毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6123号 専門性100なのに成果を出せない人と、専門性50で高い評価を受ける人


■先日来、販売してきた


 --------------------------------

 【九死一生!】

 情報商材や高額アフィリ塾、
 最後はFXで全財産資産を吹っ飛ばし、

 とどめを刺されて
 「借金だるま」と化し、

 一時は自殺を考えるほどに
 追い詰められてより、

 わずか一年で大復活した男が語る、
 手に汗握る、実録インタビュー音源

 --------------------------------

 【面目躍如!】電通辞めて、年収5倍!

 電通において独自のスタンスで仕事を
 貫いてきた男が、

 独立わずか一年、圧巻の変化率で
 コンサルタントとして超速の大成功を
 遂げるまでの、

 内面変化と外的行動をたどる
 手に汗握る、実録インタビュー音源

 (年間プログラムのお客さまと
  鮒谷との対談音源)

 --------------------------------


 の2本組み音源ですが、

 おかげさまでたくさんの方に
 お求め頂いております。



■頂戴したご感想の更新が
 まったく追いついていないのですが、

 以下のような感想を
 頂戴しております。


 <当音源をお聴きくださった方から
  お寄せいただいたご感想紹介>
 


 -----------------------

 ※当音源のお求めは
  以下よりどうぞ。

 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 

 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>
 

 -----------------------



■お二人とも、

 1年ないし2年という時間で劇的に
 ご自身を作り変えていかれました。


 その理由は複数、ありそうですが、
 外せないのが二人とも

 「愛されキャラ」

 であり

 「無敵キャラ(敵がいないキャラ)」

 であったことは
 間違いなさそうです。



■お二人とお会いした人は
 分かると思いますが、

 端的にいって、お二人とも揃って

 「いい人」

 なんですよね。



■仕事するにせよ、
 協力してもらうにせよ、
 アドバイスを貰うにせよ、

 「愛される」

 あるいは少なくとも

 「嫌われない」

 というのは重要な要素です。



■人間社会における
 あらゆる営みの中心に

 「コミュニケーション」

 があるわけですが、


 人との関係性構築において
 意識することもなく、

 感情任せ、成り行き任せで
 テキトーにやり取りしている人と、

 上記のことをきちんと意識して、
 自らの振る舞いをマネジメントする人、


 この両者は、将来、大きな差となって
 現れるのはいうまでもありません。



■もっといえば、

 今のあなたや私の状況を
 振り返れば、

 これまでのあなたや私の
 コミュニケーションの点数が付けられる、

 とも言えるでしょう。



■今、もしあなたが
 悪くない状況にあるのなら、

 (全てとは言わないまでも)
 少なくない割合で

 「あなたのコミュニケーション能力が
  寄与している」

 ことは間違いありません。

 もちろん、逆もまた、真なりです。



■当たり前といえば
 当たり前の話ですね。


 どれほど仕事ができたとしても
 疎んじられる人と、

 仕事はほどほどだけれども、
 愛されたり、可愛がられる人、


 どちらのキャリアが広がっていくか、
 チャンスを掴んでいくか、

 言わずもがなの話といえるでしょう。



■それほど重要な

 「コミュニケーション能力」

 であるにもかかわらず、


 どういうわけか
 そこに意識を向けることもなく、

 学ぼうともしないし、
 トレーニングを重ねている人も少ない、

 ように見受けられます。


 とてももったいないこと。



■専門性を磨いたり、
 資格取得に投じている資源の、

 10パーセントでも20パーセントでも
 振り向けるだけで、


 特に、これまでそうした方面に
 投資してこなかった人であれば、

 むしろ専門性や資格取得への
 リソース投入よりも、


 より短期間で、より効率よく、
 求める結果を手にすることができる、

 ように思われます。



■わかりやすく言うならば

 「専門性100 × コミュニケーション能力0」

 の人と

 「専門性80 × コミュニケーション能力20」

 の人のほうが機会を
 与えられやすいのでは?

 ということです。



■以下の数式が本当に正しいのかは、
 精査は必要ですが、


 単純に両者の積が最大化される
 ポイントを考えると

 「専門性50 × コミュニケーション能力50」

 で、この数式は、
 当たらずとも遠からずでは、


 とすら思えます。



■なぜかといえば、

 この人は、今は専門性100や80の人に
 専門分野の知識や経験は劣後するが、


 その代わり(愛されキャラで)

