毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6128号 人付き合いが苦手な人に贈る、人間関係構築4つの勘どころ


■明日でモニター価格での
 ご提供を終了する

 「同床異夢音源」

 ですが、


 当音源をお聴き下さった
 Mさんより、

 以下のご感想を頂戴いたしましたので
 本文に入る前にお読み下さい。


 (ここから)
 ------------------------


 今回の音源で

 ▼不満や主張をオブラートにくるんで
  伝える具体的な例

 を知ることができたことが
 嬉しい点でした。


 (おそらく、「え、そこかよ!」と
  突っ込まれる気がしますが・・・(笑))


 今までは

 「相手には相手の文脈が
  あるのだろうから、

  こちらが我慢すれば良い、
  黙っておこう」

 というスタンスでいましたが、


 自分の内に抑えた感情が
 じわじわ腐って、

 地味に長期間継続するストレスに
 なっていることが多かったです。


 しかし、相手側の文脈を知るためにも
 一度、素直な疑問として

 「どうしてそういう行動を
  とったのでしょうか?」

 と聞いてしまうことも
 非常に有効だな、

 と思えました。

 そちらのほうがお互いの意見の違いの
 原因が分かってスッキリしますね。。


 角を立てないための言葉の選び方、
 など意識しつつ

 一度聞いてみる、
 という行動をとってみようと思います。


 本を読んだりして、

 いろいろな文脈を想像できるよう
 訓練?はしているつもりですが、

 結局はそれさえも自分の価値観の
 押し付けになりかねないので、


 必要なときにはちゃんと目の前の
 相手にお伺いをたてて、

 事実を確認しつつ、
 想定文脈を補正していく、

 というサイクルを回していく所存です。


 また、

 「自分自身のステークホルダーは誰か?」

 という問いを得られたことも
 大きなポイントでした。


 各状況ごとに、

 「現状でのステークホルダーは誰か?」

 「私はそこに価値提供できているか?」

 「どうやったら価値提供できるのか?」

 という視点で、
 紙に書き出して頭の中を整理してみます。


 今回も貴重な気付きを
 ありがとうございました!


 (会社員 M.M さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Mさん、素晴らしいご感想を
 ありがとうございました!



■「え、そこかよ!」と
  突っ込まれる気がする、

 とお書きくださいましたが
 決してそうは思いません。


 むしろ

 ▼不満や主張をオブラートにくるんで
  伝える具体的な例

 をお伝えするのは
 とても大事だと思ったので


 あえて

 「私(鮒谷)がリアルに送った
  数千文字に及ぶ、
  超・生々しい長文メール」

 を朗読するという
 破廉恥行為?暴挙?

 まで行ってしまいました。



■ただ、

 あのような、生々しいメール文章を
 そのまま読み上げなければ

 「不満や主張をオブラートにくるんで
  伝える方法論」

 をいくら伝えたところで、

 まるでイメージが湧かなかったに
 違いありません。



■皆さまの、

 コミュニケーション能力向上のために
 あえて恥を晒して、


 ある部分においては
 うまくいき

 (両者の意思疎通が図れた)、


 ある部分においては
 うまくいかなかった

 (後から考えれば当然の話ですが、
  要望は通らなかった)


 そんな、リアリティあふれる
 鮒谷の、

 実際のコミュニケーション事例を
 お話しいたしました。



■また、これもMさんがおっしゃって
 下さっていることですが、


 コミュニケーションにおいて、

 たとえ言いたいことや
 気になることがあったとしても、

 我慢して伝えないのは
 ストレスとなるものです。



■とはいえ、

 力加減を誤って
 下手に強硬なメッセージを投げつけ、

 いきなり相手との
 バトルモードに入ってしまうと、

 関係性構築の糸口など
 掴めるはずもなく、


 さらにはそれが、
 誤解や思い込み、つまり

 「自分目線からの世界」

 から生まれた一方的な思い違いで
 あったことが判明したとしても、

 引っ込みがつかなくなったり
 取り返しがつかなくなり、


 関係性構築どころか
 修復すらままならなくなる、

 そんなことすら起こりえます。



■にもかかわらず
 コミュニケーションのスタイルが、

 「我慢モード」か「バトルモード」かの
 いずれかに寄ってしまうことで、

 人生をわざわざ生き辛くしている人の
 いかに多いことでしょう、、、


 思い当たる節のある方も
 少なくないのでないでしょうか。



■コミュニケーションの姿勢が
 いずれか一方に偏り、


 「最初は我慢する、
  いよいよとなったらブチ切れる、

  あるいは、

  ブチ切れた後の結果は
  見たくないからひたすら我慢」


 といった、振り子のように
 両極端に振れるのは、

 互いにとって不幸です。



■よほど特殊な人を除いては

 「誰かと喧嘩してやろう」

 と手ぐすね引いて
 待ち構えている人など、

 あろうはずもありません。



■みな、心の底では、

 他の人と仲良く生きていきたい、
 つつがなく暮らしたい、

 と思っているものです。



■にもかかわらず、

 「言いたいことも言えない
  こんな世の中じゃ、、、ポイズン!」


 あるいは

 「言いたいことを
  ぶちかましたところが、

  実は誤解や勘違いに基づくもので
  あったために事後処理が大変に」


 という経験はどんな人も
 持っているのではないでしょうか。



■人間関係を良好に、
 さらに炎上リスクを極小化して、

 毎日、機嫌よく生きていくための
 スキルを身につけるための勘所、


 そんな極意が説かれている
 コンテンツがあったとするならば、

 あなたはその価値に対して、
 いくらくらいの値段を付けるでしょう。



■その勘所とは具体的には


 -----------------------

 1、コミュニケーションにおける
   基本的知識と基礎姿勢

 2、多様な人の背景を理解する力
   (文脈把握力)

