毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6059号 コロナ後に必ず訪れるであろう「すでに起こった未来」


■先週末、

 月に一度、(現在はZoomにて)
 開催している年間プログラムにて、


 ドラッカーいうところの

 「すでに起こった未来」

 について、思うところを
 お話しさせていただきました。



■「すでに起こった未来」

 とは、


 私なりの解釈をするならば、

 「不可逆的な変化の
  萌芽(兆し)を捉え、

  訪れることがほぼ確実に
  予見されている未来」

 ということ。



■たとえば

 「テレワークが
  当たり前となっている世界」

 は、ほぼ間違いなく

 「すでに行った未来」

 といえるでしょう。



■コロナ前から、

 もともと取り組んでいる人も
 少なからずあったはずですが、


 毎日、会社に出社することが
 習慣、しきたりになっていた、

 多くの人にとっては、
 新しい働き方になるに違いありません。



■およそ数年がかりで、
 この方向に世の中は進んでいき、

 ある環境においては急激に、
 別のある環境においては緩やかに、

 シフトしていくはずです。

 (一部、旧態依然、頑迷固陋系の組織は
  その限りではないかもしれませんが)



■こうして、
 社会全体として見れば、

 数年後には全く別の風景が
 現出していることは、

 想像に難くないでしょう。



■もはや、
 いいとか悪いとかではなく

 「そうなってしまう」

 ものだと捉える、


 つまりそうした状況は

 (一過性のものではない)
 「すでに起こった未来」

 であって、

 二度と再び、もとに戻ることはないと
 考えられるし、

 その前提ですべてを進めていく必要が
 あるということです。



■たとえるならば、

 牛乳を温めたときに現れる
 固形化したタンパク質を、

 再び、牛乳に溶かし込もうとしても
 それが不可能なように、


 ひとたびテレワークの世界が
 常態になれば、

 永久に元の世界に
 戻ることはありません。

 これが「不可逆」ということです。



■とするならば、

 それが喜ばしいことだとか
 勘弁してもらいたいとかではなく、

 「そうなる」

 ことを今から予め想定した上で、

 自らのライフスタイルやワークスタイルを
 編みなおす必要があるでしょう。



■この新しい世界は

 「主体的、能動的、自律的に
  動ける人でなければ対応できない」

 世界です。



■もちろんPC上で把握する手段も
 いろいろあるのでしょうけれども、

 物理的には
 監視の目はありませんから、

 サボろうとしたら
 かなりのところまでサボれるし、


 人の目とか気にせず、
 頑張れる人は、

 (以下は経営者、フリーランスの人に
  限った話かもしれませんが)

 喜び勇んで、一人ブラック企業化して
 限界まで道楽(=仕事)に没頭するでしょう。



■こうした二極化が進んでいき、

 自分で自分を
 マネジメントできない人は、

 成果を出して、
 報いを享受する、

 という環境からは
 ゆっくりと置いていかれ、


 反対に、

 きちんと自分を
 マネジメントできる人は、

 仕事を追いかけ、
 次々に結果を出し、

 これまで以上の有形・無形の報酬を
 手に入れるようになるはずです。



■こうした傾向は、

 特に経営者や個人事業主に
 顕著に現れるはずですが、


 より広く捉えれば、

 組織に所属する人も
 同じ方向に向かっていくでしょう。



■別の角度から見てみると、


 日常の仕事が、

 どっしりとした人生観、
 仕事観、職業観と結びついていない人は、


 仕事せよと言われても、

 「サボる動機」

 しかないわけであり、実際に

 「サボれる環境」

 にどっぷりと身を浸して
 仕事をするわけですから、


 もともと出社することによって
 出していた生産性と、

 同じレベルの生産性を保つことは
 きっと困難になるはずです。



■そういう意味で、
 昔ながらの日本企業的な

 「シマ
  (島の形をした、机の配置ね)」

 は合理的であったといえるかも
 しれません。


 どれだけ、
 やる気のない人であってさえ、

 上司、同僚、部下の視線によって
 がんじがらめにして、

 最低限は働かせることが
 できるのですから。



■ただし、

 アフターコロナ、
 ポストコロナ、
 ウィズコロナ、

 呼び方は何でもいいと思いますが、


 絶賛、環境激変中の現下の状況が
 落ち着いた頃には、

 元のような

 「島システム」

 がそのままの形で存続する、

 ということは
 やはり考えにくいのです。



■今は、

 テレワークに親しみ、
 ツールに慣れる、

 といった形で、

 新しい環境に適応することに
 精一杯かもしれませんが、


 一通り「やり方」が分かった後、

 「どのレベルで自身を
  マネジメントできるか」

 が大問題になってくることは
 間違いないでしょう。



■ドラッカーは


 --------------------------------


 すでに起こった未来は機会である。
 潜在的な機会である。

 一つの傾向における変化ではなく、
 傾向の変化そのものである。


 パターンにおける変化ではなく、
 パターンそのものの断絶である」

       (『創造する経営者』)


