毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

北斗セールス拳がセールス界最強の拳法である理由


■こんばんは、鮒谷です。


 先日よりご案内してきた


 ------------------------

 <音源リリース記念につき、
  特別価格にてご提供>

 【鮒谷周史の、圧巻!

  いま明かそう!
  「北斗セールス拳&南斗コンサル拳」
  の秘奥義を!音源


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>

 ------------------------


 ですが、いまだけ

 【音源リリース記念特価】

 として、

 「定価の30%オフ
  =約8000円のお値引き」

 でお求め頂けます。



■この価格でお求め頂けるのは
 今週末の 

 【5月17日(日曜日)の
  23時59分まで(あと3日)】

 となりますので、
 お求めはお早めにどうぞ。

 (それ以降は定価に戻ります
  =約8000円の値上げとなります)



■当音源をお聴きくださった方からは、

 毎日、紹介しきれぬほど
 数多くのご感想を頂戴しております。


 (皆さま、ありがとうございます!

  より良いコンテンツづくりのために
  毎回、全てを熟読しております)



■以下に当音源をお聴き下さった
 皆さまからの感想を一部、ご紹介。


 まさに「十人十色」です。

 置かれた環境やご職業、ご経歴に応じて、
 それぞれの観点から記述下さいました。


 お求めになる際の、
 ご参考までに、、、

 ※既にお求めくださった方は
  復習、定着にご活用くださいませ。


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷様
 セカンドステージの皆様


 いつもお世話になっております

 今回の音源もリリースされて
 即購入させていただきました


 今回の音源は、鮒谷さんがメルマガでも
 書かれていた通り、

 「マジックの種明かし」

 と仰っていましたが、
 まさにその通りだと感じました。


 鮒谷さんの意思決定基準として

 「頂いた代価の10倍を価値提供する」
 「プラスの痕跡を残す」
 「未充足なニーズをあてる」

 という言葉は音源を聴いて
 よく耳にしていましたが、


 今回、その考え方・思考・行動などを
 具体的に言語化された貴重な音源であり、

 本当に「そうか!」と納得することが多く
 学びになる音源でした。


 自分がその領域にいくためには、

 結論として実践経験を積む
 修業をするしかないのですが、

 「ラポール、推察、類推、洞察」

 を意識してコミュニケーションするのと
 しないのでは、

 大きく差が出ると感じています。


 そのことで、特に心に響き残ったのは
 3点あります。


 1点目は、ラポールの重要性。


 自分自身も何となくは、
 大事だなと思っていましたが、
 音源を聴いて確信に変わりました。


 何よりもラポールは、営業だけではなく
 人と人の関わること全てにおいて、

 「相手に心を開いてもらえる」、
 「安心して本音を話してしてもらう」

 という意味では、
 コミュニケーション力として
 とても重要だと実感しました。


 そして、よくある営業経験の話。


 私も経験があるのですが、
 自分の知識不足や自身のなさから、

 自分のできる範囲、分かる範囲、
 得意な範囲に持っていこうする、

 また、これがニーズだと決め付け、
 提案していました。


 そこでお客様から「違う」と言われると
 強引につめるか終了のいずれかになる。


 そのことを何となく感覚では
 分かっていましたが、

 見事に言語化されており、
 これも大きな学びになります。


 ラポールで大事なことは、

 お客様の本当の声が聴けるように
 自分の姿勢を見直すことであり、

 相手の話に全力で耳を傾けて聴く。
 「聴く力」が大事だということ。


