毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6069号 「情報・知識の提供」と「続きの話」についての関係性


■コロナ後の世界について、そして今、
 我々は何を行うべきかについて、

 私(鮒谷)が放談した音声を
 収録したものが

 「アフターコロナ音源」

 です。



■当音源をお聴き下さった、
 金融機関にお勤めのIさんより、

 以下のご感想を
 頂戴いたしました。


 (ここから)
 ------------------------


 鮒谷様
 セカンドステージ様


 今回も2か月ぶりに
 音源を購入させていただきました。


 本当に今後はどうなるのか?

 コロナが終わった後はどうなのかと
 漠然と考えていた時にピンポイントで
 この音源が...

 即買いさせていただきました。


 音源を聞けば分かりますが、
 なぜ自分がすぐに音源購入に至ったのか?

 それは私のバーチャルブレーンが
 鮒谷さんだからだと思います(笑)
 本当です。


 本当に今回の音源を聴き、
 アフターコロナを踏まえ、

 自分としてどう生きるのかを
 考えるきっかけになった、

 大変価値のある音源でした。


 そして、今回、

 アフターコロナの鮒谷さんの仮説を
 聴いてそうだなと思った時点で、

 その仮説が
 自分の物語とつながりました。


 以前の音源で、

 「2020年からの警鐘」

 の話があったかと思いますが、
 その話もしっくりきました。


 だから

 「それを知ってしまったら、
  もうやるしかない」

 という決意になったのです。


 今回の音源の中で

 「変化することが常態である。

  たまたまコロナが起きて
  そのスピードが大きく加速しただけ」

 という話が心に残りました。


 コロナ以前は、変化のスピードが
 緩やかであまり実感がなかっただけで、

 気づけば少しずつ変化していることに
 自分が気づかされました。


 そのことを考えていると、
 鴨長明の方丈記の冒頭を思い出しました。


 「行く川のながれは絶えずして、
  しかももとの水にあらず」

 この言葉どおり、

 世の全てのものは常に移り変わり、
 いつまでも同じものはありません。


 だからこそ、

 変わらないと思って
 安定にしがみつく

 (実はそれが不安定であり
  時代にとり残されていく)

 よりも、

 不安定の中を生きていく方が、

 自分にとってより考え、行動する
 ことで変化変容につながり、

 それが結果として
 安定につながるのだという、

 鮒谷さんのお話には
 納得しかなかったです。


 つまり、変化対応していくことが
 何より大事だということが
 大きな学びになりました。


 そのためには、
 今、自分は何をすべきか?

 この大きな変革期に、

 次の展開に備えて自分の本質を
 つくり変えていくことが大切、

 だと感じました。


 そして、

 それはコロナの影響(おかげ?)で
 今までよりも自分と向き合う時間が
 あるはずだ、

 ということ。


 だから、様々な自己への問いと
 アフターコロナを仮説することで

 「まず自分が何をやるべきか?」、
 「自分の何を変えていくか?」

 を改めて考える

 良い機会になっている時期だと
 前向きに捉えることができました。


 「コロナが終わってから考え
  行動するのか」

 もしくは

 「今から仮説・予測して
  行動するのか」

 同じ行動でもタイミングや
 時間の使い方で大きな差がでるはずだと。


 具体的には、
 リモートワークが普及する中、

 アフターコロナは、
 もう日常的になっている可能性がある。


 どこにいても
 仕事ができる環境において、

 プロセスではなく成果が
 要求される時代になっている。


 だから、

 「自分を律することができない人」、
 「自分マネジメントできない人」

 には、しんどい時代ということ。


 つまり、

 今まで以上に二極化が進み、
 行動できる人だけが生き残っていく、

 そんな時代になる。


 そう考えると、

 「もうやるしかない」

 という気持ちしかないです。

 この不安定な環境下だからこそ、
 考え、行動する。


 それができればアフターコロナは、
 自分にとって明るくなっているはずと信じて、

 これから、いや、今から
 行動しようと思っています。


 今後ともよろしくおねがいします。
 本当にありがとうございました。

      (金融機関 R.I さま)


 ------------------------
 (ここまで)


 Iさん、いつも音源をお求め下さり、
 ありがとうございます!