 --------------------------------


 「政治、社会、経済、企業の
  いずれにせよ、

  およそ人間に関わることについては、
  未来を予想してもあまり意味がない。


  だが、すでに起こり、
  後戻りのないことであって、

  一〇年後、二〇年後に影響を
  もたらすことについて知ることには
  重大な意味がある。


  しかもそのようなすでに起こった未来を
  明らかにし備えることは可能である

      (『P.F.ドラッカー経営論集』)


 --------------------------------


 と語っていますが、


 未来において、日常化しているで
 あろうテレワークは、まさに

 「すでに起こった未来」

 であり、

 今からそのときの訪れを予想し、
 備えておくべきではないかと思います。



■そんな話も、

 先の年間プログラムにおいては
 お伝えしたのですが、


 中でも個人の働き方において
 重要なことは前述の通り、

 「主体的、能動的、自律的に
  動ける人でいられるかどうか」

 であると考えています。



■こうした人間であるためには、


 自分の目指すべき世界から、

 今、目の前で取り組んでいる
 数秒、数分で行える行動、

 までが一気通貫でつながっている
 必要があるでしょう。



■今、何のために、
 これをやっている、

 という明確な意識なくして、

 セルフマネジメントが
 できるはずもありません。


 明確な意識あってすら、
 なかなかに大変なのに...(経験者談)



■つまり

 アフターコロナ、
 ポストコロナ、
 ウィズコロナ、

 後に、

 今以上にはるかに自己管理を
 要求される時代が訪れるはずであり、


 そのときに備えて、今から、

 自分の存在意義を確立し、
 社会との関わり方を明確にし、
 自分の働き方を明瞭にしておく、

 必要があるということです。



■これをきちんと作り上げていない
 状態のまま、

 アフターコロナ、
 ポストコロナ、
 ウィズコロナ、

 の世界に入っていってしまうと、


 (こういう言い方が適切かどうかは
  分かりませんし、

  それがいいとか、そうあるべきという
  つもりも、もちろんありませんが)


 これまでとは比較にならぬくらい
 優勝劣敗がハッキリとしてくる、

 のは、世の中の趨勢、自然の流れ、
 として間違いないはずです。



■いい悪いではなく、
 そうなって欲しい、欲しくない、

 という主観とは関係なく、

 「そうなる可能性があるのなら
  備えておいたほうがいいのでは」

 そんな問題提起をしているに
 過ぎない、

 とご理解頂ければ幸いです。



■ちょうど、

 「大災害が来るかも知れないから
  今から準備しておくべきでは」

 と言っているのと同じです。


 なんて不吉な、とか、
 縁起でもないことを言うな、

 という話ではなく、

 また、それがいいとか悪いと、
 いうことでもなく、


 あくまで可能性として
 語っているだけなのです。



■でも、そういう時代が
 もし間違いなく訪れるとするのなら、


 今から、

 「自分の信念から、
  超・具体的な行動」

 までを貫く
 思考体系(ピラミッド)を、

 より大きく、より精緻に、
 しておいたほうがいいと思いますよ、


 とはお伝えしておきます。



■私(鮒谷)自身、20年近く、

 セルフマネジメントを追求し、
 リモートワークを行ってきた、

 人間でありますので、


 その経験、実践量から、

 (評論家としてではなく
  実践家として)

