毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6134号 「生々しい話」だけが、あなたを動かす原動力となる


■先日来、ご案内してきた

 「お二人の方(船津さん/中田さん)への
  インタビュー音源」

 ですが、いよいよ

 【あと5時間で終了】

 となります。



■お聴き下さった方はお分かりの通り、
 ある意味で

 「対極」

 にある、お二人です。


 それはタイトルからも
 ご理解頂けるかと(笑)

 ──────────────


 【九死一生!】


 情報商材や高額アフィリ塾、
 最後はFXで全財産資産を吹っ飛ばし、

 とどめを刺されて
 「借金だるま」と化し、

 一時は自殺を考えるほどに
 追い詰められてより、

 わずか一年で大復活した男が語る、
 手に汗握る、実録インタビュー音源


 -----------------------


 【面目躍如!】電通辞めて、年収5倍!


 電通において独自のスタンスで仕事を
 貫いてきた男が、

 独立わずか一年、圧巻の変化率で
 コンサルタントとして超速の大成功を
 遂げるまでの、

 内面変化と外的行動をたどる
 手に汗握る、実録インタビュー音源

 (年間プログラムのお客さまと
  鮒谷との対談音源)


 ──────────────


 どちらに共感を覚えるかは
 人それぞれ。



■しかし感想を拝見している限り、

 船津さん【九死一生!】音源を

 「我がこと」

 として捉えていらっしゃる方のほうが
 圧倒的に多かったように思います。


 いかに

 「よくあるパターン」

 かということですね、、、(汗)



■とはいえ、

 表面上は対極にいらっしゃるように
 見えるお二人であっても、

 実は深いところで、お二人に
 通底しているところがあります。



■それは、

 (大変失礼ながら)一見、

 「変われないように見える人→船津さん」

 と

 「変わる必要のない
  (と思われている)人→中田さん」

 の両者いずれもが

 「変わることを決断されて、
  変わられた」

 というところ。



■つまり

 「変わろうとしていないのに
  変われるはずがない」

 という強烈なメッセージが、

 このインタビュー音源の中に
 通奏低音のように流れているのです。

 (これが当音源における、
  最大の価値かと)



■ときおり

 「今の状態が嫌だから、
  別の、より良い環境で生きたい。

  でも、本気で変わろうとは思わず、
  変わりたいとも願っていない」


 という方がいらっしゃいます。


■いや、正確に言うと

 「ときおり」

 くらいの比率ではなく

 「ほとんどの人がそう」

 といっても過言ではないかも
 しれません。



■しかし残念ながら、

 こうした方の人生や生活が
 質的に劇的な変化を遂げることは、

 永遠にないといってよいでしょう。



■氷上を滑る、
 そんな表面上の変化であれば

 (たとえば、仕事内容は対して
  変わらないけれども、
  転職してちょっと給料が上がるとか)

 は珍しくありませんし、


 長い人生を生きていると幾度か、
 あるいは幾度も、

 経験するに違いありません。



■しかし

 「不可逆の変化」
 「人生や生活、キャリアの跳躍」

 とでもいえる、質的な変化は

 「変わりたいと強く願い、
  変わるための行動を取り続けた」

 人にしか訪れないのです。

 これは絶対のルール。



■この過程を省略したい人が、

 往年の船津さんのように(!)

 -----------------------

 情報商材や高額アフィリ塾、
 最後はFXで全財産資産を吹っ飛ばし、

 とどめを刺されて
 「借金だるま」と化し、

 -----------------------

 といったことを
 やらかしてしまうわけ。



■そんな船津さんでありましたが

 「地獄の釜の底を覗きながらも
  すんでのところで社会復帰」

 できたわけですが、


 それができた理由はまさに

 「覚悟を決めて、変わると決断し、
  行動し続けられた」

 から。



■この感覚は、

 たとえ一度であっても、自身の人生を
 質的に転換させた経験を持つ人であれば皆、

 等しく理解できるもの。



■しかし経験したことのない人は
 ほとんど理解不能です。


 だから特に

 「劇的な大転換を遂げた人が
  身近に存在しない人」

 が大きく変化することは難しい

 (というか、実質、無理)

