毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6077号 改めて「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る」について


■「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る」

 という言葉があります。


 以前、メルマガでも
 紹介したことがあります。


 (ここから)
 --------------------------------



■後漢書に出ている言葉で、

 「光武謂覇曰、潁川従我者皆逝、
  而子独留努力、疾風知勁草」

 という流れで登場します。


 光武帝が(王覇に向って)言った。
 潁川にて我に従う者、皆逝く。

 しかし子独り留まり努力す。
 疾風勁草を知る。



■意味は、

 「激しい風が吹いて、
  初めて強い草が見分けられる。

  艱難(かんなん)にあって、
  初めて節操の固いこと、
  意思の強いことがわかるたとえ。勁草」

         (広辞苑第五版)

 ということとなります。



■いま、

 「100年に一度の大不況だ」

 といわれていますが、
 こういう時代だからこそ、

 まさにこの

 【 疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る 】

 という言葉を
 大切にしたいものですね。



■逆境をこそ喜び、
 自らを「勁草」に擬して、

 疾風にも負けない、
 強くたくましい人間として、

 熱い願望と行動を
 継続していきたいと思います。


 --------------------------------
 (ここまで)



■これはリーマンショックの
 真っ只中に書いた話ですが、

 こういう言葉(こういう物語)を
 持っているかどうかによって、

 危機耐性に大きく差が出るのでは
 ないでしょうか。



■言葉がなければ
 状況に流されるけれども、

 上手にやり過ごす、さらには
 立ち向かうための言葉を、


 一つ、できれば複数、
 さらに可能ならば大量に、

 持っていれば、

 それらの言葉(とその集積たる物語)
 の力を借りて、

 状況を好転させられることも
 あるものです。



■そういう意味では
 先に挙げた

 【疾風(しっぷう)に
  勁草(けいそう)を知る】

 などという言葉も、

 私たちに大いに元気や勇気を
 与えてくれるもの。



■激しい風が吹いて、
 初めて強い草が見分けられる。

 艱難(かんなん)にあって、
 初めて節操の固いこと、
 意思の強いことがわかる、


 ここで言われている、
 艱難というのは困難のことですが、

 「お前が強いかどうか、
  試されているのだ」

 そんな状況解釈力を発動すれば、
 奮い立たずにはいられません。



■まずはこうした思いを持つことが
 重要であるとともに、

 「自分が風に吹き飛ばされない
  強い存在である根拠(=信念)」

 もまた、同時に強化していく必要が
 あるでしょう。



■信念なき人は、

 取り巻く環境や
 他人の言葉によって一喜一憂したり、

 付和雷同精神を発動し、
 あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、

 してしまいます。



■一方で、

 「自ら強い意志を持ち、
  初心貫徹の精神で、

  揺るがぬ姿勢で、何が起きても、
  毎日、地道に積み上げていく」

 そんな人もあるものです。



■こうした人は


 「芯のしっかりした人」
 「軸を持っている人」
 「ブレない人」
 「自分を確立している人」
 「揺るがぬ信念を持っている人」


 といわれるわけですが、

 いうまでもなく、一朝一夕で、
 そうなれるわけではありません。



■理想とする姿に
 自らを近づけるために、

 毎日(どころか時々刻々に)

 「果たして私は
  このままでいいのだろうか」

 という自問自答を繰り返し、


 「ゆっくりと、
  しかし確実に」

 ブレのない存在へと
 自身を作り変えていくのです。



■ある日突然、目覚めたら

 「強い信念を持って、未来に対して
  向かっていける人になっていた」

 などという、

 都合の良い転生譚は、残念ながら
 ラノベの中にしかありません。


 (だからこそ、
  かえって流行るのでしょう。

  願望が需要となり、幾多の
  パターンの供給を生み出した)



■私(鮒谷)自身は、

 もとより未だ
 (そして死ぬまで)

 修行中の身ではありますが、


 それでも少なくとも、

 過去(たとえば20年前、10年前、5年前、
 3年前、1年前)の自分と比べて、


 「間違いなく
  迷いが少なくなっているし、

  人の言うことに
  一喜一憂したり、

  取り巻く環境の変化に
  動揺したり慌てたり」


 ということが少なくなりました。

 (なくなったわけではないので
  念の為)



