毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6142号 カネに恵まれない人は、どうすればカネが儲かるかと問うていないから


■いつも

 「お金がない」

 っている人がいるじゃないですか。


 (誤解を恐れずにいうならば)
 こういう人って

 「お金がない」

 のではなく、単に

 「本気でお金を稼ごうと思っていない」

 だけの話なんですよね。

 そりゃ、無理ですよ。



■本気でお金を稼ごうと思った人の、

 全員が全員が
 それなりの金額を稼げるか、

 ということまで
 断定はできませんが、


 少なくともこのメルマガを読めるだけの
 知識やリテラシーがあるならば、

 ほぼ間違いなく

 「本気になって稼ごうと思ったら、
  誰でも稼げる」

 と思うのです。



■これを聞いて


 「いやいや、私はお金を稼ぎたいと
  ずーっと思ってきたけれども、

  一向に入ってくるお金が
  増えないんだけれども、、、」


 と思われた方も
 あるかもしれませんね。



■でも、そんな方には

 「では、あなたは一日に何回、
  お金をどのようにして稼ごうか、

  という質問をしていますか
  (自問自答していますか?)」

 と問いたいと思います。



■おそらく、その回答としては、

 あっても、せいぜい一回か二回、
 場合によってはゼロ行進が続く時期も、

 という人がほとんどだと思います。

 そりゃ、無理ですよ。



■平均以上にお金を稼いでいる人は、
 平均的な稼ぎの人よりも何倍も

 「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 という自問自答を
 繰り返しています。


 その数、最低でも数十回とか、
 多い人は数百回とか。

 寝ても覚めても、
 金儲けのことを考えているんですね。

 そりゃ、儲かりますよ。



■毎日、こうした問いを
 0回か1回か2回、

 申し訳程度に
 回しているだけの人と、


 朝から晩まで唱え続け、

 (ということは自動的に、
  答えを探し続け)

 なんなら寝ている間に
 夢を見たり、寝言に出てきたり、

 というくらいに


 「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 と問い続けている人と、
 同じだけの稼ぎになるはずがないのは、

 理解も納得も頂けるのでは
 ないでしょうか。



■私(鮒谷)は今から20年近く前、
 当時の勤務先が倒産して、

 これを機に一旗揚げようとシャ乱Qの
 『上・京・物・語』を聴きながら、

 悲壮な決意とともに
 東京に出てきましたが、

 当時は、とにもかくにも
 カネがありませんでした。



■わずか数十万ほどの貯蓄は
 どんどん減っていく。


 (蓄えがゼロになるまでの)

