毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

6036号 あまり触れられない、リモートワーク最大の問題点とは?


■コロナの影響で、

 在宅勤務となった方も
 少なくない、

 と聞いております。



■17年も前から

 「自分のいる場所が本社」

 を標榜し、

 リモートワークを活用して
 商売してきた、

 そんな私(鮒谷)が強調したいのは、


 どのツールがいいとか、
 ツールの使い方がどうだとか、

 などよりもはるかに
 大きな問題なのが

 「モチベーションの維持」

 と

 「時間管理」

 であるということ。



■どれだけ最先端ツールを整えたり、

 ツールの使い方についての情報を
 精力的に集めたところで肝心の

 「やる気、その気」

 が生まれてこなければ、
 成果につなげられません。



■会社づとめの方々はまだ

 「上司からの指示」

 によって、サボりたくても
 サボれない、

 ということで救われる(?)ところも
 あるでしょう。


 環境が完全なる堕落を
 防いでくれるのです。



■一方で、

 (特に)経営者、あるいは
 フリーランスとして動いている人は、

 「誰も管理してくれる人が
  いない」

 わけですから


 「堕落し始めたら、
  とことんまで堕ちていく」

 こととなるでしょう。



■頑張ろうという気持ちが
 ないわけでないのだけれども


 「力が入らない」

 「気持ちが乗らない」

 「気合いが生まれない」

 「集中できない」

 「先送りに次ぐ先送り、、」


 「どうでもいいことばかりに
  手を付けてしまう
  (肝心なことはいつまで経っても
   行えない)」

 「本来やるべきことをやらずに
  ネットやテレビやゲーム等に
  敵前逃亡してしまう」


 といったことが繰り返され、

 それが習慣化され、
 病膏肓に入る状態となると


 --------------------------------


 やる気が起きない

 →行動できない

 →成果が出ない

 →自尊心が毀損される


 →敵前逃亡したくなる感情が生まれる

 →敵前逃亡して今、やるべきではない
  ことを行ってしまう

 →後悔する

 →反省して、頑張ろうと思うけれども
  身体が動かず、ますます自己嫌悪


 →身体が動かないから
  成果が出ない

 →自尊心が毀損される

 →敵前逃亡したくなる感情が生まれる


 --------------------------------


 の地獄への一本道となる
 無限ループが発動、

 されることとなるのです。



■一旦、このループに
 はまり込んだら、

 ちょっとやそっとでは
 逃れることはできません。


 あたかも

 「アリ地獄に落ちた昆虫のように
  もがいても、もがいても、
  どんどん下に落ちていく」

 ように。



■なぜ、そんな状態になってしまうのか。

 そして、その状態から
 逃れるためにはどうすればいいのか。


 アリ地獄に落ちて
 もがいている人(もとい、虫)は、

 それこそ必死ですから、自らを
 客観的に捉えることができません。



■俯瞰して自分を眺めれば

 「ひょっとすると、
  こうすれば逃れられるかも」

 といった視点を
 持てるのでしょうけれども、


 現実はそれどころではなく、眼前の
 ことに必死に対応しているうちに、

 アリ地獄のゴール(?)まで
 落ち込んでしまい、

 最後は結局、
 食われてしまうのです。



■対案なく

 「とにかく頑張ろう」

 みたいにして、もがいても、

 もがけばもがくほどに、どんどん
 深みにハマっていってしまう、

 そして悲劇的な末路を迎える、


 そんな教訓を

 「アリ地獄に落ち込んだ虫」

 から得られるかも知れませんが、
 人生も同じですね。



■そんな悲劇的な末路を
 辿りたくなければ、まず、

 【現在、自分がどんな状況にあるのか
  客観的に認識する】

 ことが大事です。



■次に、現状認識したら、
 そこから抜け出すための

 (気合いや根性ではなく)

 論理に基づく、合理的な
 抜け出し方を学び、行動を開始し、


 最後、抜け出せるところまで
 行動し続ける、

 ことが求められるでしょう。



■つまり

 【俯瞰、からの(合理的)行動】

 を行い続けることこそが
 唯一の脱出法である、

 ということです。



■この話をするとき、
 いつも思い出すのが

 「インパール作戦」

 の話。


 ここで詳述はしませんが、

 インパールに限らず、
 旧日本軍の典型的な敗戦要因は

 【俯瞰、からの(合理的)行動】

 ができなかっただと
 思っています。


 一言でいえば

 【知性と理性なき突貫精神で
  事態を切り開こうとする習性】

 とでもいうのでしょうか。



■これまで大勢の方に対して
 個別コンサルをしてきましたが、

 そのうちの少なからぬ方から、

 個人におけるモチベーション管理や
 タイムマネジメントにおいて


 (旧日本軍と通底する)