 こうした話を語る資格はあるし、

 説得力のある話も
 できるのだと思っています。



■、、、ということで
 長々と書いてきましたが、


 人生をピラミッドに見立て、

 理想の人生像と、そこに到達するための
 道のり(意思決定基準)の関係について、

 懇切丁寧に
 お伝えさせて頂いた音源、


 それが今回リリースした

 【圧巻!鮒谷周史の、

  思考のピラミッドを拡張&精緻化し、
  自信と一貫性を持って、

  機嫌よく生きる法
  (ピラミッド音源・上巻)】

 の音源となります。



■より詳しい内容については
 これ以上、私(鮒谷)が語るよりも、

 このセミナー音源をお聴き下さった
 お客さまに語って頂くほうが、

 より信憑性も納得度も高まると思いますので、
 以下にご紹介させて頂きます。



 (ここから)
 ───────────────


 鮒谷さん、
 いつもお世話になります。


 この度の「思考のピラミッド」音源も、

 まず初めは、鮒谷さんがメルマガにて
 ご紹介してくださっているインデックスと
 照らし合わせながら拝聴しました。

 (特に今回は非常に抽象度の高い内容
  でもあったので、そういった目次的な
  タグは重宝しています)


 昨年1年間、受講させて頂いた
 年プロの空気感を懐かしく感じながら
 拝聴していましたが、

 久しぶりに脳みそをフル活用する
 感覚を思い出しました。


 この音源では
 鮒谷さんが仰っているとおり、

 心震えるbeing目標を設定し、
 具体的な意思決定と行動を行い、


 そこから出た結果を踏まえ
 また新たにbeing目標を更新し、

 具体的な意思決定と行動を行い、
 を繰り返しつつ、

 加速させていくイメージを、

 「思考のピラミッド」

 と

 「ハシゴの登り降り」

 というドンピシャの言葉で
 表現して頂いたことによって、

 より臨場感が湧くと共に、
 ワクワクしながら自らのピラミッドを
 構築することに邁進できます。


 そうやって寝ている暇もなく
 ゲーム感覚でピラミッド構築するためには、

 改めてbeing目標を突き詰める必要が
 あるということ。


 そのbeing目標が、強いては

 「文明の仕事のどこを担っているか?」

 まで突き詰めて
 言語化することによって、

 より一層being目標に感情が結びつく
 ということが再確認できました。


 being目標に基づく
 大目標、中目標、小目標、

 そこからさらに降ろした
 具体的なアクションリストは

 全て自らがイメージした
 「明るい未来」につながっていくので、
 それぞれに意味があり、

 それ故こなすのにも自ずと「気が入る」し、
 まさに「積み上げている感」があります。


 (メルマガで仰っていた)
 超節約志向の鮒谷さんがなぜメルマガでは
 「守銭奴」のごとくに売りまくるのか?

 なぜ、深夜に飛び起きてでも
 メルマガを執筆せずにはいられないのか?

 が、この度の音源を拝聴して
 より一層腑に落ちました。

 (「やらなければいけない」のではなく
  「(自ずと)やってしまう」のですね)


 これからはより一層、自らの思考、行動が
 being目標に固く紐付いたものとなり、

 それを実行していくことが、

 「人生における
  ピラミッド構築ゲーム」

 を発動させていくと思うと、
 もはやワクワク感しか生まれてこないです。


 この充足感、充実感は今流行りの
 「どうぶつの森」や「マイクラ」などとは
 比にならないことは間違いないと思います。

 (両方ともやったことはないですが...。笑)


 音源にてご質問されていた方々は
 昨年お世話になった方々だったので
 非常に懐かしく、

 早く年プロに戻って
 またお会いしたい気持ちが
 より一層強まりました。

 (早く収束して対面で
  再開できることを望みます)

 ひとまずコンサルティングの方でも
 また宜しくお願い致します。


 (パーソナルトレーナー兼
  トレーナー育成コンサルタント
  中野茂徳さま)



 ───────────────
 (ここまで)



■中野さん、長文のご感想、
 ありがとうございました!


 まさにお書き下さったことは

 「自分の信念から、
  超・具体的な行動」

 までを貫く
 思考体系(ピラミッド)を、

 いかにして作り上げるかについて
 語ったお話を、

 総まとめ頂いた、そんな内容であると
 思いました。



■どっしりとした思考と行動を作り上げ、
 ブレがなくなるほどに、

 迷いがなくなるし、
 前に進む駆動力が得られるので、

 「どうぶつの森」や「マイクラ」より
 はるかに楽しい世界を遊べるようになる、

 のだと考えています。

 いずれもやったことはありませんが(笑)



■中野さん、また次回、コンサルでも
 よろしくお願いいたします!

 そして年間プログラムでも
 再びお会いできる日が訪れますように、、

 これからもよろしくお願いいたします!



