毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6099号 「嫌密」時代、新規の出会いは果たしてどこで生まれるか


■正直に告白します。


 先日リリースした

 【続・アフターコロナ音源
  (アバター音源)】

 が、想像以上に売れておりません...



■がっつりと販売しているように
 見せかけつつ、

 これまた、聴く人を選ぶ音源ですので
 販売数の最大化を目的とする、

 いわゆるセールスレター的な仕立てに
 あえてしない発信を重ねてきたので、


 想定の範囲内といえば
 範囲内なのですが、

 それにしても、
 想定の最下限くらい(笑)



■まあ、でも、よく考えみたら、
 そりゃそうですね。

 みんながみんな、

 オンラインでアバターを
 動かそう、動かしたい

 などとは思っているわけでは
 ありませんしね。



■ただ、これまでお伝えしてこなかった
 ことを一点だけ記しておくと、

 私(鮒谷)が

 「アバター(分身)」

 というと、どうしても

 「メルマガでの発信」

 をイメージされがちだと
 思うのですが、


 (実際に、

  アバター音源はメルマガの話だから、
  私には関係ないですよね、

  と数名の方から言われました)


 本当はメルマガでなくても、

 フェイスブック、ツイッター、
 ブログ、YouTube、インスタグラム、

 を活用しての発信は
 私(鮒谷)の定義としては皆

 「アバター」

 であるということは
 強調しておきたいと思います。



■これからの時代を見据えたら、


 少なくともフリーランスや
 個人事業主、零細企業経営者、

 あるいは会社にお勤めであってでも
 副業(複業?)をなさりたい方であれば、


 上記に上げたようなメディアや
 プラットフォームを活用して、

 オンライン上でのプレゼンスを
 高めることを必須ではないでしょうか。



■もう私は逃げ切り、このままでいい、
 という方はそれでいいと思いますが。


 特にこれからの時代は
 (少なくとも、おそらく数年は)

 できるだけ三密を避けようとする

 「嫌密」

 が人々の志向となるのが
 常態となるはずですから、

 「リアルでの新たな出会いの場」

 は、これまでと比べて
 激減するでしょう。



■たとえ

 「リアルでの新たな出会いの場」

 が激減する、あるいは
 一切、絶たれてしまったとしても、


 既にオンラインを活用して、

 いくらでも人間関係を広げていける
 人は大したダメージを受けません。



■正直にいうと、

 私(鮒谷)はコロナの後、むしろ
 出会いの数も質も加速しています。


 なんといってもすべての移動時間が
 なくなったので、

 そしてお相手も同じくテレワークによる
 通勤時間の大幅削減や、

 会食その他のイベントの減少による
 自由時間が増加していますので

 【ネットを介した、新しい出会い】

 がどんどん増えているのです。



■ただし、こうしたことが
 起こっているのは

 「私(鮒谷)が既にオンライン上で
  アバターを展開していたから」

 です。


 オンライン上のアバターを通して、

 コンサルその他を介した出会いが
 増えている、

 ということです。




■もし私(鮒谷)がメルマガその他、

 オンライン上に一切の存在が
 なければ、

 コロナ以降、どんどん人間関係は
 閉じていっていたであろうことは、

 100パーセント、間違いありません。


 存在を知り得ない人と
 関係を持ちようがないですからね、、



■すべてアバターを通して、
 新しい出会いを得ているのです。

 これまでも、こうした傾向は
 ありましたが、

 その流れが一気に進んでいることを
 まさに肌で体感しています。



■それゆえ現在は、

 コロナ以降、これまでよりも
 はるかにスケジュールが詰まっていて、

 パンパンで日程調整が
 本当に大変になっています。


 それもこれもすべて

 「アバターが新規の出会いや
  復活の出会いをもたらしてくれたから」

 なのです。



■日々、そんな経験をしているので、
 これからの時代、

 人間関係を広げる、
 さらには深めていくに際して、

 オンライン使っていない人は
 果たしてこれからどうなるのか、

 と個人的には思ってしまったりも
 するのです。


 おそらく新しい人間関係が生まれる
 機会は激減するでしょうから。



■変化の流れの先頭に立ちましょう、
 とまではいわないまでも、

 せめて追随はしておきたいもの、とは
 思われないでしょうか。


 もし思われているとするならば、

 その割には新音源に対する反応が悪い
 (悪すぎる)のです(汗)

 まったく秘孔を突けている感覚が
 持てません。

 北斗セールス拳、
 ついに破れたり、、、!?



