毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6184号 優れた成果を出せない人に共通する3つの悪習慣


■仕事において
 安定的に成果を出すためには

 【フォーマットを作る】

 ことが重要です。



■たとえば私(鮒谷)であれば、
 多少の誤差はあったとしても

 【音源リリースのたびに、
  安定して売上げが立つフォーマット】

 に基づき、ご案内を行っています。



■それゆえ


 (あえて言ってしまいますが)

 【新しい音源をリリースするたび、

  確立されたフォーマットに従って、
  案内するだけで、

  安定した売上げが約束される】


 ことになるわけです。



■では、そのフォーマットを私(鮒谷)は
 どこで手に入れたのか。


 もちろん、最低限の

 「基本フォーマット」

 は、はるか昔、


 いろんな本を読んだり、
 音源や動画を買ったり、

 セミナーに参加したり、
 コンサルを受けたり、

 といったことを通して学びました。



■しかし、あるところから先、

 より大きな成果を出そうと思っても
 もはや先例がない、

 というところに至り、そこから
 独自性の追求が始まったのです。



■試行錯誤を重ねた結果、
 音源販売を

 「一個のシステム」

 と見立てると


 【外から見ているだけでは
  模倣困難、さらには代替不可能な、
  完全独自システム】

 を生み出すことができたという
 自負があります。



■全貌を把握している
 私(鮒谷)からすると、

 他の誰かがシステムの
 リバースエンジニアリングを試みても、

 著しい劣化コピーは行えても、
 完全コピーは甚だ困難、

 であると思われます。


 (希望される個別コンサルの
  お客さまには、

  フルパッケージの
  システム構造の全てを、

  包み隠さずお伝えしていますが)



■それはさておき、

 このようなシステムが確立され、
 安定稼働させられるようになったのは、


 ひとえに私(鮒谷)が

 【安定して大きな成果を出し続けられる
  システムは、どうすれば作れるか】

 という質問を、

 来る日も来る日も、何年間も
 自身に問い続けてきたからです。



■問われることによって生まれる答え
 (=仮説)を行動に移し、

 検証してうまくいったら残す、
 うまくいかなかったり廃棄、

 を地味に、地道に、
 ひたすらに繰り返してまいりました。



■その結果、


 【新しい音源をリリースするたび、

  確立されたフォーマットに従って、
  案内するだけで、

  安定した売上げが約束される】


 という成果を生み出せるように
 なったのだと確信しています。



■もし私(鮒谷)が、
 こうしたことを行うことなく、

 -----------------------

 1、そもそも問いを立てない

 -----------------------

 日々を過ごしていたなら、間違いなく、
 今の成果は上げられていないはず。



■問いを持っていないのだから
 仮説も生まれようがないし、

 仮説がなければテストして検証する
 こともできないので、


 ほとんど売上げの立たぬまま、
 惰性で日々を過ごしては後悔する、

 そんな毎日を
 繰り返していたことでしょう。



■次に

 -----------------------

 2、問いは立てているが、
   問いの質が低い

 -----------------------

 ということであっても、同じく
 大した売上げはあがっていないはず。



■たとえば、

 問いが大事と聞いて
 問いを立てたはいいけれども、


 肝心のその問いが

 「どうすれば売上げがあがるかなあ?」

 といった、
 曖昧な(質の低い)問いならば、

 持続する、安定した結果は
 得られることはありません。



■その理由について
 今日は詳しくは述べませんが、


 【安定して大きな成果を出し続けられる
  システムは、どうすれば作れるか】

 という問いを立てている人と


 【どうすれば売上げがあがるかなあ?】

 という問いを立てている人、


 両者にそれぞれ、
 どんな結果がもたらされるか、

 なんとなくでもイメージできるのでは
 ないでしょうか。



■これが

 「自問自答は大事だけれども、
  問いの質もまた重要」

 ということです。



■次に、せっかく質の高い問いを
 作ることができたとしても、

 自問自答の機会が一年に一度、
 四半期に一度、一ヶ月に一度、

 といった頻度であれば、これまた
 ほとんど役に立ちません。



■あまりにもPDCAを回す速度が遅すぎて、
 こまめな改善ができないから、

 もし成果が出たとしても、
 目を見張るような結果が生まれる、

 などということは
 まずないでしょう。

 (微差を積み重ねてこその、絶対差、
  なのですから当然です)



■こんな、ちまちました改善を
 年に数回とか行ったところで、

 大した成果も出ず、盛り上がりに欠け、
 モメンタムも生じません。



■だからこそ

 -----------------------

 3、自問自答の「頻度」も大事

 -----------------------

 になってくるのです。


 ここまでのことを理解し、
 理解するだけではなく、

 日常生活において呼吸するくらいにまで
 血肉化されていなければ、

 圧倒的、かつ、安定的な成果など
 出せようはずがありません。



■ここまでお読みくださった
 あなたであれば、


 運とかまぐれで、安定した成果を
 生み出せると考えるのは、

 ジャンボ宝くじを当てて億万長者に
 なろうと考えるのと同じくらい愚かなこと、


 と、ご理解くださることでしょう。



■これほど重要な

 【自問自答の質&頻度】

 であるにもかかわらず、

 その本質や波及効果について
 考えたこともなく、


 さらに、仮にこうした話を
 読んだとしてさえ

 「なるほどなるほど」
 「たしかにそうかもしれない」
 「そりゃそうだよね」

 と一瞬(時間にしてコンマ数秒から、
 せいぜい数秒。10秒も考えない)、

 くらい思ったくらいであるならば、

 それであなたは人生を変えられると
 思われるでしょうか。



■大丈夫、変えられる、と思われる方は、

 (私(鮒谷)には、とてもそんなことは
  恐ろしくてできませんが)

 これからもそのように考え、
 振る舞われると良いかもしれません。



■しかし、ここまでの話を読んで、


 「なるほど、たしかにそうだなあ」

 「しかし、こうした話も反復しないと
  あっという間に記憶から揮発し、

  日常生活に反映できなさそう(そして
  これまでと同じ毎日が続くだけ......)」


 と思われる方があるならば、


 そうしたあなたのために
 リリースしたのが

 【自問自答音源】

 であるということを、
 声を大にしてお伝えしておきます。



■私(鮒谷)が
 リリースする音源のみならず、


 【人生をよくしたいと思って取り組む、
  あらゆる学びにおける基本姿勢】


 について、徹底的に詳説している
 音源となります。



■お勉強のための音源ではなく、

 聴かれた方が実践し、人生を変えて
 頂くことにフォーカスしていますので、


 (聴いて終わり、ではなく)

 【聴いてからが始まり】

 の一生ものの音源となるはずです。


 当音源を聴き

 【(質の高い&頻回な問いから生まれる)
  質の高い、大量行動】

 によって、

 あなたの人生、生活が埋め尽くされ、
 あなたの人生が大変革される、

 そのきっかけとして活用頂けることを
 願っております。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成果を出せない人は    1、学ばないから問いが生まれない    2、質の低い学びによって      質の低い問いしか生まれない    3、質の高い問いを持っていても      自問自答の頻度が少ない    のいずれかに当てはまる。   ■学び、質の高い問いを持ち、その問いを    時々刻々に回せるようになって初めて、    その人は大きな成果を上げるための    入り口に立てたと言えるだろう。   ■この基本姿勢が固まっていない人は、    そもそも始まってすらいないのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。