 【知性と理性なき突貫精神で
  事態を切り開こうとする習性】


 を感じてきた、と正直に
 告白しなければなりません。



■なにか課題があったとしても、
 二言目には

 「頑張ります」
 「なんとかします」
 「次こそは」
 「気合いで」
 「根性で」

 などなどなど。


 でも、私(鮒谷)などは

 「これまで、それでうまく
  いかなかったんですよね、、、」

 と思うのです。



■うまくいっていないのなら、

 うまくいっていないことを
 素直に認め、

 一旦、自分の思いや考えを棚上げし、
 自己を客観視して


 【論理的、合理的、効率的と
  思われる方法論を検討し】

 そこから具体的な行動を起こして
 PDCAを回す、

 ことが大事なのではないでしょうか。



■この流れによってしか、
 先に挙げた

 【地獄に至る無限ループ】

 から脱出する術はないのではないかと
 思われます。



■もしあなたが、


 今の、ご自身のモチベーション管理、
 さらに時間管理について、

 「これでいい!」
 「これで成果が出ているから
  万事、問題なし」

 と思われているのでなければ、


 そろそろ、一旦、
 自分の思い込みを棄却し、新たに

 【論理的、合理的、効率的と
  思われる方法論を検討し】

 そこを起点として
 PDCAを回すより他、


 「行動したくてもできない」

 「大事なことほど、
  後回しにしてしまう」

 「それによって事態はどんどん
  悪い方向に向かっているような、、」


 そんなアリ地獄から抜け出す道は
 ないのではないかと思われます。



■先にご紹介した


 --------------------------------

  【鮒谷周史の
   「圧巻!人生は『時間の天引き』
    からしか変えられない」
   放談会音源】

 --------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 --------------------------------


 の両音源は、

 「やろうかな、やっぱりできなかった、
  自己嫌悪(以下、繰り返し)」

 の地獄ループの輪廻から
 抜け出せないあなたを、


 その状態から
 100%、必ず、救い出します、

 とまで約束するつもりは
 ありませんが、

 (動くのは、あくまであなたなので)


 ただ、もし、
 このまま生きていったところで

 「何も変わる気がしない」
 「むしろ状況は悪化するのみ」

 と思われるのであれば、


 一度、

 【論理的、合理的、効率的と
  思われる方法論を検討】

 するための素材として
 上記音源で学ばれることを、

 お勧めいたします。



■私(鮒谷)だけが

 「いい音源ですよ!」

 と言っているのではなく、

 両音源をお聴き下さった大勢の皆さまが
 おっしゃって下さっております。


 (ここから)
 --------------------------------


 今回の音源は

 『時間に関する放談の宝石箱や!」

 という印象です。

 鮒谷さんの様々な切り口での放談に
 思わずやれそうな、
 「その気」が湧いてきました。


 --------------------------------


 おそらくは多くの人が
 できていないであろうことを、

 どうにかできるようにしよう、

 そのためには
 どうすることができるだろう、

 という(広い意味での)生産性の向上を
 目指し続けた一人の人間の成果の一部を、

 たったの数万円で得られるというのは、
 お得としか言いようがありません。


 --------------------------------


 鮒谷さんの言葉(レンズ)を通じ、
 改めて、話を聞くと、

 「理解」と「実践」の間にある
 障壁を容易に、

 乗り越えられそうな魔法に
 かけられた感覚です

 (鮒谷マジックですね)。


 --------------------------------


 自分の人生を好転させるためには、

 主体的に当事者意識をもって
 未来への成果物を作っていかなければ
 ならないと学びましたし、

 そのためには、

 やはり第二領域の時間を死に物狂いで
 天引きして設定する必要がある、

 と何度も何度も認識させてくれた
 有意義な音源でした。


 --------------------------------


 言わずもがなですが、
 今回も価格が「安すぎ」ました。

 鮒谷さんがいつも仰っている
 「代価の 10 倍返し」の意味も
 改めて体感させて頂きました。


 --------------------------------


 学びの導火線に火をつけられ、
 「行動の世界」に打ち上げられたい人は、

 『気づき発⇒即断経由
  ⇒アクション行』

 にて、「ポチッ」と、
 購入をお勧めします(笑)


 --------------------------------


 実行に移さない悪癖も
 薄々は気づいていたのですが、

 改めて今回の音源を聞かせていただいた
 おかげできちんと言語化でき、

 修正へと一歩を踏み出すことが
 できたように思います。


 --------------------------------


 巧みで話題豊富なお話の仕方に
 メルマガで読むだけではなく、

 音源を購入することの意味を
 感じました。


 --------------------------------


 「仕事とは?」と、仕事の定義について
 完全に書き換えられました。


 --------------------------------


 などなどなど、
 おっしゃって下さっているので、

 決して独りよがりな
 考えではない、

 と信じております。


 ※以下、その証拠です。

  まだまだたくさんのご感想を
  頂戴しております。

 --------------------------------

  【鮒谷周史の
   「圧巻!人生は『時間の天引き』
   からしか変えられない」
   放談会音源】

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた59ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf

 --------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた58ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf

 --------------------------------



■そんなわけで(?)