 時間は迫るし、気は焦る、
 こんなはずではなかったに、


 なんて思いつつ、
 毎時、毎分、毎秒、必死で

 「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 と自らに問い続けたものでした。



■こうした問いを
 朝から晩まで回し続けるからこそ、


 他の人と食事しているときに
 商売ネタをもちかけられたり、

 朝起きたら、風呂に入っているときに、
 アイデアがひらめいたり、

 本を読んだり、セミナーに参加し、
 稼ぎ方を教わる機会も増えてきます。



■そんな毎日を過ごしながら

 「これ行けるかも?
  (儲かるかも)」

 と思ったら、
 即座に試してみたものでした。



■こうした無数のチャレンジの結果、

 最初はちょろちょろと、
 やがて奔流のごとくに(言い過ぎ!?)、

 カネが儲かるように
 なっていったのです。


 ※起業三年目当時で、
  既にちょっとやそっとの儲けでは
  なくなっていました。

  当時、月に2000万の売上げ
  (≒ほぼ利益)、
  全能感に満たされておりました。

  リーマンショック前後に、
  お金も全能感もすべて失いましたが笑



■その頃の自分を思い返してみて
 なぜ儲かったのか、


 その理由を考えてみると

 「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 と他の誰よりも自問自答を
 繰り返していたから、


 であったことに
 間違いありません。



■もちろん、

 漫然とこうした問いを回していたら
 どこからともなくカネが降ってくる、

 ということはありません。


 ただし、こんな自問自答によって
 初めて

 「こうしたら稼げるかも」
 「こうしたら儲かるかも」

 という

 「仮説」

 が生まれてくるのです。



■仮説がなければ
 行動のしようもありませんから、

 仮説が生まれ始めたというのは
 大いなる第一歩ですね。


 さらに問い続けると、

 沸騰したヤカンの底から
 ボコボコと泡が立ってくるように、

 あの感じで、無数の仮説が
 沸き立ってくるようになります。



■ここまでいけばしめたもの。

 「仮説を実行する時間 > 時間可処分時間」

 となってきたら、

 必然的に仮説を絞り込む必要が
 出てきますから、

 より高い確度が見込まれる仮説に
 基づき、行動できるようになります。



■この

 「アイデア飽和状態 × 時間が味方に」

 の掛け算によって、

 最初は小さく、
 やがてだんだんと大きく

 「カネが儲かるようになってくる」

 のです。



■「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 という、自問自答の回数が
 足りていない人は、


 仮説が生まれず、
 ましてや量産もされず、

 それゆえ行動に接続されず、
 結果も永遠に生まれない

 (カネが儲からない、稼げない)

 こととのなるのも
 当然といえるでしょう。



■ということは、

 お金を手に入れたい人にとっての
 最重要ポイントは、いかにして

 「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 の自問自答をし続けられるか、
 ということになります。



■こういう話を聴いたらみんな、

 「じゃあ俺も、私も、
  これから毎日、100回唱えます」

 みたいにいうんですよ。


 でも、断言します。
 3日と続かないですね。

 なぜなら、それを自らの意思で
 やろうとしているから。



■慌ただしい日常生活を、

 どのように乗り切るかの比重が
 圧倒的に高い人たちにとって


 「どうやったら稼げるかな」
 「どうやったら儲かるかな」

 なんて質問は、気がついたら
 すぐに二の次、三の次になります。


 そして3日もすれば、

 先の決意もどこへやら、
 雲散霧消、元の木阿弥です。



■これと似たパターンの話は
 無数にあります。


 いつも

 「人生や仕事がつまらない」

 っている人がいるじゃないですか。


 (誤解を恐れずにいうならば)
 こういう人って

 「人生や仕事がつまらない」

 のではなく、単に

 「本気で人生や仕事を楽しいものに
  しようと思っていない」

 だけの話なんですよね。

 そりゃ、無理ですよ。



■本気で人生や仕事を楽しいものに
 しようと思った人の、

 全員が全員が
 そんな人生を過ごせるか、

 ということまで
 断定はできませんが、


 少なくともこのメルマガを読めるだけの
 知識やリテラシーがあるならば、

 ほぼ間違いなく

 「本気になって人生や仕事を楽しいものに
  しようと思ったら、誰でも実現できる」

 と思うのです。



■これを聞いて


 「いやいや、

  私は人生や仕事を楽しいものにしたいと
  ずーっと思ってきたけれども、

  一向にそのようには
  ならないんだけれども、、、」


 と思われた方も
 あるかもしれませんね。



■でも、そんな方に

 「では、あなたは一日に何回、
  どうすれば人生や仕事を楽しいものに
  できるか、

  という質問をしていますか
  (自問自答していますか?)」

 と問いたいと思います。



■おそらく、その回答としては、

 あっても、せいぜい一回か二回、
 場合によってはゼロ行進が続く時期も、

 という人がほとんどだと思います。

 そりゃ、無理ですよ。



■平均以上に
 人生や仕事を楽しんでいる人は、

 平均的な人よりも何倍も

 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 という自問自答を
 繰り返しています。



■その数、最低でも数十回とか、
 多い人は数百回とか。

 寝ても覚めても、
 そのことだけを考えているんですね。

 そりゃ、人生も仕事も
 楽しくなりますよ。



■毎日、こうした問いを
 0回か1回か2回、

 申し訳程度に
 回しているだけの人と、


 朝から晩まで唱え続け、

 (ということは自動的に、
  答えを探し続け)

 なんなら寝ている間に
 夢を見たり、寝言に出てきたり、

 というくらいに


 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 と問い続けている人と、
 同じような人生や仕事になるはずがないのは、