■これは

 「日記放談会音源」

 でもお伝えしてきたように、


 言葉を操ってきたからこその
 効果効用の享受、

 であることは
 間違いないのですが、


 より正確に言うならば、
 長い時間をかけて

 「自らの思考や認識、信念の
  ピラミッド」

 を大きく、さらには盤石の基盤に
 するべく、


 言葉のブロックを
 揺らぎの生じないよう、

 積み上げては修正し、
 積み上げては修正し、

 を繰り返す中で、確立された
 心的姿勢であり、心的態度である、

 そんな風に思われます。



■こうした精神状態は、

 いうまでもなく
 外側(行動姿勢)にも反映され、


 こうした時期にあっても
 少なくとも以前の昔と比べて

 「泰然自若」

 の方向に傾くこととなりました。



■さらに言えば、

 「ピンチをチャンスにするための
  冷静さと果断で果敢な行動」

 を取ることができるようにも
 なっていることに、

 今、こうした状況を迎えて
 初めて気づきました。



■別に狙ってやっていたわけでは
 ありませんし、

 あくまで結果的に、
 という後付けの話ではありますが、


 確かに

 「激しい風が吹いて、
  初めて強い草が見分けられる。

  艱難(かんなん)にあって、
  初めて節操の固いこと、
  意思の強いことがわかるたとえ。勁草」

 の言葉に対して、


 素直に、昔の自分と比べて
 間違いなく、疾風に耐えうるところまで

 「勁草化(?)している」

 と体感しているのです。



■この状態は、


 「ひたすらに言葉のブロックを、

  積み上げては組み替え、
  積み上げては組み替え、

  を繰り返しつつ、


  ピラミッドの基底を
  どんどん大きくしていったことと、

  ピラミッドの内部構造を
  精緻で矛盾なく、さらには稠密に、

  ブロックを最適配置化させて
  いったこと」


 から生まれたことは、

 もう間違いのないことだと
 思っています。



■先にリリースした、

 「ピラミッド音源
  &アフターコロナ音源」

 の両方お聴き下さった
 Tさんからは


 ------------------------

 「アフターコロナ音源」ということでしたが、

 アフターコロナのみならず、
 人生を絶えずアップデートしていくために
 必要な心構えを学べたように思います。


 ピラミッド音源を聴いて
 すぐのリリースだったため、

 一瞬購入をためらう気持ちも
 あったのですが、余計な心配でした。


 むしろ、ピラミッド音源の余韻が
 残った状態で聴けたことで、
 双方の学びがむしろ深まったように感じます。

 ------------------------


 というご感想を
 頂戴いたしましたが、


 まさに両音源は

 「原因(ピラミッド)と
  結果(アフターコロナ)」

 的な関係があるものだと
 ご理解頂ければと思っていました。



■そういう意味では両音源は、

 二つであって一つ、
 一つであって二つ、


 抽象より(ピラミッド)と
 具体より(アフターコロナ)、

 そんな関係性を意識しながら
 お聴き頂ければ、

 より理解を深めて頂けるに
 違いありません。


 (Tさん、まさにその文脈を
  読み解いて(聴き解いて?)下さり、
  ありがとうございます!)



■ぜひ、

 両音源をセットで
 お聴きいただくことによって、


 (皆さん、

  それぞれ置かれた環境によって
  いろんな状況にいらっしゃるのは、

  重々承知しておりますが、
  その上で)


 自らを「勁草化」させ、

 今の状況を再解釈し、
 新しく、明るい未来に向けて、

 再駆動し始められますことを
 心より願っております。


 ※私(鮒谷)も、両音源で
  語っている内容に基づき、

  自らの感情と行動を制御しているので
  一切揺らぐことなく、

  いつも通り、いえ、いつも以上に
  淡々と大量行動できています


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を     知る」という言葉がある。   ■厳しい環境に置かれたとき、はじめて    人間としての真価が問われることとなる。   ■長期に渡り、自らの信念を磨き上げ、    鍛え上げてきた人と、    なすがままに放置、放任してきた人、    信念の強固さに差が生まれぬはずがない。   ■思考や認識、信念をピラミッドに例えると    土台がしっかりしており、内部も矛盾なく    きちんと緻密に積み上がっている、    そんな状態を作り上げられれば、    ちょっとやそっとで揺るがない。   ■自身の内部に「大きく、がっちりとした    ピラミッドを作る」そんな感覚を持って    毎日を生きてみてはどうだろう。    きっと人生や毎日の生活に安心感や    安定感が生まれてくるはずだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。