 指導を受けられたり、
 現場経験を重ねられたり、


 失敗しても(可愛げパワーで)
 許してもらえたり、

 クレームも少なくなるので
 折れることもなく、


 それゆえ数をこなせるようになり、

 やがて専門性100や80の人を
 追い抜いていくこととなるからです。



■となると、

 中期視点で見たときに

 「専門性50 × コミュニケーション能力50」

 のあたりを、まずは個人として
 目指すとよいのではないでしょうか。


 そこで当確を表すことによって
 やがてバランス良く

 「専門性100 × コミュニケーション能力100」

 といった方向に育っていくことと
 なるであろうから。



■所与の資源(時間やお金)は
 有限であるからこそ、

 投資する前に
 配分の比率と順序について、

 真剣に考える必要が
 あるわけですが、


 少なからぬ人が

 「専門性さえ磨けばなんとかなる」
 「資格取れれば、食べられるっしょ」

 と思っているので、

 上述の通り
 これは極めて危うい考え方、

 と言わなければなりません。



■能力の高い、コミュニケーション能力に
 乏しい人は、

 相対的に能力が低い、
 コミュニケーション能力の高い人に対して、

 「うまくやりやがって」
 「調子に乗りやがって」
 「大した能力もない奴なのに」

 と言いたくもなるわけですが、


 そもそも、

 コミュニケーション能力もまた、
 結果を出すために必須の

 「能力」

 の一つです。



■そこに優劣はないわけで

 自身の専門分野を上に見て、
 水準に至っていない人間を小馬鹿にする、

 という姿勢は

 「狭い視野で世界を眺めているのに
  その事実に気づいておらず、

  むしろ小馬鹿にされてしまう側の
  人間となってしまっている」

 可能性すらあるわけです。


 (でも、実は少なくないですね、
  こういう人は、、、)



■話を戻しますが、

 コミュニケーション能力を、

 専門性から生まれる価値を
 他者に適切に渡すための能力、

 と解釈するならば


 【コミュニケーション能力は、
  広義の専門性に含まれる】

 とすら思われます。



■私(鮒谷)がこんな考え方に
 至るようになったきっかけは、

 10年ほど前に

 『専門家の知恵
  ─反省的実践家は行為しながら考える』

 『臨床の知とは何か』

 といった本を読んでからのこと。



■このテーマについての詳細は
 上記書籍に譲りますが、


 こうして私(鮒谷)は各分野の
 専門家やプロフェッショナルの、

 コミュニケーション能力を
 ないがしろにする姿勢

 (=分かるやつだけ分かればいい)

 は単なる自身の怠惰に過ぎない、


 という結論に至るだろうとの
 確信を持つこととなりました。



■、、、ここまでの話の全てとまでは
 いわないにせよ、

 たとえ一部であっても
 首肯頂けるところがあったならば、

 ぜひ、以下の

 「コミュニケーションについて
  鮒谷が放談した音源」

 について聴いてみて下さい。


 そんなあなたであれば、

 きっと何らかの気づきやきっかけを
 得て頂けるものと信じております。



■今だけ、

 「ご感想をお送り下さる方限定」

 にて、

 定価の30%オフ(約11,000円引き)の
 モニター価格にてお求め頂けます。


 ※ご感想送付クーポンも別途、
  3,000円分おつけしますので、

  実質、約14,000円引きにて
  音源をお求め頂けます。



■この機会に、今すぐお求め下さい。


 私(鮒谷)が初めて
 タイトルに

 「コミュニケーション」

 という言葉を冠して
 提供する音源となります。

 この意味を察して下さい、、、


 -----------------------


【鮒谷周史の、圧巻!

 同床異夢・呉越同舟の世界を生きる
 私たちが絶対に心がけるべき、

 摩擦なく、この世における
 陣地獲得を進めるための、

 超実践的コミュニケーション術】


 ~鮒谷のスーパー生々しい
  コミュニケーション事例から、

  花火大会と、インタビュー音源と、
  みどりの窓口で吠えているおっさんと、
  震えて眠れの話



 ▼収録時間:約169分(2時間49分)


 ▼価格:

  定価は35,000円(税抜)となりますが、
  音源モニター特別価格として、

  原則として1週間(最長2週間)以内に
  【ご感想を送付下さる方限定】で

  30%オフ(10,500円引き)の

  【24,500円(税抜)】

  にてご提供させて頂きます。


 ※ご感想をお送り下さった方には
  当社音源販売にてご利用いただける

  【3,000円分の割引クーポン
   (6ヶ月間有効)】

  も、合わせてご提供しますので、

  【 24,500円(税抜)から、
    さらに実質3,000円引き 】

  にてお求め頂けることとなります。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 

 (クーポンの利用忘れ等、決済完了後の
  お問い合せにはご対応致しかねます。
  あらかじめご了承ください)


 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>

 


 ※年間プログラム参加者の皆様には
  既に送付済みの音源となります。

  間違って購入せぬようご注意下さい。


 -----------------------


 ▼音源の、まとめてのお求めを
  ご検討下さっている方は

  「音源コンシェルジュ」
  https://shinkaron.buyshop.jp/blog/2018/04/23/181754

  をご覧ください。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■コミュニケーション能力は、    広義の専門性に含まれる。   ■専門性から生まれる価値を渡すためには、    一定以上のコミュニケーション能力が    必要であり、    その水準を満たしていない専門家や    役割を全うできないからである。   ■ビジネスパーソンは皆、さまざまな分野に    おける専門家であるべきであり、    とするならばコミュニケーション能力の    向上と無関係な人など、    原理的に存在するはずがないのである。   ■価値を生み出すためにも、    適切な評価を得るためにも、    今一度、コミュニケーション能力の向上に    ついて意識を向けてみてはどうか。   ■世間一般の理解とは異なり、    コミュニケーション能力は鍛えれば、    鍛えるほど高まる能力なのだから。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。