毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6038号 パンデミックが生じるか否かは基本再生産数に依る


■昨日、


 以前に個別コンサルをさせて
 頂いていたKさんよりのご紹介で、

 奥さまのコンサルの
 お申し込みを頂きました。

 (Kさん、
  ありがとうございました!)



■今から約3年前に
 コンサルをさせて頂き、

 昨年、別の放談会に参加くださり、
 そこから少々ご無沙汰して、

 、、からのご紹介。



■お客さまから頂戴した
 代価の10倍返し、

 を常に念頭に置きながら
 仕事をしておりますが、


 今回も同じ気持ちで、
 必ず価値をお出しするべく、

 全力を尽くしたいと
 思っております。



■そして今日のメルマガは、
 ここからが本題となりますが、


 個別コンサルはもとより、
 セミナーや放談会、

 そして、その前段となる
 メールマガジンの登録において、


 少なからぬ割合で

 「ご紹介」

 を頂いていることを
 本当に感謝しているのです。



■新しいお客さまと初めて
 お会いする際には必ず


 「どこでメルマガを
  お知りくださったのでしょうか?」

 「コンサル(やセミナー等)にお申し込み
  下さった決め手はなんでしたか?」

 とお尋ねするように
 しているのですが、


 そのときかなりの確率で

 「親の紹介で、
  子の紹介で

  社長の紹介で、
  部長の紹介で、

  同僚の紹介で、
  部下の紹介で、

  取引先の紹介で、
  友人知人の紹介で、

  夫の紹介で、
  妻の紹介で、、、」


 あるいは

 「○○さんの本に出ていたので」

 「○○先生がセミナーで
  紹介されていて」

 とおっしゃって頂けるのが
 私(鮒谷)の密かな誇りです。



■今の時期に
 こんな例えをするのは、

 不謹慎の誹りを免れないので、
 予め謝っておきます、スミマセン、

 しかし、分かりやすい例えだと
 思うのであえて記しますが、


 こうした

 「ご紹介」
 「口コミ」

 が起こって繁栄するかどうかは、


 今、まさにいろんなところで
 聞かれる

 【基本再生産数】

 の概念に近しいのではないかと
 考えるのです。



■基本再生産数とは、


 --------------------------------

 一人の感染患者が罹患中に
 何人の未感染者に伝染させるかの目安で、

 その病原体の感染力の指標と
 なります。

 (国立がん研究センター東病院HPより)

 --------------------------------


 ということだそうですが、


 たとえは極めて
 よろしくないかもしれませんが、

 ここでいう「感染力」を
 ビジネスに置き換えると

 「被紹介力」

 ということになるのではないかと
 思われるのです。



■ここでいう

 「感染力」

 ならぬ

 「被紹介率」

 が、ある数値を下回ると、

 事業はどんどん
 縮んでいくこととなるので、


 売上げを引き上げるために、

 たとえば広告費を
 ひたすら突っ込む羽目となり、

 事業がなかなか発展していきません。

 (あるいは売上は伸びても
  広告費負担が重く、
  利益が圧迫される)