 また、長文のご感想をお送り下さり、
 ありがとうございました。



■Iさんが方丈記より引いて下さった

 「行く川のながれは絶えずして、
  しかももとの水にあらず」

 の言葉の通り、

 世の全てのものは変転し、
 同じ場所に留まることはありません。



■それゆえ

 「変わりたくない、このままがいい、
  と思って安定を求める」

 姿勢そのものが
 不安定さの直接的な要因となる、

 という矛盾に
 いち早く気づくべきでしょう。



■変わりたくないからという理由で
 今に固執するほどに、

 チャレンジする機会が
 減少していくので

 「変化耐性が衰える」

 こととなり、


 ますます変化を恐れ、
 さらなる安定を求めて、

 現状にしがみつくようになる。



■このスパイラルに、

 どっぷりとはまり込んでしまったら
 一巻の終わり、

 と叱咤しつつ、


 変化に対する恐怖を乗り越え、
 変化を楽しむ方向に、

 と激励する、

 そんな目的で放談した話を
 音源化したものが、

 今般、リリースした音源です。



■ここまでの話はつまり

 「安定を求めれば求めるほど
  不安定になり、

  安定を捨てて変化を求めると
  変化耐性が付き、安定する」

 ということです。



■大別すると、世の中には

 「安定を求めることによって、
  かえって不安定化する人」

 と

 「安定を捨てることによって、
  かえって安定化する人」

 の二通りの人があります。



■前者はこのジレンマと、そこから
 生まれる負の連鎖を断ち切れず、


 後者は変化する恐怖を乗り越え、
 行動し、変化耐性を身につけることで、

 人生や仕事の安定性を
 高めていくこととなる。


 そんな二極化が進むであろうことも
 お伝えしています。



■このことを、たとえ
 理屈で分かったとしてさえ、

 容易に行動様式を
 変更できないのが人間です。


 それくらい

 「(外的変化の前に要求される)
  内的な変化」

 は恐ろしいのです。



■下手をすれば、

 過去のの人生や生き様の否定に
 つながりかねないのですから、

 当然といえば当然の話。



■それほど強固な行動規範を
 書き換える、

 そんな必要性を感じられ、
 求めて下さる方があるとすれば、


 そんな方に対して

 「安定を捨てることによって
  かえって安定化する人」

 になるお手伝いという形で、


 どこどこまでも納得のいくように
 理論的に、理屈詰めで説明する、

 その役割を果たせている
 音源ではないかと思っています。



■もちろん、大前提として、

 これはいつも
 お伝えしていることですが、


 私(鮒谷)は

 「他者の信念、思考に介入したり、
  汚染させるつもりはない」

 ことは強調しておきたいと思います。


 つまり

 「私の考えが絶対であり、正しい、
  などというつもりもなければ、

  強要するつもりも
  さらにない」

 ということです。



■先に記した

 「安定を求めることによって、
  かえって不安定化する」

 「安定を捨てることによって、
  かえって安定化する」

 ことについて、間違いないと
 私は信じていますが、


 さはさりながら、

 こうした考えを
 絶対に信じるべき、

 などというつもりは
 一切ありません。



■あくまで基本は、


 「私(鮒谷)は
  こう考えています。

  その結果、
  こんな風になりました」


 という、

 一つの概念やアイデアや経験談等を
 要約し、メルマガでお伝えし、


 それに対して

 「興味ある」
 「より詳しく話を聴きたい」

 と思ってくださる方にのみ、

 「続きの話」

 をお伝えできればと思っています。



■なので、

 無理して「続きの話」を
 お聴き頂く必要はないし、

 お聴き頂きたいと思うことも
 ありません。



■つまり

 「続きの話」

 を聴く、聴かないの
 意思決定の一助として、

 当メルマガで毎日配信している
 情報をご活用いただければ、

 ということですね。



■Iさんはご感想の中で


 --------------------------------

 今まで以上に二極化が進み、
 行動できる人だけが生き残っていく、

 そんな時代になる。


 そう考えると、

 「もうやるしかない」

 という気持ちしかないです。