■、、、ここまでの文章をお読み頂き、
 どのように思われたでしょうか。


 もし当音源にご関心をお持ち下さる方が
 いらっしゃいましたら、
 ぜひお求め下さい。



 --------------------------------
 【ご注意!】

 年間プログラムの会場版、音源版にて
 参加下さっている方には、
 既にお送りしている音源ですので、

 誤ってお求めにならぬよう、
 くれぐれもご注意くださいませ。
 --------------------------------




■音源購入の詳細につきましては
 以下をご確認下さい。

 (上・下巻、
  2つの音源セットとなります)


 ------------------------

 【圧巻!鮒谷周史の、思考のピラミッドを
  拡張&精緻化し、自信と一貫性を持って
  機嫌よく生きる法(ピラミッド音源・上巻)】

  ~大量行動せずにおれなくなる、
   一気通貫の大目標、中目標、

   ならびに膨大な小目標を量産するための
   31の考え方と具体的取り組みについて】


 ならびに


 【圧巻!鮒谷周史の、思考のピラミッドを
  拡張&精緻化し、自信と一貫性を持って
  機嫌よく生きる法(ピラミッド音源・下巻)】

  ~自分の人生を実験台にした
   実践的ロジカルシンキングで
   人生を構造化して理解する】


  の上下巻セット音源


 ▼収録時間:約278分(4時間38分)

  上巻:約116分(1時間56分)
  上巻:約162分(2時間42分)


 ▼価格:

  上下巻それぞれ個別にお求めいただいた場合、

  上巻:28,000円(税抜)
  下巻:38,000円(税抜)

  の合計66,000円(税抜)となりますが、

  【58,000円(税抜)】

  にてご提供させて頂きます。


 ※ご感想をお送り下さった方には
  当社音源販売にてご利用いただける

  【3,000円分の割引クーポン
   (6ヶ月間有効)】

  も、合わせてご提供しますので、

  【 58,000円+税から、
    さらに実質3,000円引き 】

  にてお求め頂けることとなります。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/27514161

 (クーポンの利用忘れ等、決済完了後の
  お問い合せにはご対応致しかねます。
  あらかじめご了承ください)


 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>

 https://form.os7.biz/f/0c54e3f9/


 ------------------------



■当音源の詳しい内容は
 以下の通りとなります。


 (ここから)
 ------------------------


 【圧巻!鮒谷周史の、思考のピラミッドを
  拡張&精緻化し、自信と一貫性を持って
  機嫌よく生きる法(ピラミッド音源・上巻)】

  ~大量行動せずにおれなくなる、
   一気通貫の大目標、中目標、

   ならびに膨大な小目標を量産するための
   31の考え方と具体的取り組みについて】


 ■はじめに


 ▼パンデミック、天災などの被害を極小化!
  鮒谷流危機管理術

 ■あらためてBeing、Having、Doingの
  各目標のつながりについて語ってみた

 ▼Being目標が死文化している
  あなたに伝えたい、
  行動したくてたまらなくなる
  Being目標ブレークダウン法

 ▼「1億稼ぐ!」と息巻く人のほとんどが
  何も行動せず、掛け声倒れに終わる理由

 ▼あなたの目標に「分厚さ」を持たせるために
  なすべき心構えと行動とは

 ▼なぜ、超節約志向の鮒谷がメルマガでは
  「守銭奴」のごとくに売りまくるのか?