 理解も納得も頂けるのでは
 ないでしょうか。



■私(鮒谷)は今から20年近く前、
 当時の勤務先が倒産して、

 これを機に一旗揚げようとシャ乱Qの
 『上・京・物・語』を聴きながら、

 悲壮な決意とともに
 東京に出てきましたが、

 当時は、とにもかくにも
 人生も仕事も悲惨な状況でした。



■毎日が不安と心配と焦りに満たされる。


 このまま生活が破綻するまでの、

 時間は迫るし、気は焦る、
 こんなはずではなかったに、

 なんて思いつつ、
 毎時、毎分、毎秒、必死で


 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 と自らに問い続けたものでした。



■こうした問いを
 朝から晩まで回し続けるからこそ、


 他の人と食事しているときに
 人生を楽しくするヒントをもらったり、

 朝起きたら、風呂に入っているときに、
 仕事を楽しくするアイデアがひらめいたり、

 本を読んだり、セミナーに参加し、
 人生や仕事を楽しくするノウハウを、
 教わるようになりました。



■そんな毎日を過ごしながら

 「これ行けるかも?
  (人生や仕事を楽しめるようになるかも)」

 と思ったら、
 即座に試してみたものでした。



■こうした無数のチャレンジの結果、

 最初はちょろちょろと、
 やがて奔流のごとくに(言い過ぎ!?)、

 人生や仕事が
 楽しくなっていったのです。


 ※起業三年目当時で、

  既に没頭・没入の依存症状態と
  なっていました。


  人生や仕事に対して、
  寝る間も惜しんで、

  このまま心臓が止まり、
  ポックリいくのではないか、

  と思うこともしばしばでした。


  リーマンショック前後に、
  一気にヒマになりましたが笑



■その頃の自分を思い返してみて
 なぜ人生や仕事が楽しくなったのか、


 その理由を考えてみても

 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 と他の誰よりも自問自答を
 繰り返していたから、


 であったことに
 間違いありません。



■もちろん、

 漫然とこうした問いを回していたら
 勝手に人生や仕事が楽しくなっていく

 ということはありません。


 ただし、こんな自問自答によって
 初めて

 「こうしたら人生が楽しくなるかも」
 「こうしたら仕事が楽しくなるかも」

 という

 「仮説」

 が生まれてくるのです。



■仮説がなければ
 行動のしようもありませんから、

 仮説が生まれ始めたというのは
 大いなる第一歩ですね。


 さらに問い続けると、

 沸騰したヤカンの底から
 ボコボコと泡が立ってくるように、

 あの感じで、無数の仮説が
 沸き立ってくるようになります。



■ここまでいけばしめたもの。

 「仮説を実行する時間 > 時間可処分時間」

 となってきたら、

 必然的に仮説を絞り込む必要が
 出てきますから、

 より高い確度が見込まれる仮説に
 基づき、行動できるようになります。



■この

 「アイデア飽和状態 × 時間が味方に」

 の掛け算によって、

 最初は小さく、
 やがてだんだんと大きく

 「人生や仕事が楽しくなっていく」

 のです。



■「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 という、自問自答の回数が
 足りていない人は、


 仮説が生まれず、
 ましてや量産もされず、

 それゆえ行動に接続されず、
 結果も永遠に生まれない

 (人生が苦痛で退屈なものとなる)

 のも当然と言えるでしょう。



■ということは、

 人生や仕事を楽しみたい人にとっての
 最重要ポイントは、いかにして

 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 の自問自答をし続けられるか、
 ということになります。



■こういう話を聴いたらみんな、

 「じゃあ俺も、私も、
  これから毎日、100回唱えます」

 みたいにいうんですよ。


 でも、断言します。
 3日と続かないですね。

 なぜなら、それを自らの意思で
 やろうとしているから。



■慌ただしい日常生活を、

 どのように乗り切るかの比重が
 圧倒的に高い人たちにとって


 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 なんて質問は、気がついたら
 すぐに二の次、三の次になります。