 アドラー心理学やコーチングでいう
 「相手も認める」と同じだと思います。


 そして、「聴く力」と同じくらい
 大切なのが、「質問」する力。


 相手の心の深いところを探すには、
 いかに良い質問を相手するか、

 それは自分の理解というよりも
 相手自身に自分を深めてもらうための
 質問をするということだと感じています。


 だから、相手のことを
 全力で理解しようとする姿勢が
 本当に大事になると感じました。


 ラポールをするためにも、
 相手が「話してみよう」と思えるだけの
 人格(いい人)、実績(すごい人)、

 期待させる雰囲気を
 自分自身でつくっていく必要があることを
 実感したのと同時に、

 鮒谷さんの場合、それを
 メルマガでされているというお話があり、

 納得しかなかったです。


 確かに、メルマガで鮒谷さんの人格も知り、
 実績を知っている。


 そんな鮒谷さんの音源だからこそ、
 安心して買える。

 点だったものが線になったように
 思えます。


 2点目は推察と洞察。


 相手が気づいていない、

 それゆえ、未だ充足されていない
 潜在ニーズについては、

 推察と洞察で対応するということ。


 推察と洞察という言語を使われたことで
 頭がすっきり整理できました。

 ここでは、推察をしようと思うと
 膨大な経験則が必要。


 つまり、膨大な数のデータベースが
 必要であり、

 そのデータベースに基づき仮説を立て、
 パターン認識していくということ。


 だから、最初はデータ不足になるが、
 それでも傷つきながら実践していく。

 プロになるのは当然の道だということを
 言葉を通じて教えていただきました。


 そのうえでパターン認識・データベースにない
 未充足ニーズの場合は、

 お客様もこちらも課題がわからない時に
 緊張感が一気に高まる。


 そこで、洞察。物事の
 本質を見つけていく力が必要となり、

 それに加えて
 俯瞰する力も必要だということ。


 様々な角度、様々な事情から
 本質を見つけていくというプロセスになり、

 ここで、お客様と更なる対話を深め
 自分の持てる力を全て振り絞りることで、

 お客様の「これだ」を見つけることができれば
 大きな喜びに代わり、

 それがまた自分の血となり
 推察のデータ化されることになる。


 だからまずは、
 お客様とのラポール形成を図りながら、

 自分の経験・実積をあげて
 データベースを拡大させる。


 こうして推察・仮説できるように
 なって初めて、

 洞察の領域に入ることができる
 イメージだと捉えています。


 ただし、この洞察の領域は、

 「営業、コンサルティング」に
 自分の命や人生など全てをかけて

 お客様の未充足のニーズを考えている人、
 常に考え続けることができる人、

 でないと立ち入ることのできない
 領域だと思います。

 そして、これこそが仕事をしていくうえでの
 本当の醍醐味でもあると言えます。


 この領域までいければ、

 他を凌駕し、排他的なビジネスが
 できると確信しました。

 それを実現していくことで
 自己重要感や自信も増し、

 さらに成長が加速していくのだと
 思います。


 最後、3点目は
 仕事は価値提供業あること。


 当たり前ですが、
 改めて言語化されたことで心に響きました。


 お客様に価値を渡せないものは
 仕事ではない。

 つまり、お客様のお役に立てないのは
 仕事ではないということ。

 だから、常にお客様に
 価値提供できることを探し続ける。


 それは日常生活から
 無意識に探している状態であり、
 お客様のことを考え続けるということ。

 その行動が常態化していることだと
 感じました。


 今回の音源を聴いて、
 もう修行しかないと確信しました。

 そして、更なる高みを目指して頑張ります。


 改めて、いつも貴重な学びを戴き
 本当にありがとうございます。

 今後ともよろしくお願いします。
 本当にありがとうございました。


 (金融機関 R.I さま)