 この不安定な環境下だからこそ、
 考え、行動する。


 それができればアフターコロナは、
 自分にとって明るくなっているはずと信じて、

 これから、いや、今から
 行動しようと思っています。

 --------------------------------


 と記して下さっていますが、


 メルマガでの概要案内に目を通され、
 関心をお持ち下さった後、

 「続きの話」

 をお聴きくださり、
 感情変化が生じた、

 という流れにつながったのだと
 思います。



■そういう意味で

 (これは今回に限らず、
  つねにそうなのですが)


 「メルマガは情報、知識の提供」

 「音源は感情変化、行動促進」


 という、

 狙っている通りの役割分担が
 うまく機能したのかな、

 と思っております。



■この切り分けによって、

 お客さまの無駄な出費を
 可能な限り減じ、


 同時に、

 「続きの話」

 をお求め下さる方には
 ピンポイントで

 「感情変化、行動促進」

 のお手伝いをするという
 価値提供を効果的に行える、

 と確信しています。



■そんなわけで(?)

 もしあなたが、
 ここまでの話をお読み下さり、

 「情報、知識の獲得」

 からの(「続きの話」による)

 「感情変化、行動促進」

 をご希望下さる場合は、
 以下の音源をお求め頂ければ、

 と思います。



■私(鮒谷)が現状を鑑み、

 「アフターコロナ
  (コロナ後の世界)」

 がどのようになるのかを見立て、


 であるならば、今、
 何を行うべきであるか、

 について放談した話、

 それが今回、緊急リリースした

 --------------------------------

  【<鮒谷周史 緊急放談>

  コロナ後の世界を見据え、
  奇禍を奇貨とし、

  「すでに起こった未来」を先取りするために
  必要な心構えと準備とは?放談会音源


  ~変化対応こそが人生であり、
   ビジネスであり、キャリア構築。

   社会が激変する只中にあって、
   今すぐ、あなたが行うべきこと】

 --------------------------------

 の音源となります。


 当音源の詳しい内容(インデックス)は、

 以下のサイトに記載しておりますので
 こちらからご確認下さい。

 https://shinkaron.buyshop.jp/items/28066879



■もちろん、私(鮒谷)は
 当音源で述べている「仮説」に従い、

 ここ数ヶ月の間、
 全力で大量行動してきました。



■その結果が吉と出るか、
 凶と出るかは、

 遅くとも数年後には、
 分かっていると思います。


 まだ生きて、
 メルマガを書いていたら、

 仮説が当たっていたということで。



■音源のお求めは以下より、
 お願いいたします。


 当音源を高いと見るのか、
 安いと見るのかは、

 「将来に渡って、
  永続的に及ばされる波及効果」

 をお考えの上、
 ご判断頂ければと思います。



■高い、と思われる方に、

 無理にお求め頂きたいとは
 一切、考えておりませんし、


 危機に臨むにあたって

 「普遍的に有効であると思われる
  認識、態度、姿勢、準備」

 の価値を理解下さる方にこそ、
 お聴き頂きたいと願っております。



■当音源を聴き、

 「問題の中に機会を見出し、
  中央突破の覚悟を決め」

 即座に

 「コロナ後の世界に備えを」

 と決意し、行動される方が
 一人でも多く現れられることを、

 心より願っております。


 ※モニター価格でお求め頂けるのは
  明後日まで、となりました。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■安定を求めるほど、現状にしがみつき、    挑戦しなくなるので変化耐性が衰える。    結局、安定を求めるほどに、    不安定化する矛盾に苦しむのだ。   ■思い切って、安定を捨て去り、    冒険の世界に出る(変化を求める)と、    変化に慣れ、変化が怖くなくなり、    多様な選択肢を持てるようになるだろう。   ■結果として、変化を求めるほどに人生も    キャリアも安定化していくのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。