毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6186号 学びのキモは新しい視点の獲得

■真の学びとは


 -----------------------


 1、学びによって
   新たな視点を獲得する

 2、それによって文脈が拡張される
   (世界の捉え方が大きく変わる)


 3、見える世界の変化に応じて
   行動もまた、変化する

 4、行動が変化することによって
   得られる結果が変わることを体感し、
   新たな学びを受容する準備が整う


 5、さらなる学びによって
   新たな視点を獲得する


 -----------------------


 の繰り返しが起こる学びであると
 考えています。



■知識やノウハウを手に入れるのも
 もちろん学びの範疇に入りますが、

 それよりもはるかに人生に
 大きな影響をもたらしてくれるのが

 【これまでとは異なる世界が
  見えるようになる学び】

 です。



■上述の言葉でいうと

 【新たな視点】

 です。


 たとえば

 「仕事なんか、カネを稼ぐために
  嫌々やる仕事」

 という認識以外に
 持ったことのない人が、


 学ぶことによって

 (お金も大事だけれども)

 「それ以上にさまざまなものを
  もたらしてくれるのが仕事」

 という認識に
 書き換わったとするならば、

 人生がひっくり返るくらいの
 変化につながると思われないでしょうか。


 よほど特異な人でない限り

 「生涯、仕事と無関係でいられる人」

 はいないでしょうから。



■かくいう私(鮒谷)自身、

 まさに上記の変化を
 自らが体験しました。


 この視点は、もちろん自分の内部から
 もたらされたものではなく、

 さまざまなセミナーや講演会、勉強会、
 (ドラッカーをはじめとした)書籍、

 などを通して

 【外部からもたらされた視点】

 です。



■こうした学びを経て
 文脈が拡張され、

 (取り巻く世界が
  異なって見えるようになり)


 ある時期までの

 「とことんまで仕事を忌避する」

 という姿勢から

 「とことんまで仕事を追求する」

 という姿勢に切り替わりました。



■行動が変化すると結果も変化し、
 (良い結果がもたらされ)、


 その変化は、

 好ましい結果をもたらした行動、
 さらには認識、学習について、

 さかのぼりつつ、
 改めて振り返ることとなり、


 【やっぱり勉強は大事】

 との確信が強化され、
 新たな学びを受容する準備が整います。



■こうしたことが幾度も
 繰り返されると、やがて

 【学ばずにはいられなくなる体質】

 へと変容していき、

 【変化する人は、変化し続ける】

 という、

 急激な変化が生まれることと
 なっていくでしょう。



■以上をまとめると


 -----------------------


 【学習による視点変化
  (新しい視点の獲得)】

      ↓

 【視点変化から生まれる認識変化】

      ↓

 【認識変化から生まれる行動変化】

      ↓

 【行動変化の原因を振り返ることで
  学びの価値に改めて思いを致す】

      ↓

 【学びの価値を理解することによって
  さらに学習強化を自ら図るようになり、
  加速度的に視点が変化する】

      ↓

 【以下、上記サイクルの加速度を増し、
  螺旋階段を昇るように成長する】


 -----------------------


 ということになるわけです。



■私(鮒谷)がメルマガや音源等を
 通して、いつも考えていることは

 【どうすれば、多くの人に
  このサイクルに入って頂けるか】

 ということ以外にありません。



■一度、入ることができさえすれば
 あとは

 「なんのことはない
  (勝手に変化を遂げていく)」

 のですが、

 問題はその状態に入ることが
 簡単ではないこと。



■それが当たり前になった人は
 ひとたび入ってしまった後、

 「なんでみんな、
  この状態に入らないんだろう」

 と不思議に思ったりするものです。

 (特に苦もなく、
  その状態に入れた人は)



■こういう人は当たり前のように

 「あなたはなぜ、
  この状態に入ろうとしないのか」

 などと過度の叱咤や叱責をしたり
 してしまうわけですが、

 (おそらくは)
 その人に悪気はないのです。


 ただ、その状態に入りたくても
 入れない人の気持ちが分からないだけ。



■反対に、私(鮒谷)のように、

 試行錯誤してようやく、
 その境地?に到達できた人間は、

 この状態に入るのが非常に難しいと
 分かっているので、


 どうすれば、
 その難しい入り口を突破して

 (突破したら、あとは流れに従うだけで
  どんどん雪だるまがでかくなる)