 となるのです。



■少なくとも私(鮒谷)の知る

 「大飛躍を遂げた人」

 は100パーセント、そうした経験を
 持つ人が身近にありました。

 もちろん、私(鮒谷)もそう。



■私(鮒谷)の場合は、

 社会人になって、
 間もない時期に、

 セミナーに行って、
 いろんな人と知り合いになりました。



■そうした人たちが、

 知り合ってから1年、
 ないし数年経たないうちくらいに、


 起業をしたり、
 急激に事業を伸ばし始めたり、

 本を出版したり、
 出した本がベストセラーになったり、


 という事例を数多く見てきて

 「人の変化を間近に感じる」

 経験をしました。



■こうした

 「変化・変容のプロセスを
  身近に(肌感覚で)感じる」

 ことは、とても重要です。

 これによって

 「自分にもできるかも」

 という「予感」を感じられるように
 なるからです。



■そうした予感を持っていてすら
 変わるのはなかなか大変なのに、

 そんな感覚的な理解が伴わないまま、
 変わりたい、と思っても、


 そもそも

 「変わる」

 という具体的なイメージも人物像も
 持たず、ゼロなわけですし、

 過程の想像もつかないのだから、
 変われるはずがありません。



■だから、

 身近にそういう人を持つ、

 あるいは、それが難しければ、
 仮想的にでもそうした事例に触れる、

 ことは大事です。



■そういう話をすると

 「なんだか大変そうだなあ」
 「やっぱり、私はこのままでいいや」

 と思われる方もあると思います。


 そうした方は無理に

 「変わりたい、変わろう、変わるべき」

 と思われても
 変わることはできないので、

 そのままで良いのではないかと
 思います。



■変化・変容のプロセスは、

 これ以上ないくらいの
 至福の喜びが継続する

 「大人の遊び、大人の喜び」

 であるわけですが、

 そうでなければならない、などといった
 性質のものでもありませんので。



■しかし中に

 「気づいてしまう」

 人がいるんですね。


 「大変そうな道だけれども、
  自分はその道しかなさそうだ。

  大変だと分かっていても
  惹かれてしまうのだ」

 という、
 大人の喜びに目覚める人が。



■そういう方に対しては

 「おめでとうございます!

  不可逆の、苦楽しい(くるたのしい)
  世界へようこそ!」

 とお声掛けしたいと思います。



■苦しいけれども、
 そして

 「知ってしまったからには
  途中で断念することもできない
  険しい道」

 でもあるけれども、


 険しい道の存在を知り、
 さらには潜り抜けなければ


 「誰もがみな生きたがるが
  遥かな世界
  その国の名はガンダーラ

    (ガンダーラ/ゴダイゴ)」

 的な世界には到達できないから。



■もしあなたが


 「ガンダーラ(その世界)を
  知ってしまった」

 「そして、その道を進むことを
  諦めようと思っても、
  諦められなさそう

  (いつも心がそこに向かってしまう)」


 とするのであれば観念して、
 そしてその道に喜びを見出して、

 前に進まれると
 よいのではないでしょうか。



■そのために

 「具体的な二人の方の物語
  (成功譚)」

 をお聴きになっておかれることは、
 決してムダにはなりません。



■生々しい話とともに
 臨場感を持って

 「ああ、人はこうして変化を
  遂げるのだなあ」

 と知るだけでも、

 あなたの人生にとって
 大きな財産になるでしょう。



■たとえ今すぐ、

 あなたが、この音源を
 聴かれたことをきっかけに、

 変わろう!と決断されることが
 なかったとしてさえ、


 いつの日か、

 「人生、投げたくなる」

 「自分の行く末がだいたい見えてきて
  絶望したくなる」

 そんなときが訪れたときに
 この音源の内容が思い出されたら。



■その力を借りて、

 再び立ち上がるための
 勇気や元気が湧いてくる、

 といったこともあると思うのです。


 その可能性を獲得しておく
 ためだけにでも、

 当音源を聴いておかれることを
 強くお勧めいたします。



■現在「音源リリース記念割引」として

 【定価25,000円(税抜)のところを
  10,000円(税抜)にてご提供】

 しておりますが、


 割引価格でお求め頂けるのは

 【今日の23時59分(あと5時間)】

 となりました。



■上記時刻を過ぎると、

 定価(税込み27,500円)に
 戻りますので、

 ※16,500円の値上げとなります

 お求めは、今すぐどうぞ。


 -----------------------

 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 

 <銀行振込でのお支払いはこちらから>
 

 -----------------------


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいたご感想紹介>
  https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/testimonials_interview.pdf




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■変化・変容の具体的プロセスも分からず、    成し遂げた具体的な人物像も明確でない。    そんな人が変化を遂げられるはずが    ないではないか。   ■変化の過程と、リアルな(複数の)人物像    をイメージできるようになり、初めて、    「私も変われるかもしれない」    そんな予感が生まれてくるものだ。   ■この予感が変化を希求し、行動するための    「最初の原動力」となるのである。   ■変化・変容の概念を持つだけで、    変わることはできないことを知るべきだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。