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>


 --------------------------------


 鮒谷様、
 セカンドステージの皆様


 この度は北斗の拳セールス音源を
 拝聴させて頂き、ありがとうございました。


 今回の音源で語られていた
 セールスの秘訣とは、

 ある意味で当たり前でありつつも、

 誰も正面を切って語らなかったお話を
 されているように思いました。


 それというのも一般的に見て

 「汎用性がない」

 と言われてしまう内容だからです。


 その意味で、

 これまでの鮒谷さんのお話の文脈を
 理解していなければ
 容易に理解できない部分もあり、

 聞く人を選ぶ音源だと感じました。


 鮒谷さんの語っておられる
 セールスの理論は極めてシンプルであり、

 「ニーズをつかみ、それを提供する」

 ということに尽きるのだと
 理解しています。


 ただ、その「ニーズ」とは何か、
 という部分において

 極めて深堀りをされているのが
 この音源で語られている内容でした。


 「これが欲しい」と言われて、
 それを提供するのがセールス初心者。


 「これが欲しい」と言われて、
 「もっといいものありますよ」と言って、

 お勧めのものを提供するのが
 セールス中級者。


 「これが欲しい」

 と言われて、

 「もっといいものがあるはずなんだけど、
  すぐにはわからない...」

 と悩み、
 それを乗り越えて、

 クライアントに
 感動を与えるものを売りつつ、

 自らも成長するのがセールス上級者。


 その中でこの音源では
 セールス上級者になるための道筋を
 語られています。


 しかし、上級者というだけあって、
 そこに到達するのは容易なことではなく、

 鮒谷さんが

 「コンサル量稽古」

 をされてきた歴史から
 それが感じ取れます。


 クライアントの話を聴き取り、
 それを受け止めると同時に、

 瞬時にパターンを複数提示するとともに、

 それに嵌らないと見るや、
 クライアントを洞察、推察することにより、

 より深いニーズをつかんで行く、
 という過程が理解できました。


 この音源の難しいところは、

 鮒谷さんの感じておられるような、
 深いニーズをつかみ、

 それに対するソリューションを提供した
 ことによって得られる一種のカタルシスは、

 形として人前に提示することが
 できないものであり、

 それをやったことがある人にしか
 わからないということだと思います。


 この音源を聴く人の大半は、

 (私を含め)そのようなカタルシスを感じた
 ことがないことが前提となっているのであり、

 鮒谷さんの感じた境地に達するのは
 相当に難しいことでしょう。


 しかし、少なくとも、

 日々お客様のニーズを汲み取って
 やっているつもりの業務の周囲に、

 深く、広大なニーズの世界が
 あることを知るかどうかだけでも、

 行動の指針は大きく変ってきます。


 この音源の効果が本当に出てくるのは、
 これから

 「コンサル量稽古」

 のような修行を経た後でしか
 ないのかも知れませんが、

 ニーズの世界が広がっただけでも
 この音源には十分な価値があるものと
 思いました。


 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


 (アンサーズ法律事務所
  弁護士 荒木 俊和 さま)


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>


 --------------------------------


 いつも貴重なお話を
 ありがとうございます。


 最近毎週のように
 新しい音源がリリースされ、

 音源のヘビーローテーションが
 止まりません...。


 今回の北斗セールス拳音源についても、
 普段の音源よりも短めでありながら、

 多くの学びがギュッと詰まっていて、
 とても満足できる内容でした。


 と、同時に、会社員の頃、
 営業をやっていた時の自分のことを思い返し、

 恥ずかしいやら、やるせないやら、
 複雑な気持ちにもなりました。


 当時の自分は、
 メーカーの営業だったこともあり、
 販売するものが決まっていました。


 商談の際、常にお客様にとって
 最適な提案を心がけてはいたのですが、

 売上をあげたいというエゴから、
 ついつい決め打ちセールスに
 走りがちだったように思います。


 ひどい時は、

 「売ってもニーズは満たせないな」

 と感じるお客様に対しても、
 無理をして販売することもあり、


 鮒谷さんがご指摘されていたとおり、

 後工程が発生してしまうことも
 しばしばありました。


 本当に、できることなら、当時の自分に
 この音源を聞かせてやりたいくらいです。


 また、鮒谷さん自身の
 ラポールを築くための取り組みのお話は、
 大変参考になりました。

 特に、『すごい人と良い人の塩梅』に
 ついての話は、

 他ではなかなか聞けない内容ではないか
 と思います。


 (SNSやブログですごい人アピールが
  横行していますが、

  そういった人たちの発信に
  イマイチ共感できない理由が
  良くわかりました)


 最後に、

 「充足されていないニーズを
  満たそうとすことは、
  技法ではなく姿勢や態度である」

 という言葉は
 正直言ってかなり痺れました。


 推察と洞察の話なども、
 拙い営業経験に照らし合わせ、

 ところどころ理解できた
 (ような気がする)程度ですが、、、


 お客様に真摯に向き合うことが
 当たり前の状態になれるように、
 日々研鑚を重ねていきたいと思います。

 今回も本当にありがとうございました。


 (Web広告(自営)N.T さま)


