毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6159号 売れぬ、売れぬのだよ、音源が!


■正直にいうと、

 これまでリリースしてきた
 各種音源の中でも、


 個人的に、これは
 相対的に波及効果が高いので、

 優先的に、
 確実にお聴きいただきたい、

 と思っている音源ほど、


 その思いに反比例するかのように
 売れ行きが鈍くなる傾向が顕著(泣)



■もちろん、これまでの音源すべて

 「お聴き下さる方の
  役に立つ」

 と思ってリリースしてきましたし、


 それぞれの音源の

 「担当分野(?)」

 も異なるから、


 (ご予算の都合はあると思いますが)

 音源内容はそれぞれリンクしているので
 商売を抜きにして

 「できることならば全てを、そして
  何回も繰り返しお聴きいただきたい」

 と考えています。



■そんな中でも、

 応用範囲の比較的狭い
 (結果のイメージを付けやすい)

 -----------------------

 【極小リスク・ミドルリターン起業
  放談会音源】

 -----------------------

 は、よく売れました。
 分かりやすいからでしょうね。



■あるいは

 -----------------------

 【北斗セールス拳&南斗コンサル拳音源】

 -----------------------

 や

 -----------------------

 【同床異夢音源】

 -----------------------

 なども、めちゃくちゃ売れました。


 セールスやコンサル、コミュニケーションに
 ついて語った音源ですから、

 説明を聞いて、価値をイメージしやすい
 内容だからでしょう。



■ところが(相対的に)ではありますが、

 -----------------------

 【思考のピラミッド音源】

 -----------------------

 や、現在ご案内している

 -----------------------

 【自問自答音源】

 -----------------------

 は内容が抽象的
 (直感的に分かりにくそう)、

 そんなイメージがあるのか、
 思っている以上に売れません。



■まあ、売れるか売れないかは
 どっちでもいいのですが

 (、、、よくはありませんが、
  私個人としては
  そこまで大きな問題ではない)


 しかし、

 人生や生活、ビジネス、キャリア、
 といった観点から見たときに、


 むしろ、こうした
 (相対的に売れていない)

 音源の内容を繰り返し聴いて
 自身に徹底したほうが、

 トータルで見たときに
 より大きな波及効果が生まれるのに、、、


 と残念に思うことは、
 率直に言ってしばしばあります。



■それでは

 「ビジネス的に分かりやすく、
  イメージを付けやすい音源を
  量産すれば良いのでは」

 と思われる方も
 あるかもしれませんが、


 そうしたものであればあるほど、

 本質から離れてノウハウや
 テクニック寄りの内容になりがち、

 なんですよね。



■商売を考えると
 そちらにシフトしたほうが

 「はるかに儲かる」

 のは百も千も承知しています。



■しかし残念ながら(?)
 私が魅力を感じてしまうのは

 「より本質的なテーマ」

 であって、

 (繰り返しますが、そちらのほうが
  圧倒的に人生の波及効果が高いから)


 ビジネスを度外視して(!?)
 どうしても

 「分かりにくい=売れにくい音源」

 ばかりをリリースしてしまうことに
 なるのです(泣)


 ※ちなみに上に挙げた

 -----------------------

 【北斗セールス拳&南斗コンサル拳音源】

 -----------------------

 や

 -----------------------

 【同床異夢音源】

 -----------------------

 は、テーマのわかり易さとは裏腹に
 本質的な話しかしておりません。



■まあ、でも、
 長らく商売を続けてきて、

 実質はともかくとして

 「分かりやすく、
  即効性がありそう」

 と思えるものは売れて、


 「分かりにくく、どのように使うか
  イメージをつけにくい」

 ものほど売れないのは、
 もう間違いのないこと。



■でも、逆から考えると分かると
 思いますが、


 前者(分かりやすく、即効性がありそうな
 コンテンツ)には人が群れ集まり、

 後者(分かりにくく、どのように使うか
 イメージをつけにくいコンテンツ)には
 人は敬遠する、

 わけですが、


 前者も学ぶに当たって投下した以上の
 リターンが返ってくるにせよ、

 後者の方がトータルの利回りが
 大きくなるといくら説かれてさえ、

 皆、近づかないんですよね。



■ここにこそ

 「うまくいく人と、そうでない人の差が
  それこそ顕著に出る」

 と見ていて分かるのです。


 長期的に見て繁栄していく人は
 分かりにくい

 「抽象思考、抽象発想にこそ、
  価値を見出し、重きを置く」

 のです。

 そうでない人は、この反対。



■だからこそ長期繁栄する人が

 「どうしたって少なくなる」

 のは、

 人間の悲しき性(さが)なのかも
 しれません、、、




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


【今日のピークパフォーマンス方程式】  ■人は一般に、分かりやすいものに惹かれ、   そうでないものには興味を示さない。   たとえ後者のほうが、はるかに高い   波及効果があったとしてさえ。  ■これが、うまくいっている人が少数で、   そうでない人が多数派である理由。  ■価値の分かる人には分かる   (分かる人にしか価値の分からない)   「イメージをつけにくく、    抽象度の高い思考のパターン」   を学び、理解しようとする人か、   そこに価値を見出そうとしない人か、   この姿勢の有無が長期繁栄の実現可能性   に直結すると知っておくべきだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。