 3、推察&洞察力

 4、3つのカメラ(自分と相手と、両者を
   俯瞰するポジション)を瞬時に
   切り替え続ける精神的習慣

 -----------------------


 の4つです。



■今、詳細なことは分からないとしても、

 こうしたことも知らず、
 知ろうとも学ぼうともせず、


 したがって意識することもなく、

 どれほど頑張って人間関係を
 構築しようとしたところで

 「出たとこ勝負の運任せ」

 となるのは当然、
 と思われないでしょうか。



■私(鮒谷)なら、

 もし上記4つについて説かれている
 コンテンツが外販されているのなら

 「100万円の値段をつけても
  高くない」

 と思います。

 大げさに言っているのでは
 ありません。



■なぜなら、人間関係構築スキルは

 「一生モノの財産」

 であるからです。


 しかも

 「一度、身につけたら陳腐化しない、
  失われない永続性の高い汎用スキル」

 でもあるからです。



■反対に、

 そのスキルを説明するための
 明瞭な言語を保持しておらず、

 それゆえ、良好な関係性構築における
 再現性を持たせられない人は、


 「人間関係でトラブルが生じた時の
  あの、いやーーーな気持ち」

 を、

 何度も何度も、生涯にわたって
 繰り返すこととなるでしょう。



■こうしたことが、
 人生において繰り返し生じる人は


 「人間関係における
  炎上リスクを極小化し、

  毎日、機嫌よく生きていくための
  スキルを身につけるための勘所」


 を何も理解していません。

 (だから幾度も繰り返される)


 しかし、その理由がどこにあるのかも
 何もわからないのです。

 (だから幾度も繰り返されるのは当然)



■こうした

 「いつ何時、ふたたび人間関係で
  嫌な気持ちにさせられるか」

 といった不安や恐怖を抱えたまま
 生き続けるストレスを、


 それがゼロ、あるいは控えめにいっても
 五分の一、十分の一に軽減できるのなら、

 やっぱり控えめに言っても

 「100万円の値段をつけても
  高くない」

 と私(鮒谷)などは、思うのです。



■以上のような話について、

 具体的かつ実践的内容を含めて
 掘り下げた話も今般リリースした

 「同床異夢音源」

 において語らせてもらっています。


 関心をお持ち頂けるところがあれば
 ぜひ、以下の

 「コミュニケーションについて
  鮒谷が放談した音源」

 について聴いてみて下さい。



■今だけ、

 「ご感想をお送り下さる方限定」

 にて、

 定価の30%オフ(約11,000円引き)の
 モニター価格にてお求め頂けます。


 ※ご感想送付クーポンも別途、
  3,000円分おつけしますので、

  実質、約14,000円引きにて
  音源をお求め頂けます。



■ちなみに当音源は

 【明日、23日(火)の
  23時59分】

 をもって、モニター価格での
 お申込み受付を終了いたします。

 お求めは、今すぐどうぞ。



■私(鮒谷)が初めて
 タイトルに

 「コミュニケーション」

 という言葉を冠して
 提供する音源となります。

 この意味を察して下さい、、、


 -----------------------


【鮒谷周史の、圧巻!

 同床異夢・呉越同舟の世界を生きる
 私たちが絶対に心がけるべき、

 摩擦なく、この世における
 陣地獲得を進めるための、

 超実践的コミュニケーション術】


 ~鮒谷のスーパー生々しい
  コミュニケーション事例から、

  花火大会と、インタビュー音源と、
  みどりの窓口で吠えているおっさんと、
  震えて眠れの話



 ▼収録時間:約169分(2時間49分)


 ▼価格:

  定価は35,000円(税抜)となりますが、
  音源モニター特別価格として、

  原則として1週間(最長2週間)以内に
  【ご感想を送付下さる方限定】で

  30%オフ(10,500円引き)の

  【24,500円(税抜)】

  にてご提供させて頂きます。


 ※ご感想をお送り下さった方には
  当社音源販売にてご利用いただける

  【3,000円分の割引クーポン
   (6ヶ月間有効)】

  も、合わせてご提供しますので、

  【 24,500円(税抜)から、
    さらに実質3,000円引き 】

  にてお求め頂けることとなります。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 

 (クーポンの利用忘れ等、決済完了後の
  お問い合せにはご対応致しかねます。
  あらかじめご了承ください)


 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>

 


 ※年間プログラム参加者の皆様には
  既に送付済みの音源となります。

  間違って購入せぬようご注意下さい。


 -----------------------


 ▼音源の、まとめてのお求めを
  ご検討下さっている方は

  「音源コンシェルジュ」
  https://shinkaron.buyshop.jp/blog/2018/04/23/181754

  をご覧ください。



■当音源は

 【明日、23日(火)の
  23時59分】

 をもって、モニター価格での
 お申込み受付を終了いたします。

 お求めは、今すぐどうぞ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■コミュニケーションにおいては    「我慢する」と「いきなりバトル」の    間を行き来する振り子を    「中間地点に留め置く」    ことを意識するとよいだろう。   ■前者はストレスがかかり、後者も違う意味    でストレスが生じるものである。   ■絶妙な中間地点をキープ    =コミュニケーション上の共有地を探す、     あるいは妥結点を見出す    ということであるが、    この状態を作るためには「勘所」がある。   ■勘所を身につけるためには、    1、コミュニケーションにおける      基本的知識と基礎姿勢    2、多様な人たちの背景理解(文脈把握)    3、推察&洞察力    4、3つのカメラを瞬時に切り替え続ける      精神的態度    が要求される。   ■こうしたことも知らず、    したがって意識することもなく、    人間関係を構築しようとしたところで    「出たとこ勝負の運任せ」    となるのは当然と思われないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。