 そして3日もすれば、

 先の決意もどこへやら、
 雲散霧消、元の木阿弥です。



■そんなあなたに対して
 お伝えしたいのが


 【自問自答は
  やる気に頼るのではなく、

  システムや習慣に頼るべし】


 ということ。



■どういうことかというと、

 自問自答しようと思ったところで
 どうせ続けられないのだから、


 【自ずから自問自答せずには
  いられない環境を作る】

 ことに、全力を傾けるべし、

 ということです。



■私(鮒谷)であれば、それが

 「音源学習」

 であったわけです。


 東京に出てくる前の、
 大阪時代から、


 朝、起きるときの目覚ましを
 セミナー音源にする、

 出勤前の洗顔やら歯磨きやら
 着替えやらの時間はひたすら音源。


 出勤時にはウォークマン携行、

 イヤホンを耳に突っ込み、
 会社に入る直前まで音源。


 もちろん仕事が終わってからも、
 イヤホンを耳に突っ込み、音源学習。



■こうした環境を整えたら、

 いかに意志薄弱の
 私(鮒谷)であっても否応なく


 「どうやったら稼げるかな」

 「どうやったら儲かるかな」

 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」


 といった問いの無限ループを
 脳内で回し続けることとなります。



■この問いの繰り返しが、

 私(鮒谷)の経済状況、ひいては
 QOL(人生や生活の質)を、

 劇的に引き上げてくれることと
 なりました。



■結局のところ、


 これは信じてもらっても、
 信じてもらわなくても、

 どっちでもいいのですが、


 私(鮒谷)が各種音源を通して
 お渡ししている最大の価値は


 【人生や生活、ビジネスや仕事上に
  おける質の高い自問自答を、

  繰り返し行って頂ける環境を
  提供しているところ】


 にあると考えています。



■ですから、

 私(鮒谷)の音源をどれか一つでも
 お聴き下さった方はお分かりの通り、


 提供しているものは、

 一回や二回、聴いて終わりの
 コンテンツではなく

 (知識やノウハウ、あるいはその他、
  陳腐化するコンテンツではなく)


 「普遍性が高く、応用範囲の広い、
  陳腐化しないコンテンツ」

 であることをご理解頂けたのでは
 ないかと思います。


 (そんなコンテンツでなければ、
  繰り返しの自問自答に耐えられません)



■もし、どの音源でも良いので

 「一度、聴いて事足れり」

 と思われたとしたら、
 それは聴き方を誤っているし、

 音源の価値を
 百分の一も引き出せていない、

 といって差し支えないかと思います。



■私(鮒谷)が、

 少なくともこれまで提供してきた
 音源については

 「すべて」

 本質的な問いを朝から晩まで
 回していただくための補助ツール、

 というつもりで
 ご活用いただければと願っております。



■たとえば、今般リリースした


 【くすぶり続けている人、必見。

  知っている人だけがやっている、
  人工的に&再現性高く、
  没頭・没入状態を作り出すための

  「人生ゲーム化理論」とは、音源】


 をお聴き頂ければ、


 この音源を流している間じゅう

 「どうやったら人生を
  楽しい場所にすることができるかな」

 「どうやったら仕事を
  楽しい営みにすることができるかな」

 の問いがあなたの脳内を
 回り続けることとなるでしょう。



■普段、生きているときに、

 あなたがこれらの問いを、
 一日、何回、回しているか、

 を考えられたとき、

 (おそらくそれは、
  限りなくゼロに近いでしょう)

 初めてこの音源の価値を
 明確にご理解に違いありません。



■自分の人生や仕事を

 「どうすればゲーム化できるか
 (どうすれば楽しく、
  面白いものにできるか)」

 ということばかり、


 来る日も来る日も考え続けている
 私(鮒谷)や、音源視聴者の方と、

 そんな問いを回したことなど
 ついぞない、という方があったなら、


 どちらの人生が楽しく、面白いものに
 なっていくのか、

 それこそ自問自答してみられると
 よいのではないでしょうか。



■もし、あなたが

 「その答えは自明だな」

 と思われたとするならば、
 きっと

 「その次に取るべき行動もまた、
  自明だな」

 と思われるに違いありません。



■賢明なあなたであれば、

 もう、これ以上は、
 言わなくてもお分かりですよね。


 そういうことです(↓)笑


 ──────────────

 <新音源リリース!
  モニター価格にて特別提供>


 【くすぶり続けている人、必見。

  知っている人だけがやっている、
  人工的に&再現性高く、
  没頭・没入状態を作り出すための

  「人生ゲーム化理論」とは】


 ~人工的に&再現性高く、

  右肩上がりの未来をもたらす対象に、自らを
  「依存・没入」させてフロー状態を作り出し、

  己のポテンシャル(潜在能力)を
  最高レベルまで引き上げるための、

  理論と実践に裏付けられた
  超・具体的方法論音源


 <カード・コンビニ決済はこちらから>


 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>


 ──────────────


 既に大勢の方がお聴きになり、
 実践を始められています。

 次はあなたの番ですよ。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■どうすれば稼げるか、儲かるか、    人生を楽しくできるか、    仕事を面白くできるか、    そんな自問自答を明けても暮れても    繰り返している人と、    そんなことは数週間、数ヶ月に一度、    考えることがあるかどうかという人と、    長い目で見たとき、果たして同じ結果で    あり続けるとお思いか。   ■ただし、自問自答は意志の力で    行い続けられるものではない。    それができるのであるならば、    誰も苦労はしないのだ。   ■繰り返しの自問自答は「環境を整える」    ところからしか生まれない。   ■良質の自問自答の繰り返しを行う環境作り    には音源学習が最強といえるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。