 という状態に入ってもらえるかに
 頭を悩ませつつ、


 言語化の難しいプロセスについて
 言葉を尽くして理解してもらおう、

 と、力を尽くすのだと思います。



■ここで話は変わるのですが、
 先日来、ご案内してきた

 【自問自答音源】

 ですが、

 当音源をお聴き下さったGさんより、
 以下のご感想を頂戴いたしました。


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷様
 スタッフの皆様


 この度は、自問自答音源を
 ご提供いただきありがとうございます。

 購入してから
 リピートしております。


 この音源は、これまでに
 購入させていただた音源の中で、

 最もリピートしている音源と
 なっています。

 この音源は、他の音源との
 つながりが強いと感じています。


 この音源を聴くと、
 他の音源を聴きたくなることがあり、

 リピートの間で他の音源を挟むという
 聞き方をしています。

 リピートする度に、
 学びが足りなかったと反省させられます。


 学んだことは自在に
 使いこなせないと意味がない、

 という言葉が突き刺さり、反復学習の
 重要性を改めて認識しています。


 他の音源を含め、
 鮒谷様が提供下さる音源は、

 自分一人では得ることのできない
 発想を得る機会を与えてくれます。


 自分を変えていく為にこの先、

 10年単位で並走する音源であると
 考えています。


 今後とも音源のご提供を
 宜しくお願いいたします。

 いつも本当にありがとうございます!


 (K.G さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Gさん、いつも音源をお求め下さり、
 ありがとうございます!



■こちらでGさんがお書き下さった


 -----------------------

 他の音源を含め、
 鮒谷様が提供下さる音源は、

 自分一人では得ることのできない
 発想を得る機会を与えてくれます。

 -----------------------


 と記して下さったことは
 まさに上記でお伝えしたところの

 【学習による視点変化
  (新しい視点の獲得)】

 であると思います。



■単なる知識ではなく、

 【世界の見え方が劇的に変化する
 (そしてそれが行動変容につながる)】

 そんな音源しか、

 これまでお届けしてこなかった
 つもりですし、

 その役割を果たせているとするならば
 嬉しく思います。



■世界認識の変化
 →行動の加速
 →結果の変化が加速、

 のサイクルの入り口には
 上述の通り、


 【学習による視点変化
  (新しい視点の獲得)】

 (パラダイムシフトともいいますね)

 が必須となるわけですが、

 これは自分ひとりでは
 起こせないのです。


 外部からの教育、あるいは示唆があって
 初めて手に入れられるもの。



■もしあなたが

 【学ばずにはいられなくなる体質】

 【行動せずにはいられなくなる体質】

 への

 【体質変化】

 を希求されるのであるならば、


 【どのようにして学習変化からの
  認識変化、行動変化を効果的に起こすか】

 について懇切丁寧に語った
 「自問自答音源」が、

 きっとお役に立つはずです。



■これは

 【変化・変容の本質的なアプローチ】

 に関わる話であるからこそ、
 Gさんは続けて、


 【自分を変えていく為にこの先、
  10年単位で並走する音源であると
  考えています】

 と記して下さったのだと思います。


 当音源を聴き

 【(質の高い&頻回な問いから生まれる)
  質の高い、大量行動】

 によって、

 あなたの人生、生活が埋め尽くされ、
 あなたの人生が大変革される、

 そのきっかけとして活用頂けることを
 願っております。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■新しい視点をもたらす学びは、    新しい世界認識をもたらす。   ■新しい世界認識は、    新しい行動をもたらす。   ■新しい行動は、    新しい(望ましい)運命をもたらす。   ■その結果を見て、    自らの過去を振り返り、    新しい視点獲得のための学びの価値を    改めて確認することとなる。   ■こうして貪欲に新しい視点を追求する    モードに入り、    先のサイクルが加速度を増して    回り始めるようになると、    そこから人生が劇的に変化を遂げ始める。   ■この状態に入るまでは    「スーパーハードモード」だが、    ひとたび、そこを乗り越え    「スーパーイージーモード」に入ると、    これまでの悪戦苦闘が嘘だったように、    人生イージー状態が継続することとなる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。