 ▼Being目標からHaving目標、Doing目標へと
  ピラミッド状に目標を下ろしていく方法

 ▼目標を立ててもあなたが行動できない、
  たった一つの理由とは

 ▼首尾一貫した目標のつくり方
  ~術説論学道の「学」の観点から

 ▼あなたの目標を、魂の込もっていない、
  ホコリを被った社是のごとくに導いてしまう
  たった2つの単語について

 ▼起業当初の鮒谷を惑わし続けた、
  ある男の言葉とは

 ▼鮒谷のBeing目標と
  トイレットペーパーの備蓄が
  一気通貫で直結しているワケ

 ▼行動力不足のあなたの行動量を倍増どころか
  「激増」させる、秘密の意思決定基準

 ▼「こんなこともあろうかと」と
  先手を打てる人とそうでない人の違いとは

 ▼高い目標に根腐れを起こさせないための
  鮒谷が実際に行っていることを大公開

 ▼必要な情報が必要な時に集まる、そんな
  体質転換を遂げるための、ある行動とは

 ▼充足感ゼロ、ストレスまみれの生活、
  その根本原因について考察してみた

 ▼危機の時代に際して、
  成功者たちはどう考えているのか、
  鮒谷が見聞きしてきた話の紹介を

 ▼音源を聴いて頂いた方に、これを機に
  改めて取り組んでもらいたいこと


 ■質疑


 ▼人生を変えたい人が
  ムダなく効率的に成果を出すために
  真っ先に取り組むべき、あることとは

 ▼なぜ鮒谷は、あえて意識して、
  抽象度を高めた話を織り交ぜるのか

 ▼あなたの行動量を増やし、行動密度を
  極限まで高めるための特効薬

 ▼学んだ知識、意思決定基準を
  使いこなすために
  必要不可欠なあるものとは?

 ▼この音源の効果を飛躍的に高めるために
  あなたが今すぐ行うべき、たった一つのこと

 ▼目標を行動に落とし込むために取っている
  鮒谷の具体的方法論を告白する

 ▼お客さまの期待値を上回り続けることで
  生じる、ある摩訶不思議な現象とは

 ▼鮒谷が改めて「守破離論」について
  語ってみた

 ▼鮒谷が長年かけて編み出した
  言語体系のマネジメント方法について

 ▼「Being目標」はだいたい何語くらいで
  記述すればよいのだろう?

 ▼みんな知りたい!?
  アウトプットはどのくらい継続すれば
  成果が出始めるのか?の期間について

 ▼アイデンティティを確立するための
  高度な問いについてのご紹介

 ▼Being目標とお金儲けを両者矛盾なく、
  両立させて、猛烈に稼ぎまくる法


 --------------------------------


 【圧巻!鮒谷周史の、思考のピラミッドを
  拡張&精緻化し、自信と一貫性を持って
  機嫌よく生きる法(ピラミッド音源・下巻)】

  ~自分の人生を実験台にした
   実践的ロジカルシンキングで
   人生を構造化して理解する】


 ■あらためて、思考のピラミッドについて


 ▼立てただけで「完」とはならない。
  生きたBeing目標の立て方

 ▼のべ数千人の方々との個別コンサルを
  通して分かった、
  「やるやる詐欺」を抜け出せない人と、
  「やり切った人」との違いとは?

 ▼ただの言葉の羅列ではなく、
  「血の通った目標」を立てるために
  必ず理解しておきたい、
  目指すべき理想の目標ピラミッド構造

 ▼人生を無為に過ごさぬための
  鮒谷流タスク管理術

 ▼目標と行動が首尾一貫している世界に
  出るための、意外な方法とは

 ▼いくらアクションリストを作っても
  実践できなかった人が、突如として
  動き出さずにはいられなくなるアプローチ

 ▼鮒谷が昔、ハマった
  「ボードゲーム版
   シミュレーションゲーム」
  になぞらえて目標設定を語ってみた

 ▼なぜ、Being目標を最重要項目と
  すべきなのか、あらためて伝えよう

 ▼あなたの大目標を瞬時にゴミにしてしまう
  2つの単語とは

 ▼鮒谷はなぜ、深夜に飛び起きてでも
  メルマガを執筆せずにはいられないのか?

 ▼目標と行動が一気通貫した世界に出たとき
  初めて「とてつもない風景」が眼前に広がる

 ▼自分のキャリア構築やビジネス戦略を
  国家運営に見立てて考えると、、、


 ■目標とおカネの
  切っても切れない関係について
  語ってみた


 ▼「大目標は年収1億です」という人の
  自尊心がたやすく砕かれてしまう理由

 ▼鮒谷の徹底した危機管理の
  根底にあるものとは何か

 ▼守銭奴と言われても。
  なぜ、鮒谷はおカネを稼ぎ続けるのか?

 ▼「どうやったらカネが儲かるのか?」について、
  直球ド真ん中の回答をしてみた

 ▼起業志望者はすべからく聞くべし!
  起業後、ビジネスの垂直立ち上げを成し遂げた
  鮒谷が、起業前に粛々と取り組んでいたこと

 ▼手数を増やせぬ「ダルマ状態」の人は
  ●●●●●欠乏症なのである

 ▼鮒谷がわざわざ異業種の話を好んで、
  積極的に聞きに行く理由

 ▼せっかくインプットして、
  素晴らしい着想が生じても、
  着想を実行に移せずムダにしてしまう、
  たった一つの原因について

 ▼固定概念にとらわれず、
  本当に自らが望む未来を見出すために
  極めて有効に機能する、ある質問とは?

