

 システム化を進めていけば、


 各人、それぞれの分野において、

 あなたもまた、
 私(鮒谷)と同じように


 -----------------------

 別に私(〇〇
 →あなたの名前を入れて下さい))が

 「俺、すげーだろ」

 といいたいわけではありません。

 私(〇〇)が凄いのではなく、
 私の作ったシステムが凄いのです。

 -----------------------


 と言えるようになるはずです。



■ちなみに以下は完全に余談ですが、
 私(鮒谷)は先に記した


 -----------------------


 ▼コンサル一日平均2件

 (2時間×2名、土日はないので月60件)


 ▼メルマガの日刊配信

 (数千文字のメルマガを毎日、
  最低1通から最大5通、月に合計、
  60ないし70本程度作成&発信)


 ▼セミナーコンテンツ準備と
  収録ならびに音源化

 (毎月2本、3時間程度の、
  販売可能レベルのセミナーコンテンツの
  作成準備、ならびに開催&音源化)


 -----------------------


 といったことだけを
 システム化してきたわけではなく、

 その他、大小さまざまの、数多くの
 システムを構築&アップデート、

 してきました。



■たとえば、株をされる方であれば
 IPO投資についてご存知かと思いますが、

 私(鮒谷)は平均して、毎月1件
 ペースでIPO銘柄に当選いたします。


 (今年はコロナで数ヶ月の間、
  IPO案件そのものが減って
  ペースダウンしましたが)

 ※IPO投資についてご存じない方は
  適当にググって調べてみて下さい。



■この数字がいかに凄いことかは、

 多少なりともご存じの方であれば、
 ご理解頂けることと思います。


 これだけの数、当選するならば、

 銘柄選びさえ、過たなければ
 ほぼノーリスクで

 「かける労力はほぼゼロにもかかわらず、
  毎回、平均して、

  十数万円ないし数十万円以上の、
  落ちているお金を拾うのと同じ」

 になりますからね。


 これこそ、
 タダで手に入れられる宝くじ。



■念の為に言っておきますが、

 一切、悪いこと、ズルいことは
 してませんからね。

 すべて公開情報と試行錯誤から
 導き出した方法論とシステムです。



■具体的な戦績としては、
 直近3ヶ月だけでも、いずれも初値売りで


 ▼コマースOneホールディングス(100株)
  →537,000円

 ▼グッドパッチ(200株)
  →413,400円

 ▼KIYOラーニング(100株)
  →306,000円

 合計1,256,400円


 の利益を頂戴し、


 さらに本日、株式公開した

 「インターファクトリー社」

 についても200株。

 (これを書いているのは本日13時ですが、
  こちらもおそらく明日以降、値段がつき、

  トータルで60万ないし、
  100万円ほどの利益になるはずです)



■上記を疑う方があれば、
 個別コンサルにお申し込み頂ければ、

 過去のものも含めて、証拠の
 スマホ画面をお見せいたします(笑)


 合わせて、

 (実践できるかどうかは別として)

 方法論を知りたい方には
 包み隠さず、お伝えいたします。



■これもまた、

 試行錯誤を繰り返しながら
 私(鮒谷)が作り上げてきた、

 各種システムの中の

 「経済システム」

 の一つに過ぎません。



■ここで強調したいのもまた


 -----------------------

 別に私(鮒谷)が

 「俺、すげーだろ」

 といいたいわけではありません。

 私(鮒谷)が凄いのではなく、
 私の作ったシステムが凄いのです。

 -----------------------


 という話。



■ずっと以前から掲げてきた

 「極小の労力で、極大利回りの
  システムを作る!」

 という強い思いと、
 その思いから生まれる仕組み改善、

 がなければ、

 決してここまで安定した成果(?)は
 生み出せなかったに違いありません。


 以上、余談、終わり。



■ここで話を無理矢理、
 元に戻しますが、

 そして、ここもまた、どうしても
 強調しておきたいところですが


 「システムを作るのに
  時間を味方に付ける必要がある
 (=システム構築に時間がかかる)」

 と聞いて、

 幻滅したり、気力が失われた方も
 あるかもしれませんが、

 勘違いも甚だしい。



■むしろ、そういう仕様?に
 なっていることを喜ぶべきなのです。


 なぜかといえば

 「システムを作るのに
  時間をかければかけるほど、

  簡単に失われることは
  なくなっていく」

 からです。



■たとえば、

 株式投資でドカンと儲かった人が
 あったとしても、

 羨ましがる必要はありません。


 それは「システム」が生み出した
 成果ではないから(=まぐれだから)

 いずれ、ドカンと失う可能性が
 どこまでいってもついて回るから。



■反対に、

 (先のIPO投資システム?のように)

 確実に儲けを出してくれる
 システムをきちんと整備していけば、


 たとえ(ドカンと儲かることはなく)、
 ちまちました儲けしか出なくとも、

 大きな損をすることはなくなり、
 枕を高くして眠りに就ける、

 ようになるでしょう。



■もちろん理想は、

 「ドカンと儲かるシステムが
  安定稼働して、簡単に失われないこと」

 なわけですが(笑)

 ビジネスにおいては目指すべき地点は
 そこにあるわけですね。



■そんな会社があるのかよ!と
 思われる方もあるかもしれませんが、

 たとえば私(鮒谷)であれば、
 GAFAももちろんそうですが、

 国内系企業であれば、

 キーエンスとかエムスリーとかの
 会社を想起いたします。



■それなりにいろんな会社をご存じの方で
 あればご存知の通り、

 こうした会社は、もう、鉄板、盤石、としか
 いいようのない美しいビジネスですよね。

 まさに「死角なし!」と言えそうな
 商売です。



■世の中にはたくさんの

 「美し過ぎる〇〇」

 と言われる方々がありますが、


 これらの会社の仕組み(システム)や
 利益や時価総額を見るたびに、

 そうした方々の美しさが
 霞んでしまうくらいに

 「美し過ぎるだろ」

 といつも思うのです。



■しかも、
 誰でも知っている会社ではなく

 「知る人ぞ知る」

 という会社であることが
 なお、美しい。

 私(鮒谷)にとっての理想形。



■とはいえ、さすがにそこまでの

 「巨大優良システム」

 を作り上げるのは
 並大抵のことではなさそうですが、


 個人レベルで、

 よほどの不測事態にでも
 巻き込まれない限り

 「危うげなく、機嫌よく
  毎日を過ごせるようになるシステム」

 くらいであれば、


 (しつこいですが、
  時間を味方につけることを
  厭いさえしなければ)

 どんな人でも構築可能であると
 私(鮒谷)は思っています。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事に携わる人はすべからく皆、    「私が凄いのではありません。     私の作ったシステムが凄いのです」    と胸を張って言えるような存在に    なりたいもの。   ■仕組みづくりには時間がかかるが、    時間をかけて構築したシステムは    簡単には崩落しない。   ■盤石、かつ、美しすぎるシステム作りを    趣味にできれば、    生きている今が楽しく、未来はなお楽し、    そんな人生を手に入れられるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。