■一方で、

 「被紹介率」

 が高ければ、

 放っておいても事業は
 どんどん拡張していき、


 もし仮に、

 たとえ同時に広告を
 打っていたとしても、

 広告による集客に依存している
 わけではないので、

 安定したビジネスを営めるし、
 高い利益率が見込めます。



■少なからぬビジネスにおいて、
 最もコストがかかるのが

 「広告費」

 ですから、


 紹介や口コミによって
 この広告費を削減できる、

 あるいは、

 広告(や営業)による集客に
 依存しなくても済むのは、

 事業展開上も、精神衛生上も
 極めて具合が良いのです。



■そうした事業を営めるか否か、
 そのカギとなるのが

 【(ビジネス版)基本再生産数】

 であり、


 この数値が大きくなると、

 【(良い意味での)
  顧客増大のパンデミック】

 が起こるようになるでしょう。



■反対に、この数値が
 一定の数値を下回ると、

 やってもやっても商売は広がらず、


 最後の最後には
 借り入れまで行って広告を打ち、

 目先の売上を獲得して
 当座の苦境を凌ごうとする、


 という

 「広告=シャブ」

 モデルとなってしまい、

 ついには破滅するところまで
 いってしまいます。



■片や、

 「顧客増大パンデミック」

 が起こるビジネスを
 行っている人がいる一方で、

 「広告=シャブ」状態で
 破滅を待つのみの者もいる。


 この違いがどこから来るかと言うと
 ひとえに

 【(ビジネス版)基本再生産数】

 すなわち

 【被紹介率】

 の差から生まれてくるのです。



■もしあなたがビジネスを
 営まれているのであれば、

 ご自身の商売の、おおよその

 【(ビジネス版)基本再生産数】

 【被紹介率】

 の数字は把握されているはずです。



■そして、その数字が、

 いずれもパンデミックをもたらす
 方向に作用する数値であるか、

 衰滅に向かう数値に
 なってしまっているのか、

 の、おおよその見当もつくはずです。



■もし後者、すなわち

 「衰滅方向に向かうと思われる
  数値」

 であると自覚されるのであれば、


 そこで焦って広告を打ったり、
 営業をかけたりして、

 顧客数を増やそうとする
 誘惑にしたがう前に

 「伸びる前に一旦、縮む」


 すなわち

 【(ビジネス版)基本再生産数】

 【被紹介率】

 を高めることを
 先行させるべきでしょう。



■そのためには、つねに

 【顧客の期待を
  圧倒的に上回る価値】

 を出し続けることを意識しなければ
 なりません。



■それによって、はじめて

 「紹介下さる方」

 の比率がじわじわと上がっていき、


 最後には

 「紹介だけでも
  事業が逓増傾向で推移する」

 そんな状態を作り出せるように
 なるはずです。



■この状態に入ったとき、

 さらに広告を打つ、
 あるいは営業をかける、

 といったレバレッジを効かせることで
 一気にビジネスが拡大するのです。



■その状態を作ることなく、

 カネを工面し、カネを突っ込み、
 集客に邁進したところで、


 顧客の求める価値を渡せず、
 もとより口コミも起こらず、

 あたかも
 ザルに水を注ぐが如くに

 「広告費や営業経費 > 売上げ」

 となってしまうので、

 やがてどこかで倒れてしまうことと
 なるでしょう。



■そうならぬよう、まずは

 【顧客の期待を
  圧倒的に上回る価値】

 を安定的に出せるよう、
 商品やサービスの価値を高め、


 その上で、拡大を求める、

 という順番での事業展開を行う、
 このルールを遵守するべきです。



■こうして

 最初はゆっくりと、
 やがて怒涛のごとくに、

 感染(=口コミ)が広がり、
 母集団が増えてくると、


 母集団の増加とともに、

 紹介頂けるお客さまの実数も
 顕著に増えてきて、


 紹介が紹介を呼び
 (ビジネス版パンデミック状態)、

 いよいよビジネスが本格的に
 面白くなるフェーズに入ります。



■この状態に入るから、

 仕事に誇りややりがいを
 持てるようになるし、

 自信も生まれ、
 自尊心も高まります。



■経済的にも潤い、新しい打ち手も
 行えるようになって、

 「仕事没入モード」

 に入ることとなるのです。



■もし、あなたが


 お客さまが増えない、
 紹介が広がらない、
 紹介どころかリピートもない、

 それゆえ儲からず、
 仕事もつまらないし、

 誇りもやりがいもなければ
 自尊心も感じられない、


 とするならば、
 まずは上に記したように

 【顧客の期待を
  圧倒的に上回る価値】

 をお渡しするために
 自分は何ができるか、


 真剣に考え、
 さらには実践すべきであるし、

 それによって

 【(ビジネス版)基本再生産数】

 すなわち

 【被紹介率】

 を最大化させることに
 力を注ぐべきでありましょう。



■世間は、コロナコロナと大騒ぎ。

 そんな負の感情を
 打ち負かすためにも、


 (不謹慎に捉える人もあるかも
  知れませんが、
  少なくとも内的言語として回す)

 言葉遣いを変えて


 【(ビジネス版)基本再生産数を
  圧倒的に高めて、

  (ビジネス版)パンデミックを
  起こしてやる】


 くらいの気概を持ち、

 コロナ打破の精神で仕事に
 取り組んでみられてはいかがでしょう。



■私(鮒谷)も、

 このご時世において
 大きな声では言えませんが、


 (現実世界版パンデミックに
  心も体もやられぬよう)


 【(ビジネス版)基本再生産数を
  圧倒的に高めて、

  (ビジネス版)パンデミックを
  起こしてやる】


 とつねに心の中で唱えながら、

 超絶ポジティブに
 毎日を生きております。



■そして、もしあなたもまた

 【(ビジネス版)パンデミックを
  起こしてやる】

 と決意されるのであれば、

 一つだけ、心がけなければならぬ
 点があります。



■それは

 「ただ願っているだけでは
  (ビジネス版)パンデミックは
  けっして起こらない」

 ということ。


 自分から

 【(ビジネス版)基本再生産数】

 を高めて

 (=顧客の期待値超えを、どのレベル
   まで行えるかを追求して)