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>


 --------------------------------


 今回の音源はセールスやコンサル業を
 行い始めた私にとって
 まさに必要なタイムリーな音源でした。


 一番大きな学びが

 「潜在ニーズを掘り出す必要がある」

 という意識を持つようになった
 ことです。


 以前も潜在ニーズの話を
 聞いたことがありますが、

 私の認識では、
 それはできた方が良いだろうけど、

 大きな価値を与える一手段という
 程度の認識で、必要という話ではない、

 と考えていました。


 しかし、今回の音源を聞くことで、
 潜在ニーズを掘り出さなければならない、

 少なくとも、それを目指さねばならない、
 ということははっきりしました。


 鮒谷さんが「価値の10倍返し」ということを
 話されていますが、

 コンサルでこれを実現するためには
 潜在ニーズの掘り出しは
 唯一無二の方法だと思いました。


 相手の想定の価値を満たすだけでは、
 いくらうまくやることができても、
 10倍というレベルには達しませんので。


 会心の一撃で相手の急所を突く、

 ゴリゴリ押してるなら、
 何かが間違えている、

 このような言葉で、お客様と向き合う
 基本的な姿勢を教えて頂きました。


 ここからは、この音源を聞いて
 私が考えたことを書きます。


 このように潜在コンテンツを
 引き出すにはどうすれば良いのか
 ということです。


 もちろんラポールを築くとか、
 気を入れるなどは必要な条件なのですが、

 それだけで実現するとは思えません。


 色々条件はあるでしょうが、

 私は、顧客の選別が
 重要なのではないかと考えています。


 つまり、

 潜在ニーズを掘り起こすことができる顧客は
 ある程度、自分と同じ価値観を持っており、

 心から共感できる相手でなければならない
 ような気がしています。


 考えてみれば、鮒谷さんのメルマガは
 かなりの分量で、一般的には読むだけで
 大変だし、

 そこに書かれた思想も一般的に広く
 受け入れられるものではないような気がします。


 まずその壁を乗り越えて、
 さらに音源なども購入していくわけです。

 (私もその一人なのですが)


 音源も世間的一般の価値観では
 高額ですから、

 これを乗り越える人は
 鮒谷さんにとって

 「潜在ニーズを掘り起こせる」

 可能性が高い方
 であるといえるでしょう。


 最近、鮒谷さんの音源販売では、

 「聞く人を選ぶ音源」

 などと、あえて顧客層を
 制限するものが多く見られますが、

 これも価値提供できる人を
 選んでいるのだな、

 と考えることが
 できるようになりました。


 音源中でも

 「自分が価値を提供できない時は
  売らない」

 ということをおっしゃっていましたが、

 私もこのようなスタンスでいられたら、と
 良い見本を見せていただきました。

 こんなところを自分のビジネスにも
 取り入れていきたいと思いました。


 いつもながら、良質のコンテンツの提供
 ありがとうございました。


 今回の音源はコンパクトということもあり、
 自分がコンサルなどで顧客と会う際には、

 事前に聞くことをルーチンとしたい、
 と思います。


 (半導体エンジニア 蔵本 貴文 さま)