 ▼やり方を知れば知るだけ成果を出せる
  「必勝・圧勝モード」への入り方

 ▼現実がゲームのごとく
  楽しく刺激的なものに変わる
  「ガラスの●●概念」とは

 ▼鮒谷と一緒に考えてみよう!
  これからあなたが必要となるお金(金額)が
  嫌でも分かる、超・具体的なアプローチ

 ▼お金を単なる数字の羅列でなく、
  リアリティをもったものとして捉えるために
  役に立つ、ある方法とは

 ▼鮒谷の考える、おカネが手元に
  あることによる最大のメリットとは

 ▼チャンスを逃さない体質になるために
  あなたが今、必ずなすべきこと

 ▼鮒谷のコンサルを十二分に活用し、
  すぐに成果が出せる人はこんな人

 ▼これまでの話を「知ってしまった」、
  そんなあなたに取れる選択肢とは

 ▼鮒谷が変化・変容に関する放談を
  行わずにはいられない理由を今、話そう

 ▼社会からの要請に疲れた人、必聴!
  本当の自分の取り戻し方

 ▼自らの世界観を確立できた!
  とハッキリ分かる、ある瞬間について

 ▼「人が皆、我よりえらく見える」なら、
  まず、●●を編み直そう


 ■質疑


 ▼「ことばのピラミッド構築モード」に入ると
  人生はどんな風に変わるのか

 ▼アクションの精度を上げるためには
  どうしたらよいのか?
  (当社の音源販売を事例として)

 ▼カネがなくても世界が広がる人と
  カネがあっても世界が収縮していく人

 ▼改めて、鮒谷が考える言葉の効果・効能とは


 ------------------------
 (ここまで)



■お求めは以下よりお願いいたします。


 ------------------------


 【圧巻!鮒谷周史の、思考のピラミッドを
  拡張&精緻化し、自信と一貫性を持って
  機嫌よく生きる法(ピラミッド音源・上巻)】

  ~大量行動せずにおれなくなる、
   一気通貫の大目標、中目標、

   ならびに膨大な小目標を量産するための
   31の考え方と具体的取り組みについて】


 ならびに


 【圧巻!鮒谷周史の、思考のピラミッドを
  拡張&精緻化し、自信と一貫性を持って
  機嫌よく生きる法(ピラミッド音源・下巻)】

  ~自分の人生を実験台にした
   実践的ロジカルシンキングで
   人生を構造化して理解する】


  の上下巻セット音源


 ▼収録時間:約278分(4時間38分)

  上巻:約116分(1時間56分)
  上巻:約162分(2時間42分)


 ▼価格:

  上下巻それぞれ個別にお求めいただいた場合、

  上巻:28,000円(税抜)
  下巻:38,000円(税抜)

  の合計66,000円(税抜)となりますが、

  【58,000円(税抜)】

  にてご提供させて頂きます。


 ※ご感想をお送り下さった方には
  当社音源販売にてご利用いただける

  【3,000円分の割引クーポン
   (6ヶ月間有効)】

  も、合わせてご提供しますので、

  【 58,000円+税から、
    さらに実質3,000円引き 】

  にてお求め頂けることとなります。


 <カード・コンビニ決済はこちらから>
 https://shinkaron.buyshop.jp/items/27514161

 (クーポンの利用忘れ等、決済完了後の
  お問い合せにはご対応致しかねます。
  あらかじめご了承ください)


 <銀行振込でのお支払い、もしくは
  携帯オーディオプレイヤー版を希望の方は、
  下記フォームからご注文願います>

 https://form.os7.biz/f/0c54e3f9/


 ------------------------

 ぜひ、この機会に
 お求めくださいませ。




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■すでに行った未来を想定し、その状態が    訪れる前に準備を整えておく。    これが安心、満足、充実した未来を    過ごすための心がけ。   ■そのためにはまず、未来につながる兆しに    敏感になる必要がある。   ■次に、確度の高い将来像に、今から自分を    合わせに行くことである。   ■そんな時代が訪れるのは嫌だとか、    良いことだとか悪いことだと言っても、    確実にやってくる未来があるのであれば    まずはその状況を想定し、備えるべし。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。