 もしあなたがコロナの厄災を
 奇貨として

 【災い転じて福となす】
 【人間万事塞翁が馬】

 という形に転換させたいと願い、


 この機会に、

 自分の時間管理を見直したい、
 改善したい、

 自然体で生きているだけで、
 自動的に未来が明るいものとなっていく、


 そんな生活に切り替えたい、
 と思われるのであれば。



■あるいは、

 やろう、やらねば、やらないと、
 と思いながらも先送りを重ね、

 自尊心が毀損され、それと軌を一にして
 ストレスは巨大化し続ける、


 そんな地獄ループが回り続ける
 生活から脱却したいと思われるなら、

 以下の2本の音源は
 きっとお役に立つはずです。



■購買のご決定にあたっては

 【この音源の購入が、
  あなたご自身の未来(生涯)を
  明るくするものであるか否か】

 を判断基準とされると
 よいかもしれませんね。


 「否」と判断されるなら、
 お買い求めには及ばぬかと、、、



■ということで、以下の音源は

 「時間を天引きして、真に行うべき
  ことにのみ時間を投入する」

 ことの大切さと、

 その時間を確保するための
 超・具体的な方法論について、


 鮒谷が思う存分、

 【全5講、3時間45分】

 にわたって、
 語り尽くしている音源となります。


 --------------------------------

  【鮒谷周史の

   「圧巻!人生は『時間の天引き』
    からしか変えられない」

   放談会音源】

 (カード決済ご希望の方はこちらから)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803

 (銀行振込ならびに携帯オーディオプレイヤー
  ご希望の方はこちらから)
  https://form.os7.biz/f/0df8bf89/

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた59ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf

 -----------------------------------


 ※当音源は、当社主催で

  「丸一日、本当に大切なことだけに
   集中する会」

  という企画の冒頭で、

  鮒谷がタイムマネジメントについて
  お話した音源集となります。



■加えて、


 「先送り癖がどうしても治らない人」

 「いつも山のように仕事を抱え、
  ストレスまみれとなっている人」

 「即断即決の習慣が身につき、
  仕事の早い人と言われたい人」


 に向けては、別途、
 以下の音源をご案内しています。


 -----------------------------------

 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 (カード決済ご希望の方はこちらから)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 (銀行振込ならびに携帯オーディオプレイヤー
  ご希望の方はこちらから)
  https://form.os7.biz/f/859756b2/

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた58ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf

 -----------------------------------



■上記音源と合わせてお聴き頂き、
 実践を重ねられれば、必ずや

 【あなたを十数年、数十年、
  悩ませ続けてきた先送り癖を根治】

 できると信じております。

 (私(鮒谷)も、この考え方と方法論で
  克服いたしました)



■今、こんな時期だからこそ
 これを好機に変えるべく、

 明るい未来を創造するための
 時間管理法をマスターして下さい。



 質の高いタイムマネジメントが
 習慣化されれば、

 確実に人生が変わることを
 お約束いたします。



■この機会にぜひ、
 お求めくださいませ。

 各音源の詳細(インデックス、目次)が
 気になる方は、

 以下のURLをクリックして、
 ご確認下さいませ。


 --------------------------------


  【鮒谷周史の

   「圧巻!人生は『時間の天引き』
    からしか変えられない」

   放談会音源】

 (カード決済ご希望の方はこちらから)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/11202803

 (銀行振込ならびに携帯オーディオプレイヤー
  ご希望の方はこちらから)
  https://form.os7.biz/f/0df8bf89/

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた59ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180709_testimonials_deduction.pdf


 -----------------------------------


 【鮒谷周史の「圧巻!題名のない放談会
  (先送り打破編)」音源】

 (カード決済ご希望の方はこちらから)
  https://shinkaron.buyshop.jp/items/10797668

 (銀行振込ならびに携帯オーディオプレイヤー
  ご希望の方はこちらから)
  https://form.os7.biz/f/859756b2/

 ※音源をお聴き頂いた方から
  お寄せ頂いた58ページのご感想集
 https://ssdlfiles.s3.amazonaws.com/180411_testimonials_no_title.pdf


 -----------------------------------




 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■今、取り組んでいることが    うまくいっていないとするならば、    一旦、自分の思い(思い込み)を棄却し、    【俯瞰、からの(合理的)行動】    に思いを致してみると良いだろう。   ■自己を客観視、論理的、合理的、効率的と    思われる方法論を検討し、    一から再設計をする(ボタンを第一ボタン    から留め直す)ことによってのみ、    「成果が出ず、自尊心が毀損される」    の地獄への無限ループから脱却するための    糸口を掴めるに違いない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。