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>


 --------------------------------


 鮒谷さん、


 この度も貴重な音源を
 ありがとうございました。


 コンサルにあたって、

 【推察と洞察】

 という切り分けがすごく腹に落ちました。


 量稽古を積んでいき、

 自分の中にあるデータベースを
 積み重ねていくことが【推察】であり、

 この推察を重ねていくことにより、
 データベースが充実していく。


 そして、そのデータベースをもとに、

 仮説を立てることが
 【洞察】であるとのこと。


 結局のところ、

 データベースを積み上げていき、
 推察する力を引き上げ、

 その後に初めて
 洞察という過程に入ることができる。


 その結果、相手の

 【未充足の潜在ニーズ】

 に切り込んでいくことができるものと
 理解いたしました。


 聞く人を選ぶ音源、ということで
 かなり構えておりましたが、

 私自身、量稽古とまでには
 至っておりませんが、

 同じようなところで
 つまずいた経験があったため、

 すごくすごく共感する部分がありました。


 そしてその部分について、

 推察と洞察という言葉で、
 区別をしていただいたことが、

 すごく腹に落ちたという次第です。


 私自身が鮒谷さんのみならず、

 同じ税理士業界の方から
 コンサルティングを受けさせていただく中でも、

 やはりこの人にお願いしてよかった、
 と思えるのは、


 自分がこれまで考えもしなかったことに
 フォーカスしていただいたこと、

 つまりこれこそが未充足の
 潜在ニーズをえぐられた状態であり、


 ここに切り込んでいただけた瞬間に
 感動が生まれ、

 その人への信頼関係が
 グン!と高まっていくように思います。


 これと逆のことを、これからの
 お客様にして差し上げることこそが、

 真の顧客ニーズに訴求することであり、


 お客様の立場に立って考えたときに
 本質的に必要なものである、

 そのように心から思います。


 とは言え、

 私も実際に鮒谷さんより個別コンサルを
 通じてこうしたことを教えて頂いており、

 実際に実行していっているところでは
 ありますが、

 実行すると本当に難しいことを
 痛感します(笑)。


 これこそが、本当に言葉に表すのが難しい
 【身体感覚】なのでしょうね。


 身体感覚なので、

 きっと自転車に乗ることが
 できるようになるが如く、

 失敗を繰り返して
 何度も経験していくことにより、

 自分の血となり肉になっていくもの
 なんだろうと、

 この音源を聞かせていただいて
 強く感じました。


 本当に営業やコンサルティングを
 業としている方にとっては、
 すごく貴重な音源であるように思います。


 と同時に、

 このような想いを持って
 営業やコンサルティングをされている方の
 サービスを受けたいものだなぁ

 と思った次第です。


 この度も本当にありがとうございました。


 引き続き個別コンサルなどでも
 よろしくお願いいたします。


 (村田佑樹税務会計事務
      村田 佑樹 さま)


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>

 --------------------------------


 皆さま、長文のご感想、
 ありがとうございました!


 当音源をお聴きくださり、

 気づき、学びを得て頂けたようで、
 大変うれしく思います。

 (私(鮒谷)も
  ますます精進してまいります!)