■いずれにしても、

 これからの時代は、ネット活用の有無が
 大きな差とならなかった時代と比べて、

 いよいよ大きく差が開いていくことに
 なるのだと思います。



■アフターコロナ時代には、

 すべての人が
 三密を避けたがるという

 「環境(所与の条件)は変わらない」

 中で、


 新しいチャンスを
 手にしようとする人と、

 早く元に戻ってくれないかなと
 願う人

 (おそらく完全には戻らないし、
  戻るとしても数年はかかる)

 の二極化が進むことに
 なるのでしょう。



■そんな中、

 既にオンライン対応していた人は
 ともかくとして、


 これから
 数ヶ月、半年、一年、数年の間に、

 時代の変化に適応しようとする人と、
 一切対応しない人、

 両者の差は最初は小さく、
 かもしれませんが、

 やがて大きな差に広がっていくことに
 なるように思われます。



■そんな時代にあって、
 もしあなたが

 リアルのコミュニケーション能力は
 そのままに、

 それに付加する形で、


 「リアルを介さず、
  ネットから人間関係を広げて、
  さらには深める能力」

 をつけられれば、
 鬼に金棒ではないでしょうか。



■あるいは、

 変化対応できずに
 座して衰滅を待つばかり、

 となるよりもはるかによいと
 思われないでしょうか。



■以上、すべて私(鮒谷)の
 見立てですので、


 そんなはずはない、
 全て元通りに戻る、

 オンラインでのプレゼンスなど
 虚飾に過ぎぬわ!


 とお考えの人は、そのお考えのまま
 貫き通されると良いでしょう。



■私(鮒谷)も、未来がどう転ぶなど、
 予測も予言もできません。

 あくまでそうなる可能性があるのでは、
 と言及しているだけであって、

 もしそうなら、
 こうしておくといいかもね、

 と言っているだけの話です。



■そのような未来が訪れる
 可能性の存在を

 1、かなりあると思うのか
 2、多少はありそうと思うのか
 3、そんなわけがないと思うのか

 によって、あなたの

 「アバターマネジメント」

 に対する想いもまた、
 変わってくることになるのでしょう。



■私(鮒谷)としては、

 せっかくこれまで20年近く
 アバターを運用してきて、

 まあまあ、それなりに自身の人生を
 良い方向に彩ってくれた、

 と考えており、


 そんな人生を作り出してきた

 「アバターマネジメントの真髄」

 について放談させてもらった音源が

 【アバター音源】

 となります。



■私(鮒谷)としては、

 聴く人が聴いてくださったら、
 これは!!!

 と思って頂ける音源だと
 認識しているのですが、


 あんまり売れてないので、もう

 「もう、細かな説明をしなくても
  買ってくれる人だけが
  買ってくれたらいいや」

 そんなだんだん投げやりな気分に
 なってまいりました(笑)



■なので、この際、

 お金と暇と好奇心と、未来に対する
 可能性に投資したい人だけ、

 よければ買って下さい、

 と言っておきますね。


 そうじゃない人は
 お求めいただかなくても結構です。



■ただし、

 上記の未来予測が
 多少なりとも気になった、

 そんなあなたであれば、確実に

 【アバター音源】

 はお役に立つと思います。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■コロナ後の世界はみな、三密を避ける    「嫌密」を志向することになるだろう。   ■そうなったとき、これまで通りであれば    新しい出会いが生まれる機会は激減する    こととなるだろう。   ■そんな中、上手にオンライン上で    アバター(分身)を操れる者が、    新たな出会いを紡ぎ、深め、    ビジネスチャンスやキャリア構築の機会を    増やしていくのではなかろうか。   ■アバターマネジメントの巧拙が、人生に    大きく影響を与える時代が加速する。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。