 【(ビジネス版)感染率】

 を極大化させることによってのみ
 はじめて

 【(ビジネス版)パンデミック】

 が起こるのです。



■この


 【(ビジネス版)基本再生産数】

 を高めて

 (=顧客の期待値超えを、どのレベル
   まで行えるかを追求する)

 ためには、当然のことながら、


 これまでの日常生活(時間の使い方)
 の大変革が必要です。



■過去と変わらぬことを行い、
 未来に大きな変化を期待するのは狂人、

 と、

 かのアインシュタインが言ったとか、
 言わなかったとか、

 聞いたことがありますが、

 本当にその通りだと思います。



■もしあなたが

 【(ビジネス版)パンデミック
  ※いい加減、しつこいですが、、】

 を起こしたいのなら、

 【抜本的な時間管理の見直し】

 が必須となるでしょう。



■顧客の期待を超える、
 超え続ける、

 ということは、

 そんな生易しいものでは
 ないからです。

 (かくいう私も、毎日が修行です)



■しかし、

 もしその世界を実現させられたと
 するならば、

 これ以上に嬉しく、喜ばしく、
 誇らしい世界はないではないか、

 そう思うからこそ、

 厳しい修行に身を投じることが
 できるのです。



■ラクしてカネ儲けとか、

 誇りなんか持たなくていい、
 自信も自尊心もいらない、


 顧客からの信頼も信用も不要、

 人の役に立っているという
 実感も求めていない、


 そんな人に

 「時間管理の大切さ」

 について語るつもりもないし、
 語るだけ時間のムダなので、

 何も言いません。



■しかしもし、
 あなたが自分の仕事を通して、

 (たとえ小なりとはいえ)

 「文明の一翼を担っている」

 そんな誇りを持って
 価値提供を行いたいと願うなら、


 タイムマネジメントについての
 理解と実践を、

 避けて通るわけにはいきません。



■、、、そんなわけで、


 もしあなたが、現在の、
 ご自身の時間管理について

 「これでいい!」
 「今のままで問題ない」

 と思われているのであれば、
 ご自由になされれば良いのですが、


 もし、

 「行動したくてもできない」

 「大事なことほど、
  後回しにしてしまう」

 「それによって事態はどんどん
  悪い方向に向かっているような、、」

 そんな悩みをお持ちなのであれば


 一昨日よりご紹介している

 --------------------------------

  【鮒谷周史の
   「圧巻!人生は『時間の天引き』
    からしか変えられない」
   放談会音源】

 --------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 --------------------------------

 の両音源は、


 「やろうかな、やっぱりできなかった、
  自己嫌悪(以下、繰り返し)」

 の地獄ループの輪廻から
 抜け出せないあなたを、

 引き上げる音源となるでしょう。



■もし、あなたが
 このまま生きていったところで

 「何も変わる気がしない」
 「むしろ状況は悪化するのみ」

 と思われるのであれば、

 上記音源で学ばれることを、
 お勧めいたします。



■私(鮒谷)だけが

 「いい音源ですよ!」

 と言っているのではなく、

 両音源をお聴き下さった大勢の皆さまが
 おっしゃって下さっております。


 (ここから)
 --------------------------------


 今回の音源は

 『時間に関する放談の宝石箱や!」

 という印象です。

 鮒谷さんの様々な切り口での放談に
 思わずやれそうな、
 「その気」が湧いてきました。


 --------------------------------


 おそらくは多くの人が
 できていないであろうことを、

 どうにかできるようにしよう、

 そのためには
 どうすることができるだろう、

 という(広い意味での)生産性の向上を
 目指し続けた一人の人間の成果の一部を、

 たったの数万円で得られるというのは、
 お得としか言いようがありません。


 --------------------------------


 鮒谷さんの言葉(レンズ)を通じ、
 改めて、話を聞くと、

 「理解」と「実践」の間にある
 障壁を容易に、

 乗り越えられそうな魔法に
 かけられた感覚です

 (鮒谷マジックですね)。


 --------------------------------


 自分の人生を好転させるためには、

 主体的に当事者意識をもって
 未来への成果物を作っていかなければ
 ならないと学びましたし、

 そのためには、

 やはり第二領域の時間を死に物狂いで
 天引きして設定する必要がある、

 と何度も何度も認識させてくれた
 有意義な音源でした。


 --------------------------------


 言わずもがなですが、
 今回も価格が「安すぎ」ました。

 鮒谷さんがいつも仰っている
 「代価の 10 倍返し」の意味も
 改めて体感させて頂きました。


 --------------------------------


 学びの導火線に火をつけられ、
 「行動の世界」に打ち上げられたい人は、

 『気づき発⇒即断経由
  ⇒アクション行』

 にて、「ポチッ」と、
 購入をお勧めします(笑)