■当音源をお聴きになれば、

 あなたのセールス、コンサルの力量は
 飛躍的に高まるに違いありません。


 「指先(筆先?口先?)一つで累計、
  数十億の売上げ」

 を立ててきた私(鮒谷)は
 もとより、


 数多くのお客さまの実践事例を
 通して実証済みの

 「北斗セールス拳
  &南斗コンサル拳」

 の秘奥義を開示した、

 (収録時間自体は短くとも)
 自社史上最高バリューの音源、

 となります。



■ちなみに、、、

 購入すべきのは「音源の収録時間」
 ではなく「価値そのもの」ですね。


 この音源で語られていることを
 実践して


 「売って売って売りまくれる
  状態になった」

 「コンサルティングにおいて
  お客さまのニーズを的確につかみ、
  いつも喜んで頂けるようになった」


 とするならば、

 当音源はこれ以上ないくらいに
 安価な買い物であった、

 ということにならないでしょうか。



■賢い買い物をしている人とは

 「(値段ではなく)価値を見て
  購入の意思決定を行っている人」

 のこと。


 価格も安いけれども、
 価値も低かった、

 そんな買い物は
 「安物買いの銭失い」と言われます。



■価格は高いけれども
 価値ははるかにそれ以上であった、

 来る日も来る日も、そんな買い物だけを
 意識して続けていけば、

 人生はどんどん豊かに
 なっていくのは当然です。



■でもみんな、

 目に見えるもの(安い値札)だけを
 見て

 「安物買いの銭失い」

 を繰り返すんですよね。

 だからなかなか人生が
 豊かになっていきません。



■せっかく私たちは
 一生懸命に生きているのだから、

 経済的にも、非経済的にも
 報われたいものです。


 そんな世界を生きたいのなら

 「すべての買い物を
  消費ではなく、投資と捉える」

 ことに焦点を合わせると
 良いでしょう。



■私(鮒谷)は、財布を開く時には


 「つねに、必ず」

 「このお金は、より私を豊かに
  してくれるための投資といえるか」


 と自問自答しています。


 イエスであれば、
 価格が高くとも買うし、

 ノーであれば
 たとえ1円でも買いません。



■そういえば、

 今日もある教育コンテンツ
 (25万円)を即決で購入しました。


 期待値を考えたとき、

 自分の未来を豊かにしてくれると
 考えたので

 「高くて安い買い物」

 です。


 さらに、こうした
 高額投資をするから

 「後に、その買い物が
  安い買い物であったと言えるように、
  全力で努力できる」

 ようになるのです。

 でなければ、カネをドブに捨てるのと
 同じことになりますからね。



■買い物一つをとっても、

 こうしたメカニズムを
 身体で理解している人は、

 どんどん人生を
 充実させていくでしょう。



■一方で、

 買い物における、適切な
 意思決定基準を確立していない人は、


 「見栄や体裁」

 のため、あるいは、

 「自分へのご褒美」

 とかいう、

 分かったような、
 分からぬような

 自分の欲望を満たしたいがためだけの
 言い訳で自己説得し、

 その場の思いつきで
 テキトーにカネを使うでしょう。


 そんなことをしているから

 「未来は閉じるし、
  当然、カネもたまらない」

 こととなるのです。
 当たり前の話。



■買い物一つ一つに、
 自分の未来の運命が宿っている、

 このことを理解している人は富み、
 そうでない人は(、、、以下略)

 ということです。


 あんまりいうと嫌われるので、
 これくらいにしておきます。



■そんなわけで当音源、


 今週末の 

 【5月17日(日曜日)の
  23時59分まで(あと3日)】

 までは


 「定価の30%オフ
  (およそ8000円引き)」

 にてお求め頂けますので、

 値上がり前のこの機会に、
 今すぐお求めください。


 (当キャンペーンについては
  ご感想の送付は不要です

  お送り下さった方には
  3000円分のクーポンコードを
  発行しております)


 ------------------------

 <音源リリース記念につき、
  特別価格にてご提供>

 【鮒谷周史の、圧巻!

  いま明かそう!
  「北斗セールス拳&南斗コンサル拳」
  の秘奥義を!音源


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>

 ------------------------


 ▼音源の、まとめてのお求めを
  ご検討下さっている方は

  「音源コンシェルジュ」
  https://shinkaron.buyshop.jp/blog/2018/04/23/181754

  についてご覧ください。 


 【今日の名言】

 --------------------------------

 無理に売るな。
 客の好むものも売るな。
 客のためになるものを売れ。

 (松下幸之助)

 --------------------------------

 真のマーケティングは、
 顧客から出発する。

 すなわち人間、現実、欲求、価値から
 出発する。

 (ドラッカー)

 --------------------------------

 ビジネスで成功する一番の方法は、

 人からいくら取れるかを
 いつも考えるのではなく、

 人にどれだけのことをして
 あげられるかを考えることである。

 (デール・カーネギー)

 --------------------------------

 美しい女性を口説こうと思ったとき、
 ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、
 君は15本贈るかい?

 そう思った時点で君の負けだ。
 ライバルが何をしようと関係ない。

 その女性が本当に何を望んでいるのかを、
 見極めることが重要なんだ。

 (スティーブ・ジョブズ)

 --------------------------------



■お求めは以下より、今すぐどうぞ。


 ------------------------

 【鮒谷周史の、圧巻!

  いま明かそう!
  「北斗セールス拳&南斗コンサル拳」
  の秘奥義を!音源


<当音源をお聴きくださった方から、お寄せいただいたご感想はこちら>

 ------------------------


 ▼音源の、まとめてのお求めを
  ご検討下さっている方は

  「音源コンシェルジュ」
  https://shinkaron.buyshop.jp/blog/2018/04/23/181754

  についてご覧ください。 




            鮒谷周史拝

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。