 --------------------------------


 実行に移さない悪癖も
 薄々は気づいていたのですが、

 改めて今回の音源を聞かせていただいた
 おかげできちんと言語化でき、

 修正へと一歩を踏み出すことが
 できたように思います。


 --------------------------------


 巧みで話題豊富なお話の仕方に
 メルマガで読むだけではなく、

 音源を購入することの意味を
 感じました。


 --------------------------------


 「仕事とは?」と、仕事の定義について
 完全に書き換えられました。


 --------------------------------


 などなどなど、
 おっしゃって下さっているので、

 決して独りよがりな
 考えではない、

 と信じております。


 ※以下、その証拠です。

  まだまだたくさんのご感想を
  頂戴しております。

 --------------------------------

  【鮒谷周史の
   「圧巻!人生は『時間の天引き』
   からしか変えられない」
   放談会音源】

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた59ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf

 --------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた58ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf

 --------------------------------



■もしあなたが、コロナの厄災を
 奇貨として

 【災い転じて福となす】
 【人間万事塞翁が馬】

 という形に転換させたいと願い、


 この機会に、

 自分の時間管理を見直したい、
 改善したい、

 自然体で生きているだけで、
 自動的に未来が明るいものとなっていく、


 そんな生活に切り替えたい、
 と思われるのであれば。



■あるいは、

 やろう、やらねば、やらないと、
 と思いながらも先送りを重ね、

 自尊心が毀損され、それと軌を一にして
 ストレスは巨大化し続ける、


 そんな地獄ループが回り続ける
 生活から脱却したいと思われるなら、

 以下の2本の音源は
 きっとお役に立つはずです。



■購買のご決定にあたっては

 【この音源の購入が、
  あなたご自身の未来(生涯)を
  明るくするものであるか否か】

 を判断基準とされると
 よいかもしれませんね。


 「否」と判断されるなら、
 お買い求めには及ばぬかと、、、



■ということで、以下の音源は

 「時間を天引きして、真に行うべき
  ことにのみ時間を投入する」

 ことの大切さと、

 その時間を確保するための
 超・具体的な方法論について、


 鮒谷が思う存分、

 【全5講、3時間45分】

 にわたって、
 語り尽くしている音源となります。


 --------------------------------

  【鮒谷周史の

   「圧巻!人生は『時間の天引き』
    からしか変えられない」

   放談会音源】

 (カード決済ご希望の方はこちらから)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803

 (銀行振込ならびに携帯オーディオプレイヤー
  ご希望の方はこちらから)
  https://form.os7.biz/f/0df8bf89/

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた59ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf


 -----------------------------------


 ※当音源は、当社主催で

  「丸一日、本当に大切なことだけに
   集中する会」

  という企画の冒頭で、

  鮒谷がタイムマネジメントについて
  お話した音源集となります。



■加えて、


 「先送り癖がどうしても治らない人」

 「いつも山のように仕事を抱え、
  ストレスまみれとなっている人」

 「即断即決の習慣が身につき、
  仕事の早い人と言われたい人」


 に向けては、別途、
 以下の音源をご案内しています。


 -----------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 (カード決済ご希望の方はこちらから)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 (銀行振込ならびに携帯オーディオプレイヤー
  ご希望の方はこちらから)
  https://form.os7.biz/f/859756b2/


 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた58ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf

 -----------------------------------



■上記音源と合わせてお聴き頂き、
 実践を重ねられれば、必ずや

 【あなたを十数年、数十年、
  悩ませ続けてきた先送り癖を根治】

 できると信じております。

 (私(鮒谷)も、この考え方と方法論で
  克服いたしました)



■今、こんな時期だからこそ
 これを好機に変えるべく、

 明るい未来を創造するための
 時間管理法をマスターして下さい。



 質の高いタイムマネジメントが
 習慣化されれば、

 確実に人生が変わることを
 お約束いたします。

 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!




 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ウイルスに「基本再生産数」があるように    商売にも「(ビジネス版)基本再生産数」    がある。   ■この数値が閾値を超えているウイルスは、    「パンデミック」を引き起こす。   ■「ビジネス版基本再生産数」が閾値を    超えている事業(あるいは経営者)には、    快方(=顧客離脱)を上回る    感染(=紹介誘発)が生じ、    「ビジネス版パンデミック」    が引き起こり、顧客がひっきりなしに    門を叩いてくださることとなる。   ■それは自然発生的に起こるものではなく、    時間を使って、人工的に起こすもの。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。